東武の客車に12系

 東武がSL「大樹」等で使っている客車は14系です。ところが、11月4日から、12系も加わることになりました。

 12系はJR四国から来たものです。SLが活躍していた昭和30年代の客車をイメージして大幅にリニューアルします。窓は開き、車両の一部には開放型展望デッキを設置します。SLの煙や風を感じることができます。座席はボックスシートで、グループやファミリーで使いやすいものとなっています。大きなテーブルも設置します。やはりSLに牽引される客車なら、リクライニングシートよりボックスシートのほうが似合います。

 今回導入されるのは2両。11月4日にデビューするオハテ12-1はぶどう色に、11月13日にデビューするオハテ12-2は青色に塗られます。どちらも座席数は64席です。展望車は3両ある客車の中間に入ります。「ドリームカー」もあるので、日によって車両の組み合わせが変わるということになります。座席指定料金はSLの場合も、DLの場合も、従来と変わりありません。展望車には車両下部に車外向けのスピーカーが設置されます。メロディーを鳴らすこともできます。メロディーは栃木県出身のエレクトーン奏者、倉沢大樹氏が作曲した曲です。

 なお、11月のデビューに先立ち、10月17日と30日には、東武トップツアーズの旅行商品として、「DL『大樹』展望車お披露目ツアー」が開催されます。これに参加すれば、一足先に乗車することができます。9月24日からの東武鉄道公式ファンクラブ会員向けの先行募集に続いて、9月28日からは一般募集も開始しています。
(参考:東武ホームページ https://www.tobu.co.jp/cms-pdf/releases/20210924164858G9ezLD6NypWgXQh45oCVVg.pdf)

| | | Comments (0)

回送列車でゴミ回収

 駅には飲み物の自販機があります。飲み終わった後の空になった容器は専用のリサイクルボックスに入れられます。この空き飲料容器はリサイクル会社に運ばれるのですが、その輸送手段として回送列車を使う実証実験を10月1日から14日の間、行います。

 どういうことでしょうか? 各駅で清掃員が自販機横にあるリサイクルボックスに入れられた空き飲料容器を回収します。そして、その回収された空き飲料容器は回送列車に積み込んで、車両基地まで持って行きます。回送列車は10:20に北千住を出発し、北春日部までの各駅で積み込み、12:00ごろに南栗橋車両管区春日部支所に到着します。南栗橋車両管区春日部支所では分別作業を行い(数日分まとめて行うようです)、リサイクル会社に引き渡されます。

 なお、車両基地での分別作業は障害者雇用を推進するためにつくられた特例子会社のシンフォニア東武が行います。障害者雇用にもつながります。
(参考:東武鉄道ホームページ https://www.tobu.co.jp/cms-pdf/releases/20210924134353E9JVfgh1hTkgacJeD8CAow.pdf)

| | | Comments (0)

10月16日からSL「大樹ふたら」の定期運行を開始

 東武は鬼怒川線のSL「大樹」のほかに、東武日光発着でSL「大樹ふたら」を走らせています。2020年10月から、月1回程度の臨時運行を行っています。

 そのSL「大樹ふたら」ですが、10月16日(土)から、定期運行を始めることになりました。運行初日の10月16日を除いて、主に平日を中心に走りますが、運行日に決まった法則はなく、平日でも鬼怒川線のSL「大樹」のみが走る日もあります。SL「大樹ふたら」が走る日のダイヤは次の通りです。SL「大樹ふたら71号」が下今市11:28発東武日光11:51着、SL「大樹ふたら72号」が東武日光12:33発鬼怒川温泉13:48着(途中下今市、東武ワールドスクウェアに停車)、SL「大樹6号」が鬼怒川温泉15:37発下今市16:14着(東武ワールドスクウェアに停車します)です。座席指定料金は鬼怒川線、日光線のみのときは大人760円、子供380円、鬼怒川線と日光線にまたがるときは大人1080円、子供540円です。なお、SL「大樹ふたら」の切符は10月8日から発売します。

 話は変わりますが、10月1日からSL「大樹」の重連運転が始まります。JR北海道から来たC11 207が先頭に、その次に真岡鐵道から来たC11 325が連結されます。後は車掌車と「ドリームカー」を含む客車3両です。DLは連結されません。なお、この重連運転は旅行商品として発売されます。
(参考:東武ホームページ https://www.tobu.co.jp/cms-pdf/releases/20210901131023KqeesciZp-HTJeAPdVdIQg.pdf、https://www.tobu.co.jp/cms-pdf/releases/20210907125133f2qogM368vJbD3nzMYu7lQ.pdf)

 

| | | Comments (0)

東武、紙の回数券を発売

 東武は9月30日で回数券の発売を終了しますが、その東武が期間限定で回数券を限定発売します。

 発売する回数券は、補充回数乗車券(手作業発行式)。印刷された回数券にゴム印で押していくものです。普通回数乗車券(大人)、時差回数乗車券、土・休日割引回数乗車券の3種類で、いずれも1冊1500円です。浅草、池袋など13か所ある定期券売り場で発売しますが、発売する回数券の区間はあらかじめ決められています。例えば、浅草で発売する回数券は、浅草-東向島間のみを発売します。

 なお、今回発売される回数券は、在庫がなくなり次第、発売を終了します。
(参考:東武ホームページ https://www.tobu.co.jp/cms-pdf/news/202109081816302x3v7A1DbS9_4YyZiUQqsQ.pdf)

| | | Comments (0)

東武、9月30日で午後割、夜割を廃止

 東武の特急は、時間帯によって特急料金が変わるものもあります。午後割や夜割と言われているもので、日光線の「けごん」、「きぬ」、伊勢崎線の「りょうもう」の一部列車に設定されています。

 しかし、9月30日をもって、午後割や夜割が廃止となります。10月1日以降の乗車分からは時間帯にかかわらず同一料金になります(日光線の「けごん」、「きぬ」は10月1日以降も、平日と土休日では料金が異なります)。

 10月1日乗車分からは、インターネットでの特急券購入や「トブポアプリ」で購入した場合のみ、午後割や夜割が使える割引キャンペーンを行っています。割引キャンペーンは9月1日から2022年2月28日までです。このようなキャンペーンを行うことによって、インターネットでの特急券購入やアプリの利用を増やそうとしているのでしょう。
(参考:東武ホームページ https://www.tobu.co.jp/news/2511/、https://www.tobu.co.jp/news/2512/)

| | | Comments (0)

東武、特急の車内販売等を8月31日で終了

 日光や鬼怒川へ特急を走らせている東武。「スペーシア」や「リバティ」で、車内販売を行っています(ただし今は新型コロナウイルスのため、営業を休止しています)。また、特急の車内では飲みものの自動販売機を設置しています。

 ところが東武は、特急の車内販売や自動販売機の営業を8月31日で終了することにしました(自動販売機での販売は8月20日から順次終了します)。特急のうち「スペーシア」にはビュッフェがあり、車内で電子レンジで温めるだけとはいえ温かいものを食べることができる設備がありましたが、それも消えてしまうことになりました。休止中のままで。

 なお、観光列車の「大樹」については、SLで運行されるものもDLで運行されるものも車内販売があります。
(参考:東武ホームページ https://www.tobu.co.jp/news/2505/)

| | | Comments (0)

東武、法人用有料手回り品料金制度導入

 最近、列車の空きスペースを利用して荷物を運ぶケースが相次いでいます。新型コロナウイルスの影響で鉄道の利用が大きく減り、その収入の落ち込みを埋める方法のひとつとして荷物の輸送がクローズアップされているのです。

 そんな中、東武は8月2日から、事前に承認を受けた特定の企業、団体等(個人は対象外です)が荷物を車内客室スペースに持ち込んだ場合に適用される、有料手回り品料金制度を導入しています。かつてあった有料手回り品料金制度を見直したもので、事実上の復活とも言えます。有料手回り品料金は乗車区間の小児運賃相当額とします。定期券(小児通勤定期券)や特急料金の設定もあります。

 有料手回り品料金制度の使いかたは次の通りです。まず、事前に申し込んでおきます。日時、区間、持込人数、手回り品の内容(大きさ、重量、品目等)のほか、乗降駅での積み降ろし等詳細な運用方法について事前に打ち合わせしておきます。

 有料手回り品料金制度適用第1号は、8月2日から始まった「TABETEレスキュー直売所」の本格運用です。食品ロス削減を目指し、東松山農産物直売所で売れ残った農産物を東上線森林公園から池袋まで運び、特別価格で販売するものです。今後も、社会貢献や地域活性化につながる特定の企業、団体等の取り組みをサポートするとのことです。
(参考:東武ホームページ https://www.tobu.co.jp/cms-pdf/releases/20210727123229JMVfJ4vYjMX-GzkY8bBhjA.pdf)

| | | Comments (0)

東武、スカイツリー展望台入場券つき2日間フリー切符を3000円で発売

 東武は7月15日から9月29日までの期間限定で、スカイツリー展望台入場券つき2日間フリー切符、「東京スカイツリー天望回廊付き東武本線乗り放題デジタルきっぷ」を発売しています。

 このフリー切符は、東上線、越生線を除く東武全線の2日間フリー切符と、東京スカイツリーの天望デッキ及び天望回廊入場券がセットになっています。東武グループ観光施設での特典もついています。東京スカイツリー展望台入場料金は3400円(休日、大人)ですが、このフリー切符は東武全線の2日間フリー切符もついていながら大人3000円です。安いです。また、中高生は2700円、小学生以下は1700円となっています。有効期間は7月16日から9月30日までの期間内で、東京スカイツリー入場日から2日間です。利用日前日までに購入が必要で、東京スカイツリーの入場日時は購入時に決めておく必要があります。

 ところで、このフリー切符は駅で売っているわけではありません。インターネット上の特設サイトで購入するのですが、紙の切符ではありません。駅で切符に引き換える必要もありません。携帯の端末が切符になります。携帯のアニメーション画面(スクリーンショットや画面メモ等は不可)を駅改札の係員に見せて改札を通過します。
(参考:東武ホームページ https://www.tobu.co.jp/cms-pdf/releases/20210715114349POpDQvFK0O0nPawYP9Ak2w.pdf)

| | | Comments (0)

定期を使っている人が乗り越せば、ポイントで還元

 会社員や学生は、会社や学校に行くために定期券を買います。毎日切符を買うより、定期券を買ったほうが安いからです。

 ところがテレワークやオンラインでの授業が増えると、定期券を買うよりも回数券ぐらいのほうが安いということもあります(もっとも、東武も9月30日で回数券の発売を終了します。10月以降はポイントサービスが始まります)。そこで東武は定期券利用者に新たなサービスを行うことになりました。「定期区間外おでかけキャンペーン」です。

 それは、東武の通勤、通学用「PASMO定期券」(モバイルを含みます)を持っている人が、「トブポアプリ」で「PASMO定期券」を登録し、7月20日から8月9日までの間にこのキャンペーンに登録し、7月22日から8月31日までの間にその「PASMO定期券」で定期区間外に乗った場合、東武線部分の運賃相当額を3000円分まで「TOBU POINT」で還元します。ポイントの還元は10月末を予定しています。

 この「定期区間外おでかけキャンペーン」は社会実証として行います。東武としては、定期券利用者に、普段はあまり乗ることはない定期区間外の鉄道利用をしてもらうことを狙っています。東武はこのキャンペーンによる利用状況を分析して、定期券を持つことによるメリットを感じてもらうよう、新たな付加価値創造施策を検討するとのことです。
(参考:東武ホームページ https://www.tobu.co.jp/cms-pdf/releases/20210712134706WgW1YbSkmn4FnHuNfUg2cg.pdf、https://www.tobu.co.jp/cms-pdf/news/20210713155415jzjsfgFRzSYdwhbKIyVceg.pdf、https://www.tobupoint.jp/cp/tobupomile/)

| | | Comments (0)

「大樹」を新藤原発として運転

 東武のSLは、下今市-鬼怒川温泉間及び下今市-東武日光間(「ふたら」)を走っています。その東武のSLですが、7月20日に限り、新藤原発として運転されることになりました。 新藤原発となるのは、7月20日新藤原12:34発のSL「大樹4号」。SLとは言いながら実際にはDLが先頭になって走ります。下今市到着は13:29ですが、通常だと停車する鬼怒川温泉や東武ワールドスクウェアでは、扉が開きません。

 また、座席指定券の発売方法も独特です。インターネットや駅窓口での発売はなく、新藤原駅改札付近の特設ブースのみで発売します。乗車当日の10:30から12:30までです。発売席数は192席、座席指定料金は通常と同じ大人760円、子供380円ですが、客が座席を指定することはできません。座席指定券を買う客に順番に渡していくだけでしょう。

 ところで、どうやってSL「大樹」を新藤原まで持って行くのでしょう? 行きはオリンピック観戦ツアーの一部として使われるのです。7月21日に福島県あづま球場でソフトボールが行われます。浅草から乗り継いで福島に行くのです。1日かけてSLに乗り、会津鶴ヶ城を見、ようやく会津若松までたどり着くのです。

(追記)
 7月20日の新藤原発のSL「大樹4号」の運行及び東京から東武経由で福島に行くツアーの催行が中止されました。
(参考:東武ホームページ https://www.tobu.co.jp/cms-pdf/news/20210701093800b19bmYfL4Vg9nCzM-GBhQA.pdf、https://www.tobu.co.jp/cms-pdf/news/20210709153235VwHp9wwudSq0-SWvuxXRcw.pdf)

| | | Comments (0)

より以前の記事一覧