青函トンネルでの時速210キロ運転は12月31日から

 北海道新幹線と貨物列車は青函トンネルを共用しています。そのため、フル規格の新幹線と言えども最高速度が160キロに抑えられています。貨物列車とのすれ違いを考慮してのことです。

 これでは、札幌まで全線開業したとしても東京-札幌間が5時間もかかってしまいます。いくら需要の大きい区間とは言え、その遅さでは全線を通して使う人はほとんどいないでしょう。そこで、青函トンネル内でのスピードアップに取り組むことにしました。貨物列車とのすれ違いがない状態で新幹線を時速200キロ以上で走行させる高速走行実験を行ってきました。その試験結果を受けて、この年末年始から、青函トンネル内において、新幹線が貨物列車とすれ違わない時間帯での時速210キロ運転を行います。

 高速走行を行うのは、12月31日から2021年1月4日までの5日間。貨物列車が年末年始で少ないことから選ばれました。始発から15時半ごろまでの間で行います。以前の話では高速走行を行うのは下りだけとのことでしたが、上下とも高速走行を行います。上下各7本、合計14本が対象です。高速走行を行うのは青函トンネル内だけで、この高速走行を行うことによって約3分の短縮になります。具体的にどの列車が高速走行の対象になるかは後日発表されます。
(参考:JR北海道ホームページ https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20200924_KO_SeikanTN.pdf)

| | Comments (0)

長崎新幹線は2022年秋開業予定、北陸新幹線は遅れるか?

 24日のことですが、鉄道・運輸機構とJR九州から、長崎新幹線武雄温泉-長崎間の完成、開業時期の見通しについての発表がありました。

 現在の長崎新幹線の工事状況は、トンネルや橋梁等の土木工事から軌道、電気、駅舎建築工事等に移行している段階であり、開業時期が見えてきています。2021年度中にそれらの工事が完成した後に新幹線施設の検査があり、走行試験、乗務員の訓練運転、国交省による完成検査等があります。これらに要する期間を考えると、長崎新幹線武雄温泉-長崎間の完成、開業時期は2022年秋ごろとなるようです。年始めのJR九州社長の発言では2022年6月の開業予定だったので、それよりは遅れることになります。

 ただし、この長崎新幹線は既存の新幹線とは離れた、離れ小島の新幹線です。長崎新幹線武雄温泉-長崎間はフル規格新幹線なので、既存の九州新幹線とつながないとその効果を発揮させることはできません。しかし、佐賀県との話し合いがうまくいってはおらず、このまま中途半端な新幹線ができあがってしまう危険性が高いです。最悪のパターンです。

 長崎新幹線に続く新幹線は、北陸新幹線金沢-敦賀間です。こちらは2023年春開業予定とのことですが、一部で予定より遅れることから、開業が遅れる可能性もあるようです。
(参考:JR九州ホームページ https://www.jrkyushu.co.jp/common/inc/news/newtopics/__icsFiles/afieldfile/2020/09/24/200924sinnkannsenn_kaigilyoujiki3.pdf、共同通信ホームページ https://this.kiji.is/681801824357942369、佐賀新聞ホームページ https://www.saga-s.co.jp/articles/-/578819)

| | Comments (0)

「関西近郊 休日ぶらり旅きっぷ」を発売

 JR西日本は期間限定で、アーバンネットワークなどに1日もしくは2日乗り放題の、「関西近郊 休日ぶらり旅きっぷ」を発売しています。

 「関西近郊 休日ぶらり旅きっぷ」で乗り放題になるのは、大雑把に言って敦賀、柘植、桜井線や和歌山線、播州赤穂、福知山を結ぶエリア。普通列車の自由席が乗り放題です(「青春18きっぷ」同様、特急券を買っても特急には乗れません)。普通列車でないといけませんが、アーバンネットワークから離れた福知山でも使えるのが特徴です。発売期間は9月18日から12月19日まで、利用開始日の1か月前から前日まで発売します。利用期間は9月19日から12月20日までの休日の1日または連続する2日間です。「e5489」もしくは発売・受取エリア(大雑把に言って、山科、加茂、五条、和歌山、西明石、新三田、嵯峨嵐山を結ぶエリア)の主な駅の「みどりの券売機」で購入することができます(「みどりの窓口」では購入できません)。「e5489」で購入したのは、発売・受取エリアの主な駅の「みどりの窓口」等で引き換えます。つまり、乗り放題になるエリアの端のほうの駅、米原や姫路で買って乗りまくるということはできません。値段は1日用が大人2600円、子供1300円、2日間用が大人4500円、子供2300円で、レンタサイクルが1回無料で使えます。駅から離れたところにも行くことができるのです。
(参考:JR西日本ホームページ https://www.westjr.co.jp/press/article/items/200914_00_tabikippu.pdf、JRおでかけネット https://tickets.jr-odekake.net/shohindb/view/consumer/tokutoku/detail.html?shnId=120000430)

| | Comments (0)

JR西日本、2日間乗り放題で12000円

 JR西日本は、「ドラえもん」の2本の映画(「映画ドラえもん のび太の新恐竜」は上映中、「STAND BY ME ドラえもん 2」は公開日未決定)とタイアップして、「『どこでもドア』で、どこいこう。キャンペーン」を10月1日から2021年1月31日まで行います。キャンペーンの内容はいくつかありますが、メインになるのが「どこでもドアきっぷ」の発売なので、ここで「どこでもドアきっぷ」の紹介をしたいと思います。

 「どこでもドアきっぷ」は2種類あります。JR西日本全線2日間乗り放題のものとJR西日本・九州・四国全線3日間乗り放題のものです。指定席はいずれも6回利用できます。また、いずれも智頭急行、JR西日本宮島フェリーを利用することができ、IRいしかわ鉄道の金沢-津幡間、あいの風とやま鉄道の富山-高岡間は通過利用する場合に限り、追加料金なしで乗車できます。値段は2日間用の場合、土休日(出発日が金~日曜日、祝日、11月2日)が12000円、平日用が15000円、子供は全日2000円です。3日間用の場合、土休日(出発日が金、土曜日、11月1日、11月22日)が18000円、平日用が20000円、子供は全日3000円です。2日間用、3日間用ともに大人の値段に5000円を追加すれば6回までグリーン車指定席を使うことができます。利用期間は10月1日から12月25日まで(2日間用は12月24日出発分まで、3日間用は12月23日出発分まで)、発売期間は9月18日から12月17日までです。出発の1か月前から7日前の23:30まで発売します。JR西日本の「e5489」、JR九州の「JR九州インターネット列車予約サービス」、JR西日本、JR九州、JR四国管内の主な旅行会社で発売し、「みどりの窓口」では発売しません。

 ここで重大なことを書き忘れていました。2人以上が同一行程で利用することが条件なのです(子供だけでは使えません)。出張や乗り潰すだけの鉄道ファンの利用を防ぐための規定と思われますが、2人以上が一緒に行動すれば、どうしても大声を出します。新型コロナウイルスが心配される現状では、一人で静かに移動したほうがいいのです。もちろん、特急が乗り放題なら鉄道ファンに乗り潰されて本来の目的を果たせないでしょうから何らかの工夫は必要でしょうが、単純に一人だからといって排除するのは再考する必要があります。
(参考:JR西日本ホームページ https://www.westjr.co.jp/press/article/items/200914_00_dokoikou.pdf)

| | Comments (0)

えちごトキめき鉄道の臨時列車は浸水対策

 えちごトキめき鉄道は8月1日から11月30日の間、妙高はねうまラインの直江津-高田間に臨時列車を走らせます。

 臨時列車のダイヤは、直江津23:13発高田23:22着と高田5:49発直江津5:59着。直江津23:13発は新潟20:57発直江津23:03着の快速「らくらくトレイン信越号」(乗車整理券が必要)から乗り換えでき、高田5:49発は直江津6:15発新潟8:35着の快速「おはよう信越号」(指定席券が必要)に乗り換えることができます。新潟などへの行き来に便利な臨時列車です。

 ところがこの臨時列車、裏の目的があります。浸水被害に備えて列車の一部を避難させる目的があるのです。どういうことでしょうか? えちごトキめき鉄道日本海ひすいラインを走るディーゼルカーは夜間、糸魚川と直江津の両駅に分かれて留置します。ところが妙高はねうまラインの電車は信越線の柏崎に6両を留置していますが、残りの14両は全て直江津に留置しています。その直江津の車両基地ですが、駅に隣接したところにあります。その車両基地は関川の河口に近いため、上越市の洪水ハザードマップによれば、最大3メートルの浸水被害が想定されるとのことです。2019年の台風19号で北陸新幹線の車両に大きな被害が出たことは記憶に新しいですが、もし同じようなことがあっても被害を少しでも減らそうとしているのです。えちごトキめき鉄道は電車のうち4両を高田に逃がし、高田で一晩を過ごさせます。営業運転はそのついでなのです。

 それでは12月以降はどうなるのでしょうか? この臨時列車は11月までです。なぜ冬に設定しないのかと言えば、冬は降雪量が多いので、高田に車両を留置することができないからです。
(参考:上越タウンジャーナル https://www.joetsutj.com/articles/98320133)

| | Comments (0)

西鉄も無人駅増加

 全国の鉄道で有人駅を減らして無人駅にするという動きがありますが、九州一の私鉄西鉄も駅の無人化を行います。

 対象になるのは、天神大牟田線三潴-西鉄銀水間(西鉄柳川を除きます)と甘木線(北野、甘木を除きます)の24駅。天神大牟田線の場合、大善寺以南の普通のみの停車駅が該当します。この区間の利用者数は1992年をピークにして年々減少しています。これまでも効率化のため駅の無人化などを行ってきました。しかし今後も人口の減少が見込まれるため(久留米市以南の人口は1990年に比べて11%減少しています)、路線を維持するために駅管理体制を見直すことにしたのです。

 現在、対象になる24駅のうち、終日無人駅なのは7駅だけで、残りは終日有人駅が7駅、昼間(10~16時)無人駅が10駅あります。有人駅では客からの問い合わせ、安全確認、運賃の取り扱いなどの対応を行ってきましたが、これをサポートセンターの専属係員3人による集中管理方式及び駅係員5人による巡回体制に切り替えます。サポートセンターは西鉄柳川に設置します。始発から最終まで対応します。専属係員が18駅に設置されたモニター付きインターホン(甘木線の9駅のうち6駅にはモニターがありません。インターホンのみです)を通じて客との対応を行い、18駅(モニター付きインターホンがある駅と同じです)にある改札口監視カメラで改札付近の状況を確認します。天神大牟田線の15駅にはホーム用監視カメラがあり、ホームの安全確認もできます。また、天神大牟田線の15駅については、ホーム上の非常ボタンを増設していきます。甘木線は現行通り運転士による安全確認で対応します。

 運賃はICカードの場合、これまで通り使えます。利便性向上のため、9駅でICカードチャージ機を新設します。現金の場合は、乗車時は駅で乗車駅証明書を取る必要があります。降車駅で精算します。降車時は駅に設置された運賃箱に切符または現金・乗車駅証明書を投入します。無人駅同士ではチェックが利きませんが、無人駅同士の利用はあまりないと割り切っているのでしょう。また、24駅を巡回する駅係員は5人いますが、このうち3人は毎日定期的に巡回する担当です。24ある対象駅を3つのブロックに分け、各ブロックを1人が担当するかたちで毎日定期的に巡回します。巡回時間は事前に公表されます。残る2人はお客様サポート巡回です。介助の必要な人の乗降の手伝いや急病の人の対応などを行います。

 この駅管理体制の見直しは10月1日から行います。半年間は試行という扱いで、2021年4月1日から本格的に運用を開始する予定です。また、この駅管理体制の見直しによって約30人の駅員が減りますが、配置転換で対応します。
(参考:西鉄ホームページ www.nishitetsu.co.jp/release/2020/20_034.pdf、日本経済新聞ホームページ https://www.nikkei.com/article/DGXMZO63185590Y0A820C2LX0000/)

| | Comments (0)

近江鉄道、期間限定で全線乗り放題500円

 経営危機に陥りましたが、存続に向かって走っている近江鉄道。ただ、これからも存続させるためには、地元の支援が欠かせません。そこで滋賀県と沿線自治体の10の市町は、近江鉄道の利用促進を図るため、期間限定の「ワンコインスマイルきっぷ」を発売しています。

 もともと近江鉄道は週末(金~日と祝日)に格安の乗り放題の切符を発売しています。1日全線乗り放題で大人900円、子供450円なので、これでも十分お得です。八日市-近江八幡間の運賃は片道460円なので、これを往復するだけで元が取れますから。しかし、今回の「ワンコインスマイルきっぷ」はさらにお得です。大人は500円、そして子供は100円です。9月4日から11月3日までの毎週金~日曜日と祝日限定で、しかも数量限定なので、なくなり次第終了です。近江鉄道の有人駅窓口と車内で発売します。

 ただし、この期間限定の「ワンコインスマイルきっぷ」、利用者に制限がありません。地元住民でなくても、お金を出せば買えるのです。近江鉄道沿線の東近江市がこの秋に格安の一日乗車券を発売することは以前に記事にしましたが、まさか市民や沿線住民でなくても買えるとは思っていませんでした。ありがたい話です。
(参考:東近江市ホームページ www.city.higashiomi.shiga.jp/0000012080.html)

| | Comments (0)

「伊豆満喫フリーきっぷ」は、伊豆急1日乗り放題で1900円

 伊豆急が発売している、「伊豆満喫フリーきっぷ」。伊豆急行線内が1日乗り放題で、特急自由席も追加料金なしで乗ることができます(グリーン車や指定席に乗る場合は、グリーン特急券や指定席特急券が必要です)。伊東-伊豆急下田間の片道運賃が1650円のところ、1900円(子供は950円)で乗り放題になるので、大変お得です。

 この「伊豆満喫フリーきっぷ」、通常は伊東のみでの発売です。ところがこの9月1日から11月30日までの間は、伊豆高原、伊豆熱川、伊豆稲取、河津、伊豆急下田でも発売しています。事前に買うことはできず、しかも発売当日限り有効なので、旅先から使う場合は便利です。下田など地元に住んでいる人も使えます。

 なお、「伊豆満喫フリーきっぷ」は、車内では発売していません。また、乗り越し精算による購入もできませんので、伊東など発売駅で一旦降りて買う必要があります。
(参考:伊豆急ホームページ https://www.izukyu.co.jp/guide/event_detail.php?CN=301152)

| | Comments (0)

秩父鉄道、9月19日に客車列車を走らせていた

 秩父鉄道はこの2020年、SLは走りません

 ところがこの19日、ELの客車列車が走りました。一般社団法人日本民営鉄道協会と興和株式会社の協力によって、興和のマスコットキャラクターである「ケロちゃんコロちゃん」を活用したイベント列車、「ELケロコロエクスプレス」を走らせていたのです。地方民鉄の周知と利用促進を図るためのイベントでした。

 「ELケロコロエクスプレス」は熊谷-三峰口間を1往復しました。EL2両が12系客車3両を引っ張って走ったのです。EL2両のうち1両は「ケロちゃんコロちゃん」をイメージした緑、もう1両は医療従事者への感謝の象徴である青色(水色?)に塗られました。また、先頭には「ケロちゃんコロちゃん」をデザインした特別ヘッドマークが掲げられました。

 なお、この「ELケロコロエクスプレス」に乗るために、指定券や整理券の類は必要ありませんでした。運賃だけで乗車することができたのです。運賃だけで乗車することができるのは、あまりない、貴重な機会でした。
(参考:秩父鉄道ホームページ https://www.chichibu-railway.co.jp/wp-content/uploads/2020/09/20200910_kerokoro2.pdf、railf.jp https://railf.jp/news/2020/09/20/203000.html)

| | Comments (0)

JR東海リニアの甲府先行開業を否定&山梨県知事は歓迎か?

 リニア中央新幹線についてJR東海と静岡県が対立し、予定していた2027年の品川-名古屋間の開業が難しくなっています。川勝静岡県知事が環境への悪影響があることから、南アルプストンネル静岡工区の着工を認めていないのです。

 こうなると品川-名古屋間が開通できないので、代わりに川勝静岡県知事が提唱しているのが、リニア、身延線、東海道新幹線を乗り継ぐ、「富士山周遊コース」。品川-甲府-静岡-品川という1周3時間45分のコースです(バスの乗車時間も含めます)。リニアの最新技術を体験し、技術者の士気を維持することができます。このアイデアについてお隣の長崎山梨県知事は名古屋までの開業を求めていますが、諸事情で先行開業ということになれば甲府までの先行開業を歓迎するとのことです。

 しかし、JR東海はこのアイデアに賛同していません。リニアをつくる最大の目的は東海道新幹線のバイパスをつくることであり、東京と大阪を直結することです。部分開業をすることによって、全線開業時にいらなくなる施設をつくるのは無駄なのです。確かにリニアを体験するのなら今の施設で十分で(今は休止していますが)、甲府以西のルートを変更するかどうか決まっていないのに部分開業させるわけにはいきません。大阪までの全線ができて初めてリニアの効果が発揮できるのですから、その見込みもない段階での暫定開業は意味がありません。
(参考:毎日jp https://mainichi.jp/articles/20200910/k00/00m/040/091000c、Sankei Biz https://www.sankeibiz.jp/business/news/200910/bsd2009101327008-n1.htm)

| | Comments (0)

より以前の記事一覧