« JR北海道は北海道新幹線函館乗り入れに否定的 | Main | 成田空港への鉄道が複線化? »

6月29、30日、新車両基地整備のためゆいレール一部区間終日運休

 ゆいレールは2023年8月に一部列車の3両編成化を行いましたが、車両基地は3両編成に対応していないようで、新たにつくる必要があります。

 この新しい車両基地は、開業時に計画されたものではないため、新たに分岐器を挿入する必要があります。普通の鉄道ならともかく、モノレールで分岐器を挿入するのは大変です。そのため、ゆいレールは6月最後の週末の29日と30日の2日間、那覇空港-牧志間を終日運休して、その間に工事を行います(工事が早く終われば、途中で運転を再開することもあります。また、天候の理由で工事ができない場合は、7月6、7日に延期します)。挿入する分岐器は那覇空港-赤嶺間にありますが、折り返す駅の都合から、牧志までの間を運休することにしました。

 29、30日の2日間は、牧志-てだこ浦西間で折り返し運転をします。約12分間隔で走ります。運休する那覇空港-牧志間については、約12分間隔で代行バスが走ります。ただ、バスの定員には限りがあり、ダイヤ通りに走らない危険性があります。ゆいレールとしては、ほかの交通機関の利用を勧めています。
(参考:沖縄都市モノレールホームページ https://www.yui-rail.co.jp/common/uploads/a8d1975d67283670c701a4e689237082.pdf、琉球新報ホームページ https://ryukyushimpo.jp/news/national/entry-3000105.html)

| |

« JR北海道は北海道新幹線函館乗り入れに否定的 | Main | 成田空港への鉄道が複線化? »

鉄道」カテゴリの記事

中四国・九州私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« JR北海道は北海道新幹線函館乗り入れに否定的 | Main | 成田空港への鉄道が複線化? »