« 長崎新幹線は2022年秋開業予定、北陸新幹線は遅れるか? | Main | 千葉ニュータウンから「スカイライナー」 »

青函トンネルでの時速210キロ運転は12月31日から

 北海道新幹線と貨物列車は青函トンネルを共用しています。そのため、フル規格の新幹線と言えども最高速度が160キロに抑えられています(青函トンネル区間以外は時速140キロのまま)。貨物列車とのすれ違いを考慮してのことです。

 これでは、札幌まで全線開業したとしても東京-札幌間が5時間もかかってしまいます。いくら需要の大きい区間とは言え、その遅さでは全線を通して使う人はほとんどいないでしょう。そこで、青函トンネル内でのスピードアップに取り組むことにしました。貨物列車とのすれ違いがない状態で新幹線を時速200キロ以上で走行させる高速走行実験を行ってきました。その試験結果を受けて、この年末年始から、青函トンネル内において、新幹線が貨物列車とすれ違わない時間帯での時速210キロ運転を行います。

 高速走行を行うのは、12月31日から2021年1月4日までの5日間。貨物列車が年末年始で少ないことから選ばれました。始発から15時半ごろまでの間で行います。以前の話では高速走行を行うのは下りだけとのことでしたが、上下とも高速走行を行います。1日当たり上下各7本、合計14本が対象です。高速走行を行うのは青函トンネル内だけで、この高速走行を行うことによって約3分の短縮になります。具体的にどの列車が高速走行の対象になるかは後日発表されます。

(追記)
 年末年始の時速210キロ走行の対象となる列車は、上下14本。基本的には下りは新函館北斗到着を繰り上げ、上りは新函館北斗発車時刻を繰り下げて対応します。また、「はこだてライナー」も一部時刻変更があり、函館行きは繰り上げ、函館発は繰り下げになるものがあります。
(参考:JR北海道ホームページ https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20200924_KO_SeikanTN.pdf、https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20201014_KO_speedup.pdf、乗りものニュース https://trafficnews.jp/post/100266)

|

« 長崎新幹線は2022年秋開業予定、北陸新幹線は遅れるか? | Main | 千葉ニュータウンから「スカイライナー」 »

鉄道」カテゴリの記事

JR北海道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 長崎新幹線は2022年秋開業予定、北陸新幹線は遅れるか? | Main | 千葉ニュータウンから「スカイライナー」 »