沖縄まで日帰り旅行(2)

 再びモノレールに戻り、2019年に延伸した区間に乗る。本来ならもっと早く乗るべきだったが、延伸から2年あまり経ってようやく乗ることができた。首里を出るとモノレールは坂を下る。運転席の手前にある座席から見たら、その坂のきつさがよく分かる。どうやら首里が一番高いところにあるようだ。2つ目の経塚からは浦添市内に入る。浦添前田を出るとなぜかトンネルに入り、出たところが終点のてだこ浦西。

 てだこ浦西にはバスターミナルがあるが、出ているバスは琉球大学行きぐらいで、寂れている。せっかく整備されたバスターミナルも活用されていないようだ。ところが、10分ほど歩いたところに高速バスのバス停がある(てだこ浦西には案内はない)。幸地バス停だ。モノレールとは関係なくつくられたバス停なので単なる偶然なのだが、那覇空港・那覇市内にも、名護方面にも行くことができるのだ。高速バスは1時間に1~2本出ていて、次は15:45発だ。しかし、時間になってもバスは来ない。7分ほど遅れてやって来た。自由席なので、空いている席に座る。2席を1人で使うことのできるぐらいの、ほどほどの混み具合。この高速バス、私の乗った幸地もそうだが、沖縄道でも細かくバス停があり、短距離での利用もできる。この前乗った中国道のハイウェイバスみたいだ。しかも途中のバス停でも利用者はいる。次の琉大入口では3人降りた。その後の中城、喜舎場、山里の各バス停では乗り降りがなかったが、沖縄南インターでは私を含めて5人が降りた。

 沖縄南インターは沖縄の市街から近いところにある。歩いて10分ほどで沖縄市の中心部を貫く幹線道路、国道330号線にたどり着く。片側2車線の立派な幹線道路で、車がひっきりなしに行き交っている。目の前で90系統のバスが通過した。しかし、しばらくすると27系統のバスがやって来た。これも那覇バスターミナルまで行くバスだが(同じ那覇バスターミナルに行くバスでも、経由地によって系統が分かれる)、途中どこを通るのかは分からない。ただ、那覇に行くことは間違いないし、90系統もこのバスも遅れているようだから(所定のダイヤでは27系統の園田発は16:12だが、10分ほど遅れている)、乗ることにする。バスは前と中ほどに扉があるが、乗り降りに使うのは前のみ。降りる人を下ろしてから、乗せるのだ。どこを通るか分からないので、ガイドブックの地図を広げて、席に座る。

 どうやらバスは国道330号線を進んでいるらしい。バスは北中城村のあたりを除いて市街地を走るが、ところどころフェンスで区切られたところがある。米軍基地だ。普天間飛行場は有名だが、それ以外にもいくつか米軍の施設がある。そういうところをバスは走っていくのだ。バスの乗客は多くても15人ほどだが、乗り降りは結構多い。バスは宜野湾市の南あたりで国道58号線に移り、1時間40分ほどかけて終点の那覇バスターミナルに着いた。すっかり暗くなっていた。

 モノレールに乗って空港に戻る。お土産を買ってから夕食にしようとしたが、店は閉まっていて、なかなか食べることができず。ようやく搭乗口のところで立ち食いのところを見つけ、沖縄そばを食べる。帰りの航空機も行きと同様、前の便からの遅れを引きずっていた。帰りの便は時刻表では那覇20:10発。到着がかなり遅くなるので、行きよりかは若干空いていた。最初はグループ客で騒がしかったが、途中、照明を落としていたので、静かにスマホの画面を見ている人が多かった。那覇空港を出たときは30分近く遅れていたが、どこで遅れを取り戻したか、中部空港に着いたときは15分遅れになっていた。

| | | Comments (0)

沖縄まで日帰り旅行(1)

 北海道新幹線が開業したときに使おうと思って、泉佐野市に「ふるさと納税」をし、「ピーチポイント」を手に入れた。ところが予約していた便が直前に欠航してしまい、「ピーチポイント」は宙に浮いた状態になってしまった。次に航空機に乗るのは、沖縄モノレールが延伸したとき。それまでの間、有効期限のある「ピーチポイント」を失効させないため、何度か航空機の予約とキャンセルを繰り返す。沖縄モノレールが2019年10月に開業し、2020年の秋に乗りに行こうかと思っていたら、新型コロナウイルスの影響で行くことができなかった。ようやくこの秋に少し落ち着いてきたので、この機会を逃してはならないと思い、急遽日帰りで沖縄に行くことにしたのだ。Peachの沖縄便は1日2往復。自動的に行程は決まった。

 乗るのは中部空港10:15発の便なので、朝はゆっくりでも間に合う。中部空港には9時ごろに着いた。5年ぶりに航空機に乗るので、乗り遅れないように先にチェックインを済ませておく。搭乗3日前に届いたメールをプリントアウトし、二次元コードを機械にかざしたら、すぐにチェックインできた。どうやら乗る便は、前の便の遅れを引きずり、15分遅れで出るようだ。次に保安検査場に行き、検査を受ける。水筒にお茶を入れているので、前と同じように少し飲む。後は出発まで待つだけだ。那覇に着くのは13時ごろになるので、昼も買っておく。なぜか松浦商店の駅弁を買う。

 定刻を過ぎてから搭乗開始。10:40ごろになってようやく動き出す。機内では客室乗務員が緊急時の対応について説明しているが、チーフらしい男性のキャビンアテンダントは、台湾の人だ。日本語能力のいらないパイロットはともかく、国内線の客室乗務員が外国人なのは初めてだ。もっとも、日本語がきちんと話せるのだから問題はない。しかも関空がメインのPeachらしく、笑いまでとることができる。航空機は離陸した。紀伊半島を右手に見ながら飛んでいく。紀伊半島上空を離れると後は海の上なので、どこを飛んでいるか分からない。本を読み、空港で買った弁当を食べる。昔懐かしい、幕の内弁当だ。沖縄が見えてきた。中部から南部にかけては住宅などが建ち並んでいる。ところどころにある草地は米軍基地だ。空からならその様子がよくわかる。航空機は沖縄を東海岸からぐるっと回り、30分遅れて那覇空港に着いた。

 当然ながら那覇空港から乗るモノレールも、予定から遅れて那覇空港13:35発。何回か乗り降りするので、一日乗車券を買っておく。24時間有効で、自動改札機にQRコードをかざして乗る。通常の自動改札よりも少し時間がかかる。モノレールは窓が大きいため、座席は小ぶり。ただ、終点まで乗っても40分弱なので、さほど問題ではないだろう。鉄道が長い間なかった沖縄にモノレールができてもうすぐ20年。日中でも都心部では座席が埋まるぐらいには乗っていて、定着したように思われる。かつての終点、首里で下車。首里城に行く(一日乗車券を呈示すると少し安くなる)。首里は首里城の最寄り駅だが、守礼門までは歩いて20分かかるので、意外と遠い。沖縄戦で破壊された首里城は1992年に再建されたが、2019年の火事で焼失してしまった。今は遺構を見ることができるだけだが、2022年からは再建工事が始まる。しばらくは建築中の姿を見ることができるようだ。(続く)
(参考:首里城にあった掲示)

| | | Comments (0)

沖縄まで日帰り旅行(0)

 12日のことですが、日帰りで沖縄に行ってきました。

 明日から何回かに分けて、そのときの様子を書いていきます。

| | | Comments (0)

関西エアポート、関空の新規ターミナル建設を見送り

 関空には2つのターミナルがありますが、2025年の大阪・関西万博に備えて、2期島の遊休地に第3ターミナルをつくる計画でした。ところが新型コロナウイルスの影響で国際線主体の関空の利用者は落ち込み、2020年の総旅客数は対前年比79%減の656万人にまで減りました。1994年の開港以来最低の数字で、当面は元に戻る見通しは立ちません。国内需要すら大きく落ち込んでいるのですから。

 そこで関空などを運営する関西エアポートは、第3ターミナルの建設を諦め、既存のターミナルで対応することにしました。万博も既存の施設で賄います。

 どうやって対応するのでしょうか? すでに関西エアポートは5月に、第1ターミナルの改修に本格着工しています。万博の開幕までに国際線旅客の受け入れ能力を年間3000万人から4000万人に増やします。費用は防災対策費を含めて約1000億円を見込んでいます。そして、既存のターミナルで対応できる武器があります。それは、10月に運用を開始する新しいシステム。航空機の発着時間や駐機場所、旅客のチェックインの状況など、これまで電話やファックスで行っていた情報のやりとりをデータベースで管理します。混雑時にも適切に航空機や旅客を振り分けることができます。導入経費はターミナル建設の1%以下で済むそうです。

(追記)
 余談ですが、関西エアポートは、万博が行われる2025年ごろまでに神戸空港発着の国際定期便をつくる方針です。関空の国際線を充実させるほうが先でしょう。
(参考:産経新聞ホームページ https://www.sankei.com/article/20210721-NX4JN6EEIJP4ZCBPDVBXERL3UM/、ひょうご経済プラスホームページ https://www.kobe-np.co.jp/news/keizai/202107/0014520022.shtml)

| | | Comments (0)

五條に空港?

 奈良県は、2011年の紀伊半島大水害の経験を受け、またさらに将来発生が予想される南海トラフ地震などに備えることを目的として、大規模広域防災拠点の整備を検討しています。

 そこで拠点に選ばれたのが、五條。奈良県内に限らず広く紀伊半島をカバーすることができ、津波被害の問題がなく、高速道路(京奈和自動車道)や救急医療ができる病院があることから選ばれました。

 この広域防災拠点ですが、かなり大規模です。大量かつ迅速な人員、物資の輸送を行うため、最新の大型輸送機や多数のヘリコプターの離発着ができるよう、2000メートル級の滑走路が整備されます。ボーイング767などの中型機も離発着できます。近隣の空港では、南紀白浜空港の滑走路も2000メートル、但馬空港は1200メートル、伊丹空港(A滑走路)は1828メートル(もうひとつのB滑走路は3000メートル)なので、航空機の発着ができるレベルです。実施に航空機が飛ぶかは別として。

 ただ、ここまで整備するには時間がかかります。3段階に分かれて整備しますが、最終的なかたちの2000メートル級滑走路ができるには、整備開始から20年かかるようです。
(参考:TRAICY https://www.traicy.com/posts/20210707213929/)

| | | Comments (0)

フランスで短距離国内線を禁止する法案

 フランスでは、列車を使って2時間半未満で移動することができる区間の国内航空路線を禁止する法案が出されています。すでに下院を通過しており、今は上院で審議をしている段階です。

 日本で言えば羽田-伊丹間や羽田-小松間の航空路線が廃止になる法案。なぜこのような法案をつくったのでしょうか? その理由は、二酸化炭素の排出量を減らすためです。欧州環境機関(EEA)のデータによれば、列車で乗客1人が1マイルを移動したときに排出される二酸化炭素は14グラムです。これに対して同じ条件で航空機なら285グラム、エンジンで動く車なら158グラムです。航空機や車の利用を減らし、鉄道をできるだけ使うことが環境にとって望ましいのです。

 以前にも書きましたが、鉄道の得意とするところは大都市の通勤輸送と新幹線に代表されるような都市間の高速鉄道。整備新幹線クラスはもっと力を入れて整備しなければならないのです。そして航空機は外国など長距離を、車は短距離の分野を中心に担当してもらうのです。
(参考:Yahoo!ニュース https://news.yahoo.co.jp/articles/774c1233b3078f469db7ef73439b4ae6de0cc01c)

| | | Comments (0)

「エアポートバス東京・成田」、3月1日に値上げ

 東京駅と成田空港とを結ぶ格安リムジンバス、「エアポートバス東京・成田」ですが、3月1日に値上げを行います。

 現行の運賃は大人1000円、子供500円、深夜大人2000円ですが、3割上がります。新型コロナウイルスの影響で航空機を利用する人が減り、採算が悪化したためです。正規運賃の値上げは2012年の運行開始以来初めてで、値上げ後は大人1300円、子供650円、深夜大人2600円となります。

 また、同じ3月1日から、東京駅から現金で乗るときの方法が変わります。これまでは直接バスに乗ればよかったのですが、3月1日からはJR高速バスきっぷ売り場であらかじめ乗車券を買っておく必要があります。ただし、東京駅のJR高速バスきっぷ売り場の営業時間外に発車する便(東京駅5:00発、5:30発、6:00発)については、現金の人も直接バスに乗ることができます。ICカードを利用する人はこれまで通り、直接バスに乗ります。
(参考:エアポートバス東京・成田ホームページ https://tyo-nrt.com/archives/info/2020-3-1%e3%80%80運賃改定のお知らせ、https://tyo-nrt.com/archives/info/2021-03-01-東京駅乗車方法変更のお知らせ(現金乗車のお、毎日jp https://mainichi.jp/articles/20210213/ddl/k12/020/093000c)

| | | Comments (0)

Peach、無料でPCR検査

 以前、関空から宮崎や奄美に向かう人に対して、3000円の負担で抗原検査を受けることのできるサービスを行ってきましたが、これがパワーアップすることになりました。搭乗日が2月20日から3月31日までの間、関空と成田から搭乗する人が希望すれば、無料でPCR検査を受けることができるようになるのです。関空や成田を出発する23の路線が対象になります。

 PCR検査を受けるにはどのようにすればよいのでしょうか? 搭乗日の10日までに予約をして、検査を申し込みます。そうすると自宅にPCR検査のキットが送られてきますので、唾液を採って送り返せば良いのです。検査結果はメールで伝えられ、陽性の場合は日程の変更やキャンセルに応じます。

 検査費用はPeachや大阪府などが負担し、希望者が負担するのはキットの返送料のみです。ただし、希望者があらかじめ決めておいた上限に達した場合は、期間中でも打ち切りとなります。
(参考:NHKホームページ https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210210/k10012860081000.html)

| | | Comments (0)

琵琶湖に水上飛行機の実証実験

 実は琵琶湖では、1961年から1972年までの11年間、民間会社によって水上飛行機による遊覧飛行が行われていました。それが2011年11月24日、実証実験として復活しました。

 この水上飛行機の実証実験を企画したのは大津市ですが、実際に飛ばしたのは尾道市のせとうちSEAPLANES。10人乗り(操縦士を含みます)の水陸両用機を使いました。JTBが集めた16人の客を3回に分けて飛ばし(最後の4回目は大津市長など行政の関係者が乗りました)、琵琶湖や京都の上空を飛びました。

 大津市はこの実証実験を元に事業化に向けて検討するようですが、関空との間の交通手段としても考えられているようです。関空と大津の間は約25分、お金を気にしないVIP用でしょうか?
(参考:朝日新聞ホームページ https://www.asahi.com/articles/ASNCS7JVBNCSPTJB001.html、京都新聞ホームページ https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/398633)

| | | Comments (0)

新千歳空港-旭川間に直通列車構想

 JR北海道と北海道エアポート(道内7空港の運営を行う会社)は、新千歳空港と旭川を結ぶ直通列車の構想を持っています。

 かつて2016年までは新千歳空港と旭川を札幌経由で結ぶ列車が走っていましたが、今回の構想ではルートが異なります。札幌を通らず、追分を経由するのです。

 追分経由のいいところは、札幌経由よりも速くなるということ。かつて新千歳空港と旭川を結ぶ直通列車は2時間程度で走っていました。現状だと札幌で乗り換える必要があるので、さらにかかります。しかし、追分経由だとディーゼルカーになりますが、速くなるようです。本当なのかよくわかりませんが、1時間30分程度で走ることができる、という話もあります。

 北海道エアポートは2025年以降に旭川空港の施設改修などが本格化するので、そのときに直通列車を走らせたいとのことです。そもそも、現在の新千歳空港に快速「エアポート」以外の列車を入れる余地はないので実現するとしても、駅が移転して、南千歳で折り返さなくても追分に行くことができるようになってからの話だと思われます。
(参考:北海道新聞ホームページ https://www.hokkaido-np.co.jp/article/497759)

| | | Comments (0)

より以前の記事一覧