« 下関まで「ICOCA」 | Main | 北海道新幹線長万部-余市間、新幹線開業前に廃止か? »

名金線、金沢や福光に行かなくなる

 国鉄バスの名金線は、元々その名の通り名古屋と金沢を結ぶ路線でした。国鉄時代末期の時刻表(1984年7月号)を見ると、美濃白鳥駅-鳩ヶ谷間にも国鉄バスが走っていて、そのうち1往復は名古屋駅まで乗り入れていました。5時間半近くかけて名古屋と白川郷の間を走っていました。しかし白川郷へのバスは今は消えてなくなり、金沢駅-福光間のバスだけがJRバスとして残っています。行き止まりの城端線も、このバスと組み合わせることによって高岡まで戻らずに金沢へショートカットすることができます。「青春18きっぷ」を持っている人にはバスの運賃を割り引くキャンペーンも行っていました。

 ところが名金線のバスも4月と7月の2回に分けて縮小されます。まず4月1日には、金沢駅への乗り入れを止めます。森本駅発着になります。現在8便ある名金線は2便だけになります。そして7月1日からは福光への乗り入れを止め、不動寺止まりになります。石川県内で完結する路線になります。金沢付近のJRバスの路線のうち、才田線、中尾線、医王山線、牧線についても4月1日に金沢駅の乗り入れを止め、7月1日に路線の短縮を行います。イオン金沢への乗り入れもなくなります。本数も4月と7月の2回に分けて減ります。西日本ジェイアールバスのプレスリリースでは平日のことだけしか書かれていませんが、休日も同様になるようです。

 金沢-福光間にはほかに加越能バスも走っていますし、最近は買い物用の無料バスまで走っています。加越能バスはともかく、無料のバスは痛かったのでしょう。
(参考:西日本ジェイアールバスホームページ https://www.nishinihonjrbus.co.jp/upload/news/content/kanazawa.pdf、乗りものニュース https://trafficnews.jp/post/115320)

| |

« 下関まで「ICOCA」 | Main | 北海道新幹線長万部-余市間、新幹線開業前に廃止か? »

バス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 下関まで「ICOCA」 | Main | 北海道新幹線長万部-余市間、新幹線開業前に廃止か? »