日本ハム新球場への運行計画について

 2023年3月に北広島市にオープンする新球場、「エスコンフィールドHOKKAIDO」。北海道日本ハムの本拠地になるので、試合開催時には多くの観客で混雑します。満員の35000人の入場があった場合、39%の13500人が鉄道を利用すると想定されています。そのうち、札幌方面には11500人です。そこでJR北海道は、最寄り駅の北広島の改修を行い、ナイトゲーム開催時の運行計画の検討を行ってきました。

 北広島の改修内容は以下の通りです。札幌方面のホームの延伸を行いました。このうち、4番線について、デーゲーム開催時は15時以降、ナイトゲーム開催時は20時以降発着する全ての列車の停車位置を4両分後ろにして、3番線に停車する列車とずらします。また、北広島には札幌方面、千歳方面の両方にエレベータがありますが、エレベータには改札がありません。駅係員に言って利用する必要がありました。そこでエレベータへの入口に自動改札機を設置して、エレベータを利用しやすくします。すでにホームの延長とエレベータ改札は12月25日から供用を開始しています。

 以前にも簡単に書きましたが、ナイトゲーム開催時には、臨時列車の運転等を行います。21時から23時の間に約30分間隔で、北広島始発の札幌行きの臨時快速列車を6本走らせます。このうち5本はすでにダイヤが決まっていますが、残り1本は試合終了時刻に合わせて運転します。6本とも全車自由席で、新札幌と白石に停車します。本来、北広島を通過する特別快速「エアポート」2本が北広島に臨時停車します。また、北広島を20時以降に出る札幌行き列車については、全て6両編成で運転します。
(参考:JR北海道ホームページ https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/221214_KO_BP_access.pdf、NHKホームページ https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20221226/7000053794.html)

| | | Comments (0)

2023年3月ダイヤ改正発表(1)(JR北海道)

 12月16日、JR各社から2023年3月ダイヤ改正についての発表がありました。ダイヤ改正日は2023年3月18日、今から何回かに分けてダイヤ改正の概要を書いていきます。

 現在、183系で運転している「オホーツク」、「大雪」については、283系で運転します。指定席2両、自由席1両の3両編成で(利用状況により、増結を行うこともあります)、グリーン車はありません。283系への置き換えによって札幌-網走間の所要時間が平均2分短縮されます。「ライラック3号」、「ライラック5号」の時刻を繰り上げ、「ライラック3号」は札幌7:49発から7:12発に、「ライラック5号」は札幌8:30発から8:00発になります。

 札幌圏では北海道ボールパークFビレッジの開業に伴い、普通列車の編成本数を見直します。ナイトゲームの終了に合わせて臨時列車を運転することができるよう、ダイヤを見直します。詳細は別記事で書きます。快速「エアポート」など7本の列車について、休日運休を取りやめ、毎日運転とします。朝に手稲から札幌に3本、「ホームライナー」を走らせていますが、全車指定席の毎日運転とします。これまでは100円の乗車整理料金でよかったのですが、ダイヤ改正後は普通車が530円、グリーン車が780円必要になります。ただし、「えきねっと」のチケットレス座席指定券なら、普通車210円、グリーン車310円です。ただ、手稲の専用券売機でしか買えなかったのですが、事前に予約できます。

 H100形は、富良野線にも投入されます。38本全てがH100形になります。5月20日には室蘭線で737系が投入されます。そのときには室蘭線室蘭-苫小牧間の多くの普通列車の時刻を変更する予定です。

 今回のダイヤ改正では、日高線の浜田浦が廃止され、釧網線の細岡が季節営業になります。4月25日から11月30日までの営業となります。また、室蘭線の737系投入を含めて、今回のダイヤ改正の経費節減効果は年間約8600万円です。
(参考:JR北海道ホームページ https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/221216_KO_kaisei.pdf、https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/221216_KO_homeliner.pdf)

| | | Comments (0)

JR北海道、除雪時間確保のため、週末の深夜便等運休

 この2月の大雪で、札幌近郊の列車も運休するものが相次ぎました。そこでJR北海道は、2023年の1月と2月、土曜日の深夜と日曜日の早朝の5本を運休させて、除雪時間を確保することにしました。

 作業を行うのは、2023年1月7~8日、14~15日、21~22日、28~29日、2月4~5日、11~12日、18~19日、25~26日です。いずれも土曜日の深夜から日曜日の早朝にかけて行います。運休する列車は土曜日の深夜が函館線手稲→小樽間1本、千歳線札幌→千歳間1本、札沼線札幌→当別間と札幌→あいの里公園間各1本。日曜日の早朝が函館線小樽→手稲間1本です。これにより最終が最大約50分繰り上がり、始発が約15分繰り下がることになります。この措置により、線路や駅構内での夜間の除雪時間が現行より1時間近く多く確保することができ、線路や駅構内に貯まった雪の除雪作業を集中して行うことができるようです。

 なお、降雪状況によっては運休する列車がさらに増えることもあります。
(参考:朝日新聞ホームページ https://digital.asahi.com/articles/ASQCJ5R9JQCJULFA01B.html、JR北海道ホームページ https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/221116_KO_Snow.pdf)

| | | Comments (0)

貨物専用線になっても旅客運行を求める?

 北海道新幹線新函館北斗-札幌間が開業すると、並行する在来線はJRから分離されます。今までなら第三セクターになるところですが、北海道の場合は極めて需要が少ないことから、函館-長万部間もごく一部の区間を除いてバスに転換されるようです。

 しかし、この区間を考える上で忘れてはならないのが、貨物輸送の問題。貨物のことを考えると、線路を剥がすわけにはいきません。貨物列車は沿線のためにあるのではなく全国のためにあるので、新幹線上に貨物列車を走らせる技術が確立されるまでは国のお金で貨物線となった函館線を維持することはやむを得ないでしょう。

 ところが、朝日新聞が沿線自治体の首長にアンケートしたところ、一部区間を除いて貨物専用線となる函館線なのに、駅の存続を求めている自治体があります。貨物を取り扱うのではありません。観光や通学のために駅を残したいといい、中には具体的な駅名を挙げているところもあります。

 並行在来線の負担を国が行うのは、あくまでも国全体への影響が大きい貨物のためであり、ローカル輸送のためではありません。国のお金でバスで十分な程度のローカル輸送を維持させるのは間違っています。新函館北斗-長万部間の鉄路が残るのはあくまでも貨物のためで、ローカル輸送のためではありません。普通列車が欲しければ従来通り第三セクターの枠組みで対処するしかないでしょう。
(参考:朝日新聞ホームページ https://digital.asahi.com/articles/ASQCH6KG2QCGIIPE004.html)

| | | Comments (4)

山線の代替バスは高速バスからデマンドバスまで

 北海道新幹線が開業すると、長万部-小樽間もバスに転換されます。長万部-小樽間は約140キロもあるので、以前にも書いたように、長万部-黒松内、黒松内-倶知安、倶知安-余市、余市-小樽の4区間に分けて考えています。

 基本的に、代替バスは既存のバス路線に沿って設定されています。バス路線がない黒松内-蘭越間は新たに路線を設定します。バスは国道5号線に沿うため、駅が国道から外れている銀山(仁木町)については、町営バスが国道上のバス路線までつなぎます。塩谷(小樽市)については、小樽駅前とを結ぶ既存のバス路線(日中でもほぼ1時間に2本の割合で走っています。7時台の小樽駅前行きは5本もあります)の半分を乗り入れさせます。ただ、駅そのものが宿泊施設となっている比羅夫(倶知安町)についてはそのような配慮が見当たりません。バスが駅前に来ない危険性もあります。

 バスの車両についてはノンステップバス、電気バス、リフト付きバスを導入する方針ですが、場合によっては7~10人乗りのジャンボタクシーを使った、デマンドバスになるところもあります。長万部-小樽間のある後志地域は人口が減少傾向にあり、北海道新幹線が札幌まで延伸する2030年度は2020年度に比べて2割程度減ります。2060年度になると2030年度の半分程度に減ります。もともとこの区間の輸送密度は極めて低く、人口が減ることを考えると、輸送密度はさらに下がるというのが正しい見かたでしょう。鉄道は当然のことながら、通常の路線バスでも成り立たない区間が出てくると考えられているのでしょう。

 ただ、バスにすると、学校や病院に近づくことができるというメリットがありますが、鉄道より遅くなります。バスレベルの需要しかないところならともかく、鉄道で残っても何ら問題がないほどの需要がある余市-小樽間に関しては、単純に国道上にバスを走らせるだけでは不十分です。現在、余市から札幌に高速バスが出ていますが、小樽を経由するために時間がかかります。JRが1時間15分のところ、高速バスは1時間45分かかります。そこで小樽に寄らずに札幌まで直行する高速バスをつくります。余市インターチェンジから後志道を通り、札幌北インターチェンジ経由で最速1時間5分で結ぶことができるようです。

 この代替バスはまだ案なので、地元自治体は住民に説明し、意見の集約を行うようです。
(参考:レスポンスホームページ https://response.jp/article/2022/11/10/363960.html)

| | | Comments (0)

冬の「HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス」は枚数制限なし

 JR北海道が特急を含めて全線乗り放題(新幹線は対象外です)、しかも6日間12000円というお得なチケット、「HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス」。この「HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス」が11月28日から再発売されます。発売期間は11月28日から12月11日まで(利用開始日の1か月前から前日まで)、利用期間は11月29日から2023年1月16日までです(2023年1月11日利用開始分までです)。

 この「HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス」ですが、これまでは補助金で安くなっているために予算の枠があり、発売期間の途中で打ち切られることもありました。しかし今回はそのようなことはなく、発売枚数の制限は行いません。

 利用できる期間は短いですが、その期間なら年末年始も関係なく利用できます(ただし、「HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス」は北海道でしか売っていないので、道民でない限りは年末年始に使うのは事実上不可能です)。冬の北海道の鉄道の旅を楽しむことができます。

(追記)
 「HOKKAIDO LOVE!6日間周遊パス」は2023年2月1日から再発売されます。発売期間は2023年2月1日から2023年2月28日まで(利用開始日の1か月前から前日まで)、利用期間は2023年2月2日から2023年3月31日までです(2023年3月26日利用開始分までです)。値段はこれまでと同じく12000円です。

 ただし、今回は北海道の補助金を使っているため、補助金を元に算定した販売予定枚数に達した場合は、発売期間中でも発売を終了します。
(参考:JR北海道ホームページ https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/221122_KO_love_pass.pdf、https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/230113_KO_lovepass2302.pdf)

| | | Comments (0)

2023年4月1日乗車分からJR東海、JR西日本等もシーズン別指定席特急料金

 以前にも記事にしたですが、2023年4月1日乗車分から東海道新幹線等についても指定席特急料金を4段階化することにしました。JR東日本などと同様、最繁忙期が設定され、最繁忙期、繁忙期、通常期、閑散期の4段階になります。最繁忙期は利用が特に多い年末年始、ゴールデンウィーク、お盆に設定され、通常期より400円高くなっています。

 また、繁忙期等が適用される日は、現行から若干変わります(その後も、曜日の配列等により毎年見直されます)。秋の週末など利用が多い時期は繁忙期になりますが、比較的利用の少ない4月、7月、8月下旬、10月上旬の一部平日に閑散期を設定しました。最繁忙期の近くでも、少しずらせば閑散期や通常期があります。

 見直しの対象は、JR東海が東海道新幹線と「踊り子」(すでに通年同額です)、「ふじさん」(今後、通年同額になります)を除く在来線特急列車、JR西日本が山陽新幹線と在来線特急列車、JR四国が在来線特急列車、JR九州が九州新幹線と、西九州新幹線、在来線特急列車(西九州新幹線と在来線特急列車については現在同様、閑散期はありません)、それとこの4社にまたがって運行する新幹線、在来線特急列車、「しなの」、「サンライズ出雲」、「サンライズ瀬戸」です。また、快速については一部を除いて通常期と閑散期の2つだけですが、閑散期の日程は新しいものになります。

 指定席特急料金はこのようにJR東日本等には関係のない話ですが、これから書くグリーン車や寝台車についてはJR東日本等にも当てはまる内容です。これまでは通年同額なのですが、2023年4月1日乗車分からは、最繁忙期、繁忙期、通常期、閑散期の4段階になります。こちらも最繁忙期は通常より400円高くなっています。どの日に繁忙期等が適用になるかは普通車指定席の場合と同じです。また、普通車指定席が通年同額になっている列車は、グリーン車も通年同額です。JR九州のように閑散期がない列車は、グリーン車も閑散期はありません。

 乗車日によって差が広がることになりましたが、それでもたったの600円で、それによって旅行の計画を大きく変えることはないでしょう。また、繁忙期等の日程は地域によって2パターンに分かれ、わかりにくくなっています。それだったら、紙の切符はいつでもシンプルに高くして、閑散期等にインターネット限定で割引切符をつくったほうがむしろわかりやすいでしょう。
(参考:JR東海ホームページ https://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000042341.pdf)

| | | Comments (0)

「全国旅行支援」なら、JR北海道普通列車乗り放題2000円

 「全国旅行支援」で旅行をすると、現地で使うことができるクーポンがもらえます。名称は都道府県によって異なりますが、北海道では「ほっかいどう応援クーポン」と言います。JR北海道から、この「ほっかいどう応援クーポン」を使ったお得な切符が出ています。

 ひとつは、「クーポンde北海道乗り放題パス」。JR北海道の快速・普通列車が1日乗り放題となるもので(新幹線や特急には乗ることができません)、大人は2000円、子供は1000円です。奥津軽いまべつを除くJR北海道の「みどりの窓口」で発売していますが、1人につき1枚(1000円)以上の「ほっかいどう応援クーポン」の利用が必要です(クレジットカードや現金との併用もできます)。発売期間は10月21日から12月21日までのうち、「ほっかいどう応援クーポン」の有効期間内、利用期間は10月21日から12月21日までのうち、「ほっかいどう応援クーポン」の有効期間内に限ります。札幌近郊ならともかく、そのほかは普通列車が極端に少ないところもありますから、使うのなら事前に計画を練っておいたほうが良いでしょう。非常にお得になるか、非常に無駄になるかの二択です。

 もうひとつは「クーポンdeはこだてパスポート」。こちらは函館線函館-森間(渡島砂原経由も可)、函館バス(函館市、北斗市、七飯町、鹿部町、森町、木古内町の全線)、函館市電全線、道南いさりび鉄道全線が1日乗り放題です。JRは特急券を買えば特急にも乗ることができます。こちらも大人は2000円、子供は1000円です。長万部以南のJR北海道の「みどりの窓口」で発売していますが(奥津軽いまべつは除きます)、1人につき1枚(1000円)以上の「ほっかいどう応援クーポン」の利用が必要です。発売期間は10月21日から12月21日までのうち、「ほっかいどう応援クーポン」の有効期間内、利用期間は10月21日から12月21日までのうち、「ほっかいどう応援クーポン」の有効期間内に限ります。函館市内のみならず、郊外も回るなら使える切符です。

 2つとも、2年前の「Go To トラベル」のときと同じような扱いです。なお、これら2つの切符以外を「ほっかいどう応援クーポン」で買うことはできません。

(追記)
 「全国旅行支援」の実施期間が延長になったのに伴い、「ほっかいどう応援クーポン」を使うことのできる切符、「クーポンde北海道乗り放題パス」、「クーポンdeはこだてパスポート」の発売期間及び利用期間を12月28日まで延長しました。
(参考:JR北海道ホームページ https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/221014_KO_ouencoupon.pdf、https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/9c7ebdabb8c09a4c7afd8ddd9ce0d397.pdf)

| | | Comments (0)

浜田浦、2023年4月1日に廃止か?

 日高線は大半の区間が廃止され、苫小牧-鵡川間だけが残っています。この間には勇払、浜厚真、浜田浦の3駅がありますが、このうち浜田浦が2023年4月1日に廃止されるようです。

 この浜田浦ですが、時刻表を見ると、普通列車でも通過するものがあります。2017~2021年の5か年の乗車人員の平均は1~3人に留まっています(残る中間2駅は10人超です)。ほかの2駅より利用者が少なく、それが廃止の原因になったのでしょう。
(参考:北海道新聞ホームページ https://www.hokkaido-np.co.jp/article/734372/、JR北海道ホームページ https://www.jrhokkaido.co.jp/corporate/region/pdf/jyoukyou/ekibetsu.pdf)

| | | Comments (0)

観光列車にもなるH100形がデビュー

 JR北海道のローカル線で使われる、H100形。国鉄時代につくられたキハ40形を置き換えています。

 このH100形ですが、以前にも記事にしたとおり、観光列車にもなるバージョンができました。外装には、1両ずつ線区の特色をアピールするラッピングを施します。内装も通常のH100形から変更されています。座席シート生地のデザインには、タンチョウやエゾマツなど、北海道の自然や風景をイメージした絵柄を入れています。脱着式のテーブルもあります。このテーブルには北海道産のタモ材を使用しています。吊り手にも木材を使用しています。

 この観光列車にもなるH100形は、2022年度、4両を導入します。それぞれ釧網線、花咲線(根室線釧路-根室間)、石北線、富良野線のラッピングを施し、定期列車として、新得-釧路間、旭川-名寄・上川間で運行します。今のところは花咲線や富良野線は走らないようです。またこのうち、釧網線と花咲線のラッピング車両は10月末から使用を開始する予定です。続いて、2023年度にも4両を配置する予定です。それぞれ、室蘭線、日高線、根室線、宗谷線のラッピングを施します。

 なお、これら8両は、国(鉄道・運輸機構)と北海道による助成、補助制度を活用しています。北海道高速鉄道開発が取得し、JR北海道に無償貸与するかたちを採ります。
(参考:JR北海道ホームページ https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/220914_KO_H100.pdf)

| | | Comments (0)

より以前の記事一覧