« JR四国、7月18日から2700系大幅に増加 | Main | JR東日本、時間帯別運賃の導入を検討か? »

北海道での「THE ROYAL EXPRESS」は8月28日から

 普段は伊豆を走っている「THE ROYAL EXPRESS」。以前にも書きましたが、2020年夏は北海道を走ります。5回運行する予定で受け付けたところ、150人の枠に1232人もの応募がありました。平均約8.2倍の当選倍率です。

 しかし、この「THE ROYAL EXPRESS」も新型コロナウイルスの影響を受けることとなりました。先ほども書きましたが、「THE ROYAL EXPRESS」は5回走る予定でした。しかし、新型コロナウイルス感染拡大防止に向け万全の準備をするため、初回と2回目の運行を中止して、8月28日からの3回目の運行から行うこととなりました。2020年は3回の運行となります。初回と2回目に乗る予定だった人は、2021年に振り替えて乗ることができます。そして、今回多くの人からの申し込みがあったことから、2021年の運行回数を当初予定の5回から7回に増やします。当初から2020年だけでなく、2021年も車両を北海道に持って行って走らせる予定だったのです。

 さて、「THE ROYAL EXPRESS」における新型コロナウイルス感染拡大予防の取り組みとはどういうものでしょうか? 一部停車駅でドアを開閉することにより、換気の実施を行います。十分な間隔を確保するために席の配置を変更します。1号車にはボールプールがありますが、その利用を停止します。観光で使うバスの台数を1台から2台に増やします。また、ツアーに参加するときには検温を行います。列車や備品については定期的な消毒やアルコール消毒液の設置を行います。飲食の時間帯以外では、乗客にマスクの着用を依頼します。当然ながら従業員の健康管理は徹底して行います。

 話は変わりますが、「THE ROYAL EXPRESS」は本来、伊豆を走る列車です。こちらも新型コロナウイルスの影響により、3月から6月分が運行中止となりました。これらの旅行を申し込んでいた人を対象にした運行を7月中に行う予定です。
(参考:JR北海道ホームページ https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20200630_KO_Royal%20EXP%202020_2021.pdf)

|

« JR四国、7月18日から2700系大幅に増加 | Main | JR東日本、時間帯別運賃の導入を検討か? »

鉄道」カテゴリの記事

JR北海道」カテゴリの記事

JR東日本」カテゴリの記事

関東・甲信越私鉄」カテゴリの記事

Comments

当初は驚きを持って迎えられたこの企画、好評を得ると良いですね。

東急の催行で伊豆急の車両が北海道を走る・・・
「電車だからできない」とかいうのではなく、「こうすればできる」という手法で北海道を走る事になりました。経営・企画面においてものすごく大事な考えだと思います。

JR北海道は線路の貸し出しや車両整備等を担当する事になるのかと思いますが、技術研鑽の面においてもこれはプラスになると思います。

今後が楽しみです。

Posted by: ゆめ | 2020.07.09 06:58 PM

 ゆめさん、こんばんは。

* JR北海道は線路の貸し出しや車両整備等を

 これが成功するなら、ほかの会社の観光列車を借りて商売をすることで稼ぐこともできます。

 JR北海道はもちろんのこと、東急や伊豆急がこれで儲かるのなら、面白いやりかたかもしれません。

Posted by: たべちゃん | 2020.07.09 09:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« JR四国、7月18日から2700系大幅に増加 | Main | JR東日本、時間帯別運賃の導入を検討か? »