« 那覇のLRTは東西、南北の2ルート | Main | 南海の支線に2000系 »

山陰線、一部区間を夏に先行復旧

 以前にも記事にしましたが、山陰線長門市-小串間は、2023年6月30日からの大雨によって被災し、それ以降、運休が続いています。

 この山陰線長門市-小串間ですが、被害の大きい粟野川橋りょうを含む区間(人丸-滝部間)とそれ以外の区間(長門市-人丸間、滝部-小串間)に分けて復旧させることにしました。

 先に復旧させるのは、粟野川橋りょう以外の区間、つまり長門市-人丸間と滝部-小串間です。これらの区間については速やかに工事に着手し、着手してから3か月程度で工事を完了させます。工事が完了したら、鉄道の運行を再開します。

 これに対して、粟野川橋りょうを含む区間、人丸-滝部間については、時間がかかります。傾いた橋脚1基を改築します。そのほかの橋脚や橋桁の修復も行います。こちらは工事に着手する前に関係機関との協議や設計が必要となるので、復旧工事が終わるまでには時間がかかります。着手してから1年半程度かかるようです。

 もっとも、長門市-小串間は利用者の少ない区間なので、鉄道としてこのままJR西日本が持続させることができるかどうか疑わしいところです。今後も鉄道を維持するためには、地元が積極的な支援体制を確立させることが必要でしょう。
(参考:JR西日本ホームページ https://www.westjr.co.jp/press/article/items/240327_00_press_sanin.pdf)

| |

« 那覇のLRTは東西、南北の2ルート | Main | 南海の支線に2000系 »

鉄道」カテゴリの記事

JR西日本」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 那覇のLRTは東西、南北の2ルート | Main | 南海の支線に2000系 »