トマム駅で「QRコード乗車駅証明書」を手に入れたら、目的地の駅で精算できる

 無人駅で切符を持っていない場合、駅で乗車駅証明書を取ってから乗ります。運賃は車内や目的地の駅で精算します。

 ところがJR北海道は1月21日からトマム駅において、スマートフォンから「QRコード乗車駅証明書」を手に入れたら、目的地の駅の精算機で自動精算できるサービスを行っています。JRグループでは初めての試みです。

 どうやって使うのでしょうか? (1)まずトマム駅の待合室に掲示されているポスターなどから専用のページにアクセスします。人数や行先を入力して「QRコード乗車駅証明書」を手に入れます。専用のページ、「QRコード乗車駅証明書」、そして後述する精算機は日本語のほか英語、中国語(繁体字、簡体字)、韓国語に対応しています。 (2)列車は自由席にのみ乗ることができます(グリーン車や指定席の場合はあらかじめ「みどりの窓口」等で切符を買っておく必要があります)。車内での改札があれば、車掌に「QRコード乗車駅証明書」を見せる必要があります。 (3)精算は札幌駅、新千歳空港駅、南千歳駅で行います。この3駅に設置している精算機に、「QRコード乗車駅証明書」をかざし、画面の指示に従って切符を買って、改札を出ます。

 トマム駅は新型コロナウイルスで海外からの客がいない今はともかく、それまでは海外からの客もいました。またトマム駅のある区間は特急しかなく、利用すると高額の運賃や料金がかかります。改札をする車掌の負担もかかります。もちろんJR北海道は以前から、トマム駅に行く場合は出発地で往復の切符を買うことを求めていましたが、全ての客をカバーすることができません。そこでこのようなアイデアが出たのでしょう。最終的には無人駅から出発する場合でも、事前にインターネットで切符を買ってもらうのが望ましいのでしょうが。
(参考:JR北海道ホームページ https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20210120_KO_tomamuQR%20.pdf)

| | | Comments (0)

留萌線、高校生の部活用にバスを運行

 3月13日のダイヤ改正では、留萌線も減便されます。

 留萌線は3便減るのですが、そのうちのひとつが深川19:22発の留萌行き。JR北海道はこの普通列車を廃止する代わりに代替バスを走らせるようです。

 なぜ代替バスを走らせるのでしょうか? それはこの列車が、高校生の部活帰り用に使われているからです。この列車を廃止すると、次の列車は約50分後の深川20:13発。最終列車です。このことを北海道は問題視し、JR北海道は代替バスを走らせることにしたのです(JR北海道に対して代替バスの運行経費を出したという話はないようです。いつも通り、口だけのようです)。

 「それなら廃止しないほうがよかったのでは?」とお思いの人もいるかもしれませんが、高校生のための列車ということは、留萌まで走らせる必要がありません。通学利用があるのは石狩沼田までで、石狩沼田までカバーすればそれで足りるのです。深川-石狩沼田間の区間列車を走らせることができたらいいのですが、時刻表を見てもそのような列車がないので、設備の都合上、対応できないのでしょう。廃止の話のある路線に設備投資をするより、バスを走らせるほうが安かったのでしょう。

 留萌線は特急や貨物列車がなく、国境近くを走る特殊な路線ではありません。純粋に地元のためだけの路線で、国のお金を投入する必要はありません。北海道や沿線市町(留萌市は廃止を容認していますから、対象は深川市など1市2町です)が赤字分を負担するならともかく、そうでない限りは廃止はやむを得ないというのが正直なところです。バスで高校生の通学の都合に合わせたきめ細かなルートを走るほうが良さそうです。
(参考:北海道新聞ホームページ https://www.hokkaido-np.co.jp/article/507932、https://www.hokkaido-np.co.jp/article/508614、https://www.hokkaido-np.co.jp/article/513692)

| | | Comments (0)

音威子府駅の駅そば、店主が亡くなったため閉店

 音威子府駅はかつて天北線が分岐していたこともあり、宗谷線の主要駅として知られています。

 その音威子府駅で戦前から続いてきた駅そばの店は、常磐軒。以前はホームに店がありましたが、天北線が1989年に廃止されると、店は駅舎の中に入るようになりました。常磐軒は、そばの実の甘皮ごと挽いた黒っぽい音威子府そばを使い、鉄道ファンやそばファンに人気でした。音威子府駅は特急停車駅であるにもかかわらず1日の乗降客数は50人もいません。しかし、車で訪れる客もいて、多いときには1日200杯近く売れることもあったようです。

 ところが、この常磐軒の駅そばをもう、食べることができません。3代目となる店主が7日に亡くなり、翌日の8日に店が閉店することになったのです。もともと新型コロナウイルスの影響で2020年2月から臨時休業していて、復活しないまま閉店することになってしまったのです。
(参考:朝日新聞ホームページ https://www.asahi.com/articles/ASP295JX8P29IIPE002.html)

| | | Comments (0)

「THE ROYAL EXPRESS」の2本目ができる?

 東急が伊豆で走らせている「THE ROYAL EXPRESS」。2020年と2021年の夏に北海道を走らせます。

 ただ、本来伊豆で走らせる車両を北海道で走らせるので、当然ながらその間は伊豆で走らせることができません(もっとも、繁忙期の夏は定員の少なさから「THE ROYAL EXPRESS」を伊豆で走らせることができないようですが)。北海道に持って行くためにもいろいろ改造しないといけないこともあります。そこで東急サイドは、北海道で恒常的に走らせるため、「THE ROYAL EXPRESS」を増備することも考えているようです。

 東急が北海道に専属の観光列車を走らせるのは純粋に民間企業としての判断でしょうが、調子に乗るものもいます。それは北海道。JR北海道には厳しい経営が続き、新型コロナウイルスがさらに追い打ちをかけています。さすがにこのままではいけないので、国はJR北海道に対して支援を打ち出し、2021年度からの3年間で1300億円余りの財政支援を行うこととしています。北海道もこれに対応するかたちで地元自治体としての支援を行うのですが、やはり大したものではありません。観光列車をつくり、JR北海道に運行させるのです。単独で維持が難しいとされている8つの区間を中心に運行させるのです。観光列車は第三セクターの北海道高速鉄道開発が所有します。普通列車を観光列車用に改造した車両を所有するようです。

 ただ、これは愚策です。観光列車を走らせても利用促進にはつながらないのです。観光客は使ってくれるでしょうが、地元の人の利用にはつながりません。札幌などの主要都市に行くときに使ってくれないと意味がないのです。車ではなく鉄道を使ってみようと思わせるような高速化などの設備投資にお金を使わないと地元の人の利用にはつながりません。無理に遅い普通列車を使う必要はなく、札幌などの都市に行くときにたまに鉄道を使うぐらいの努力で解決するのです。

(追記)
 北海道は、22億円を出して特急1編成と観光列車用の普通列車8両を買い取ります。特急の1編成は「ラベンダー」編成です。国も同額の22億円を出しますが、沿線自治体の負担はないようです。
(参考:東洋経済ONLINE https://toyokeizai.net/articles/-/401672?page=3、NHKホームページ https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20210123/7000029719.html、https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20210218/7000030843.html、日本経済新聞ホームページ https://www.nikkei.com/article/DGXZQOFC228M20S1A120C2000000、Yahoo!ニュース https://news.yahoo.co.jp/articles/3f708427c5866db17b7170e2af121664c6b4a885、UHBニュースホームページ https://www.uhb.jp/news/single.html?id=18328)

| | | Comments (0)

新千歳空港-旭川間に直通列車構想

 JR北海道と北海道エアポート(道内7空港の運営を行う会社)は、新千歳空港と旭川を結ぶ直通列車の構想を持っています。

 かつて2016年までは新千歳空港と旭川を札幌経由で結ぶ列車が走っていましたが、今回の構想ではルートが異なります。札幌を通らず、追分を経由するのです。

 追分経由のいいところは、札幌経由よりも速くなるということ。かつて新千歳空港と旭川を結ぶ直通列車は2時間程度で走っていました。現状だと札幌で乗り換える必要があるので、さらにかかります。しかし、追分経由だとディーゼルカーになりますが、速くなるようです。本当なのかよくわかりませんが、1時間30分程度で走ることができる、という話もあります。

 北海道エアポートは2025年以降に旭川空港の施設改修などが本格化するので、そのときに直通列車を走らせたいとのことです。そもそも、現在の新千歳空港に快速「エアポート」以外の列車を入れる余地はないので実現するとしても、駅が移転して、南千歳で折り返さなくても追分に行くことができるようになってからの話だと思われます。
(参考:北海道新聞ホームページ https://www.hokkaido-np.co.jp/article/497759)

| | | Comments (0)

2021年3月ダイヤ改正発表(1)(JR北海道、JR東日本新幹線等、北陸新幹線)

 12月18日、JR各社から2021年3月ダイヤ改正についての発表がありました。ダイヤ改正日は2021年3月13日、今から何回かに分けてダイヤ改正の概要を書いていきます。

 JR北海道のダイヤ改正の内容は、以前にも書いたとおりです。在来線の特急や札幌圏を含む普通列車等が減便されるなど、明るい話題の少ないダイヤ改正です。そのほか、詳しくは後で述べますが、東北新幹線上野-大宮間の最高速度引き上げに伴い、北海道新幹線も一部列車で所要時間が短縮されます。東京-新函館北斗間の所要時間が1分短縮され、最速3時間57分となります。これに伴い、「はこだてライナー」2本の時刻も見直され、東京-函館間の所要時間が1分短縮されます。

 東北新幹線東京-大宮間はフル規格新幹線であるにもかかわらず最高速度が110キロに抑えられていましたが、このダイヤ改正から埼玉県内において時速130キロ運転を行います。これに伴い、東北、北海道、上越、北陸の各新幹線で所要時間が1分短縮されます。東京からの所要時間(最速)は仙台が1時間30分(上りは1時間29分)、新潟が1時間36分(上りは1時間38分)、金沢が2時間27分です。

 上越新幹線にはE7系の増備が進みます。「とき」は4往復から8往復に、「たにがわ」は1往復から3往復に増えます。E7系はさらに増備され、2019年の水害の影響により当初の予定より少し遅くなりましたが、2021年秋ごろにはE4系の運転を終える予定です。

 運転を取りやめる列車もあります。東京-新青森間を走る「はやぶさ37号」、「はやぶさ20号」は、運転を取りやめます。上野18:52発の「たにがわ473号」は休日運休となります。高崎7:17発の「たにがわ474号」は高崎6:31発の「たにがわ472号」になり、行先も東京に延長されます。北陸新幹線では、「つるぎ」の一部が平日のみの運転になったり、休日中心の運転になったりします。

 「グランクラス」のうち、東京-盛岡、新青森、新函館北斗間の「はやて」、東京-盛岡間の「やまびこ」について、専任アテンダントによる飲料、軽食等サービスを取りやめます。「かがやき」や「はくたか」の一部列車では、車内販売を終了します。在来線特急の「いなほ」、「かいじ」の全ての列車で車内販売を終了します。
(参考:JR北海道ホームページ https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20201218_KO_Daikai.pdf、JR東日本ホームページ https://www.jreast.co.jp/press/2020/timetable/、https://www.jreast.co.jp/press/2020/20201218_ho04.pdf、JR西日本ホームページ https://www.westjr.co.jp/press/article/items/201218_00_daiyakaisei.pdf)

| | | Comments (0)

国交省、JR北海道への財政支援を2021年度以降も継続へ

 2020年度まで国から2年間で約400億円の財政支援を受けているJR北海道。しかし、この財政支援は2020年度までなので、このままでは2021年度以降、何の支援も行われないこととなってしまいます。

 もちろん、支援なしにJR北海道が生き延びることはできません。そこで国交省は2021年度以降も支援を続けることにしました。支援期間や金額については今後決めますが、金額が現在の1年当たり200億円から増える可能性もあります。同じように経営状況が厳しいJR四国についても引き続き支援対象に含め、必要な法律の改正案を2021年1月開会予定の通常国会に提出します。

 もっとも、国が支援するだけではいけません。地元自治体の支援も必要です。それについて鈴木北海道知事は、赤字補填名目での財政支援をしないことを明言しています。設備投資目的の補助金でもいいので、地元が負担する姿勢を見せることが大事でしょう。
(参考:朝日新聞ホームページ https://www.asahi.com/articles/ASNDD6CVFNDDIIPE00J.html)

| | | Comments (0)

JR北海道の2021年春ダイヤ改正の続報

 JR北海道の2021年春ダイヤ改正の内容が厳しいものであるということは以前の記事で書きましたが、その続報です。

 まず最初に減便等の内容をまとめておきますと、特急の運転取りやめを行うものが「北斗」2本、閑散期の一部平日に運休する者が「北斗」2本、「大雪」4本、「サロベツ」2本の合計8本、休日のみの運転になるのが「カムイ」4本です。普通列車で運転を取りやめるのが札幌圏の普通7本、その他の普通13本です。休日運休になるのが快速「エアポート」6本と札幌圏の普通7本です。

 それでは、細かく見ていきましょう。「北斗」は上下とも最終の「北斗23号」、「北斗24号」の運転を取りやめます。最終の「北斗」の発車時刻は、下りが函館18:48発(「北斗21号」)、上りが札幌18:46発(「北斗22号」)と現行より1時間強繰り上がります。また、「北斗5号」、「北斗14号」については、閑散期の4月、10月、11月の水、木曜日に運休します。年間30日程度の運休です。なお、7両編成だった「北斗」は5両に短縮されます。

 「カムイ」は「カムイ9号」、「カムイ29号」、「カムイ28号」、「カムイ42号」の4本が休日や多客期のみの運転となります。年間230日程度運休します。1時間に1本しか走らない時間帯が増えるのです。

 「大雪」は4本とも閑散期の4月、5月、10月、11月の火、水、木曜日に運休します。年間50日程度の運休です。「サロベツ」は「サロベツ3号」、「サロベツ4号」の2本が閑散期の4月、5月、10月、11月の火、水、木曜日に運休します。年間30日程度の運休です。「おおぞら」については減便はありませんが、6両編成が5両に短縮されます。

 札幌圏の普通列車で運転を取りやめるのは、小樽方面が3本、苫小牧方面が4本です。札幌圏以外で運転を取りやめるのは、函館線(滝川-旭川間)1本、留萌線3本、根室線6本(滝川-新得間2本、新得-帯広間3本、帯広-釧路間1本)、宗谷線2本です。休日に運休するのは、快速「エアポート」6本、小樽方面や岩見沢方面の普通合わせて5本、札沼線2本です。

 ただ、普通列車でもうれしい話はあります。札沼線札幌-あいの里公園・石狩当別間の一部列車を北海道医療大学まで延長します。10本が延長され、札幌-北海道医療大学間の本数は66本になります。H100形が追加投入されます。30両が投入され、苫小牧-室蘭間は66本中43本がH100形となります。東室蘭-長万部間は20本全てがH100形となります。旭川-名寄間は37本中34本がH100形となります。旭川-上川間は23本中2本がH100形となります。H100形が追加投入される線区はスピードアップがなされ、駅が大量に廃止になる(後で述べます)宗谷線ではほかに接続改善もなされ、札幌-名寄間で30分短縮されるケースも出ています。

 駅は18駅が廃止されます。函館線の伊納、宗谷線の南比布、北比布、東六線、北剣淵、下士別、北星、南美深、紋穂内、豊清水、安牛、上幌延、徳満、石北線の北日ノ出、将軍山、東雲、生野、釧網線の南斜里です。また、沿線自治体から駅管理のための費用や人的支援をもらうのが、宗谷線の蘭留、塩狩、日進、智北、恩根内、天塩川温泉、咲来、筬島、佐久、歌内、問寒別、糠南、雄信内、南幌延、下沼、兜沼、抜海、石北線の瀬戸瀬です。無人駅になるのが音別です。

 これらの施策により、年間約6.2億円の経費節減ができます。内訳は減便や減車によるものが年間約5.7億円、駅の見直しが年間約0.5億円です。
(参考:JR北海道ホームページ https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20201209_KO_kaisei.pdf)

| | | Comments (0)

「地域共通クーポン」でJR北海道1日乗り放題2000円

 「Go To トラベル」の「地域共通クーポン」で、鉄道会社のフリー切符を買うことができるところがあります。「地域共通クーポン」専用のお得な切符です。

 JR北海道も「地域共通クーポン」専用のお得な切符を売っています。「Go To HOKKAIDO 乗り放題パス」です。利用期間、発売期間ともに10月23日から2021年2月1日まで(ただし、購入する人の持っている「地域共通クーポン」の有効期間内に限ります)です。値段は大人2000円、子供1000円で、「Go To HOKKAIDO 乗り放題パス」1枚につき1000円以上の「地域共通クーポン」(利用エリアに北海道が記載された紙クーポンに限ります)が必要になります。つまり、大人の場合は「地域共通クーポン」2000円のほか、「地域共通クーポン」1000円と現金1000円(クレジットカード等、現金以外との併用はできません)の組み合わせでもいいのです。JR北海道の主要駅で発売しています。有効期間は1日限りです。

 それでは、「Go To HOKKAIDO 乗り放題パス」の内容はどのようなものでしょうか? 北海道内の普通、快速列車の普通車自由席が乗り放題となります。座席指定券を買えば、普通車指定席にも乗ることができます。ただし、特急列車は利用できません。特急に乗る場合は、特急券だけでなく、乗車券も必要になります。つまり、特急しかない石勝線の扱いはよくわかりませんが、「青春18きっぷ」みたいなものです。なお、この「Go To HOKKAIDO 乗り放題パス」は「地域共通クーポン」を使う特殊な切符のため、利用日の変更や運行不能時以外での払い戻しはできません。

 また、函館付近のJR、函館バス、函館市電、道南いさりび鉄道が乗り放題となる「Go To はこだてパスポート」というものもあります。
(参考:JR北海道ホームページ https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20201016_KO_goto.pdf)

| | | Comments (0)

JR北海道の2021年春ダイヤ改正はかなり厳しい

 新型コロナウイルスの影響でJR北海道の利用は大きく減っています。「Go To トラベル」などによる鉄道利用の促進策には期待しているものの、都市間輸送はインバウンドにも多く利用されていたため、海外からの観光客は期待できません。テレビやWeb会議の普及などによりライフスタイルが変化し、出張などのビジネス需要や夜間の利用減少は今後も続くとJR北海道は考えています。そこで、JR北海道は2021年春のダイヤ改正において、減便を行うこととしました。

 どうなるのでしょうか? 札幌-函館間の「北斗」は現在24本走っていますが、これを定期20本+臨時2本にします。夜間の利用の少ない上下1本の取りやめを考えています。経費の節減や夜間の保守作業間合いの拡大ができるようになります。また、上下1本ずつを臨時列車とします。年間30日程度運休します。札幌-旭川間の「カムイ」、「ライラック」は現在48本走っていますが、これを定期44本+臨時4本にします。臨時列車は休日や繁忙期など利用の多い日に走らせます。年間230日程度運休します。旭川-網走間の「大雪」は4本とも臨時列車になります。年間50日程度運休します。札幌に直通する「オホーツク」は4本とも定期列車のままです。旭川-稚内間の「サロベツ」は現在4本走っていますが、これを定期2本+臨時2本にします。年間30日程度運休します。「カムイ」、「ライラック」を除いては年間30~50日程度の運休に留まりますが、それでも臨時列車になると、使いづらくなります。そのうち運休日が増えることになると思われます。なお、現在7両で走っている「北斗」、6両で走っている「おおぞら」は5両編成になり、需要が多いときは増結で対応します。

 減るのは特急ばかりではありません。普通列車も減ります。札幌圏では、10本程度の列車の見直しを行います。また、10本程度の列車については休日運休にします。札幌圏以外でも、利用の少ない列車の見直しを行います。対象は函館線滝川-旭川間、留萌線、石北線、宗谷線(旭川-名寄間)、根室線(滝川-新得間、新得-帯広間)です。利用者の少ない駅は廃止になります。36駅について廃止または自治体による維持管理への移行を関係する沿線自治体と協議します。18駅程度が廃止されることになります。

 これらの施策により、年間約5.5億円の経費節減ができます。内訳は減便や減車によるものが年間約5.0億円、駅の見直しが年間約0.5億円です。

 暗い話が続きましたので、ひとつぐらい明るい話にしましょう。札沼線に新駅ができるのです。新駅のできる場所は、以前にもがあったあいの里公園-石狩太美間。ロイズふと美工場の近くに、当別町と株式会社ロイズコンフェクトの請願駅としてつくります。新駅は1面1線の無人駅で、6両に対応するホームを設けます。当別町がつくる駅前広場には、バス、タクシー、一般車の乗降場、パーク&ライド駐車場、駐輪場、トイレを設けます。新駅は2022年4月に開業するようです。北海道内での在来線の新駅は、2002年の函館線流山温泉以来、20年ぶりということになります。

(追記)
 ロイズの工場の近くにできる新駅ですが、株式会社ロイズコンフェクトがお金を出すことから、企業名のロイズが駅名につくようです。また、同じ当別町にある石狩太美、石狩当別の両駅は駅名から石狩を抜く予定だそうです。
(参考:JR北海道ホームページ https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20201014_KO_kaisei.pdf、https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20201014_KO_New%20station.pdf、北海道新聞ホームページ https://www.hokkaido-np.co.jp/article/470409、日本経済新聞ホームページ https://www.nikkei.com/article/DGXZQOFC027J70S1A200C2000000/)

| | | Comments (0)

より以前の記事一覧