« 地下鉄の駅は防空壕になる? | Main | 福井空港からヘリコプターの定期便 »

北海道新幹線用車両、マグネシウム合金で製作か?

 現在、新幹線に使われているのは、軽くて強度があるアルミニウム合金が使われています。しかし、列車の高速化や省エネのために、さらに軽いマグネシウム合金を使うことを考えています。今でも列車の荷物棚にはマグネシウム合金は使われていますが、車体にはまだ使われていません。大型のものがつくりにくく、難燃性と強度の面で問題があったからです。

 そこで川崎重工業や日本金属などが参加する新構造材料技術研究組合の研究グループは、マグネシウム合金の改良を行いました。マグネシウムにカルシウムを混ぜた合金を開発し(レアアースの類は含みません)、難燃性や耐久性などの試験を行ってきました。このたび、長さ9メートル、幅3メートルの床板をつくり、JR東日本の「ALFA-X」で試験を行いました。今回開発されたマグネシウム合金の床板は従来のアルミニウム合金に比べて約23%軽くなりましたが(床板1枚当たりの重さは約20キロ)、音の響きや乗客が乗り降りする際の重量に耐えられるかなどの面で従来のアルミニウム合金と同等の性能を示しました。

 E5系の次の新幹線車両は、北海道新幹線札幌延伸を考慮して、さらに高速で走る性能が求められます。時速360キロのような超高速で走らないと、ライバルの航空機に太刀打ちできないからです。「ALFA-X」で試験をしたのもそのためですし、2030年の実用化という目標も北海道新幹線での実用化を念頭に入れたものでしょう。アルミニウム合金に比べて数倍の値段がするというコストの問題がありますが、研究の積み重ねで解決することを期待します。
(参考:日本経済新聞ホームページ https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC114GE0R10C22A4000000/、タビリスホームページ https://tabiris.com/archives/magnesium-vehicle/)

| |

« 地下鉄の駅は防空壕になる? | Main | 福井空港からヘリコプターの定期便 »

鉄道」カテゴリの記事

JR北海道」カテゴリの記事

JR東日本」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 地下鉄の駅は防空壕になる? | Main | 福井空港からヘリコプターの定期便 »