« 富山地鉄、4月1日ダイヤ改正で特急をほぼ廃止 | Main | 名鉄の一部急行で「ミューチケット」を発売 »

413系がえちごトキめき鉄道へ

 七尾線を走っている413系。もともと急行型車両としてつくられた車両ですが、1987年に松任工場で改造され、近郊型になりました。北陸線を中心に走ってきましたが、北陸新幹線開業後は七尾線などに活躍の場を移しました。ところがその413系、かなり古いため、この13日のダイヤ改正でJR西日本からは消えてなくなります。521系に置き換えられるのです。

 しかしその413系を買い取って、走らせる鉄道会社が現れたのです。それはえちごトキめき鉄道。えちごトキめき鉄道には観光列車の「雪月花」がありますが、新型コロナウイルスの影響で需要が減っています。気軽に乗ることができる観光列車をつくろうと(中間車両は食堂車にして、地元の料理をつけて1万円ぐらいに抑えます。残りの2両は自由席にします)、ボックス席のある413系に目をつけ、買うことにしたのです。国鉄時代の塗装である小豆色とクリーム色の急行色に塗り替え(413系時代の塗装ではありません)、ボックスシートにテーブルを取り付けることを検討しています。かつての急行列車のようにヘッドマークをつけるようです。

 えちごトキめき鉄道では5月下旬ごろから走り始める予定です。

(追記)
 えちごトキめき鉄道は、急行型車両のクハ455も購入しました。えちごトキめき鉄道は購入した4両のうち3両を観光列車用に使い、残る1両を「直江津D51レールパーク」で展示します。
(参考:中日新聞ホームページ https://www.chunichi.co.jp/article/212642、新潟日報ホームページ https://this.kiji.is/744809806549843968?c=648454265403114593、「鉄道ファン」2021年7月号 交友社

| |

« 富山地鉄、4月1日ダイヤ改正で特急をほぼ廃止 | Main | 名鉄の一部急行で「ミューチケット」を発売 »

鉄道」カテゴリの記事

JR西日本」カテゴリの記事

関東・甲信越私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 富山地鉄、4月1日ダイヤ改正で特急をほぼ廃止 | Main | 名鉄の一部急行で「ミューチケット」を発売 »