« 北総鉄道、11月26日ダイヤ改正で休日の普通を増発 | Main | 「クイーンビートル」、11月4日に日韓航路デビュー »

10月に復旧した只見線、休日に増発

 10月1日に11年ぶりの復旧を果たした只見線。乗りに行く人が多く、平日でも座ることができないなど、混雑しているようです。

 そこでJR東日本は、11月に臨時列車を走らせることにしました。ひとつは、会津若松-会津川口間の列車を、只見まで延長します。11月3、5、6、12、13日の5日間運転します。ダイヤは下りが会津若松7:41発、会津川口9:40着、只見10:43着。上りが只見10:57発、会津川口12:29発、会津若松14:15着です。本来のダイヤでは会津川口で3時間弱停まっていますが、その間を利用して只見まで往復します。また、これらの列車は本来2両編成ですが、3両編成で走らせます。もうひとつは、只見-小出間の臨時列車。11月12、13日の2日間運転します。ダイヤは下りが只見11:15発、小出12:16着、上りが小出9:00発、只見10:29着です。11月12、13日の2日間だけですが、この2本の臨時列車を組み合わせると、会津若松7:41発、小出12:16着、小出9:00発、会津若松14:15着という4往復目の乗り通しルートができます。

 只見線の混雑が一時的なブームではなく、これからも続くのなら、増発を考えても良いでしょう。今のところはできるだけのことはやったとも言えます(利益を求めないといけないJR東日本ではなく、地元主体の第三セクターならもっと積極的にできたでしょうが)。また、増収策を考えても良いでしょう。只見線を訪れる客は乗り通すでしょうから、全車指定席の快速で指定席料金をもらっても良いでしょう。今回の臨時便の場合、只見での接続時間が30分ほどあります。その時間を利用してホームで店を開いても良いでしょう。地元に金を落とさせる仕組みをつくるのです。

(追記)
 只見線の臨時列車の運転日が増えることになりました。11月19、20、23、26、27日と12月3、4日の7日間、会津若松-会津川口間の普通列車の只見延長と只見-小出間の普通列車の運転を行います。いずれも2両編成です。
(参考:JR東日本ホームページ https://www.jreast.co.jp/press/2022/sendai/20221102_s01.pdf、https://www.jreast.co.jp/press/2022/niigata/20221102_ni01.pdf、https://www.jreast.co.jp/press/2022/sendai/20221115_s02.pdf、Yahoo!ニュース https://news.yahoo.co.jp/articles/1d3e0995fc3f4bf6b197dc351e1a3487007fd362)

| |

« 北総鉄道、11月26日ダイヤ改正で休日の普通を増発 | Main | 「クイーンビートル」、11月4日に日韓航路デビュー »

鉄道」カテゴリの記事

JR東日本」カテゴリの記事

Comments

JR東日本は素早い判断が出来たと思います。
「開業ブームが過ぎればどうせ乗客は減るんだから」と言って何の対策も取らないよりは良いでしょう(残念ながらそんな鉄道会社もあります)。

混雑が利用者に悪影響を与えているという事実を看過していたら、乗客・来訪客を失う可能性がずっと大きくなります。

予想外の事は当然起こりえます。もちろん、この対策がベストとは限りません。状況は変化しますので素早く考え、判断・実行する事がこれからは大切になるでしょう。

Posted by: 美音 | 2022.11.03 05:21 PM

 美音さん、こんばんは。

* 「開業ブームが過ぎればどうせ乗客は減るんだから」と言って

 一時的なものの可能性は高いので、定期列車にすることは厳しいでしょうから、臨時で設定するのがベターでしょう。

 小出9:00発なら、東京を朝の新幹線で出れば間に合います。只見線単体で稼ぐのは難しいので、行き帰りで新幹線を使ってもらって、トータルでの収入を上げないといけないでしょう。

Posted by: たべちゃん | 2022.11.03 07:43 PM

全席指定の列車を走らせて安定した収入を得た方が良いと思います。

沿線風景にはそれなりの価値がある路線だと思います。

福島県はそこに気づいて動くべきかと思います。

良い機会を逃さない為にも。

Posted by: 奏(KANADE) | 2022.11.08 07:42 PM

 奏(KANADE)さん、こんばんは。

* 全席指定の列車を走らせて

 「座ることができない」という苦情を防ぐには、指定席を設定するのも方法のひとつでしょう。

 ツアー観光客に対しては、座席確保、お土産、沿線での体験などいろいろ付加価値をつけて高く売るのも手でしょう。

Posted by: たべちゃん | 2022.11.08 08:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 北総鉄道、11月26日ダイヤ改正で休日の普通を増発 | Main | 「クイーンビートル」、11月4日に日韓航路デビュー »