« JRの廃止対象は輸送密度1000人未満? | Main | 阿佐海岸鉄道、3か月しかDMVを走らせていないのに売上58%アップ »

「SPACIA X」は2023年7月15日運行開始

 東武の特急の新型車両についての続報です。

 N100系が使われる東武の新特急の愛称が決まりました。「SPACIA X」です。「スペーシア」の伝統を維持・継承するとともに、新型車両に期待される役割の象徴として「X」を加え、「スペーシア」を正しく進化させたものであることを思い出させる意図があるようです。

 その「SPACIA X」ですが、運行開始日等も決まりました。運行開始日は2023年7月15日です。運行区間は浅草-東武日光・鬼怒川温泉間で、JRには乗り入れません。「SPACIA X」は観光に便利な時間帯に走ります。毎日2~4往復走りますが、4往復走るのは週末などに限られます。停車駅はとうきょうスカイツリー、北千住、春日部、栃木、新鹿沼、下今市、東武ワールドスクウェア(鬼怒川温泉発着のみ)です。希少な存在の「SPACIA X」になったからと言って停車駅が減るわけではないようです。

 ただ、特急料金は現在の「スペーシア」より上がります。現在は平日が1360円(浅草-東武日光間、以下同じ)、休日が1470円ですが、「SPACIA X」のスタンダードシートは1940円です。プレミアムシートは2520円です。特別座席料金については、コックピットラウンジが1人用200円、2人用400円、4人用800円、2人定員のボックスシートが1室400円、4人定員のコンパートメントが1室6040円(現在の「スペーシア」は平日1室3150円、休日1室3770円)、7人定員のコックピットスイートが1室12180円です。
(参考:東武ホームページ https://www.tobu.co.jp/cms-pdf/releases/20220714145639kM21uyWeaNPoTNtDiNssEw.pdf)

| |

« JRの廃止対象は輸送密度1000人未満? | Main | 阿佐海岸鉄道、3か月しかDMVを走らせていないのに売上58%アップ »

鉄道」カテゴリの記事

東武」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« JRの廃止対象は輸送密度1000人未満? | Main | 阿佐海岸鉄道、3か月しかDMVを走らせていないのに売上58%アップ »