« JRの高速バス京阪神-東京線、2500円で乗ることができる | Main | ゴールデンウィークの久大線に客車快速 »

函館にフル規格乗り入れは可能

 大泉函館市長が打ち出した、北海道新幹線函館乗り入れ構想。この乗り入れ構想について、コンサルタント会社に委託した調査結果が発表されました。

 函館に乗り入れるのは、札幌からの便と、東京からの便の2種類。札幌からの便はどの案でも8往復が函館に乗り入れます。東京からの便は、全く乗り入れない、5往復が10両編成で乗り入れる、5往復が3両編成で乗り入れる(残り7両は札幌へ)の3パターンが想定されています。また、函館に乗り入れるのは、フル規格、ミニ規格、どちらのパターンも想定されています(函館へは、20000Vにさえ対応できるならば、フル規格の新幹線がそのまま走ることができるようです)。ちなみに、新函館北斗から函館線へは、新函館北斗の近くにある保守基地線を使い(車両基地は通りません)、函館-七飯間の複線区間では、東側の線路を三線軌にします。時速は在来線並みの時速120キロです。函館は1、2番線を新幹線線用ホームに改造し、五稜郭は在来線と共用のホームにします。工事は3年半程度で済みますので、北海道新幹線札幌開業に間に合います。

 話は長くなりましたが、どうやら東京からの乗り入れの有無、フル規格かミニ規格かに関わらず、整備費は157~169億円で済みます。車両費は別枠ですが、東京からの乗り入れはともかく、函館-札幌間の区間運転用の車両は何らかのかたちで必要なので、大きな問題にはならないと思われます。また、東京からの乗り入れによって本州と北海道の間の利用者が増えるのかは微妙ですが、札幌からの乗り入れは確実に函館線函館-新函館北斗間、北海道新幹線新函館北斗-札幌間の利用者を増やします。

 東京からの直通はE5系(の後継車両)に与える影響が大きくなりますが、札幌からの直通は、函館への利便性向上のために欠かせません。進める方向で話を持っていきたいです。
(参考:タビリスホームページ https://tabiris.com/archives/hakodate-shinkansen2403/)

| |

« JRの高速バス京阪神-東京線、2500円で乗ることができる | Main | ゴールデンウィークの久大線に客車快速 »

鉄道」カテゴリの記事

JR北海道」カテゴリの記事

整備新幹線」カテゴリの記事

Comments

改軌区間は、フル・ミニどちらでも可能でしょうが、フル車輛を乗入れするほどの需要はないので、ミニ車両が現実的か。

札幌-函館間に7両程度のミニ車両で1日8往復程度運行する。

東京直通を設定する場合、分割併合は不可避だが、盛岡以北は10両にしか対応していないため、10両をさらに7+3等にするのはあまり現実的ではない。

もしやるなら、秋田・山形新幹線と同様、ミニ7両+フル10両で、仙台or盛岡でフル10両を切離し、ミニ7両のみ函館乗入れにするしかないでしょう。

また、道内区間列車設定により、東京発着列車は新函館-札幌間を速達化、中間駅へは新函館で区間列車に乗り継ぐことで、所要時間の短縮も検討すべきです。

Posted by: かにうさぎ | 2024.04.01 09:24 PM

 かにうさぎさん、こんばんは。

* 改軌区間は、フル・ミニどちらでも可能でしょうが、

 確かに函館に乗り入れるのはフル規格、ミニ規格どちらでも良いです。車種を簡単にするならフル規格、今の「北斗」に合わせるならミニ規格となります。

* 東京直通を設定する場合、分割併合は不可避だが、

 東京直通は取り扱いが複雑になるので、なくても構わないでしょう。

* また、道内区間列車設定により、東京発着列車は

 さすがに東京と直結するのがない、というわけにはいかないですし、倶知安のようにインバウンドの利用も見込めるところもありますので、新函館北斗-札幌間ノンストップはそれほど設定されないでしょう。

Posted by: たべちゃん | 2024.04.01 11:09 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« JRの高速バス京阪神-東京線、2500円で乗ることができる | Main | ゴールデンウィークの久大線に客車快速 »