« 留萌線、地元は深川-石狩沼田間の存続を求める | Main | スルッとKANSAI、「2dayチケット」を4年ぶりに発売 »

土合駅に喫茶店

 下り線がトンネルの中にあり、駅から地下のホームまで10分かかるという上越線土合駅(過去訪れたときの旅行記はこちら)。駅舎はありますが、無人駅となっています。1985年から無人駅です。

 その土合駅ですが、8日、駅舎内に喫茶店(「mogura」)がオープンしました。昔駅務室として使われていたところをカフェスペースとして使っています。切符売り場は店のカウンターになっています。営業時間は11~18時(不定休)で、コーヒー、クラフトビール、軽食を提供します。運営はJR東日本の子会社などが行います。

 喫茶店をつくって完成ではありません。最終的にはキャンプ型の宿泊施設をつくるのです。無人駅グランピング施設「DOAI VILLAGE」をつくるのです。この秋に開業する予定です。なお、グランピングとはグラマラス(魅惑的な)とキャンピングを組み合わせた造語です。
(参考:マイナビニュース https://news.mynavi.jp/article/20200807-1203988/、日本経済新聞ホームページ https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62716240X10C20A8L60000/、一般社団法人日本グランピング協会ホームページ glamping.or.jp/about-glamping.html)

|

« 留萌線、地元は深川-石狩沼田間の存続を求める | Main | スルッとKANSAI、「2dayチケット」を4年ぶりに発売 »

鉄道」カテゴリの記事

JR東日本」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 留萌線、地元は深川-石狩沼田間の存続を求める | Main | スルッとKANSAI、「2dayチケット」を4年ぶりに発売 »