東急、初乗り運賃を10円程度値上げか?

 新型コロナウイルスの影響で鉄道会社の経営は厳しくなっています。利用者が大きく減りましたが、国等から何の補助もないからです。

 そこで東急は2023年度までに初乗り運賃を10円程度値上げすることにしました。東急の初乗り運賃は130円なので、10円値上げすると140円ということになります。消費税率の引き上げを除いては、1995年の値上げ(このときは初乗りが90円から110円になりました)以来ということになります。

 運賃の値上げについては、JR東日本やJR西日本などがラッシュの時間帯を対象に値上げする、時間帯別運賃の運賃の導入を検討していますが、はっきり言って複雑でややこしいです。東急のように薄く広く値上げするほうが正直で好感が持てます。その上で以前にも書きましたが、ラッシュ時以外に利用した人にICカードのポイントを多く付与するとか、昼間や休日のみ使える割安の定期券をつくるとかすればよいでしょう。

 東急ではありませんが、新幹線などの長距離列車については予約状況に応じて値段を上げ下げする、ダイナミック・プライシングを導入する余地があります。インターネットで切符を買う人には条件次第で割引切符を売るのです。 「みどりの窓口」で買うような人にはいつでもお盆や正月用の高い値段で売れば良いです。有人の「みどりの窓口」(JR東日本やJR西日本は、大幅に有人の「みどりの窓口」を減らす計画です)の利用者を減らす効果も出ます。航空機なら当たり前にやっていることを長距離列車の世界にも広げるのです。
(参考:読売新聞オンライン https://www.yomiuri.co.jp/economy/20210514-OYT1T50148/)

| | | Comments (0)

東急田園都市線等、3月13日ダイヤ改正で昼間も減便

 東急は3月13日にダイヤ改正を行います。

 こどもの国線以外の全線で行われるのが、終電の繰り上げ。保守点検のための作業時間や夜間作業に関わる要員の確保を目的としていて、こどもの国線以外の全線で15~30分程度の終電の繰り上げを行います(始発の繰り下げは行いません)。なお、緊急事態宣言を受けて1月20日から終電の繰り上げを行っていますが、それとはダイヤが異なりますので、注意してください。

 減便を行うのは深夜だけではありません。10~16時台の昼間の時間帯を中心に減便を行う路線もあります。田園都市線、大井町線、池上線、東急多摩川線、世田谷線、こどもの国線で減便を行います。田園都市線は昼間時間帯、現行は急行4本(このほか大井町線からの急行が2本)、準急2本、各停8本が走っていますが、これを急行3本(このほか大井町線からの急行が3本)、準急3本、各停6本にします。田園都市線でも各停が10分間隔になるのです。大井町線は昼間時間帯、現行は急行4本、各停10本が走っていますが、これを急行3本、各停9本にします。池上線、東急多摩川線は平日の昼間時間帯、現行は6分間隔で走っていますが、これを7~8分間隔にします。池上線は平日の21時台以降、東急多摩川線は平日の22時台以降、減便等があります。世田谷線は平日の昼間時間帯、現行は6分間隔で走っていますが、これを7~8分間隔にします。平日の21時台以降には減便があります。こどもの国線は平日の夕方以降、減便があります。
(参考:東急ホームページ https://www.tokyu.co.jp/image/news/pdf/20210126-1.pdf)

| | | Comments (0)

「THE ROYAL EXPRESS」の2本目ができる?

 東急が伊豆で走らせている「THE ROYAL EXPRESS」。2020年と2021年の夏に北海道を走らせます。

 ただ、本来伊豆で走らせる車両を北海道で走らせるので、当然ながらその間は伊豆で走らせることができません(もっとも、繁忙期の夏は定員の少なさから「THE ROYAL EXPRESS」を伊豆で走らせることができないようですが)。北海道に持って行くためにもいろいろ改造しないといけないこともあります。そこで東急サイドは、北海道で恒常的に走らせるため、「THE ROYAL EXPRESS」を増備することも考えているようです。

 東急が北海道に専属の観光列車を走らせるのは純粋に民間企業としての判断でしょうが、調子に乗るものもいます。それは北海道。JR北海道には厳しい経営が続き、新型コロナウイルスがさらに追い打ちをかけています。さすがにこのままではいけないので、国はJR北海道に対して支援を打ち出し、2021年度からの3年間で1300億円余りの財政支援を行うこととしています。北海道もこれに対応するかたちで地元自治体としての支援を行うのですが、やはり大したものではありません。観光列車をつくり、JR北海道に運行させるのです。単独で維持が難しいとされている8つの区間を中心に運行させるのです。観光列車は第三セクターの北海道高速鉄道開発が所有します。普通列車を観光列車用に改造した車両を所有するようです。

 ただ、これは愚策です。観光列車を走らせても利用促進にはつながらないのです。観光客は使ってくれるでしょうが、地元の人の利用にはつながりません。札幌などの主要都市に行くときに使ってくれないと意味がないのです。車ではなく鉄道を使ってみようと思わせるような高速化などの設備投資にお金を使わないと地元の人の利用にはつながりません。無理に遅い普通列車を使う必要はなく、札幌などの都市に行くときにたまに鉄道を使うぐらいの努力で解決するのです。

(追記)
 北海道は、22億円を出して特急1編成と観光列車用の普通列車8両を買い取ります。特急の1編成は「ラベンダー」編成(5月8日に富良野への特急としてデビューします)です。国も同額の22億円を出しますが、沿線自治体の負担はないようです。
(参考:東洋経済ONLINE https://toyokeizai.net/articles/-/401672?page=3、NHKホームページ https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20210123/7000029719.html、https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20210218/7000030843.html、日本経済新聞ホームページ https://www.nikkei.com/article/DGXZQOFC228M20S1A120C2000000、Yahoo!ニュース https://news.yahoo.co.jp/articles/3f708427c5866db17b7170e2af121664c6b4a885、UHBニュースホームページ https://www.uhb.jp/news/single.html?id=18328、JR北海道ホームページ https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/6d47944b03887b6e7888bfcdf09cdb0a.pdf)

| | | Comments (0)

首都圏の大手私鉄、大晦日の終夜運転を行わないところが続々と

 通常、深夜には貨物列車などを除いて列車の運行は行わないものですが、大晦日から元日にかけては列車の運行を行う鉄道会社があります。夜通し運行を行う終夜運転のところもあれば、最終の繰り下げや始発の繰り上げで対応するところもあります。

 ところが、この2020年から2021年にかけての年末年始は、恒例の終夜運転を行わない会社が出ています。首都圏の大手私鉄では、東武、東急、小田急、西武が該当します。早朝に臨時列車を走らせる小田急の片瀬江ノ島方面を除いて最終の繰り下げや始発の繰り上げも行わず、東武の大師線を除いて、年末年始は通常の休日ダイヤで運行します。

 なお、JR東日本は首都圏の12路線において終夜運転を行います。
(参考:JR東日本ホームページ https://www.jreast.co.jp/press/2020/tokyo/20201117_to01.pdf、東武ホームページ https://www.tobu.co.jp/cms-pdf/news/20201112142046Td3p-8PGb-mW2otM5hLCtw.pdf、東急ホームページ https://www.tokyu.co.jp/information/list/Pid=post_372.html、小田急ホームページ https://www.odakyu.jp/news/o5oaa1000001uj37-att/o5oaa1000001uj3p.pdf、西武ホームページ https://www.seiburailway.jp/news/information/20201120_information.pdf)

| | | Comments (0)

終電繰り上げの動き、続々と

 JR東日本JR西日本のように、終電を繰り上げる動きが相次いでいます。

 小田急は2021年春に終電の繰り上げと始発の繰り下げを行います。終電は0時台を中心に最終列車を20分程度繰り上げます。始発は4時台を中心に一部の始発列車を10~15分程度繰り下げます。ダイヤ改正日や詳細なダイヤは12月中に発表されます。

 このほか、首都圏の私鉄では京王も終電の繰り上げを考えています。京王は10月30日にダイヤ改正を行ったばかりなので、その状況を見ながら終電の繰り上げをすることを考えています。東急や西武、東京メトロも終電の繰り上げを考えています。東京メトロは11月中に終電の繰り上げを行うか否かを決めます。

 関西では京阪が終電の繰り上げを考えています。終電の繰り上げは2021年中に行う予定です。ほかの地域を含めて、終電の繰り上げを行う会社がほかにあるかもしれません。

 中には、終電の繰り上げを行わないことを明言しているところもあります。それはJR東海で、深夜に貨物列車がたくさん通るので、終電を繰り上げても保守作業の時間が拡大できないからです。阪急も阪神も終電を早める計画はないとのことです。
(参考:小田急ホームページ https://www.odakyu.jp/news/o5oaa1000001ueoq-att/o5oaa1000001ueox.pdf、NHKホームページ https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20201105/2000036933.html、https://www3.nhk.or.jp/kansai-news/20201106/2000036969.html、中日新聞ホームページ https://www.chunichi.co.jp/article/149465、https://www.chunichi.co.jp/article/145174、日本経済新聞ホームページ https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65772860S0A101C2000000/)

| | | Comments (2)

東急、6月6日ダイヤ改正で「Qシート」運行本数を倍増

 東武等がダイヤ改正を行う6月6日、東急大井町線、田園都市線でもダイヤ改正を行います。

 今回のダイヤ改正では、大井町線から田園都市線に直通する急行の運行開始時刻を繰り上げます。現在の運行開始時刻は大井町発18:12ですが、これを17:30発とします。また、有料座席指定サービスの「Qシート」の運行本数も増やします。現在は1日5本ですが、倍の10本にします。

 しかし、「Qシート」は、新型コロナウイルスの影響により、4月27日から当分の間、サービスを休止しています。ですから、運行本数が増えて乗る機会が増える「Qシート」に実際に乗ることができるのは、もう少し先になりそうです。そのためでしょうか、参考にしたプレスリリースでも、田園都市線に直通する夕方以降の急行13本のうち、どの列車に「Qシート」が連結されているかはわかりません。

(追記)
 東急は10月12日から一部の列車において、「Qシート」のサービスを再開します。再開するのは10本中6本で、大井町発20:30までの比較的早い便が対象です。大井町21:05発以降の遅い便4便は引き続きサービスを休止します。
(参考:東急ホームページ https://www.tokyu.co.jp/image/news/pdf/20200511-1.pdf、https://www.tokyu.co.jp/image/information/pdf/ef31bbd3871d1f77ebde37d2f8a95518374460c7.pdf)

| | | Comments (0)

東急、「Qシート」は休止だが、列車はそのまま走らせる

 新型コロナウイルスの影響により東急は4月29日から、休日に元町・中華街-西武秩父間で走っている「S-TRAIN」を運休させています。東急東横線のほか、みなとみらい線、東京メトロ、西武にまたがる列車です。

 また、4月27日からは大井町線の有料座席指定サービスである「Qシート」も休止します。「Qシート」は大井町発車1時間前で完売になる人気の列車でしたが、休止されるのです。ただ、「Qシート」のある列車が運休になるわけではありません。通常通り7両編成のままで大井町発長津田行きの急行として走るのです。
(参考:東急ホームページ https://www.tokyu.co.jp/image/information/pdf/ebc67ca8bbb90caa40a5e57176c7b16d0d803167.pdf、https://www.tokyu.co.jp/image/information/pdf/86344cb1247b4c1a1ddc1ef8bd9c49cfda000126.pdf、鉄道ジャーナル」2019年12月号 鉄道ジャーナル

| | | Comments (0)

東急も3月14日にダイヤ改正

 春のダイヤ改正はないと思われていた東急ですが、3月14日にダイヤ改正を行います。東横線と目黒線が対象です。

 ただ、ダイヤ改正は小規模に留まります。平日朝ラッシュ時の混雑緩和のため、東横線については6時台に特急を1本新設します。これまで特急は平日9時台から運行していましたから、大幅に繰り上がることになります。目黒線については6時台に三田線、南北線への直通各駅停車を1本ずつ増発します。7時台の南北線への直通各駅停車1本は急行となります。平日の夕方、夜間については、目黒線において、19時台三田線への直通各駅停車、三田線からの直通急行を1本ずつ増発します。19時台南北線への直通各駅停車、20時台南北線からの直通急行各1本を増発します。目黒線24時台の日吉発各駅停車奥沢行き1本は大岡山行きに延長されます。大岡山で大井町線大井町行き最終列車に接続します。これは平日だけではなく休日も延長されます。

 東急はこのようなダイヤ改正のほか、「バスも!キャンペーン」などで混雑の緩和を図ろうとしています。
(参考:東急ホームページ https://www.tokyu.co.jp/image/news/pdf/20200212-1.pdf)

| | | Comments (0)

渋谷ハチ公前の「青ガエル」、大館へ

 渋谷駅のハチ公前広場に置かれている緑の電車は、東急5000系。1954年から1986年まで、東急東横線などで活躍した車両です。緑一色に塗られ、それが愛称の「青ガエル」の由来となっています。東京都渋谷区が東急から譲り受けて、2006年からハチ公前広場に設置しています。

 ところがこの「青ガエル」、大館市に移設されます。渋谷駅周辺の再開発に伴い、ハチ公の生まれ故郷である大館市に移設されるのです。渋谷区と大館市はハチ公が縁で防災協定を結んでいて、渋谷区の給食には大館市でつくられたコメが出ます。その縁で「青ガエル」が大館市に行くことになったのです。車両は無償で大館市に譲渡され、5月下旬から6月上旬にかけてトラックで運び出します。7月から大館市の観光交流施設である「秋田犬の里」の芝生広場で展示されます。休憩場所として使われ、車内ではハチ公や渋谷区、大館市の歴史などを紹介します。

(追記)
 「青ガエル」は新型コロナウイルスの影響で2か月ほど遅れて8月6日、大館駅前の「秋田犬の里」に運ばれました。
(参考:読売新聞オンライン https://www.yomiuri.co.jp/national/20200210-OYT1T50054/、秋田魁新報ホームページ https://www.sakigake.jp/news/article/20200806AK0001/)

| | | Comments (0)

駅のトイレに石けんはある?

 駅のトイレには石けんがあるのでしょうか? 東京新聞は関東地方で運行する12の大手鉄道事業者に対してアンケートを行いました。

 結果は鉄道事業者によって大きく異なります。全ての駅でトイレに石けんがあるところもありますし、全くないところもあります。全ての駅で石けんを備えているところは、京急、相鉄、西武、都営地下鉄、東京メトロ、そしてJR東海(東海道新幹線の4駅のみ)の6事業者。東急も石けんがないのは今後リニューアル予定の目黒だけです。

 これに対して京成は65駅ともトイレに石けんがありません。数年前、一部の駅では石けんがありましたが、いたずらなどがあって設置をやめていたのです。しかし、利用者の声などに応えて、2020年度から主要20駅で設置する予定です。このほか、石けんの設置率が低い事業者は、東武(無人駅を除いて178駅中54駅、30%)、小田急(70駅中9駅、13%)、京王(68駅中8駅、12%)です。なお、JR東日本は、石けんのある駅の割合を回答していません。ただ、こちらも利用者の意見を受けて、トイレの改良工事などに合わせて、2016年から設置を進めています。乗車人数が1日1万人以上の駅や観光客の多い駅から進めているようです。
(参考:東京新聞ホームページ https://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/202001/CK2020011502100023.html)

| | | Comments (0)

より以前の記事一覧