JR東日本等で4段階のシーズン別指定席特急料金

 これまで、新幹線や特急の指定席特急料金はシーズン別に3段階に分かれていました。繁忙期は通常期より200円高く、閑散期は通常期より200円安くなります。ところが以前にも書きましたが、JR東日本等は2022年4月1日乗車分からこの区分を4段階にします。

 4段階の対象となるのは、東北、山形、秋田、北海道、上越、北陸の各新幹線と、一部の特急、快速列車。JR北海道の北海道新幹線、JR西日本の北陸新幹線も対象になりますが、全車指定席で年間を通じて同額になっている「ひたち」、「スワローあかぎ」、「あずさ」、「踊り子」等は対象ではありません。

 それでは、どういう料金体系になるのかと言えば、最繁忙期、繁忙期、通常期、閑散期の4段階です。最繁忙期は利用が特に多い年末年始、ゴールデンウィーク、お盆に設定され、通常期より400円高くなっています。繁忙期、閑散期は現行と同じです。なお、快速は通常期と閑散期の2段階です。適用日も見直されます。繁忙期は利用が多い夏や秋の連休にも設定されます。また、混雑する時期を少しずらして利用してもらうために、最繁忙期や繁忙期のすぐ近くに通常期や閑散期を設定します。例えば、ゴールデンウィークの最繁忙期は4月27日から始まりますが(2022年度の場合、以下同じ)、その前日の4月26日は閑散期です。1日の違いで600円も変わります。お盆の最繁忙期は8月19日までですが、その翌日の8月20日は通常期です。1日で400円も違います。これまでの3段階の場合、繁忙期は84日、通常期は199日、閑散期は82日ありましたが、新しい4段階のシーズン別指定席料金になると、最繁忙期は30日、繁忙期は41日、通常期は188日、閑散期は106日です。繁忙期や通常期は減りますが、閑散期は増えています。また、現在の料金体系から見ると、値上げになるのが46日、値下げになるのが51日です。最繁忙期を設けることによって値上げになるように見えますが、実は値下げになる日のほうが多いのです。

 とは言っても、最繁忙期と閑散期の差は600円です。大した差ではありません。差をつけるためには、閑散期を中心に(インターネットでしか買えない)割引切符を売るのが望ましいと言えます。
(参考:JR東日本ホームページ https://www.jreast.co.jp/press/2021/20211005_ho04.pdf)

| | | Comments (0)

JR東日本の新幹線にも仕事ができる車両

 東海道・山陽新幹線ではこの10月から仕事ができる新幹線車両を走らせていますが、JR東日本でもそういう車両を走らせることになりました。この2月から「はやぶさ」等において通話やWEB会議ができる新幹線オフィスの実証実験を2回行い、ついに本格的に実施することになったのです。

 「新幹線オフィス車両」を本格的に実施するのは11月22日。休日や年末年始などの多客期を除いて行います。「つばさ」、「こまち」、「つるぎ」を除く東北、北海道、上越、北陸新幹線の全列車、全区間において8号車が対象となります(利用状況などにより、実施日や対象列車が変更となることもあります)。

 東北新幹線等の場合は、東海道・山陽新幹線と違って、席の予約はできません。新幹線の切符を持っていれば、自由に利用することができます。追加料金もかかりません。なお、一部列車において、Wi-Fiのルーターなどを有料で貸し出しする予定です。

 話は変わりますが、在宅勤務の普及に伴い、地方に住んで、時々都心部に通う人もいます。今までと違う都心部への新たな移動スタイルに対応するため、「タッチでGo!新幹線」、「新幹線eチケット」で、平日の閑散時間帯に一定区間、回数を利用した人に、「JRE POINT」で還元します。新幹線乗車時のほか、抽選でさらに「JRE POINT」を付与するキャンペーンも行う予定です。

 また、新幹線の移動前後の時間を有効に活用するため、シェアオフィスやコーヒーのサブスクリプションサービスも行う予定です。
(参考:JR東日本ホームページ https://www.jreast.co.jp/press/2021/20211005_ho02.pdf)

| | | Comments (0)

新しい倶知安駅は行き違いができない

 北海道新幹線建設に伴い、倶知安駅が移設されます。10月31日に供用を開始します(これに伴い、10月30日の夜と31日の朝、一部の列車が運休し、バス代行輸送となります)。

 駅舎(駅舎の場所は今と変わりません)から約40メートルの連絡通路を渡っていく新しいホームはホーム1本のみ。延長92メートル、幅4.5~5メートルです。ホームの延長が92メートルということは、4両編成までしか停まらないということでしょう。往年の倶知安駅の姿を考えると、寂しい現実が現れています。

 また、新しいホームは島式ですが、長万部方面に行くのは2番線のみです。1番線は小樽方面への折り返ししかできません。行き違いができなくなります。行き違いのできる隣の駅(小沢、ニセコ)も離れていますが、これでやっていけるということでしょう。ある意味、跨線橋がなくなるので、バリアフリーはやりやすいです。

 もっとも、北海道新幹線の開業によって、倶知安から在来線が消えると言うことも十分にあり得ます。それを考えると、新しい駅はコストを抑えた簡素なものにするのが賢明でしょう。
(JR北海道ホームページ https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/210917_KO_KuccyanSt.pdf)

| | | Comments (0)

JR北海道、2022年春のダイヤ改正の概要を発表

 JRは春に全国的なダイヤ改正を行います。2022年春もダイヤ改正を行うようです。R北海道も2022年春にダイヤ改正を行います。そしてまだ秋に入ったばかりなのに、その概要が発表されました。

 新車が追加投入されます。「おおぞら」には283系のものと261系のものがありますが、261系22両を追加投入し、全ての「おおぞら」を261系に統一します。283系は定期運用から引退するものと考えられます。283系は1997年にデビューした車両ですが、25年で定期運用から外れることになります。261系には携帯電話充電コーナーや設けられ、車椅子スペースが拡大するなど、車内設備の向上が図られますが、振り子式の車両が消えることになります(ただし、283系の振り子機能は停止しています)。

 H100形も30両追加投入されます。キハ40が置き換えの対象です。置き換える線区は根室線新得-釧路間と石北線旭川-上川間。根室線は54本の列車を全て置き換えます。石北線は24本中19本が追加置き換えとなります(2本はすでに置き換え済みです)。冷房が備えられ、(車両が低床化されているため)ホームの段差が縮小し、トイレも車椅子対応のものになります。車両の性能が良くなり、ダイヤの見直しがなされることもあって、所要時間が短縮する予定です。新得-帯広間の場合、現行の平均は63分ですが、5分ほど短縮されます。20分程度短縮されるものもあるようです。

 札沼線には新駅、ロイズタウンが開業します。しかし、ダイヤの制約のため(交換設備の不足?)、全部の列車が停まるわけではありません。1割程度は通過する方向です。宗谷線の東風連を名寄方向に1.6キロ移設します。駅前も名寄高校前になります。名寄高校から約200メートルのところにできます。名寄高校前には快速も含めて24本全てが停車する予定です。新函館北斗での北海道新幹線と「北斗」の接続時間には余裕がありすぎるところもありましたが、それを見直します。上下合わせて10本程度、最大20分の短縮を行います。

 固定費の削減のため、「おおぞら」の編成短縮を行います。通常はグリーン車1両、指定席2両、自由席2両の5両編成ですが、4、5、10、11月の平日など利用者の少ない時期は、自由席を1両減らして4両編成にします。かなり寂しくなりますが、このことにより動力費の削減を図ります。札幌-旭川間の特急の減便を行います。30分間隔で運転されている時間帯の「ライラック」2本を臨時列車化します。ゴールデンウィークやお盆、年末年始などの繁忙期に限り運転します。2021年3月のダイヤ改正で休日のみの運転とした「カムイ」4本については、運転日の更なる縮小を考えます。

 札幌圏については、通勤通学客の減少する休日に普通列車10本程度を運休させます。札沼線では日中や夕方の運転本数や編成両数を見直し、動力の削減を図ります。札幌圏以外の普通列車の見直しも行います。函館線岩見沢-旭川間、室蘭線苫小牧-岩見沢間、日高線、根室線新得-池田間、宗谷線旭川-名寄間で減車を行います。函館線岩見沢-旭川間で減車するということは、電車(3両ないと走ることができない)をディーゼルカーに置き換えるのでしょうか? 函館線函館-森間では減車及び休日の運休を行います。減車や休日運休は合計20本程度行います。駅の廃止も行います。根室線釧路-根室間で1駅(糸魚沢)、宗谷線1駅、函館線5駅(池田園、流山温泉、銚子口、石谷、本石倉)の合計7駅を廃止する方向です。地元自治体と協議中です。

 これらの施策により、動力費が年間約7000万円、駅の維持費用が年間約1000万円、合計約8000万円の経費が削減されると見込んでいます(人件費や清掃費については精査中)。
(参考:JR北海道ホームページ https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20210915_KO_3.pdf、北海道新聞ホームページ https://www.hokkaido-np.co.jp/article/589583、https://www.hokkaido-np.co.jp/article/590545)

| | | Comments (0)

自治体管理駅の歌内、1年で廃止

 宗谷線の駅を中心に、維持管理費などを自治体が全て負担する、自治体管理駅というものがあります。中川町にある歌内もそのひとつ。年間100万円をかけて中川町が維持します。しかしその歌内、自治体管理駅になってたったの1年、2022年春のダイヤ改正に合わせて廃止されます。

 自治体管理駅が廃止になるのはこれが初めてですが、なぜでしょうか? それは、歌内を利用する人について、隣の天塩中川まで中川町が助成してタクシーで送迎できる目途が立ったためです。天塩中川まで約3000円のタクシー代の大半を町が負担したとしても、駅の維持費用に比べると安いのです。元々自治体管理駅にしたのは一時的なつなぎだったのでしょうか?

 なお、佐久も中川町が管理する駅なのですが、こちらは2022年度も存続します。ただ、こちらも永久に存続するわけではなく、今後の利用状況、宗谷本線活性化推進協議会の議論、そして地域との協議によって決まっていくようです。
(参考:北海道新聞ホームページ https://www.hokkaido-np.co.jp/article/582983、レスポンスホームページ https://response.jp/article/2021/08/30/349013.html、タビリスホームページ https://tabiris.com/archives/utanai/)

| | | Comments (0)

道内の貨客混載、バスは苦戦

 列車、バス、タクシーの空きスペースを使って荷物を運ぶ貨客混載。北海道でも貨客混載を行っているところはたくさんあります。内訳は鉄道が北海道新幹線を含んで3区間(いずれもJR北海道)、バスが11社17区間(11社には自治体が運営しているものも含みます)、タクシーが5社5地域です(飲食の宅配を除きます)。ところが、その全25区間、地域のうち、半分を超える13区間が実質的に休止状態です。すべてバスです。バスで今も貨客混載を行っているのは、十勝バス、北海道北見バス、士別軌道、ふらのバスの4社4区間のみです。

 なぜバスだけが苦戦しているのでしょうか? 先ほども述べたとおり、バスで休止しているのは13区間ありますが、占冠村営バス以外は運ぶ荷物がなく、宅配便会社からの委託がなくなったのです(ちなみに占冠村営バスは新型コロナウイルスの巣ごもり需要で荷物が増えすぎたのが休止の原因だそうです)。残っている4区間もあまりよくありません。荷物の多い路線はそれだけ客も多く、客席をつぶしてまで荷物を運ぶ必要はありません。バス会社に荷物を委託しているヤマト運輸は、運行ダイヤや荷物量を考えながら、適切なものになるよう、改善を図る方針です。

 逆にタクシーが好調な理由は、運行経路やダイヤの制約がないこと。待ち時間を有効活用し、1日10~50個の荷物を運びます。経営の助けになっているタクシー会社もあるようです。JR北海道も具体的な数字は挙げていませんが、好調なようです。
(参考:北海道新聞ホームページ https://www.hokkaido-np.co.jp/article/578091)

| | | Comments (0)

根室線の一部普通列車で車内販売

 100年前の8月5日、鉄道が根室に達し、根室線が全線開通しました。JR北海道は、その根室線(釧路-根室間)の全通100周年に合わせて、一部普通列車で車内販売を行います。

 車内販売を行うのは、8月5日から9月30日までの間。主に利用者の多い土曜日を中心に車内販売を行います。8月5~6日が釧路行き快速「はなさき」の根室(11:03発)と厚床(11:50着)の間、8月7~9日、14~15日、21~22日、28~29日、9月4日、11日、18~20日、23日、25日が釧路行き快速「はなさき」の根室(11:03発)と厚床(11:50着)の間と、根室行き快速「ノサップ」の厚床(12:40発)と根室(13:22着)の間です。好調ならば10月以降も継続します。

 車内販売では、販売ワゴンを用いて、根室市、別海町、浜中町、厚岸町の物産品などを販売します。弁当やアイスクリームも売っています。またアイスコーヒーやグッズの販売も行います。なお、車内販売は、根室市の有限会社汐彩が行います。車内販売自体、汐彩の提案により始まったようです。汐彩は水産物加工の会社のようで、車内販売でも自社の珍味を販売します。

 また、話は変わりますが、8月5~8日の4日間、釧路-根室間の普通列車1往復(釧路13:26発根室行き、根室16:12発釧路行き)に、キハ22形の復刻塗装を施したものが充てられます。2色塗りの一般色で走ります。

(追記)
 根室線釧路-根室間の車内販売は10月、11月も行います(12月以降は休業します)。毎週土曜日に1日1往復で行います。
(参考:JR北海道ホームページ https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20210802_KU_hanasakisyanaihannbai.pdf、jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20210804_KU_Hanasakisyunen.pdf、https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20210922_KU_HanasakiShiosai.pdf、Yahoo!ニュース https://news.yahoo.co.jp/articles/391f3eaa3381f1e4b30ed1048324b2ce4c9cea18)

| | | Comments (2)

根室線富良野-新得間、バス転換容認か?

 根室線の富良野-新得間はかつて道央と道東とを結ぶ幹線の一部として、特急列車なども走っていました。しかし石勝線の開業により幹線ルートから外れ、利用者は激減しています。しかも、この区間の一部は2016年8月の台風被害で不通となっています。JR北海道は復旧工事を行わず、バスを走らせています。

 沿線自治体はこれまで鉄路の復旧と全区間の存続を求めてきましたが、利用者が少ないという事実には変わりはありません。しかも、JR北海道から、鉄路で存続するには年間10.9億円の維持費を負担することを求められました。そこで沿線7市町村(滝川市、赤平市、芦別市、富良野市、南富良野町、新得町、占冠村)からなる根室本線対策協議会は6日、バス転換も視野に入れてJR北海道と協議を行うことにしました。

 富良野-新得間の状況を考えればバス転換は受け入れざるを得ないでしょう。
(参考:朝日新聞ホームページ https://www.asahi.com/articles/ASP7672J3P76IIPE004.html、毎日jp https://mainichi.jp/articles/20210707/k00/00m/020/016000c)

| | | Comments (0)

JR北海道、10月に周遊列車「HOKKAIDO LOVE! ひとめぐり号」を運転

 通常の列車にも観光用の列車にも使える「はまなす」、「ラベンダー」編成。10月にこの車両を使った周遊列車が北海道を走ります。

 出発は10月1日、9日、15日、22日の4回。1日のみが「ラベンダー」編成で、残りの3回は「はまなす」編成です。4回とも3泊4日のスケジュールで道東方面を回ります。札幌を出て、帯広、釧路、網走、旭川を回って札幌に戻るコースなので、THE ROYAL EXPRESSと同じルートをたどることになります。

 ただ、今のところ、詳細は分かりません。詳しくは6月29日に販売方法等についての発表がなされるとのことです。

(追記)
 10月に走る「HOKKAIDO LOVE! ひとめぐり号」は全てツアー形式で行われます。一部は札幌発着の設定もあります。
(参考:JR北海道ホームページ https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/210616_KO_Torikumi.pdf、https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/210629_KO_JAL_JTB_JR_hitomeguri.pdf)

| | | Comments (0)

新幹線の予約状況からタクシーの台数を決める

 本州の北の端にある龍飛崎。新幹線で最寄りの奥津軽いまべつからは、鉄道とバスを乗り継いでいくことになります。

 ところが、奥津軽いまべつで乗り換えて乗る在来線の鉄道は、津軽線。本数は極めて少ないです。2019年の夏から、「はやぶさ1号」(奥津軽いまべつ10:07着)に合わせて臨時列車を走らせてきました。2021年も7月の休日と、8月21日から9月までの休日に走らせますが、臨時列車なので毎日走るわけではありません。そこで臨時列車が走らない日(8月1日、7~15日)について、奥津軽いまべつから龍飛崎方面に乗合タクシーを走らせることにしました。乗合タクシーは奥津軽いまべつを10:20に出て、龍飛崎には11:00ごろに着きます。奥津軽いまべつから臨時列車に乗り換えた場合、龍飛崎には11:33に着きます(三厩からは町営バス)。30分も早く着くのです。なお、乗合タクシーを走らせるのは、奥津軽いまべつ-津軽中里間で予約制乗合タクシーを運行している、有限会社奥津軽観光です。

 さて、タクシーの台数はどうやって決めるのでしょうか? 「はやぶさ1号」に乗って奥津軽いまべつで降りる人のデータから判断するのです。新幹線の予約状況から乗合タクシーの利用人数を予測します。何台にするか、小型を使うのかジャンボタクシーを使うのかということを予測します。このように新幹線の予約状況を活用するのは、これが2回目です(1回目は米沢で行いました。2021年3月のことです)。

 乗合タクシーの運賃は大人、子供ともに500円。乗車時に現金で払います。また、乗合タクシーは往路のほか、復路(龍飛崎14:30発、奥津軽いまべつ15:00ごろ着。奥津軽いまべつ15:35発の「はやぶさ34号」に接続)も運行されますが、往路を利用した人しか乗ることができません。往路は途中で下車することもできますが(乗車はできません)、復路は龍飛崎から乗って奥津軽いまべつで降りるだけで、途中での乗降はできません。
(参考:JR東日本ホームページ https://www.jreast.co.jp/press/2021/morioka/2021609_mr12.pdf)

| | | Comments (0)

より以前の記事一覧