« 北条鉄道の保安システムは全国初のシステム | Main | 地方の有料道路に交通系ICカード »

下津井電鉄、与島への路線を廃止

 瀬戸大橋には多くの高速バスが通っていますが、瀬戸大橋は一本の橋ではなく、いくつかの島を橋脚代わりにして本州と四国を結んでいます。そのいくつかの小さな島へのアクセスとして、下電バスが児島駅前-櫃石-与島第二駐車場前間に瀬戸大橋(与島)線を走らせています。島民の生活交通路線として、国、岡山県、香川県から補助金の交付を受けて、運行しています。与島では琴参バスと接続し、坂出に行くことができます。

 ところが、諸般の事情により、この瀬戸大橋(与島)線を廃止することになりました。今は1日6往復走っていますが、10月1日のダイヤ改正で3往復に減らし(琴参バスとの乗継ぎは引き続き継続します)、2021年3月31日にはそれもなくなってしまいます。

 瀬戸大橋(与島)線が廃止になる2021年4月以降、櫃石島や岩黒島へのアクセスはどうするのでしょうか? 地元民向けのコミュニティバスを走らせるのでしょうか? それとも櫃石島や岩黒島はどちらも香川県に属しているので琴参バスに補助金を出して延長してもらうのでしょうか?
(参考:下電バスホームページ shimoden.net/rosen/info/20200801/setoohashi.pdf、shimoden.net/rosen/rosen/setoohashi.html)

|

« 北条鉄道の保安システムは全国初のシステム | Main | 地方の有料道路に交通系ICカード »

バス」カテゴリの記事

Comments

岩黒島です。
下電バスの沿線は、生活圏が児島なので、本当にどうするのでしょうね。

Posted by: 長谷川大治 | 2020.08.10 07:47 PM

 長谷川大治さん、こんばんは。

* 岩黒島です。

 ありがとうございます。補正しておきます。

* 下電バスの沿線は、生活圏が児島なので、

 県境と生活圏が一致していないのは難しい話です。

 すでに地元には説明しているとは思いますが、どうするのでしょうか?

Posted by: たべちゃん | 2020.08.10 08:53 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 北条鉄道の保安システムは全国初のシステム | Main | 地方の有料道路に交通系ICカード »