« ローカル線に新しい列車制御システム | Main | 札幌市電は冬も窓を開ける? »

阪急バス、新大阪-大阪国際空港間の路線バスを廃止

 阪急バスは10月5日に豊中市域(阪北線、吹田線)のダイヤ改正を行います。

 今回の改正で目立つのは長距離の系統の変更や廃止。新大阪と大阪国際空港を日出町、庄内駅前、豊中経由で結ぶ160系統は運行区間を変更し、新大阪と箕面を結ぶ50系統になります。ただ、箕面発着の便があるのは平日のみで、休日は全てが柴原駅発着です。なお、新大阪と大阪国際空港を結ぶリムジンバスは10月以降も走ります。

 また、梅田と箕面を十三、日出町、庄内駅前、豊中経由で結ぶ13、63系統は廃止になります。
(参考:阪急バスホームページ https://www.hankyubus.co.jp/news/images/20201005t.pdf、大阪空港交通ホームページ https://www.okkbus.co.jp/pdf/tt_pdf/20200924itm-sos.pdf)

|

« ローカル線に新しい列車制御システム | Main | 札幌市電は冬も窓を開ける? »

バス」カテゴリの記事

Comments

13系統・63系統の廃止で、梅田に乗り入れる阪急バスの一般路線バスが、阪急園田行きだけになり、かなり本数が減りますね。
それから、永楽荘四丁目~箕面高校前が、ご指摘の50系統箕面発着便の平日の2本だけになってしまいます。
阪急バスもドライバー不足で、長距離路線は合理化するのでしょうか?

Posted by: 50番バス | 2020.09.21 10:41 AM

 50番バスさん、おはようございます。

* 阪急バスもドライバー不足で、長距離路線は

 ある程度は近くに並行して走る路線(鉄道)があるので、そちらに任せたほうが効率的なのでしょう。バスは鉄道の補完に当たるのが役目なのでしょう。

Posted by: たべちゃん | 2020.09.21 11:11 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ローカル線に新しい列車制御システム | Main | 札幌市電は冬も窓を開ける? »