« 高徳線の定期で路線バスが利用可能に | Main | 路線バスを乗り継いで高野山へ »

スカイレール、2023年末で廃止

 広島市安芸区の団地のアクセスとしてつくられた新交通システム、スカイレール。山陽線の瀬野に隣接するみどり口とみどり中央とを結ぶ1.3キロの路線で、急勾配を克服するため(麓の駅と高台の住宅地との標高差は約200メートルもあります)、ロープウェイと懸垂式モノレールとを足して2で割ったかたちとなっています。1998年8月に運行を開始し、運賃は大人170円、運行本数は平日約90便、休日約70便で日中は15分間隔です。

 ところがそのスカイレールですが、運営会社は2023年末で廃止するようです。維持費などの採算面が理由で、廃止後は電気バスによる路線バスを走らせる予定です。住民に対しては運営会社が12日以降に説明会を開く予定です。

 ほかのところに普及すればともかく、ここだけにしかない特殊な新交通システムなのでその分コストがかかったのでしょうか? 日々の営業ならともかく、開業なら20年余り経って必要となる大規模更新の費用は捻出できなかったのでしょう。

(追記)
 スカイレールの2019年度の輸送密度は1456人(同じニュータウン鉄道の山万は1092人です)、年間軌道収入は5800万円、営業赤字は9900万円です。
(参考:Yahoo!ニュース https://news.yahoo.co.jp/articles/732d9697ca2433d1e30fda54bd50055c88232fec、タビリスホームページ https://tabiris.com/archives/skyrail2022/)

| |

« 高徳線の定期で路線バスが利用可能に | Main | 路線バスを乗り継いで高野山へ »

鉄道」カテゴリの記事

中四国・九州私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 高徳線の定期で路線バスが利用可能に | Main | 路線バスを乗り継いで高野山へ »