« 志摩線で枕木交換のため深夜の一部列車を運休 | Main | 音威子府駅の駅そば、店主が亡くなったため閉店 »

シーサイドライン、金沢八景複線化で2月14日10時まで運休

 シーサイドラインの金沢八景は2019年3月に京急の駅に隣接するところまで150メートル延びましたが、まだ完成してはいませんでした。駅の部分が単線であったのです。その金沢八景付近が複線化され、ホームが1番線と2番線の両方使えるようになります。使えるようになるのは2月14日、次の日曜日です。

 しかし、その前に線路の切換工事があります。その切換工事は深夜だけでは足らず、14日の朝、列車を運休させて行います。14日の10時頃まで、列車の運行を止めて切換工事を行います。もう少し細かく説明すると、始発から9時までは全線で運行を止めます。9時からは新杉田から順次運転を開始し、10時以降は全線での運行を開始します。ただ、正常ダイヤになるまでは時間がかかるようです。なお、悪天候等で工事ができないときは1週間ずらし、21日に切換を行います。列車の運休も21日です。

 14日は全線で列車の運行を止めるので、代行輸送や振替輸送が用意されています。代行輸送はバスで行います。5時台から切換工事終了までの間、各駅に臨時バス停を設け、5~15分間隔でバスを走らせます。新杉田-金沢八景間の所要時間は約60分を予定しています。列車では25分で結びますので、倍以上の時間がかかるのです。現金やICカードで乗車する場合は、駅の自動券売機で切符を買ってから乗ることになります(ICカードの場合も10円単位の運賃となります)。振替輸送は鉄道とバスの両方で行います。鉄道はJR東日本、京急の一部区間で行います。バスは京浜急行バス、横浜市営バス、横浜交通開発の一部系統で行います。切符を持っていれば振替乗車票がもらえるのでそれで振替輸送の鉄道やバスに乗ることができるのですが、ICカードは振替輸送の対象にはなりません。入場時に目的地までの運賃をもらっていないからです。
(参考:シーサイドラインホームページ https://www.seasideline.co.jp/pdf/21011310091612/20210113_シーサイド運休_記者発表資料.pdf)

| |

« 志摩線で枕木交換のため深夜の一部列車を運休 | Main | 音威子府駅の駅そば、店主が亡くなったため閉店 »

鉄道」カテゴリの記事

首都圏私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 志摩線で枕木交換のため深夜の一部列車を運休 | Main | 音威子府駅の駅そば、店主が亡くなったため閉店 »