「クイーンビートル」が日本船籍に

 2020年10月にJR九州高速船は「クイーンビートル」を導入しましたが、新型コロナウイルスの影響で、本来予定していた釜山への航路に使えません。日本船籍なら国内線に転用することができますが、「クイーンビートル」はパナマ船籍なので、国内で使うことができません。その後、2021年3月に国交省から船舶法3条に基づく沿岸輸送特許を受け、遊覧には使うことができるようになりました。

 しかし、新型コロナウイルスの影響が続く中、国際航路復活の見通しが立っていません。そこでJR九州高速船は、「クイーンビートル」の船籍をパナマから日本に変える手続きをすることにしました。船籍港は福岡市に置くこととします。このことにより、国内航路でも何の問題もなく運航することができるようになります。船籍移行は2月下旬から3月上旬にかけて行われます。

 さて、その「クイーンビートル」ですが、今でも国内遊覧運航はできます。そこでJR九州高速船は、1月7日に、秋開業予定の西九州新幹線の海上輸送を見ることのできるツアーを行います。当日は11:30ごろに博多港国際ターミナルを出て、玄界灘にいる西九州新幹線の車両(大村車両基地へ運搬中のもの)を見るというものです。車両運搬船の周辺には約30分いて、約3時間で博多港に戻ってきます。値段はスタンダードクラスで大人15000円、ビジネスクラスで大人20000円です。なお、車両運搬船のルート、時刻等については非公開であり、また輸送日が変更された場合や、当日の天候等の事情で洋上での車両見学が難しい場合は、ツアーを中止します。
(参考:JR九州ホームページ https://www.jrkyushu.co.jp/common/inc/news/newtopics/__icsFiles/afieldfile/2021/12/16/211216_QUEENBEETLE_nihonseki.pdf、https://www.jrkyushu.co.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2021/12/20/211220_queen_beetle_kamome_watching.pdf)

| | | Comments (0)

名古屋に水陸両用バス

 陸だけでなく、水上も走ることができる水陸両用バス。名古屋でもその水陸両用バスに乗ることができるようになりました。

 水陸両用バスは11月2日から運行を始めました。毎週月曜日と年末年始を除いて、毎日1日3本走ります(4月から10月までは名古屋港での海上バスクルーズが1日4本となりますが、名古屋港から栄に行く便が2本になります。また、干潮などの理由により運休することもあります。事前に運休する便は発表されています)。栄から名古屋港に行き、名古屋港で海に入ります。陸に上がってからは再び陸上を走り、栄に戻ります。所要時間は約135分(栄→名古屋港→栄)。値段は大人3500円、子供1750円、幼児500円です(名古屋港での海上バスクルーズだけだと若干安くなります)。

 チケットはインターネット、電話、そして現地(栄、名古屋港)での販売の3つの方法があります。
(参考:東急鯱バスホームページ https://www.shachi-bus.com/marine/)

| | | Comments (0)

八戸-室蘭航路も休止か?

 宮古と室蘭を結ぶ航路は2018年に開設されましたが、貨物の利用が振るわず、2020年4月からは八戸と室蘭を結ぶ航路となって再スタートしました。ところが事態はさらに悪くなっていたのです。12月末で休止する方向で動いているようです。

 なぜこのようになったのでしょうか? 2020年1月から始まった世界的な船舶燃料規制などによって燃料コストが大幅に上昇しました。新型コロナウイルスの影響で旅客需要が減少し、収支が厳しくなりました。船は船齢が20年を超えて置き換えが必要ですが、このように状況が悪いため、新しく船をつくることは難しいです。そこで航路の継続は難しいと判断したのです。

 今のところ正式は休止日は決まっておらず、地元室蘭市は航路の存続を求めています。後は室蘭市などが補助を出すかどうかにかかっていることでしょう。大多数の利用者にとっては札幌に近い苫小牧のほうがありがたいでしょうから。

(追記)
 八戸-室蘭航路は2022年2月1日から休止することになりました。2022年1月31日室蘭20:30発が最終便となります。
(参考:乗りものニュース https://trafficnews.jp/post/112156、シルバーフェリーホームページ https://www.silverferry.jp/attachment/61c519d2-c3a8-4aad-b3eb-05d80a013c8b/宮古(八戸)/室蘭航路%E3%80%80休止日決定のご案内.pdf)

| | | Comments (0)

大学への通学手段に船

 通学手段としてバスを用意する学校はたくさんありますが、島に行くわけでもないのに船を用意する大学が出てきました。

 それは東海大学。静岡キャンパス(現在は海洋学部だけですが、2022年度に人文学部を新設するとともに、清水キャンパスから改称します)は静岡市清水区にあります。清水駅からバスに乗っていくのですが、約30分かかり、雨の日だと渋滞して、授業に遅れることもあります。

 そこで東海大学は2022年4月から清水駅前の桟橋から大学正門に近い桟橋まで船を運航することにしました。15分で結びます。1日に10往復する案と15往復する案があり、帰りはエスパルスドリームプラザがある日の出地区の桟橋を経由します。なお、実際の運航は三保半島の周遊などを行う富士山清水港クルーズに委託します。

 東海大学はこの船の運航により自宅から通学する学生が増えると考えています。4年後には船の利用者が1日500人を超えると見込んでいます。
(参考:読売新聞オンライン https://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/kyoiku/news/20211016-OYT1T50235/)

| | | Comments (0)

島原半島が乗り放題のフリーパス

 JR九州と島原鉄道は島原鉄道全線などに乗ることのできるフリー切符、「ぐるっと島原半島フリーきっぷ」を発売しています。

 「ぐるっと島原半島フリーきっぷ」の対象区間は、長崎線諫早-長崎間(快速、普通のみ)、島原鉄道全線、島原鉄道の路線バス全線、鬼池港と口之津港を結ぶフェリーです。発売期間及び利用期間は10月2日から2022年2月20日までの休日、値段は1日間用が2500円、2日間用が3500円です。JR九州の諫早、長崎の両駅、島原鉄道の有人駅とバス営業所、フェリーの営業所で発売します。1000枚限定です。

 ところでなぜ「ぐるっと島原半島フリーきっぷ」を売り出したのでしょうか? 西九州新幹線は2022年秋に暫定開業しますが、島原半島は駅から離れています。その二次交通を充実させるために、今回長崎県の実証事業として発売することにしたのです。西九州新幹線暫定開業時には本格的にこのようなフリー切符を発売するようです。
(参考:長崎新聞ホームページ https://nordot.app/813968041513877504)

| | | Comments (0)

佐渡航路、廃止の危機?

 佐渡に行くには、船に乗らないといけません。その船は佐渡汽船が運航しています。

 佐渡汽船については新型コロナウイルスの影響で需要が減り、2019年に比べて4割ほどになっています。すでに2020年の段階で約9億円の債務超過に陥っていて、新潟県や佐渡市の支援を受けています。債務超過の額は2021年になってからも増え続け、6月末には約27億円にもなっています。そして、尾崎佐渡汽船社長は9月28日、佐渡市議会の全員協議会に出席して、佐渡航路の運行停止の危険性があることを伝えました。債務超過が解消されないと、2022年4月以降の運営が困難になるというのです。

 佐渡汽船は経営改善計画案を修正して、人件費のさらなる削減、運賃値上げ、割引の見直し、営業所の廃止、広告宣伝費の削減などを行う予定です。佐渡市も佐渡汽船の支援のために第三者割当増資に応じ、約3.6億円の出資を行っています。ただ、それだけでは足らないようです。佐渡汽船がないと新潟と佐渡の行き来ができないので、会社が潰れたらどうにもなりません。佐渡汽船にはコストの削減を求めるとともに、佐渡市自らがお金を出すかもしくは国や新潟県からお金をもらうしか方法はありません。
(参考:朝日新聞ホームページ https://digital.asahi.com/articles/ASP9X6SW8P9XUOHB003.html)

| | | Comments (0)

「JR西日本 どこでもきっぷ」等、発売される

 発売の発表はあったものの、実際に発売開始になる前に中止になってしまった、「JR西日本 どこでもきっぷ」、「JR西日本 関西どこでもきっぷ」。新型コロナウイルスの感染状況が落ち着いてきたためか、発売されることになりました。

 「JR西日本 どこでもきっぷ」はJR西日本、智頭急行、JR西日本宮島フェリーが乗り放題。IRいしかわ鉄道の金沢-津幡間、あいの風とやま鉄道の富山-高岡間については通過利用する場合に限り、追加料金なしで乗車できます。新幹線や特急も乗り放題で、普通車指定席も6回まで使えます。「JR西日本 関西どこでもきっぷ」はJR西日本の関西エリア、智頭急行が乗り放題 。乗り放題のエリアなら新幹線や特急も乗り放題で、普通指定席も6回まで使えるのは「JR西日本 どこでもきっぷ」と同じです。利用期間は10月15日から12月26日まで(2日間用は12月25日出発分まで、3日間用は12月24日出発分まで)、発売期間は10月8日から12月18日まで(3日間用は12月17日まで)です。出発の1か月前から7日前まで発売します。値段は「JR西日本 どこでもきっぷ」の2日間用が18000円、3日間用が22000円、「JR西日本 関西どこでもきっぷ」は2日間用のみで10000円です(子供は全て半額で、子供だけの発売や利用はできません)。発売箇所はJR西日本ネット予約の「e5489」、JR西日本、JR九州(福岡県、佐賀県に限ります)管内の主な旅行会社で、「みどりの窓口」では発売しません。なお、「JR西日本 どこでもきっぷ」の2日間用は旅行会社のみで発売し、「e5489」での発売は行いません。

 これらの切符は、JR西日本にしては珍しく、1人でも利用できます。グループで旅行すればどうしても声が出てしまい、感染リスクが高まりますが、1人ならそのようなリスクは少なくなります。感染対策をきちんとしながら、出かけたいものです。
(参考:JR西日本ホームページ https://www.westjr.co.jp/press/article/items/211004_03_dokodemokippu.pdf)

| | | Comments (0)

新八雲から奥尻島への新航路構想

 北海道の南西に浮かぶ奥尻島。その奥尻島に行くには、江差町から船に乗る必要があります。かつてはせたな町からの航路もありましたが、2019年に休止になっています。

 しかし、八雲町は新たな航路をつくることを考えています。八雲町は太平洋側にも日本海側にも面している町。その日本海側の熊石港から奥尻島への航路をつくろうと考えています。北海道新幹線は2030年度末に開通する予定で、八雲町内に新八雲駅(仮称)ができます。その新薬も駅からの広域観光や水産物輸送に活用したいと考えています。
(参考:日本経済新聞ホームページ https://www.nikkei.com/article/DGXZQOFC280360Y1A720C2000000/)

| | | Comments (0)

JR西日本、1人でも乗り放題の全線フリー切符発売

 JR西日本のフリー切符は、1人では使えないものがあります。全線乗り放題のようにエリアが広いフリー切符に1人での利用を許すと、観光を全くせずに列車に乗りまくる人が出てくるからです。また、出張用に使うケースも出てきます。地方の観光地にお金を落とすことは期待できません。

 そのJR西日本ですが、1人からでも使えるフリー切符を3種類発売します。JR西日本全線に乗ることができる「JR西日本 どこでもきっぷ」、関西エリア限定の「JR西日本 関西どこでもきっぷ」、50歳以上の人限定の「西なびグリーンパス」です。いずれもゴールデンウィークに追加料金なしで使えます。それではこの3つの切符について、細かく見ていきましょう。

 「JR西日本 どこでもきっぷ」はJR西日本、智頭急行、JR西日本宮島フェリーが乗り放題。IRいしかわ鉄道の金沢-津幡間、あいの風とやま鉄道の富山-高岡間については通過利用する場合に限り、追加料金なしで乗車できます。新幹線や特急も乗り放題で、普通車指定席も6回まで使えます。「JR西日本 関西どこでもきっぷ」はJR西日本の関西エリア、智頭急行が乗り放題 。関西エリア限定と言っても、敦賀、柘植、新宮、宇野、児島、倉敷、総社、津山、鳥取までが範囲なので(東津山-智頭間は除きます)、結構使えます。新幹線や特急も乗り放題で、普通指定席も6回まで使えるのは「JR西日本 どこでもきっぷ」と同じです。利用期間は4月27日から6月30日まで(2日間用は6月29日出発分まで、3日間用は6月28日出発分まで)、発売期間は4月16日から6月22日まで(3日間用は6月21日まで)です。出発の1か月前から7日前まで発売します。値段は「JR西日本 どこでもきっぷ」の2日間用が18000円、3日間用が22000円、「JR西日本 関西どこでもきっぷ」は2日間用のみで10000円です(子供は全て半額で、子供だけの発売や利用はできません)。発売箇所はJR西日本ネット予約の「e5489」、JR西日本、JR九州(福岡県、佐賀県に限ります)管内の主な旅行会社で、「みどりの窓口」では発売しません。なお、「JR西日本 どこでもきっぷ」の2日間用は旅行会社のみで発売し、「e5489」での発売は行いません。「e5489」への誘導に積極的なJR西日本が、「e5489」で売らない切符をつくるのは、意外です。

 旅行開始時点で50歳以上ならば、リッチな旅ができる「西なびグリーンパス」があります。JR西日本、智頭急行、JR西日本宮島フェリーが乗り放題。IRいしかわ鉄道の金沢-津幡間、あいの風とやま鉄道の富山-高岡間については通過利用する場合に限り、追加料金なしで乗車できます。新幹線や特急も乗り放題で、グリーン車指定席(「グランクラス」は除きます)と普通車指定席が合わせて8回まで使えます。利用期間は4月27日から6月30日まで(3日間用は6月28日出発分まで、5日間用は6月26日出発分まで)、発売期間は4月16日から6月21日まで(5日間用は6月19日まで)です。出発の1か月前から7日前まで発売します。値段は3日間用が30000円(2人以上が25000円)、5日間用が35000円(2人以上は30000円)です。発売箇所はJR西日本、JR九州(福岡県、佐賀県に限ります)管内の主な旅行会社のみです。

 以前にも書きましたが、新型コロナウイルスで感染しやすい行動は夜遅くまで大人数でワイワイと飲んで騒ぐことです。一人だとそういうリスクは少ないです。そういうことから考えると、一人旅を制限するのは考えもので、1人でも使えるようになったこのJR西日本の方針転換は評価できます。

(追記)
 せっかくの乗り放題の切符ですが、JR西日本は3種類(「JR西日本 どこでもきっぷ」、「JR西日本 関西どこでもきっぷ」、「西なびグリーンパス」 )とも当分の間発売を見合わせることにしました。
(参考:JR西日本ホームページ https://www.westjr.co.jp/press/article/items/210409_04_kippu.pdf、https://www.westjr.co.jp/press/article/items/210412_04_miawase.pdf)

| | | Comments (2)

「尾瀬夜行」で新潟に抜けることができる?

 東武には浅草を23:55に出る会津高原尾瀬口行きの夜行列車、「尾瀬夜行23:55」というものがあります。シーズンのみの運行で東武トップツアーズの旅行商品として発売される列車なのですが、これを使って新潟方面に抜けることができるのです。いろいろな乗りものに乗りながら。

 どのようなものでしょうか? まず、「尾瀬夜行23:55」に乗って、会津高原尾瀬口まで行きます。会津高原尾瀬口から会津バスの尾瀬沼山峠行きに乗り(会津高原尾瀬口4:20発)、尾瀬御池で降ります。3時間ほど待って(この間に尾瀬の散策もできます)尾瀬御池から再び会津バスに乗り(尾瀬御池9:20発)、尾瀬口船着場まで行きます。尾瀬口船着場から遊覧船に乗り、奥只見船着場に行きます。奥只見ダムから南越後観光バスに乗り、奥只見シルバーラインを経由して新幹線の停まる浦佐駅東口に出ます。本来は尾瀬に向かうための乗りものをうまく組み合わせて、新潟に抜けるのです。途中寄り道せずに乗り継いだ場合、浦佐には12:55に着きます。このルートはとても国道とは思えないところを走る、マニア大喜びのものだそうです。

 このルートは東武トップツアーズの旅行商品として売られていますが、バスや遊覧船の乗り継ぎは「尾瀬夜行」を利用しなくてもできます。ただ一部の区間は予約が必要で、魚沼市観光協会が一括して受け付けるようです。
(参考:乗りものニュース https://trafficnews.jp/post/99669)

| | | Comments (0)

より以前の記事一覧