« JR九州、2024年度に磯新駅を設置 | Main | 札沼線の代替バス、利用低迷 »

JR貨物、九州にEF510

 JR貨物は分割民営化後、新型の機関車を大量に投入してきましたが、九州にはまだ国鉄型の機関車が残っています。

 しかし、3月31日に発表された2021年度事業計画によれば、九州にEF510を投入するようです。主に北陸地方で見られる機関車ですが、九州用に仕様を変更するようです。

 置き換えの対象となるのは、ED76とEF81のようです。門司機関区にそれぞれ10両、18両配置されています。国鉄型の機関車を置き換え、すでに九州で走っているEH500(門司機関区に13両配置されています)と新たに投入されるEF510でまとめようということのようです。

(追記)
 JR貨物から九州へのEF510投入についての発表がありました。

 九州向けのは本州で走っているものと異なる仕様になるため、まず量産先行車を1両つくります。301号機なので、300番台になるようです。銀色に塗られますが、愛称は「ECO-POWER レッドサンダー」を継承します。

 車両メーカーからは12月中に出場しますが、実際に運行を開始するのは2023年3月の予定です。
(参考:乗りものニュース https://trafficnews.jp/post/106078、レスポンスホームページ https://response.jp/article/2021/04/01/344546.html、JR貨物ホームページ https://www.jrfreight.co.jp/storage/upload/08c9a4240c5fbab9404997b3ffc5e00f.pdf)

| |

« JR九州、2024年度に磯新駅を設置 | Main | 札沼線の代替バス、利用低迷 »

鉄道」カテゴリの記事

JR貨物」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« JR九州、2024年度に磯新駅を設置 | Main | 札沼線の代替バス、利用低迷 »