相鉄・東急直通線の加算運賃

 2023年3月に開業する、相鉄・東急直通線。2019年11月に開業した相鉄・JR直通線と同じように、加算運賃が設定されることになりました。

 加算運賃が設定されるのは、東急新横浜線新綱島-新横浜間と、相鉄新横浜線新横浜-羽沢横浜国大間。東急は70円、相鉄は40円が加算されます。通勤定期券、通学定期券も加算されます。相鉄新横浜線羽沢横浜国大-西谷間ではすでに30円の加算運賃が課されていますので、加算運賃は合計140円ということになります。ICカードを使ったときの運賃は、東急の渋谷-新横浜間が358円(2023年3月の値上げ後の金額です)、相鉄の新横浜-海老名間が384円です。

 また、相鉄・東急直通線の開業に伴い、東急、相鉄それぞれに特例ができることになりました。まず東急から説明します。東急新横浜線日吉-新綱島間は新規開業路線ではありますが、加算運賃の設定がありません。新綱島は既存の東急東横線の綱島とほぼ同じ場所にあるからです。わずかな距離の差で運賃が変わらないように、東横線、目黒線方面の運賃は綱島も新綱島も同額とします。また、日吉-綱島間を含む定期券を持っている人は新綱島でも追加料金なしでの乗り降りが可能になり、日吉-新綱島間を含む定期券を持っている人は綱島でも追加料金なしでの乗り降りが可能になります。

 相鉄は、IC通勤定期券の券面表示区間に相鉄新横浜線新横浜-西谷間を含む場合、追加料金なしで横浜での乗り降りが可能になります(横浜-西谷間の途中駅での下車は追加料金が必要です)。平日に相鉄新横浜線経由で通勤している人が、休日に横浜に買い物に出かけるときに使えます。なお、このサービスは、IC通学定期券の場合及び磁気定期券の場合、対象外となります。
(参考:東急ホームページ https://www.tokyu.co.jp/image/news/pdf/20200809-1.pdf、相鉄ホームページ https://cdn.sotetsu.co.jp/media/2022/pressrelease/pdf/r22-120-cup.pdf、https://cdn.sotetsu.co.jp/media/2022/train/fare/kasan_2022.pdf)

| | | Comments (0)

東横線にも「Qシート」

 大井町線で走っている有料着席サービス、「Qシート」。以前にも記事にしましたが、ほかの路線にも拡大します。

 そのほかの路線とは、東横線。2023年度以降に拡大されます。一部の10両編成車両のうち、4号車、5号車を「Qシート」にします。該当する車両には、「Qシート」であることが分かるように、ラッピングを施します。

 東横線にはすでに西武の「S-TRAIN」が走っていますが、本数が限られています。「Qシート」が走れば、本格的な有料着席サービスの導入となります。東横線での運行開始時期、運行区間、種別、料金、購入方法については、決まり次第発表されます。
(参考:東急ホームページ https://www.tokyu.co.jp/information/list/Pid=post_644.html)

| | | Comments (0)

東急は子供100円で乗り放題

 東急は2021年11月、60歳以上の人のみが対象の切符、「東急線乗り放題パス(over60)」を発売しました。東急沿線に住んでいる60歳以上の人を対象に、1000人を上限に1か月間2000円で東急全線が乗り放題となる電子乗車券を発売したのですが、想定を大きく上回る約3800人の応募がありました。

 この「東急線乗り放題パス(over60)」は東急にもメリットがありました。平日日中や休日といった、利用者の少ない時間帯での利用が増えました。407人が回答した利用者アンケートによれば、「東急線乗り放題パス(over60)」をきっかけに67%の人の鉄道利用の頻度が増えたと回答しました。61%の人が普段行ったことのない駅、普段行ったことのない場所に行くようになったと回答しました。56%の人が途中下車が増えたと回答しました。主な目的先として87%の人が挙げたのが、百貨店や映画館を含む、商業施設。東急の商業施設なら、グループ全体が得します。

 そこで東急は、第二弾のお得な切符をつくることにしました。第二弾のターゲットは子供。子供の定期外利用は休日に多いので、休日がお得になります。6月18日から8月28日までの休日限定で、子供が100円で全線乗り放題になる、「東急線キッズ100円パス」を発売します。通常の「東急線ワンデーパス」の子供の値段は340円なので、約7割引です。東急は親子で楽しむことができるスタンプラリーやグループ施設との連携によって、需要を喚起することも考えています。

 子供だけでなく、大人も一緒に行動すれば、大人からは正規運賃がもらえます(定期券を持っている人もいるでしょうが)。また、近くの小田急は子供片道50円という、衝撃の運賃政策を行っています。その小田急に対抗する意図もあるのでしょうか?
(参考:東急ホームページ https://www.tokyu.co.jp/company/news/list/Pid=post_423.html)

| | | Comments (0)

蒲蒲線、東京都と大田区の負担割合が決まる

 800メートルほど離れたJRや東急の蒲田駅と京急の京急蒲田駅とを結ぶ、蒲蒲線という鉄道の構想があります。東急多摩川線の矢口渡駅を過ぎたところから地下に入り、JRと東急の蒲田駅を通って、京急の京急蒲田駅まで行く路線です。最終的には、京急の大鳥居駅まで延びるようです。京急蒲田駅までは2030年代後半の開業を目指しています。

 この蒲蒲線の事業費は1360億円と試算されています。国、自治体、蒲蒲線の整備主体となる第三セクターが1/3ずつ負担するため、自治体の負担は450億円となります。この450億円の自治体負担をどのように分担するかについて、東京都と大田区の間で話がまとまりました。東京都は3、大田区は7の割合で負担します。空港アクセスより、大田区内の交通アクセス改善に資する割合のほうが高いと考えられるため、大田区の負担割合が高くなりました。

 東京都と大田区との間で負担割合が決まったので、蒲蒲線は一歩前に進むことになります。大田区は2022年度中に東急などとともに第三セクターを設立し、着工に向けての国との協議を本格的に進めます。
(参考:東京新聞ホームページ https://www.tokyo-np.co.jp/article/181953、乗りものニュース https://trafficnews.jp/post/119368)

| | | Comments (0)

地下鉄直通の通勤ライナーは不振?

 首都圏の私鉄では、ロングシートにもクロスシートにもなる車両を使った有料の通勤ライナーを走らせているところがあります。さて、これらの通勤ライナーはどれだけ利用されているのでしょうか?

 どうやら地下鉄など複数の会社にまたがるのは不振のようです。通勤ライナーは追加料金が500円以下に収まるようになっているので、気軽に乗ることができます。しかし、これが地下鉄など複数の会社にまたがると各社で追加料金がかかるので、どうしても高くなってしまいます。通勤ライナーの椅子は特急としてはレベルが低いですが(近鉄は同様の車両を、追加料金が要らない急行等として走らせています。この程度で追加料金が取れるのは東京だからです)、まだワンコインで収まるのなら許せます。これが高くなるとわざわざお金を払ってまで、という気持ちになるのかもしれません。
(参考:「鉄道ジャーナル」2021年11月号 鉄道ジャーナル社

| | | Comments (0)

東急とみなとみらい線の連絡定期も値上げ

 2023年3月に値上げする予定の東急。ところがそれより1年前の3月12日(ダイヤ改正日です)に、一部値上げを行います。

 3月12日に値上げとなるのは、東急とみなとみらい線にまたがる通勤定期。2004年のみなとみらい線開業からこれまで、東急とみなとみらい線にまたがる定期券は割引をしていました。1か月定期、3か月定期は東急とみなとみらい線のそれぞれの定期券の金額の合計から1割引き、6か月定期は2割引きになっていました。この割引を縮小し、1か月定期と3か月定期は廃止(単純に東急とみなとみらい線の金額を合算)、6か月定期は1割引きにします。例えば、渋谷-元町・中華街間の通勤1か月定期が16330円から18140円になります。11%ほどの値上げとなります。なお、通学定期は値上げの対象外です。つまり、1か月定期と3か月定期は1割引きのまま、6か月定期は2割引きのままです。
(参考:東急ホームページ https://www.tokyu.co.jp/image/news/pdf/20200203-1.pdf、日本経済新聞ホームページ https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC032NT0T00C22A2000000/)

| | | Comments (0)

「HOKKAIDO CRUISE TRAIN」に新プラン

 いつもは伊豆急を走っている「THE ROYAL EXPRESS」。2022年も夏に北海道を走ります。

 2022年は8月から9月にかけて8回運行します。そのうち5回は「HOKKAIDO CRUISE TRAIN」(そのうち2回は旅行代理店が販売する予定です)、そして残りの3回は2022年からの新プランの「HOKKAIDO CRUISE LIMITED~壮大な大地を感じる美しさ煌めく旅~」です。どういうものかといえば、より北海道の自然・大地とふれあい、ゆったりとした滞在時間を過ごすことができるのです。

 「HOKKAIDO CRUISE LIMITED」がどういうものか、スケジュールを見ていきましょう。1日目はJRタワーホテル日航札幌でのウェルカムセレモニーの後、札幌から帯広まで乗車します。夕食は上士幌町しんむら牧場での夕暮れと大地を感じるPremium Dinnerです。十勝川温泉に泊まります。2日目はバスでの移動です。昼は屈斜路湖畔オーベルジュSORAでのフレンチ(残りの3日間はいずれも車内でお昼を食べます。1日目は寿司、3日目は懐石、4日目はイタリアンです)、その後は阿寒摩周国立公園でのカヌーです。阿寒湖に泊まります。3日目は北見から旭川まで乗車します。富良野に泊まります。4日目は美瑛の丘でガイド付きでの散策を楽しみ、旭川に戻ります。札幌まで乗車し、JRタワーホテル日航札幌でフェアウェルセレモニーを行います。希望者は専用バスで新千歳空港まで送ります。

 「HOKKAIDO CRUISE TRAIN」は抽選での販売です。申込期間は2月14日~4月17日ですが、「THE ROYAL EXPRESS」に2回以上乗った人は、2月14日~28日の先行販売に申し込むことができます。料金はいずれも2人1室利用の場合で、「HOKKAIDO CRUISE TRAIN」が73万円、「HOKKAIDO CRUISE LIMITED」が77万円、「HOKKAIDO CRUISE LIMITED」の出発の前日に小樽の銀鱗荘で泊まるプラン(銀鱗荘に泊まるプランは2021年からあります。8月4日泊の設定はありません)は89万円です。募集人員は1回あたり最大15組30人(最少催行人員16人)、銀鱗荘に泊まるのは1回あたり最大5組10人です。
(参考:JR北海道ホームページ https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/220208_KO_TRE.pdf)

| | | Comments (0)

相鉄・東急直通線、2023年3月に開業か?

 相鉄・東急直通線も2022年度下期に開業する予定の鉄道。そのおおよその開業予定が明らかになりました。2023年3月です。まだ相鉄や東急から発表はありませんが、近いうちに開業月の発表が行われる予定です。日吉-羽沢横浜国大間約10キロの間に新綱島、新横浜の2駅ができます。

 すでに2019年11月に相鉄・JR直通線が開業していますが、本数が最大でも1時間に4本のため、決して便利とは言えません。ところが2023年3月に開業する相鉄・東急直通線は朝ラッシュ時に1時間に10~14本、それ以外でも1時間に4~6本走ります。都心に直通電車で行きやすくなります。また、相鉄・東急直通線は新幹線停車駅の新横浜を通ります。関西方面にも行きやすくなります。

 開業月はまもなく発表があるでしょうが、開業日の発表はまだ先です。ただ、3月ならJRのダイヤ改正と揃えるかもしれません。中ごろの土曜日が有力と言えます。

(追記)
 1月27日、相鉄などから相鉄新横浜線・東急新横浜線(相鉄・東急直通線)の開業時期についての発表がありました。

 また、相鉄新横浜線・東急新横浜線は、あらゆるところに直通します。東京メトロ南北線、副都心線、都営地下鉄三田線、埼玉高速鉄道、東武東上線まで直通します。なお、西武池袋線等、西武の路線については直通しません。
(参考:Yahoo!ニュース https://news.yahoo.co.jp/articles/6810aa0944de874a3d8a052fbd5311678662d78c、相模鉄道ホームページ https://cdn.sotetsu.co.jp/media/2022/pressrelease/pdf/r22-14-hz9.pdf)

| | | Comments (0)

東急、3月12日にダイヤ改正&2023年3月に値上げ

 東急も3月12日にダイヤ改正を行います。

 平日朝は、奥沢の通過待ち設備が完成したため、目黒線の上り急行1本の所要時間が3分短縮されます。田園都市線では早朝の中央林間始発の準急を増やします。休日も増えます。日中は、東横線、目黒線、田園都市線において、上りの優等列車の所要時間を短縮します。

 減便もあります。東横線は日中、渋谷-菊名間の各停の本数を減らします。田園都市線は平日の21時以降、長津田-中央林間間の下り各停の本数を減らします。

 大井町線は平日の17~21時台において、急行を15分間隔で走らせます。休日の17時台、18時台には大井町から中央林間まで行く急行を走らせます。「Qシート」は大井町17:00発を追加し、9本とします。なお、この「Qシート」には利用者等にアンケートを行っていて、500円程度への値上げも考えているようです。

 その東急ですが、以前にも書いたように、値上げを行います。消費税率の変更を除けば、2005年以来の値上げとなります。値上げの時期は2023年3月、初乗りは130円(現金の場合、以下同じ)から140円、渋谷-横浜間は280円から310円になります。通勤定期も上がりますが、通学定期は据え置きます。こどもの国線の運賃も変わりません。この値上げにより、JR東日本や近隣の大手私鉄と比べると、15キロ以下の区間において高い区間が多くなります。意外と高くなるのです。
(参考:東急ホームページ https://www.tokyu.co.jp/image/news/pdf/20211217-1.pdf、https://www.tokyu.co.jp/image/information/pdf/220107-sinsei.pdf、タビリスホームページ https://tabiris.com/archives/tokyu-neage/、https://tabiris.com/archives/qseat-enquete/)

| | | Comments (0)

東急、60歳以上なら1か月乗り放題2000円

 東急は11月1日から、60歳以上の人のみが対象の切符、「東急線乗り放題パス(over60)」を1000人限定で発売します。

 「東急線乗り放題パス(over60)」は11月1日から30日までの1か月間、2000円で東急線全線が乗り放題となる電子乗車券です。ただ、駅に行けば買えるわけではありません。誰でも買えるわけではありません。60歳以上の「TOKYU CARD」、「TOKYU POINT CARD」会員で、「電車とバスで貯まるTOKYU POINT」に登録し、応募した人の中から1000人を上限に発売します。駅ではスマートフォンがそのまま切符となります。切符を買わずに画面を駅係員に見せるだけで、乗車することができます。

 東急が一日乗り放題になる「東急線ワンデーパス」は1枚680円です。3日乗れば元が取れます。片道200円の区間でも5往復すれば元が取れます。このような電子乗車券を発売することにより、これからの時代に対応した商品をつくることを考えているのでしょうか?
(参考:東急ホームページ https://www.tokyu.co.jp/company/news/list/Pid=post_364.html)

| | | Comments (0)

より以前の記事一覧