« 阿武隈急行も地震で代行バス | Main | JRが利益を維持するには2~6割の値上げが必要 »

鉄道の混雑率と収益

 車内が混雑している路線は儲かっているのでしょうか? 芝浦工大や東大の教授らが首都圏の18路線を対象に分析しました。

 結論から先に言えば、車内混雑率が高いほど費用効率は低下しますが、収入効率が高くなるとのことです。特に雑収入が高くなるようです。鉄道の運行効率を上げるためには、車両キロ(列車キロ×編成両数)と車両定員の2つの要素が影響します。費用の効率を上げるためには、人件費や営業費を削減するのが良く、収入の効率を上げるためには運輸雑収入を増やすのが良いようです。

 もっとも、参考にした記事には詳細が書かれていないので、なぜそのような結果が導かれるのかはわかりません。用語の定義も書いていないので、どうすれば効率が良いのかも分かりません。この分析結果をうまく使えば都市鉄道の効率的な運営につながるのに、もったいないところです。
(参考:Yahoo!ニュース https://news.yahoo.co.jp/articles/c194e4f8a0c9e039acff2bdd42a9400a8c9cbe8e)

| |

« 阿武隈急行も地震で代行バス | Main | JRが利益を維持するには2~6割の値上げが必要 »

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 阿武隈急行も地震で代行バス | Main | JRが利益を維持するには2~6割の値上げが必要 »