« 日高線転換バスには予約制特急バスも | Main | 新幹線の列車公衆電話、6月で廃止 »

高師浜線代行バスは5月22日から

 南海は大阪府、高石市とともに南海本線・高師浜線(高石市)連続立体交差事業に取り組んでいます。南海本線の下りはすでに高架になっていますが、5月22日からは上り線も高架になります。

 残るは高師浜線です。普通、高架にするときには仮線をつくるなどして列車の運行を続けながら工事を行うのですが、この高師浜線では踏切の除却や工事の早期進捗のため、列車の運行を止め、バスによる代行輸送を行います。5月22日から約3年間代行輸送を行うのですが、3月18日に南海から代行バスの運行内容と利用方法についての発表がありました。

 代行バスの運行区間は羽衣-高師浜間。羽衣、伽羅橋(北)、伽羅橋(南)、高師浜の4つの代行駅(バス乗降場)ができます。羽衣は駅の南東側にでき、駅構内からつながる代行バス乗換専用改札口から入出場します。伽羅橋(北)と伽羅橋(南)は府道堺阪南線(旧国道26号)上にあり、伽羅橋(南)は鉄道の高師浜の東側にできます。代行バスの高師浜は臨海スポーツセンターの前です。運行本数は今の高師浜線に準じますが、朝夕の通勤通学時間帯等には本数を増やします。羽衣からの所要時間は伽羅橋(北)が5~9分、伽羅橋(南)が6~10分、高師浜が15分です。

 運賃は鉄道と変わりありません。鉄道線各駅(羽衣を含む)との間の利用の場合はICカードも利用できますが、伽羅橋(北)-高師浜間のみの場合は自動改札などの設備がないことから、ICカードは使えません。支払い方法は次の通りです。高師浜線各駅から鉄道線各駅(羽衣を含む)に行く場合は、バスではそのまま乗り、羽衣の乗換専用改札口(伽羅橋用と高師浜用があります)で入場します。現金の人は羽衣で乗車駅証明書をもらい、乗換専用改札口(伽羅橋用と高師浜用があります) を通ります。降車駅で精算します。伽羅橋(北)-高師浜間のみを利用する場合には、バス車内にて現金で160円を支払います。鉄道線各駅(羽衣を含む)から高師浜線各駅に行く場合は、羽衣の乗換専用改札口(伽羅橋用と高師浜用があります)で出場します。バスではお金の支払いはありません。現金の場合も乗車駅で普通に切符を買い、羽衣の乗換専用改札口(伽羅橋用と高師浜用があります)で出場します。乗り越しをする場合は、乗換専用改札口で精算します。
(参考:南海ホームページ www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/210318_1.pdf)

| |

« 日高線転換バスには予約制特急バスも | Main | 新幹線の列車公衆電話、6月で廃止 »

鉄道」カテゴリの記事

南海・泉北」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 日高線転換バスには予約制特急バスも | Main | 新幹線の列車公衆電話、6月で廃止 »