« 観光列車にもなるH100形がデビュー | Main | JR東日本、電車特定区間に「オフピーク定期券」 »

「ラピート」の50000系を「泉北ライナー」に、高野線自由席特急は11月2日まで

 現在、高野線の特急の一部は、小原田車庫での特急車両移動中のトラブルにより、運休を続けています。代わりにロングシートの車両を使って、自由席特急を走らせています。通勤用の車両なので、特急料金はかかりません。

 しかし、このような異常事態もあと1か月ほどです。11月1日から当面の間、「泉北ライナー」に「ラピート」用の50000系を使い、余った11000系車両を高野線用に使うことにより、自由席特急をなくすのです。11月3日から高野線の特急は本来の全車指定席に戻します。早く気付いておけば早い時期に自由席特急をなくすことができたのですが、簡単にはいかない事情があったのでしょうか?

 50000系が使われるのは、「泉北ライナー」のうち、平日は5往復、休日は6往復。残りは泉北12000系で賄います。特急料金はこれまでの「泉北ライナー」と同じく、520円。5号車、6号車はスーパーシートですが、それも同額の520円です。本来追加料金のかかるスーパーシートにお得に乗ることができます。

 「泉北ライナー」での50000系運行開始の前に、10月30日に試乗会を実施します。和泉中央から難波に行きます。先着順にホームページ上で事前予約した人が試乗することができます。事前予約は10月3日からすることができ、100組(最大200人)乗ることができます。参加料金は運賃のみで(「PiTaPa」、「ICOCA」等の交通系ICカードでも可)、特急料金に相当するものは要りません。

 しかし、話はこれで終わりではありません。11000系が使えるようになった高野線特急ですが、11月3日から23日の間、車両検査の都合により、一部の「こうや」が運休、あるいは運転区間の短縮を行います。平日のうち水曜日、木曜日は4往復中2往復が運休します(月曜日、火曜日、金曜日は4往復とも運行します)。休日は7往復中2往復が運休し、1往復が難波-橋本間の運転に短縮されます。高野山まで行くのは4往復になります。なお、難波-橋本間に短縮されるのは、列車名が「りんかん」に変わります。
(参考:南海ホームページ https://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/220930_2.pdf、https://www.nankai.co.jp/traffic/info/koya_rinkan_2022.html、https://www.nankai.co.jp/traffic/info/koya_kensa_2022.html)

| |

« 観光列車にもなるH100形がデビュー | Main | JR東日本、電車特定区間に「オフピーク定期券」 »

鉄道」カテゴリの記事

南海・泉北」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 観光列車にもなるH100形がデビュー | Main | JR東日本、電車特定区間に「オフピーク定期券」 »