« 岡山にプラネタリウム付き路線バス | Main | 白山-新潟間に新駅 »

なぜ新幹線の座席は7つ減ったのに定員は4人減で済むのか?

 16両編成の東海道・山陽新幹線で車椅子用の座席があるのは11号車。12Cと13Cの2席を潰して、車椅子を置くスペースとしています。車椅子の利用者は隣のB席に座るという想定です。

 ところが、車椅子のスペースが増えることになりました。東海道・山陽新幹線の場合、2席から6席に増えます。これに伴い、11C、11D、11E、12D、12E、13D、13Eの7席が消えましたが、定員は4人減るだけです。なぜ座席は7つ減るのに、定員は4人しか減らないのでしょうか?

 実は、D席、E席にできた車椅子スペースでは、車椅子に乗ったままなのです。車椅子がそのまま座席代わりになるのです。車椅子に乗ったままの席が3つあるので(11~13列のD、E席)、定員は4人しか減らないのです。なお、11Cについては、これまで通り、隣の11Bに座ることになります。
(参考:「鉄道ファン」2022年3月号 交友社

| |

« 岡山にプラネタリウム付き路線バス | Main | 白山-新潟間に新駅 »

鉄道」カテゴリの記事

JR東海」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 岡山にプラネタリウム付き路線バス | Main | 白山-新潟間に新駅 »