« 日田彦山線代行バス、10月から減便 | Main | 北陸新幹線並行在来線、福井県が原案を示す »

南丹市長、北陸新幹線に否定的な発言

 北陸新幹線が単なる東京と北陸を結ぶ新幹線ではなく、その特性を発揮させるためには、未着工区間の敦賀-新大阪間を開業させる必要があります。

 この未着工区間は、東小浜、京都、松井山手を経由しますが、東小浜-京都間は南丹市美山町をトンネルで通ります。南丹市美山町はかやぶきの里として知られているところです。ここを長大トンネルで通過します。トンネルを掘れば、残土が出てきます。観光業や環境に影響を与える危険性もあります。

 美山町は環境アセスメントが進んでいないのですが、そんな中、美山町のある南丹市の西村市長が市議会9月定例会の一般質問で北陸新幹線について発言をしました。西村南丹市長は自らは許認可の権限はなく工事を止めることはできないとはしながらも、北陸新幹線には否定的な発言を行いました。

 北陸新幹線が金沢まででき、あと2年半で敦賀まで開業することを考えると、そこから西だけができない北陸新幹線は関西にとってデメリットばかりが大きく、全線フル規格での開業で新大阪まで直結する以外の選択肢はありません。北陸新幹線に反対するなら長野新幹線のフル規格化の段階で反対すべきだったのです。今更遅いというのが正直なところです。

 ただ、南丹市の懸念するところも理解できます。もともと北陸新幹線は亀岡に駅ができる予定でした。南丹市の隣で、トンネルを掘ることによる環境問題はありますが、近くに駅ができるというメリットも享受できます。ところが京都に駅ができることになり、デメリットだけが残った格好になります。新幹線の駅の場所を変更したことによって利益を享受する京都市が中心となって配慮すべき話でしょう。駅を呼び寄せた以上、「お金がない」と言って逃げることは許されません。
(参考:京都新聞ホームページ https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/630160)

| |

« 日田彦山線代行バス、10月から減便 | Main | 北陸新幹線並行在来線、福井県が原案を示す »

鉄道」カテゴリの記事

整備新幹線」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 日田彦山線代行バス、10月から減便 | Main | 北陸新幹線並行在来線、福井県が原案を示す »