« 時差通勤でポイント、月に11回以上乗ってもポイント | Main | 広電、終電を約30分繰り上げ »

「踊り子」はE257系に統一、「湘南ライナー」等は「湘南」に

 これまで国鉄時代の車両185系を使っていた、首都圏と伊豆を結ぶ特急「踊り子」。2020年春のダイヤ改正で一部がリニューアルされたE257系になりましたが、2021年春のダイヤ改正で残りもE257系に統一されます(「サフィール踊り子」を除きます)。修善寺に行く編成もE257系です。

 また、これに合わせて東海道線の特急も、常磐線や中央線などと同じように、全車指定席になります。切符を購入するときに、列車や座席を指定する指定席特急券か、乗車日と区間のみを指定し、列車や座席を指定しない座席未指定券のいずれかを選ぶことになります。座席未指定券は乗車する列車が決まったら「みどりの窓口」等で指定席特急券に変更することができます。手数料はかかりません。なお、この方式は普通車のみで、グリーン車は従来通りです。ですから、オールグリーン車の「サフィール踊り子」は従来通りということになります。

 料金については、指定席特急券、座席未指定券ともに同額で、繁忙期や閑散期の区別もありません。年間を通じて同額です。「みどりの窓口」等で事前に買えば今より若干安い料金になりますが(ただ短距離だと全車指定席となる分、割高になります。50キロまでだと760円です)、車内で購入した場合は「みどりの窓口」等に比べて260円(子供は130円)高くなります。新幹線との乗継割引も廃止となります(「サフィール踊り子」はもともと乗継割引の対象外です)。スマートフォンで座席指定を受けることができる「えきねっとチケットレスサービス」が東海道線でも利用できるようになり、記念キャンペーンも行われます。なお、これまで特急料金の設定がなかった伊豆箱根鉄道ですが、2021年春から特急料金の設定がなされます。大人200円、子供100円で、JRとまたがるときは料金は合算されます。

 朝晩の「湘南ライナー」等も変わります。2021年春のダイヤ改正から新たに東京・新宿-小田原間を走る「湘南」の運行が始まり、「湘南ライナー」、「おはようライナー新宿」、「ホームライナー小田原」は廃止となります。「湘南」も「踊り子」と同じように全車指定席で、同じ料金体系になります。「湘南ライナー」等ではグリーン券を買えば定期券でもグリーン車に乗ることができましたが、「湘南」ではグリーン券を買っても定期券では乗車できなくなります。
(参考:JR東日本ホームページ https://www.jreast.co.jp/press/2020/20201112_ho02.pdf、マイナビニュース https://news.mynavi.jp/article/20201112-1488811/)

| |

« 時差通勤でポイント、月に11回以上乗ってもポイント | Main | 広電、終電を約30分繰り上げ »

鉄道」カテゴリの記事

JR東日本」カテゴリの記事

関東・甲信越私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 時差通勤でポイント、月に11回以上乗ってもポイント | Main | 広電、終電を約30分繰り上げ »