« 「奥出雲おろち号」の代わりは「あめつち」? | Main | 皿倉山や和布刈に期間限定バス »

ローカル線でも防犯カメラの設置を求める国交省

 2021年、小田急や京王で乗客が刺される事件がありました。このことを受けて国交省は2021年の年末、今後新しくつくる鉄道車両には防犯カメラの設置を義務づけることを考えています。

 新幹線などの特急用車両や大都市の通勤列車は早期に設置することが望ましいでしょう。すでに設置されている鉄道会社もありますし、JR西日本のように設置計画をつくったところもあります。2023年度までに新快速と「関空快速」、「紀州路快速」の全車両に防犯カメラを設置します。

 問題はローカル線。大量に人が乗る路線ならお金を出す価値がありますが、防犯カメラの設置にはお金がかかります。2018年にJR東日本が首都圏の8300両に設置したとき、約110億円かかりました。1両あたりにすると約130万円です。ローカル線のような乗る人が少ない路線に設置する余裕はありません。たとえ全額補助が出たとしても(国交省は鉄道会社に対しては口で注文をつけるだけで、役所らしく予算を取ってくることはしません)、防犯カメラの保守管理に費用がかかり、映像を確認する人も要ります。何事も東京の基準だけで考えてはいけないのです。

 もっとも、変わった方法で防犯対策を行う鉄道会社もあります。えちぜん鉄道です。えちぜん鉄道は防犯カメラを設置する費用がかかり、また朝のラッシュ時などにそのカメラの映像を確認する要員が確保できないことから、防犯カメラの設置は行いません。代わりに全ての車両に楯を用意します。犯人からの攻撃を防ぐもので、アテンダント、駅員、運転士は警察から護身術を学びます。
(参考:朝日新聞ホームページ https://www.asahi.com/articles/ASQ1B566QPDHPITB017.html、読売新聞オンライン https://www.yomiuri.co.jp/national/20211202-OYT1T50244/、日本経済新聞ホームページ https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUE030C30T01C21A2000000/、JR西日本ホームページ https://www.westjr.co.jp/press/article/items/211220_03_kaiken.pdf、NHKホームページ https://www3.nhk.or.jp/lnews/fukui/20220115/3050010137.html)

| |

« 「奥出雲おろち号」の代わりは「あめつち」? | Main | 皿倉山や和布刈に期間限定バス »

鉄道」カテゴリの記事

JR西日本」カテゴリの記事

東海・北陸私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「奥出雲おろち号」の代わりは「あめつち」? | Main | 皿倉山や和布刈に期間限定バス »