「B.B.BASE」、一部座席を「みどりの窓口」で発売

 房総方面へ走る「B.B.BASE」。自転車を解体せずに積むことができるのが特徴です。

(この記事は未完成です)

(参考:JR東日本ホームページ https://www.jreast.co.jp/press/2021/chiba/20210727_c01.pdf)

| | | Comments (0)

JR東日本、秋田県との間に秋田新幹線新仙岩トンネル整備計画の推進に関する覚書を締結

 秋田新幹線の盛岡-秋田間は、在来線を改軌してつくった区間です。レールの幅は1435ミリですが、単にレールの幅を広げただけなので、場所によっては厳しいところもあります。

 岩手と秋田の県境は、その厳しいところです。ここを解消するため、JR東日本は、秋田県との間に新仙岩トンネル整備計画の推進に関する覚書を締結しました。

 この覚書はどういうものでしょうか? 岩手、秋田両県の県境にある赤渕-田沢湖間に約15キロの長さのトンネルを掘ります。工期は着工から約11年、事業費は約700億円を見込んでいます。このうちJR東日本が6割を負担し、残りの4割は国や地方自治体で負担します。トンネル内は時速160キロ走行ができるため、所要時間は約7分短縮すると見込まれ、社会的損失の回避・低減、運休・遅延による損失回避、安定運行による鉄道の信頼性向上が見込まれます。
(参考:JR東日本ホームページ https://www.jreast.co.jp/press/2021/20210726_ho01.pdf、秋田魁新報ホームページ https://www.sakigake.jp/news/article/20210727AK0002/)

| | | Comments (0)

JR東日本、2020年度の輸送密度を公表

 JR東日本は2020年度の輸送密度を公表しました。

 2020年度は新型コロナウイルスの影響でどこの路線も減っていますが、2020年度の特徴としては、区間の分けかたが以前より細かくなっていることが挙げられます。細かくなっていることにより、今まで以上に極端に利用が少ない区間が浮き彫りになるのです。

 さすがに2020年度は新型コロナウイルスの影響で輸送密度が下がっていますから、新型コロナウイルスの影響がない2019年度の数字で見ていきましょう(特に注記がない限り輸送密度は2019年度の数字です)。この中で利用者が少ない区間を挙げていくと、水郡線常陸大子-磐城塙間が152人、磐越西線野沢-津川間が124人、久留里線久留里-上総亀山間が85人、陸羽東線鳴子温泉-最上間が79人、飯山線戸狩野沢温泉-津南間が106人、津軽線中小国-三厩間が107人、花輪線荒屋新町-鹿角花輪間が78人、米坂線小国-坂町間が169人、只見線会津坂下-会津川口間が179人、会津川口-只見間が27人、只見-小出間が101人、北上線ほっとゆだ-横手間が132人、山田線上米内-宮古間が154人です。東北、上越新幹線開業前なら県庁所在地等から急行が走っていた区間でも、ここまで落ち込んでいます。全体としてはそれなりに利用者が多い路線でも、区間を絞れば少ないところもあり、外房線勝浦-安房鴨川間が1543人、内房線館山-安房鴨川間が1596人、左沢線寒河江-左沢間が875人、奥羽線新庄-湯沢間が416人、大糸線白馬-南小谷間が215人しか乗っていません。ちなみに福島第一原発の事故で大きな被害を受け、2020年3月に復旧した常磐線いわき-原ノ町間の輸送密度(2020年度)は、1286人でした。

 今までならバスで十分なローカル線でも、首都圏や新幹線の利益をつぎ込むことで維持することができました。しかし、新型コロナウイルスの影響でドル箱のこれらの路線の利用者が大きく減り、社会的にも必要とされないレベルのローカル線を維持する余裕が消えました。ローカル線沿線自治体は、これら話にならないローカル線の運営をJRに押しつけるのではなく、自ら負担することを考えたり、バスなどの維持費の安い交通機関に切り替えるなどの対策を考えないといけません。
(参考:JR東日本ホームページ https://www.jreast.co.jp/rosen_avr/、https://www.jreast.co.jp/rosen_avr/pdf/2016-2020.pdf、タビリスホームページ https://tabiris.com/archives/jre-yusomitsudo2020/)

| | | Comments (0)

山手線、10月の週末に52時間運休

 朝から晩まで東京をぐるぐる回る山手線。その山手線ですが、10月の週末に52時間運休します。

 山手線が運休するのは、10月23日(土)と24日(日)(悪天候等により工事ができないときは、11月19日~22日に延期します)。渋谷駅の山手線内回りホームを拡幅するため、山手線内回りの池袋→渋谷→大崎間の全ての列車を運休します。22日の終電後から25日の始発前までの52時間、列車が走らないので、その間に線路の切換工事ができるのです。渋谷駅の線路切換工事は全部で5回に分けて行われますが、今回がその3回目です(前回のは2回目でした)。

 線路切換工事で影響があるのは山手線内回りだけではありません。外回りも大崎→渋谷→池袋間で本数を減らして運転します(日中で約4~7分間隔)。外回りの一部は大崎駅で、内回りは池袋駅で折り返し運転します。内回りの大崎→東京→池袋間は運休しませんが、大幅に本数が減ります(日中で約10分間隔)。京浜東北線は快速運転を中止して、終日各駅停車で運転します。埼京線・りんかい線は新木場-大崎-赤羽間を増発します。相鉄線からの直通列車は池袋まで延長運転され、湘南新宿ラインは通常運転します。また、山手貨物線の線路を使って、1時間に1~2本程度品川-新宿間で臨時列車を走らせます。途中停車駅は恵比寿と渋谷です。

 振替輸送は東京メトロ、都営地下鉄、りんかい線の全線のほか、西武、東急、京急の一部で行われます。
(参考:JR東日本ホームページ https://www.jreast.co.jp/press/2021/tokyo/20210719_to01.pdf)

| | | Comments (0)

千葉の209系が伊豆急に

 JR東日本の209系の一部は、東京を離れ、房総半島を走っているものもいます。しかし、その209系もE131系導入によって活躍の場が失われつつあります。

 しかし、その209系を買うところが出てきました。それは伊豆急。今のところ6両編成1本が譲渡され(秋までにもう1本譲渡を受けるようです)、2022年春の運行開始を目指して、検査や改造などの準備を進めています。

 伊豆急には元東急の通勤型車両(改造されて海側にボックスシートがあります)が普通列車用として走っていますが、かつてはJR東日本の113系や115系が走っていたことがありました。今回の209系は本来はロングシートの通勤型車両ですが、千葉に行くときにセミクロスシートに改造され、トイレも付いているので、ローカル用として使えるようになっています。
(参考:伊豆急ホームページ https://camel3.com/cms/files/izukyu/MASTER/0300/3WB9BtWe.pdf、レスポンスホームページ https://response.jp/article/2021/07/08/347477.html、あなたの静岡新聞ホームページ https://www.at-s.com/sp/news/article/shizuoka/926296.html)

| | | Comments (0)

気仙沼市内にBRT新駅3駅

 気仙沼線、大船渡線のBRTですが、気仙沼市からの要望により、2022年春にさらに3駅ができます。

 できる駅はいずれも気仙沼市内で、気仙沼線が2駅、大船渡線が1駅です。

 気仙沼線にできる新駅は、大谷海岸-陸前階上間の大谷まちと、不動の沢-気仙沼間の東新城。いずれも専用道上にできる駅です(大谷まち付近は2021年度中に専用道を延伸します。気仙沼までずっと専用道上を走ります)。それぞれ7月と10月に着工する予定で、2022年春に開業する予定です。

 大船渡線にできる新駅は、気仙沼-鹿折唐桑間の内湾入口(八日町)。市役所の山側の専用道上にできる駅です。9月に着工する予定で、2022年春に開業する予定です。
(参考:JR東日本ホームページ https://www.jreast.co.jp/press/2021/morioka/20210625_mr02.pdf、https://www.jreast.co.jp/press/2021/morioka/20210625_mr01.pdf、河北新報ホームページ https://kahoku.news/articles/20210625khn000052.html)

| | | Comments (0)

オリンピックで東北新幹線夜行運転

 ようやくオリンピック開催期間中の終電の延長が決まりました。JR東日本では、7月23日から8月8日までの開催期間中、首都圏の21路線で終電の延長を行います。路線によって状況は異なりますが、2時台まで走るところもあります。なお、東海道線の最終は品川1:29発ですが、大船までは横須賀線の線路を通るという変わったルートで走ります(川崎には停まりません)。首都圏の私鉄でも終電を延長するところがあります。

 東北新幹線は深夜の臨時便もあります。7月21、24、27、28日(競技開始日が基準)に走る「やまびこ422号」は仙台0:45発、東京4:20着。東京に着くころには明け方になっています。最速の「はやぶさ」で1時間半ほどの東京-仙台間ですが、この「やまびこ422号」は倍以上の3時間半ほどをかけて着くのです。深夜なので騒音軽減のためにスピードを落として走るのでしょうか? なお、この「やまびこ422号」など仙台発の東北新幹線の臨時列車は普通車自由席のみとなり、「グランクラス」やグリーン車の設定はありません。

 また、そもそも、感染状況が悪化している中、観客を入れて行うべきかという話があります。

(追記1)
 新型コロナウイルスの感染者が再び増えているため、東京都など1都3県で行われる分は無観客となりました。そこでJR東日本は首都圏21線区で計画していた終電の延長を取りやめることにしました。

(追記2)
 東北新幹線の深夜の臨時便も運転を取りやめることになりました。この取りやめの理由に、大会組織委員会は鉄道ファンが乗るために訪れることが予想されることを挙げています。めったにない機会ですから、鉄道ファンが乗りたくなるのはある意味仕方がないのかもしれません。夜行の新幹線を走らせようとした大会組織委員会側が間違っていたのです。
(参考:JR東日本ホームページ https://www.jreast.co.jp/press/2021/20210630_ho04.pdf、https://www.jreast.co.jp/press/2021/20210709_ho01.pdf、https://www.jreast.co.jp/press/2021/20210713_ho01.pdf、レスポンスホームページ https://response.jp/article/2021/06/30/347223.html、河北新報ホームページ https://kahoku.news/articles/20210716khn000057.html)

| | | Comments (0)

「ひみつの平日パス」

 JR東日本は、7月1日から19日までの平日及び9月の平日に使うことのできる、「ひみつの平日パス」というものを発売します。

 この「ひみつの平日パス」、実は休日に利用することのできる「休日お出かけパス」と同じものです。夏の間だけ(夏休み期間は除きます)、平日でも利用できるようにしたのです。ですから有効期間は1日で、値段は大人2720円です。発売期間は、7月1日から19日までに利用するものが、同じく7月1日から19日まで。9月に利用するものが8月1日から9月30日までです。いずれも利用日の1か月前から当日まで購入することができます。

 ちなみに、「ひみつ」の意味ですが、避・密、非・密のことであり、観光客で混雑する休日を避けて、時間や行先を分散させるのがこの切符の狙いとのことです。
(参考:JR東日本ホームページ https://www.jreast.co.jp/press/2021/20210624_ho01.pdf)

| | | Comments (0)

JR東日本、時間帯別運賃について企業にアンケート

 JR東日本は、時間帯などによって運賃を変えることを考えています。ラッシュは高くなり、ほかの時間帯は安くなる時間帯別運賃です。JR東日本としては、まず定期券から導入する方針です。ラッシュ時にも使うことのできる定期券の値段を上げる代わり、空いている時間帯にしか使うことのできない定期券については現行の値段より下げる予定です。

 ただこの時間帯別運賃を導入すると、企業の負担が増えます。企業は従業員に対して通勤にかかる交通費を払いますが、時間帯別運賃でラッシュ時にも使うことができる定期券の値段が上がれば、企業の負担は増えてしまいます。出勤の時間帯を変えればいいのですが、取引先などの都合でそのように単純に話が進むとは限りません。

 このように乗車する時間によって運賃が変わるのは初めてのことです。そこでJR東日本は各企業に対して調査をすることにしました。かなり大規模に行うようで、値上げ幅や値上げすることになる時間帯について調査をして、実際に時間帯別運賃を導入するときの参考にします。
(参考:産経新聞ホームページ https://www.sankei.com/article/20210605-B6PB2TCEEJME3DJXVSH4XRDZTY/)

| | | Comments (0)

相模線、東北線、日光線にE131系

 3月のダイヤ改正から房総、鹿島エリアで走っているE131系ですが、ほかの地域にも投入されることになりました。それは相模線、東北線、日光線。いずれも205系が走っている路線です。それでは、相模線から見ていきましょう。

 房総、鹿島エリアのE131系は2両編成ですが、相模線は4両編成(2M2T)です。12編成、48両を製造します。2021年秋ごろから相模線及び横浜線橋本-八王子間を走ります(横浜線は朝夕の一部直通列車のみ)。車内はロングシート(房総、鹿島エリアのはセミクロスシート)で、トイレについての記載はないことから、設置されないものと思われます。乗降確認カメラ等のワンマン対応機器が備えられているため、205系のときにはなかったワンマン運転が行われる可能性があります。なお、車体に巻かれる帯は、遠くまで広がる湘南の海をイメージした、濃淡2色の青色です。

 東北線、日光線のは3両編成です。日光線の勾配を考慮してか、2M1Tになっています。15編成、45両を製造します。2022年春ごろから東北線小山-黒磯間及び日光線を走ります。車内はロングシートで、車椅子対応大型洋式トイレがあります。東北線、日光線のにも乗降確認カメラ等のワンマン対応機器が備えられているため、205系のときにはなかったワンマン運転が行われる可能性があります。なお、車体に巻かれる帯は、宇都宮市で復元された火焔太鼓の山車をイメージした黄色と茶色の組み合わせです。
(参考:JR東日本ホームページ https://www.jreast.co.jp/press/2021/yokohama/20210617_y1.pdf、https://www.jreast.co.jp/press/2021/omiya/20210617_o05.pdf)

| | | Comments (0)

より以前の記事一覧