富山、能登-関空間に航空路線の計画

 現在、富山空港から出ている国内線は1日4往復の羽田と1日1往復の新千歳のみ。能登空港からは1日2往復の羽田のみです。この富山、能登の両空港から新しい路線ができるようです。

 新しい路線の目指す行き先は関空。新規航空会社のジェイ・キャスが2021年秋に就航させる計画です。80席程度の小型機(近距離向けで燃費性能の高いターボプロップという機材を使います)をリースし、富山-関西間は朝夕に2往復ずつ、間の昼に能登-関空間を1往復します。関空からは米子や岩国への路線も開設します。2年目以降は富山から中部、仙台、新潟への路線をつくる計画です。2年目に単年度黒字になる見通しです。運行コストや機体価格、着陸料の安い小型機を使うため、在来線特急程度の運賃で運航することができ、これで関空や中部を利用する訪日外国人客を北陸に呼び込むのです。

 ただ実現には課題が多いです。ジェイ・キャスという航空会社は2018年10月にJAL出身の白根氏が設立した会社です。30億円かかるという事業費は地元企業からの出資のほか(10~15億円を出資で集めたいようです)、政府系金融機関からの借り入れで賄う方針です。実績のない会社なので、国交省からの事業許可を得るのは難関です。

 色々な課題をクリアして就航にこぎ着けることができるのでしょうか? 実現すれば面白い航空会社となります。
(参考:中日新聞ホームページ https://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/news/CK2019102902100022.html、日本経済新聞ホームページ https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51491120Y9A021C1LB0000/、乗りものニュース https://trafficnews.jp/post/90799)

| | Comments (0)

使えないPeachの予約サイト

 Peachで航空券を予約していたのですが、日程が合わなくなりキャンセルすることになりました。

 「バリューピーチ」で予約していたので、インターネットで変更すれば手数料はかかりません。そこで昨晩(22日夜)、自宅で変更手続きをしたのですが、クレジットでの支払手続きがうまくできません(変更後の運賃のほうが高いとき、差額はクレジットカードで払わないといけません)。クレジットカードの番号を何回も確認したのですが、間違っていません。

 今朝(23日朝)も何回か試したのですが、うまくいきません。そこで夕方に電話で変更手続きをすることにしました(電話での取扱時間は9~18時と短いので要注意です)。オペレーターに変更後の便、クレジットカードの番号、クレジットカードのセキュリティコード、有効期限を伝えてようやく変更することができました。本来電話なら手数料が1100円かかるのですが、インターネットでうまくできなかったためということで、手数料はかからないようです。

 オペレーターに聞いてみると、どうやら原因が分かりました。クレジット支払いのときになぜが住所も入力しないといけないのですが、その住所の入力方法が特殊なのです。まず、「住所」の欄に都道府県を入れます(例:大阪府)。「市区町村」の欄には市区町村から字まで入れます(例:泉佐野市泉州空港北)。「番地」の欄にはその名の通り番地を大文字でいれます(例:1)。例の記載もなく、ただ「住所」、「市区町村」、「番地」とあるだけでは、入力エラーになるのは当たり前のことです。

 PeachはLCCですから、手続きはできるだけインターネットで完結させ、人手のかかる電話や窓口で行うことをできるだけ減らしたいのは理解できます。電話や窓口を使った人から追加で手数料を取ることも理解できます。ただ、それならなおさらインターネット予約サイトを使いやすいものにしなければならないでしょう。Peachの予約サイトは使いづらく、乗る気をなくす代物です。

| | Comments (0)

新千歳空港-網走間に期間限定の高速バス

 網走バスは7月20日から10月14日までの間の期間限定で、新千歳空港-網走間に高速バス、「千歳オホーツクエクスプレス」を走らせています。

 「千歳オホーツクエクスプレス」は網走行きが昼行で、新千歳空港行きが夜行。ダイヤは網走行きが新千歳空港13:30発網走バスターミナル20:10着、新千歳空港行きが網走バスターミナル22:20発新千歳空港翌6:20着南千歳駅翌6:35着で、網走側では北見バスターミナル、美幌、女満別でも利用できます(網走行きは下車のみ、南千歳駅行きは乗車のみ)。バスはトイレ付きの3列独立シートです。運行経路は網走行き、南千歳駅行きともに道東道(千歳東インターチェンジ-足寄インターチェンジ間)、十勝オホーツク道(陸別小利別インターチェンジ-北見中央インターチェンジ間)を経由します。上川地方ではなく、十勝地方を通るのが意外なところです。

 運賃は新千歳空港・南千歳駅-北見間が片道5500円往復10400円、新千歳空港・南千歳駅-網走間が片道6500円往復12200円です。予約は窓口や電話では受け付けず、インターネットのみなので、御注意ください。支払いはクレジットカードのほか、コンビニ払いもできます。

 なお、この「千歳オホーツクエクスプレス」、先ほども述べたように3か月ほどの期間限定の運行ですが、利用状況により、運行便数を増やしたり、通年運行にしたりすることもあるようです。
(参考:網走バスホームページ abashiribus.com/press_chitose_2019_06.pdf、バスナビ北海道 www.busnavi-hk.jp/route/chitose_okhotsk.html)

| | Comments (4)

10月26日ダイヤ改正で「スカイライナー」大増発

 これまで23時までしか使えなかった成田空港ですが、10月27日に運用時間が延長されます。1時間延長されて0時までとなります。それを受けて、京成は10月26日にダイヤ改正を行います。

 以前にも書きましたが、京成は看板列車の「スカイライナー」を大増発します。これまで上下合わせて59本だったのが82本へと、1.4倍にもなります。運行時間帯も拡大され(平日の下りは京成上野発5:58~18:20から5:40~20:20になります。平日の上りは成田空港7:26~22:30から7:26~23:20になります)、平日で見た場合、下りの京成上野発は5:40から17:40まで、上りの成田空港発は9:59から20:00まで、20分間隔です。また、深夜時間帯の列車として、成田23:52着の快速を成田空港まで延長し(成田空港0:02着)、折り返し成田空港0:07発普通宗吾参道行きを新設します。

 空港の運用時間拡大に伴いダイヤ改正をするのは、京成だけではありません。JR東日本も10月27日から、臨時列車を増発します。現行の成田空港発の最終列車は成田空港23:00発の快速東京行きですが、その後に当分の間毎日運転の臨時列車として、成田空港23:45発の快速千葉行きを走らせます。E217系の11両編成で、グリーン車もあります。停車駅は東千葉以外の各駅です。

 格安リムジンバスの「東京シャトル」も10月27日から深夜帯に増発します。現在の最終東京駅行きは第3ターミナル23:10発ですが、それが0:15発になります。なお、既存の第3ターミナル23:10発、新設の0:15発はともに、片道運賃が2000円となります。
(参考:京成ホームページ www.keisei.co.jp/information/files/info/20190829_171637853218.pdf、www.keisei.co.jp/information/files/info/20190829_171621208360.pdf、JR東日本千葉支社ホームページ https://www.jreast.co.jp/chiba/news/pdf/pre1908_naayakan.pdf、毎日jp https://mainichi.jp/articles/20190830/ddl/k12/020/164000c)

| | Comments (0)

京都-高野山間に期間限定の直通バス

 京阪バス、南海りんかんバスは、9月20日から11月24日までの期間限定で、高速バス京都高野山線を運行します。鉄道なら何回か乗り換えが必要だったのですが、バスなら一直線です。

 京都高野山線の運行は1日2往復。京都駅八条口9:20発、13:40発と、奥の院前(高野山)9:20発、14:40発です。所要時間は2時間40分で、途中、高速京田辺にも停まります(京都駅八条口-高速京田辺間のみの利用はできません)。京都駅八条口-奥の院前(高野山)間の運賃は片道2500円、往復4500円ですが、500円追加すれば「高野山内バス2日フリー乗車券」とのセットにすることもできます(片道3000円、往復5000円になります)。高野山を観光するなら、結構お得です。なお、この京都高野山線の需要があれば、通年運行にすることも考えているようです。

 話は変わりまして、関空発着の高野山へのバス。いつ走っているかわからない状態ですが、2019年度は9月1日から11月30日のみの運行です。関西空港第1ターミナル11:30発、高野山(奥の院前)14:35発の1日1往復です。
(参考:京阪バスホームページ https://www.keihanbus.jp/news/sysimg/00558/link_1PD0m.pdf、関西空港交通ホームページ www.kate.co.jp/info/detail/287、京都新聞ホームページ kyoto-np.co.jp/economy/article/20190726000014)

| | Comments (0)

ラオス航空が熊本への日本直行便

 ラオスの航空会社、ラオス航空が、初めての日本直行便を開設します。首都ビエンチャンと古都ルアンパバーンからそれぞれ週2便ずつの運航で、11月就航予定です。意外なのは、日本での発着空港。成田でも関空でもなく、熊本なのです。

 なぜ熊本なのでしょうか? 日本への便はエアバスA320型機を使用しますが、航続距離の都合から、九州までしか行くことができません。ラオス航空は当初、九州一の都会の福岡空港を目的地にしようとしましたが、福岡空港を発着する便は多く、希望する時間帯に発着することができなかったので、熊本にすることにしました。熊本なら、国内線との接続が良く、予定している熊本8:30ごろ着(ラオス1:30ごろ発)、熊本10:30ごろ発(ラオス13:30ごろ着)なら、羽田、中部、伊丹発着の便と接続することができます。

 これまで、日本からラオスに行こうと思ったら、バンコクやハノイで乗り継ぎをしなければなりませんでした。しかし、日本直行便ができたら、九州に住んでいる人でない限り乗り継ぎは必要ですが、日本国内でできます。言葉の心配もいりません。楽な乗り継ぎになるのです。

(追記)
 ラオス航空の熊本便ですが、就航開始時期が2020年3月に延期になりました。
(参考:タビリスホームページ https://tabiris.com/archives/laosair-kumamoto/、日本経済新聞ホームページ https://www.nikkei.com/article/DGKKZO50899690R11C19A0LXC000/)

| | Comments (0)

「飛び恥」運動

 「飛び恥」運動というのがあります。

 どういう運動なのかと簡単に言いますと、航空機に乗らずにひたすら鉄道で移動するもので、ヨーロッパでブームになっています。なぜ鉄道を使うのかと言えば、鉄道が環境に優しいから。温室効果ガスの排出量が少ないのです。フランス政府もこの動きに乗っかっています。2020年からフランス発の航空券を対象に、原則として1.5~18ユーロを課税します。この課税により、フランス政府には1.8億ユーロ程度が入ることになり、鉄道などの整備に使われるようです。

 海外や、国内でも北海道や沖縄に航空機なしで行くことは難しいです。そういう極端なことはしなくてもいいですが(ついでに言いますと、直訳かもしれませんが「飛び恥」という名前はけんかを売っているようで、感じのいいものではありません)、鉄道が使えるところは鉄道を使ったほうが良いことは間違いないでしょう。何でも物事には得意、不得意があり、数百キロ程度までの都市間輸送や大都市圏内の輸送は鉄道を中心に据えたほうが良いでしょう。わかりやすく言えば、ビジネスパーソンがお金を払ってでも使ってくれる鉄道が、伸ばすべき鉄道なのです。マスコミは整備新幹線と聞くと何でも反対しますが、実はこの分野が鉄道が得意とする分野なのです。積極的につくらないといけないのです。反対に、ガラガラのローカル線は無理に維持する必要はありません。バスや場合によっては車で対応できる、需要の少ないところです。特に沿線自治体からの補助が期待できないJRや大手私鉄は、需要の少ない赤字ローカル線から撤退をしても罰は当たりません。
(参考:NHKおはよう日本」 2019年7年21日放送、日本経済新聞ホームページ https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47186630Q9A710C1FF2000/)

| | Comments (2)

羽田、国際線旅客ターミナルビルを第3旅客ターミナルビルに変更、京急や東京モノレールも改称

 日本の空の玄関として、日夜多くの航空機が発着している羽田空港。3つの旅客ターミナルビルがあります。

 ところが、羽田を利用する国際線が多いため、現在の国際線旅客ターミナルビルに加えて、羽田空港第2旅客ターミナルビルにおいても国際線施設を整備し、2020年3月から国際線にも対応する予定です。こうなると、国際線が発着するターミナルが2つになってしまいます。そこで、2020年3月から、現在の国際線旅客ターミナルビルを第3旅客ターミナルビルに変更します。

 これに伴い、羽田に乗り入れている2つの鉄道の駅名も変更します。京急の羽田空港国内線ターミナル、羽田空港国際線ターミナルはそれぞれ羽田空港第1・第2ターミナル、羽田空港第3ターミナルに変わります。東京モノレールの羽田空港第2ビル、羽田空港第1ビル、羽田空港国際線ビルはそれぞれ羽田空港第2ターミナル、羽田空港第1ターミナル、羽田空港第3ターミナルに変わります。どちらも終着駅の駅名が変わるので、影響は乗り入れ各社など広範囲に及びそうです。
(参考:国交省ホームページ http://www.mlit.go.jp/report/press/kouku07_hh_000115.html、京急ホームページ https://www.keikyu.co.jp/company/news/2018/20190226HP_18245TS.html、東京モノレールホームページ http://www.tokyo-monorail.co.jp/news/pdf/press_20190226.pdf)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

福岡空港から大牟田、阿蘇にバス

 九州の空の玄関口、福岡空港。西鉄グループは、九州産交バスなどと協力して、福岡空港と九州全体(下関を含みます)を結ぶバスの充実を図ります。

 そのうち、今回取り上げるのは、3月23日に開業した柳川を経由する便と、4月1日の阿蘇を目指す便。まず前者は、西鉄バス大牟田の福岡空港-大牟田・荒尾線のうち、一部が西鉄柳川駅を経由するようになります。1日2往復で、福岡空港国際線-西鉄柳川駅間の所要時間は約1時間、運賃は1600円です。後者は、新たな系統です。西鉄天神高速バスターミナルから博多バスターミナル、福岡空港国際線を経由して、阿蘇や内牧温泉に行きます。1日3往復で、福岡空港国際線-阿蘇駅前間の所要時間は約2時間35分、運賃は3300円です。

 このほか4月1日には、福岡-延岡線、福岡-下関線も新たに福岡空港国際線に乗り入れます。これらの施策のほかにも高速バスの福岡空港乗り入れを進め、福岡空港を発着する高速バス路線を3月22日以前の14路線から最終的には26路線に増やす予定です。
(参考:西鉄ホームページ www.nishitetsu.co.jp/release/2018/18_178.pdf)

| | Comments (0)

南紀白浜空港-新宮間にバス

 4月27日から、南紀白浜空港から串本・南紀勝浦・新宮へ行くリムジンバスが開業します。

 熊野交通が運行するこのリムジンバスは、1日1往復。昼ごろ南紀白浜空港を発着する羽田とのJAL定期便に合わせて走ります。往路は新宮駅を8:45に出て、紀伊勝浦駅と串本大水崎(エディオンの近くのようです)を経由して(これら2停留所は乗車のみ)、南紀白浜空港に11:05に着きます。復路は南紀白浜空港を12:25に出て、串本大水崎と紀伊勝浦駅を経由して(これら2停留所は降車のみ)、新宮駅に14:40に着きます。座席定員制(先着順、自由席)で、運賃は南紀白浜空港-新宮駅間で3200円です。

 また4月1日からは、南紀白浜空港に大阪方面、京都方面、東京方面の高速バスも発着します。こちらはリムジンバスの機能はありません。南紀白浜空港は紀勢道に近く、無料駐車場が整備されているため、バスターミナルとして期待されているのです。空港にあるので、バスの待ち時間等に空港内のレストラン等で航空機の離発着を見ることもできますし、売店、トイレなども自由に使うことができます。

(追記)
 南紀白浜空港から新宮へのリムジンバスですが、10月から串本駅と太地駅にも停まることになりました。串本駅では、トイレ休憩の時間も設けます。
(参考:熊野交通ホームページ www.kumakou.co.jp/up/kokuchi_37.pdf、南紀白浜エアポートホームページ http://shirahama-airport.jp/application/files/1515/5142/9849/PressRelease_20190227_bus-terminal.pdf、紀伊民報ホームページ www.agara.co.jp/news/daily/?i=366529、https://www.agara.co.jp/article/26409)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧