« えちごトキめき鉄道の455系・413系、7月4日運行開始 | Main | 「ひみつの平日パス」 »

羽越新幹線、奥羽新幹線は果たしてできるか?

 羽越線、奥羽線沿いにもフル規格新幹線の構想があります。それぞれ羽越新幹線、奥羽新幹線というもので、羽越新幹線は富山-新青森間(富山-上越妙高間及び長岡-新潟間は北陸新幹線、上越新幹線として開通済み)、奥羽新幹線は福島-秋田間にフル規格新幹線を建設します。このたび、山形県など6県からなる「羽越・奥羽新幹線関係6県合同プロジェクトチーム」は、フル規格新幹線を建設した場合の需要予測や費用対効果などについて調査結果を発表しました。

 まず、羽越新幹線の停車駅は、富山、黒部宇奈月温泉、糸魚川、上越妙高、柏崎、長岡、燕三条、新潟、新発田、村上、鶴岡、酒田、羽後本荘、秋田、東能代、鷹ノ巣、大館、弘前、新青森とします。速達便は富山、上越妙高、長岡、新潟、鶴岡、秋田、弘前、新青森に停まります。奥羽新幹線の停車駅は福島、米沢、赤湯、山形、さくらんぼ東根、新庄、湯沢、横手、大曲、秋田とします。福島-新庄間もフル規格新幹線をつくり、停車駅を整理します。速達便は福島、山形、秋田に停車します。そして、時速320キロ運転した場合の速達便の所要時間は東京-秋田間(新潟経由)が2時間51分、東京-秋田間(山形経由)が2時間23分となります。

 このような羽越新幹線、奥羽新幹線でも条件次第によっては採算が取れるようです。まず、複線ではなく単線でつくり、駅舎を簡略化し、高架ではなく地平もしくは盛土構造でつくります(道路とは全て立体交差にしなければならず、排雪設備は必要となりますが、そこのところは大丈夫でしょうか?)。2つの新幹線を従来通りの方法でつくると約5.5兆円ですが、このように節約すると約4兆円でつくることができます。さらに、社会的割引率を引き下げます。これまでは過去の国債利回りを基に4%としていますが、実際は低金利でこのような国債利回りはありません。2%や3%に引き下げると、費用便益比は上がり、採算が取れるようになります。

 確かに数字を調整すれば採算が取れる結果となりますが、すでに山形、秋田の県庁所在地にはミニ新幹線とはいえ新幹線が通じています。部分的に長大トンネルを掘り(板谷峠仙岩峠)、輸送の安定化とスピードアップを果たすことは必要ですが、フル規格新幹線をつくるまでは至らないというのが現状かもしれません。それならもっとほかのところにフル規格新幹線をつくりたいです。
(参考:乗りものニュース https://trafficnews.jp/post/108324、タビリスホームページ https://tabiris.com/archives/uetsi-ouu202106/)

| |

« えちごトキめき鉄道の455系・413系、7月4日運行開始 | Main | 「ひみつの平日パス」 »

鉄道」カテゴリの記事

整備新幹線」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« えちごトキめき鉄道の455系・413系、7月4日運行開始 | Main | 「ひみつの平日パス」 »