« 宇都宮のLRTと茨城の私鉄に乗る(2) | Main | 宇都宮のLRTと茨城の私鉄に乗る(4) »

宇都宮のLRTと茨城の私鉄に乗る(3)

 2日目の朝は水戸から。今日は茨城県内を動くので、前日のうちに券売機で「ときわ路パス」を買っておいた。茨城県内のJRだけでなく、関東鉄道、真岡鐵道(栃木県内も含む)、鹿島臨海鉄道、ひたちなか海浜鉄道も乗り放題だ。これらの私鉄に乗るときは欠かせない切符で、今日はそのうち延伸の話があるひたちなか海浜鉄道以外の3つに乗ることにする。まずは鹿島臨海鉄道から。水戸6:03発の鹿島神宮行きに乗る。雨が降っていた昨日とは違い、晴れているので6時でもそんなに暗くはない。車両は転換クロスシートでトイレもついているが(新型はロングシートでトイレなし)、老朽化しているので、外の傷みが目立つ。ロングシートの新型は輸送力があるため、水戸行きに使っているようだ。鹿島神宮行きの乗客は少ない。その数少ない乗客も大洗で降りた。鹿島神宮で折り返す。折り返しの水戸行きには早速、行きよりは多く乗っている。ガラガラということはない。ただ水戸までは学校に通うにしては遠いのか、新鉾田で降りていった。

 水戸で常磐線に乗り換える。9:33発の品川行きに乗り、龍ケ崎市で降りる。ここから関東鉄道の竜ヶ崎線が出ているので、そちらにも忘れずに乗っておくのだ。JRは駅名を変更したが関東鉄道のほうは佐貫のまま。チェーンの中華料理店の脇を通り抜けていった先に乗り場がある。1両のディーゼルカー(3扉ロングシート)が昼間は1時間に2本の割合で行ったり来たりしている路線だ。そこそこ客は乗っている。竜ヶ崎線は途中駅がひとつだけの短い路線。7分で終点に着く。ここ竜ヶ崎が龍ケ崎市の中心で、竜ヶ崎線は龍ケ崎の町と常磐線を結ぶための鉄道なのだ。すぐに折り返し、常磐線に乗り換えて取手に行く。

 取手からの関東鉄道常総線は予定より1本早く、取手11:30発。取手と水海道の間は昼間は1両で走るものの、20分間隔で出ている。水海道までは複線で駅には自動改札もあり、非電化であることを除けば大都市近郊の私鉄。架線がないのがおかしく見える。つくばエクスプレスとの乗り換え駅である守谷で降りる人が多かったのは意外だったが(守谷から乗るほうが多いと思っていた)、終点の水海道に着いた。ただ、水海道で接続する列車はなく、結局は次の取手11:50発の快速に乗ることになる。その次の快速が来るまでの間、改札を出る。駅前にスーパーがあるが、怪しい。並べている商品に日本のものが少ないのだ。店員に聞くと、ここはブラジル人向けのスーパー。入口では本国への送金をしてくれるコーナーもある。この辺りに外国人が多く住んでいるということか? 待ち時間でおもしろいものを見たと考えよう。快速がやってきた。快速は守谷-下館間を通過運転する。先ほどと同じ1両編成だが、下館まで行く快速なので、3扉ロングシートの座席はほぼ埋まっている。やはり速いは正義か? 関東鉄道の快速は停車駅が少なく、通過駅も改良されているところも多いので、それほどスピードを落とさない。駅に停まる。水海道以北はICカードリーダーはあるものの(「Suica」と「PASMO」のみ使える)、自動改札機はないため、無人駅では一番前の扉しか開かない。しかし、快速が停まるのは有人駅だけ。全ての扉が開く。水海道を出て37分、快速は終点の下館に着いた。

 下館で真岡鐵道に乗り換え。次の茂木行きは13:04発だが、時間になっても発車しない。何とか応急措置のうえ、5分ぐらい遅れて発車した。しかし応急措置した箇所の具合はよくないようで、真岡で乗り換え。ともに1両編成だが、セミクロスシートの車両からロングシートの車両に変わる。ただ、真岡を過ぎてもガラガラということはなく、十数人は乗っている。坂を降りて茂木に到着。車両交換の影響で到着が遅れたため、すぐに出発。こちらもガラガラということはない。再び下館に着いた。次の列車まで時間があるので、駅前を散策する。JRの駅がある北口は、ショッピングセンターに代わって市役所が入っている。空洞化対策に役所が入るのはいいが、今日は土曜日。駅前は閉まっている店が多く、活気がない。その市役所の1階にはコンビニがある。昼を食べていないのでそこでパンを買うが、パンの種類も少なかった。(続く)

| |

« 宇都宮のLRTと茨城の私鉄に乗る(2) | Main | 宇都宮のLRTと茨城の私鉄に乗る(4) »

鉄道」カテゴリの記事

JR東日本」カテゴリの記事

関東・甲信越私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 宇都宮のLRTと茨城の私鉄に乗る(2) | Main | 宇都宮のLRTと茨城の私鉄に乗る(4) »