« 函館線函館-長万部間、新幹線開業後も鉄路維持へ | Main | 上野動物園のモノレール、廃止へ »

中央線「しなの」に385系

 中央線の特急「しなの」に使われているのは、383系。カーブの多い路線を高速で走ることができるよう、振子制御技術のある車両が使われています。この振子制御技術により、本来のカーブの通過速度よりも最大時速35キロ速く走ることができます。本来の速度より35キロも速く走ることができるのは、国内最速です。

 しかし、キハ85系がHC85系に置き換わった今、383系はかなり古い部類になっています。383系に置き換えがあるという話は以前にも書きましたが、どうやらそれが実現するようです。

 新しい車両は385系と言います。2026年度から量産先行車(8両編成1本)を用いて、約1年間かけて走行試験を行います。量産車の導入予定時期は、2029年度です。

 385系もこれまでと同じく振子制御技術のある車両ですが、乗り心地の向上のために、次世代振子制御技術を採用します。乗り心地をよくするためには、カーブの開始位置を正確に検知し、そこから車体を傾斜させないといけません。カーブの開始位置と車体の傾斜を始める時期がずれると、乗り心地が悪化します。今も地上子と車輪の回転数等から傾斜を始める時期を計算していますが、滑走等で車輪の回転数が減ると、カーブの開始位置からずれて車体の傾斜を始めることになり、乗り心地を悪くするのです。車上のジャイロセンサによって車両とカーブの位置関係を常時監視し、カーブの開始位置をより正確に検知することができます。383系を用いた走行試験によれば、乗り心地の向上が見られるようです。また、安全性向上のために、HC85系でも採用した、車両機器の稼働状況や故障状況等を遠隔で常時監視する状態監視システム(DIANA)や、車内防犯カメラ等の導入も行います。中央線を走る315系と車体の長さやドアの位置を統一します。中央線では一部の駅でホーム可動柵を導入しますが、315系と合わせることにより、開口部の狭いホーム可動柵でも対応できるようになるのです。千種等のホーム可動柵は、385系に置き換わってから整備されるのでしょう。

 余談ですが、385系は長野側も名古屋側も前面展望が利くようになっています。
(参考:JR東海ホームページ https://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000042834.pdf)

| |

« 函館線函館-長万部間、新幹線開業後も鉄路維持へ | Main | 上野動物園のモノレール、廃止へ »

鉄道」カテゴリの記事

JR東海」カテゴリの記事

Comments

技術の向上とともに多くの方が楽しめるような車両になるといいですね。

名古屋・長野方双方に前面展望が利く車両は貴重だと思います。

展望車両は鉄道ファンだけではなく、子供のいるご家族にも人気があります。

他のJR各社も子供があこがれ、思い出に残るような特急車両を開発してほしいものです。

Posted by: 青空(BLUE-SKY) | 2023.08.02 07:16 PM

 青空(BLUE-SKY)さん、こんばんは。

* 名古屋・長野方双方に前面展望が利く車両は

 両方ともに展望車両になるのは意外でした。

Posted by: たべちゃん | 2023.08.02 09:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 函館線函館-長万部間、新幹線開業後も鉄路維持へ | Main | 上野動物園のモノレール、廃止へ »