« 山陽新幹線の「新幹線回数券」も2022年3月で廃止 | Main | 西九州新幹線開業で新鳥栖通過列車が増えることは否定 »

名鉄、10月30日にもダイヤ改正

 5月にダイヤ改正を行ったばかりの名鉄ですが、10月30日にもダイヤ改正を行います。

 今回のダイヤ改正では、豊川線(国府-豊川稲荷間)、尾西線(森上-津島間)、各務原線等(三柿野-犬山間)で昼間時間帯(尾西線、各務原線等は10~14時台、豊川線は11~14時台)の運行本数を減らします。平日も休日も減ります。これまで国府-豊川稲荷間、森上-津島間、三柿野-犬山間はいずれも毎時4本運行していましたが、これが毎時2本に減ります。このうち各務原線等では名鉄岐阜-犬山間の急行(新那加-犬山間のみ急行)を名鉄岐阜-三柿野間の普通に変更して、三柿野-犬山間の運行本数を減らします。

 夜間も減ります。21~22時台において、名古屋本線(名鉄岐阜-須ケ口間)、竹鼻線(新羽島-笠松間)、豊川線(国府-豊川稲荷間)、広見線(新可児-犬山間)で本数が減ります。平日のみ減る路線、休日のみ減る路線があります。

 5月のダイヤ改正で昼間の急行がなくなった瀬戸線ですが、今回のダイヤ改正では準急がなくなります。これまで10~15時台には準急が毎時2本、普通が毎時4本走っていましたが、これを普通のみにします。しかし普通は毎時6本に増え、運行間隔が均一化されるので、これまで毎時4本しか停まらなかった普通のみの停車駅では、むしろ利便性が向上することになります。
(参考:名鉄ホームページ https://www.meitetsu.co.jp/profile/news/2021/__icsFiles/afieldfile/2021/08/06/210810_daiyakaisei.pdf?_ga=2.32214974.148945121.1628599652-399687524.1625898201、岐阜新聞ホームページ https://www.gifu-np.co.jp/news/20210810/20210810-95854.html)

| |

« 山陽新幹線の「新幹線回数券」も2022年3月で廃止 | Main | 西九州新幹線開業で新鳥栖通過列車が増えることは否定 »

鉄道」カテゴリの記事

名鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 山陽新幹線の「新幹線回数券」も2022年3月で廃止 | Main | 西九州新幹線開業で新鳥栖通過列車が増えることは否定 »