阿佐海岸鉄道の最終列車は80人限定

 阿佐海岸鉄道は11月30日で列車の運行を終え、DMVが走るまでの間、バスによる代行輸送となります。

(この記事は未完成です)

(参考:阿佐海岸鉄道ホームページ asatetu.com/wp-content/uploads/2020/11/限定きっぷポスターA4.pdf、徳島新聞ホームページ https://www.topics.or.jp/articles/-/450858)

| | | Comments (0)

くま川鉄道3/4の区間を先行して復旧へ、肥薩線人吉-吉松間の先行復旧は行わず

 7月の豪雨災害により、肥薩線やくま川鉄道は大きな被害を受け、運休しています。まず、くま川鉄道についてですが、被害の小さい区間から先に復旧させることにしました。

 2021年度中の復旧を目指しているのは、肥後西村-湯前間(19キロ)。全体の3/4に当たります。残りの人吉温泉-肥後西村間5.8キロについては、バスによる代替輸送を継続します。以前にも書きましたがくま川鉄道の利用者のうち8割は通学の高校生。保護者からも運行再開を求める声が強かったです。車庫のある人吉温泉が使えないので、運行可能となる区間に車両を運ぶものと思われますが、そういうことをしてでも早期の部分復旧を行おうというのです。

 話は変わりまして、JR九州の肥薩線。八代-人吉間は大きな被害を受け、早期に復旧させることは難しいですが、人吉-吉松間はそうでないようです。ただ、人吉-吉松間の先行復旧は難しいようです。というのも、肥薩線八代-吉松間の運行管理システムは人吉にあり、今後肥薩線をどのようにするか結論が出ていないため、この区間だけを先行復旧することが難しいのです。
(参考:熊本日日新聞ホームページ https://www.47news.jp/localnews/prefectures/kumamoto/5519586.html、南日本新聞ホームページ https://373news.com/_news/?storyid=128348)

| | | Comments (0)

JR東日本、「新幹線回数券」等を廃止

 JR東日本は、「タッチでGo!新幹線」のサービスエリアを拡大します。2021年のダイヤ改正からで、東北新幹線(北海道新幹線は除きます)、秋田新幹線、山形新幹線、上越新幹線(ガーラ湯沢を含みます)、北陸新幹線(高崎-上越妙高間)も加わります。

 このように交通系ICカードで利用できる区間が増えるのは便利ですが、これに伴い、「新幹線回数券」等が廃止になります。発売終了日は自由席用のものが2021年3月31日、指定席用のものが2021年6月30日です。購入した回数券は、有効期間内なら発売が修了していても使えます。このこと自体は構わないのですが、問題は「タッチでGo!新幹線」があまりお得でないこと。長岡-新潟間の値段は3040円ですが、これは自由席の正規料金と同じです。高速バスとの競争が激しい区間であるにもかかわらず、安くならないのです。サービスエリア拡大から3か月の間はキャンペーンがあるため、若干のポイントがつきますが、大したことはありません。

 回数券の代わりとして「タッチでGo!新幹線」を普及させたいのなら、そういう競争の激しい区間には大胆にポイントを付与する必要があるでしょう。
(参考:JR東日本ホームページ https://www.jreast.co.jp/press/2020/20201112_ho01.pdf)

| | | Comments (0)

「地域共通クーポン」でJR四国等4割引

 新型コロナウイルスの感染者が増えているので、時機を逸した記事になってしまうかもしれませんが、「Go To トラベル」の「地域共通クーポン」を使うことによって、JR四国等でも安い切符を買うことができます。

 どれくらい安いのかと言えば、JR四国及び土佐くろしお鉄道の乗車券、料金券が40%引きになります(土佐くろしお鉄道だけの切符を買うことはできません)。「地域共通クーポン」を持っている人のみ購入できますが、支払いに使う「地域共通クーポン」は1枚以上あれば良く、不足額は現金で支払います。発売期間は10月1日から2021年1月31日まで、利用期間も10月1日から2021年1月31日までです(ただし、乗車券等の有効期間開始日が「地域共通クーポン」の有効期間に入っていることが必要です)。JR四国の駅の「みどりの窓口」等で発売します。土佐くろしお鉄道内でも、中村、宿毛、安芸の3駅では購入することができます。いずれの場合でも、「地域共通クーポン」の利用エリア(旅行先の都道府県及びそれに隣接する都道府県)内の駅でしか購入することができず、買うことのできる切符も、「地域共通クーポン」の利用エリア内で完結させる必要があります。
(参考:JR四国ツアーホームページ www.jr-eki.com/ticket/brand/2-7EN)

| | | Comments (0)

水間鉄道11月30日ダイヤ改正で昼間減便するが、昼間に割引切符導入

 水間鉄道は11月30日にダイヤ改正を行います。

 今回の改正では平日の日中(貝塚発10:15~16:15)と休日(このダイヤ改正で休日ダイヤを導入します)の朝を除いて、30分間隔となります。現行のダイヤでは日中毎時3本だったのが2本になるので、かなり不便になるように見えますが、貝塚で接続する南海のダイヤが15分パターンのダイヤなので、30分間隔になるのはむしろ使いやすいダイヤになったとも言えます。また、最終列車は繰り上がり、平日、休日ともに貝塚23:35発となります。今までに比べて15分の繰り上がりです。

 11月30日からは昼間時間帯において、新たに割引切符を発売します。ひとつは「昼間割引きっぷ」。昼間時間帯の列車(始発駅を10~16時台に出た列車)に乗れば、全区間180円均一となります。どの区間でも通常の初乗り運賃と同じ額で乗ることができるのです。通常300円の貝塚-水間観音間も180円です。発売箇所は貝塚と水間観音のみですが、ほかの駅から利用した場合は精算時に対応することができます。フリー切符タイプもあります。「昼間割引フリー乗車券」です。昼間時間帯なら360円で全線乗り放題です。時間の制約があるとは言え、通常の「フリー乗車券」より240円安くなっています。貝塚と水間観音で発売しています。水間鉄道に乗るときには時間に気をつけておいたほうがよいでしょう。
(参考:水間鉄道ホームページ www.suitetsu.com/event/20201102-1.pdf、www.suitetsu.com/event/20201102-2.pdf、www.suitetsu.com/event/20201102-3.pdf)

| | | Comments (0)

琴電の伏石駅開業は11月28日

 当blogで取り上げた琴電の新駅、伏石駅の開業の日が決まりました。

 綾川駅以来7年ぶりとなる新駅の開業日は11月28日、当面は北口のみ開業します。900台分の駐輪場は備えていますが、バスロータリー、キス&ライドを備えた駅前広場、南口は工事中で、開業の段階では使えません。伏石駅から瓦町駅までの所要時間は8分、高松築港駅までの所要時間は12分です。伏石駅から瓦町駅までの運賃は190円、高松築港駅までは250円です。駅員1人が常駐するとのことなので、無人駅にはならないようです。この御時世では意外です。

 なお、伏石駅の開業に合わせてダイヤ改正も行われます。長尾線や志度線で最終を繰り下げ、琴平線などで閑散時間帯の列車を増便することにより、新型コロナウイルスの前の9割の水準にまで本数を戻します(現在は86%の水準に減らしています)。
(参考:琴電ホームページ www.kotoden.co.jp/publichtm/kotoden/new/2020/fuseishistation_open_1st/index.html、日本経済新聞ホームページ https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65944370W0A101C2LA0000/、railf.jp https://railf.jp/news/2020/11/07/183000.html)

| | | Comments (0)

大山ケーブルカー、繁忙期運賃がある

 丹沢大山国定公園内にある大山は東京から割合近いこともあり、昔から多くの参拝客を集めていました。

 その大山へのアクセスとなるのが、大山ケーブルカー。山麓の大山ケーブルと山上の阿夫利神社との間を約6分で結んでいます。この大山ケーブルカー、通常はお得な往復運賃が設定されています。片道が640円のところ、往復だと1120円です。

 しかし、ゴールデンウィークと11月の休日に設定されている繁忙期は違います。往復運賃が1270円に上がります。片道運賃の倍とほとんど変わらない水準となります。11月は紅葉のベストシーズンなのでこのような設定がなされているようです。
(参考:大山ケーブルカーホームページ https://www.ooyama-cable.co.jp/fare202011.html、https://www.ooyama-cable.co.jp/timetable/)

| | | Comments (0)

北海道新幹線が函館に乗り入れ?

 北海道新幹線は函館に乗り入れず、駅(新函館北斗)は郊外の北斗市にあります。東京から新幹線に乗ってきた場合、新函館北斗で乗り換えて、そこからは在来線に乗らないといけません。しかし、新幹線が函館まで乗り入れる構想があるようです。新函館北斗からスイッチバックするかたちで函館に乗り入れるのです。新函館北斗からはバックするかたちで車庫への線路がありますから、それを利用するのです。もちろん、狭軌の線路を標準軌にする必要はありますが(複線の函館と七飯の間は、狭軌と標準軌の並列)、東京や札幌から直通することができます。函館までフル規格新幹線扱いでつくると1000億円かかりますが、ミニ新幹線なので約80億円でできると言われています。東京からは札幌行きのフル規格の車両と函館行きのミニ新幹線の車両を併結し、新函館北斗で分割します。北海道内で完結する列車は、ミニ新幹線単独で函館と札幌の間を走ります。

 そのような直通運転は実現するのでしょうか? 今の北海道新幹線のダイヤから考えると、それは難しいです。というのも、東京からの「はやぶさ」は、そのまま札幌に直通するでしょう。新函館北斗発着の便は、早朝や深夜ぐらいしかないでしょう。今でも「はやぶさ」は盛岡以南で「こまち」を併結し、17両編成で走っています。函館用にさらに増結することは考えにくいですし、函館用の編成をつくるために札幌まで行く「はやぶさ」を短縮することも考えにくいです。東京方面からは、新函館北斗で乗り換えてもらってもやむを得ないでしょう。

 それよりも効果があると思われるのが、北海道内で完結する便。今のままでは、函館-札幌間も途中の新函館北斗で乗り換えないといけません。北海道内の短距離便ならば「グランクラス」はいらないでしょうし、「北斗」の運行実績からそれなりの本数が設定されますから、それならば北海道内の需要に合わせたミニ新幹線をつくり、それを函館に乗り入れることは検討してもよいことだと思われます。
(参考:ITmediaビジネス ONLINE https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2011/20/news038.html)

| | | Comments (0)

和歌山電鐵、子供とペアなら300円で乗り放題

 和歌山電鐵は、新型コロナウイルスの影響で大きく需要が落ち込んだ需要を回復させるため、和歌山県、和歌山市、紀の川市から補助を受けて、格安のフリー切符をつくりました。

 その名前は「こどもと乗り放題きっぷ」、大人1人と子供(乳幼児でも構いません)1人がセットで利用することが条件で、たった300円で1日乗り放題となります(同伴する幼児は4人まで無賃です)。通常の1日乗車券が大人800円、子供400円の合計1200円なので、何と75%引きです。もっとも、大人と子供がペアになって乗車していない場合、もしくは単独で乗車していた場合は、通常の普通運賃が必要となります。

 この「こどもと乗り放題きっぷ」の発売期間は、11月13日から2021年3月21日まで、和歌山駅9番ホーム窓口、伊太祈曽駅窓口、貴志駅及び車内で買うこともできます。ただ、このように300円と激安になっているのは、行政からの補助金があるからです。ですから、予算の上限に達した場合、予告なく終了することがあります。前売りもやっていますので、子供と一緒に行くのであれば、前もって買うのも手です(乗車の都合がつかなければ、手数料を払って払い戻すことができます。ただし、乗車日の記入があればその日以降、記入がなくても2021年3月22日以降は払い戻しができません)。なお、利用期間は2021年3月31日までです。

 和歌山電鐵は大阪から近いところにあるので、親子でちょっとしたお出かけをするにはありがたい切符です。
(参考:和歌山電鐵ホームページ https://www.wakayama-dentetsu.co.jp/2020/11/11/kodomo_to_kippu/)

| | | Comments (0)

首都圏の大手私鉄、大晦日の終夜運転を行わないところが続々と

 通常、深夜には貨物列車などを除いて列車の運行は行わないものですが、大晦日から元日にかけては列車の運行を行う鉄道会社があります。夜通し運行を行う終夜運転のところもあれば、最終の繰り下げや始発の繰り上げで対応するところもあります。

 ところが、この2020年から2021年にかけての年末年始は、恒例の終夜運転を行わない会社が出ています。首都圏の大手私鉄では、東武、東急、小田急、西武が該当します。早朝に臨時列車を走らせる小田急の片瀬江ノ島方面を除いて最終の繰り下げや始発の繰り上げも行わず、東武の大師線を除いて、年末年始は通常の休日ダイヤで運行します。

 なお、JR東日本は首都圏の12路線において終夜運転を行います。
(参考:JR東日本ホームページ https://www.jreast.co.jp/press/2020/tokyo/20201117_to01.pdf、東武ホームページ https://www.tobu.co.jp/cms-pdf/news/20201112142046Td3p-8PGb-mW2otM5hLCtw.pdf、東急ホームページ https://www.tokyu.co.jp/information/list/Pid=post_372.html、小田急ホームページ https://www.odakyu.jp/news/o5oaa1000001uj37-att/o5oaa1000001uj3p.pdf、西武ホームページ https://www.seiburailway.jp/news/information/20201120_information.pdf)

| | | Comments (0)

より以前の記事一覧