3年ぶりの「完乗」奪回(2)

 山手線で2駅、大崎で降りる。ここから乗るのが、JR・相鉄直通線。2019年11月に開業したものの、新型コロナの影響でなかなか乗りに行くことができなかったのだ。大崎10:25発の普通海老名行きは、E233系の10両編成。埼京線用の車両だ。西大井、武蔵小杉と停まり、次は15分以上停まらずに羽沢横浜国大。通勤型車両でこれだけ停まらないのは珍しい。もっとも、JR・相鉄直通線はまだ定着していないようで、間違えて乗ってしまったと思われる客が何人かいた。彼らは羽沢横浜国大で降りていったが、羽沢横浜国大で降りてどうするつもりなのだろうか? 次の西谷で相鉄に乗り換えたほうがよかったのではないだろうか? 西谷までひと駅乗って、長い間失っていた「完乗」のタイトルを奪回。次は西九州新幹線だ。

 西谷で向かいに停まっていた特急に乗り、大和で小田急に乗り換える。相模大野経由で伊勢原に行くことにした。伊勢原でバスに乗り、大山ケーブルへ。すれ違いできないような細い旧道を通り、20分あまりで終点に到着。ただし、ケーブルに乗るには土産物街(平日だからなのか、閉まっている店が多い)を通り抜けないといけない。大山の名物は豆腐のようで、そのうちの一軒でそばと豆腐を食べる。昼を食べてから、大山ケーブルに乗る。交通系ICカードが使えるのでそれで支払ったが、ペラペラの切符は別途渡される。ICカードは単に決済手段として使っているだけなのだ。ケーブルカーは「ロマンスカー」をデザインした岡部氏がデザインしているので、雰囲気が似ているところがある。大山ケーブルの所要時間は6分ほど。終点から少し歩けば、阿夫利神社の下社がある。せっかくここまで来たので参拝する。

 大山ケーブルとバスを乗り継いで伊勢原に戻る。ちょうどJRに直通する「ふじさん」が来る時間帯なので、券売機で特急券を買う。「ふじさん」は伊勢原には停まらないので、快速急行で停車駅の秦野に行く。「ふじさん」は御殿場線に乗り入れるので、新松田の連絡線でJRに行く。この連絡線を使う列車は1日3往復、貴重である。

 新松田からは、大雄山に向かうバスが出ている。箱根登山バスで、日中でも20分間隔で出ている。伊豆箱根鉄道大雄山線を乗るのに便利なバスだ。新松田からバスで20分弱で、終点の関本に着いた。このバス停の隣にあるのが伊豆箱根鉄道の大雄山。駅とバス停の名前が一致していない。ついでに言えば、伊豆箱根鉄道のバスは同じロータリーにあるバス停を大雄山駅と呼んでいる。本来なら駅名に合わせて箱根登山バスも大雄山駅と呼ぶべきだろうが、箱根登山バスは小田急系、伊豆箱根鉄道は西武系なので、色々な事情があるのだろうか? ただ、分かりにくいことには変わりはない。大雄山からは伊豆箱根鉄道に乗って小田原へ。車掌が乗っていたのは意外だった。

 ここからは在来線で名古屋に帰るのだが、東西に長い静岡県でありがたい存在は「ホームライナー」。2022年3月のダイヤ改正で平日のみの運転となったが、今日(6月17日)は平日だ。小田原から列車を乗り継げば、沼津18:31発の「ホームライナー浜松3号」の発車20分前ぐらいに沼津に着く。沼津に到着した。まず最初にすべきことは、「ホームライナー」の乗車整理券を手に入れること。「青春18きっぷ」のシーズンでもないのに、乗車整理券の券売機の前には列が出来ている。たったの330円で、速くて快適な移動ができるのだから、使わない選択肢はない。その後で夕食を買う。駅の高架化で駅ビルが潰れたと思っていたが、まだ営業していた。そこで弁当を買って「ホームライナー」の車内で夕食にする。JR東海の「ホームライナー」は席が指定されていないので遅かったら希望の席に座ることができないというリスクがあるが、肝心の混み具合は半分程度。沼津から浜松まで、隣には誰も来なかった。意外だったのは短距離の利用者も結構いるということ。乗車整理券を持っていない人も多く、車掌は乗車整理券の販売に追われていた。

| | | Comments (0)

3年ぶりの「完乗」奪回(0)

 2019年11月に相鉄・JR直通線が開業しましたが、約3年間、乗っていませんでした。

 ところがこの17日に乗りに行きましたので、その時の様子を明日、2回に分けて書きます。

| | | Comments (0)

HC85系は3タイプつくられる

 7月1日の「ひだ1号」でデビューするHC85系。このHC85系について、新たな情報が入りました。

 それは、HC85系には3タイプの編成があるということです。グリーン車のついた4両編成、グリーン車のない4両編成、グリーン車のない2両編成の3タイプです。富山発着や大阪発着などは、グリーン車のついた4両編成にほかの編成を組み合わせて走ることでしょう。

 また、10往復ある「ひだ」のうち、HC85系で走るものはあらかじめ決まっています。7月は「ひだ1号」、「ひだ4号」、「ひだ10号」、「ひだ17号」の4本。8月1日以降はこれらに「ひだ2号」、「ひだ15号」も加わり、6本となります。将来的には富山、大阪、南紀方面にも走るようですが、当面は名古屋-高山間のみを走ることになるようです。
(参考:鉄道ホビダス https://rail.hobidas.com/feature/393752/、毎日jp https://mainichi.jp/articles/20220520/k00/00m/020/301000c)

| | | Comments (0)

HC85系は7月1日の「ひだ1号」でデビュー

 ハイブリッドの新型特急車両、HC85系は7月1日に運行を開始します。どの列車でデビューするのかと言えば、名古屋7:45発の「ひだ1号」。始発の「ひだ」に使われるようです。

 なぜそのことが分かったのかと言えば、読売旅行のツアーに記載されていたため。6月30日に岡山を出発する2泊3日の旅の2日目に、HC85系の「ひだ1号」に乗るのです。

 ちなみにこのツアー、いろいろな列車になります。1日目、岡山から名古屋に行くのにわざわざ京都で近鉄に乗り換えます。大和八木まで南下し、大和八木から津までは「ひのとり」に乗ります。津からは伊勢鉄道のローカル列車に乗ります。「南紀」や「みえ」で通過することが多いので、ローカル列車は逆に新鮮です。2日目に「ひだ1号」に乗って高山に着いてからは、高山市内の観光はせず、長良川鉄道と樽見鉄道に乗ります。大垣からはキハ85系の「ひだ36号」に乗って京都まで行きます。3日目はゴールデンウィークにデビューした「あをによし」にも乗ります。HC85系以外にも魅力的な列車が用意されているのです。
(参考:読売旅行ホームページ https://www.yomiuri-ryokou.co.jp/kokunai/detail.aspx?id=22002172)

| | | Comments (0)

「EXサービス」専用の「近鉄伊勢志摩フリーパス」

 「エクスプレス予約」などの「EXサービス」と言えば、東海道・山陽新幹線の列車の予約ができるもの。しかし、その「EXサービス」の中にある利用者向けサイト、「EX 旅のコンテンツポータル」で、「EXサービス」専用の近鉄のフリー切符、「近鉄伊勢志摩フリーパス(EX専用)」を発売しています。4月27日から発売しています。

 それでは、「近鉄伊勢志摩フリーパス(EX専用)」とはどういうものでしょうか? 次のものがセットになっています。(1)近鉄名古屋-伊勢志摩フリー区間(松阪-賢島間)までの往復乗車券 (2)近鉄名古屋-伊勢志摩フリー区間(松阪-賢島間)までの往復特急券(引換券) (3)伊勢志摩フリー区間(松阪-賢島間)用乗車券 (4)伊勢志摩フリー区間(松阪-賢島間)用特急券引換券2枚 そのほか「パールシャトル」1回利用券、オリックスレンタカー割引もついています。

 値段は大人5500円、子供2750円、近鉄名古屋-宇治山田間の運賃・特急料金の合計は片道2810円なので、単純に往復するだけで元が取れます。有効期間は乗車開始日から3日間です。名古屋発着の「EXサービス」の商品を利用した人だけが購入することができます。「EX 旅のコンテンツポータル」から購入手続きを行い、近鉄名古屋の特急券売り場でQRコードを呈示して、引き換えます。近鉄名古屋では購入できません。
(参考:近鉄ホームページ https://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/JREXkintetsu%20.pdf)

| | | Comments (0)

「ホームライナー大垣」は貨物線経由&313系8000番台は静岡に

 3月12日のダイヤ改正で、以前にアナウンスがなかった部分についても変化が起きています。新潟地区から115系やE127系が消え、奈良線も103系が消えました。JR貨物にもいろいろ機関車の変更があったようです。

 JR東海にも変化がありました。東海道線名古屋-大垣間のホームライナー、「ホームライナー大垣」はJR西日本の車両が使われます。「しらさぎ」用の681系もしくは683系です。このうち、朝の上りの2本は、名古屋-稲沢間で東海道線に並行して走る貨物線を走ります。先行する普通列車を追い抜くためで、複々線を活用しています。

 中央線名古屋-中津川間に315系が投入されました。2023年度までの2年間で全ての快速、普通列車は315系になるのですが、これまで走っていた車両は廃車になったり、ほかの路線に回されたりします。ここまではすでに公表されていた内容ですが、これまで中央線で走っていた車両はどこに行ったのでしょうか? 元「セントラルライナー」の313系8000番台は、何と静岡に行きました。すでに営業運転にも入っています。

 「青春18きっぷ」で静岡県を通り抜ける人にとってはロングシートから転換クロスシートになるので居住性が大幅に改善されるのですが、静岡に住んでいる人にとっては乗車時間が短いので、乗り降りしやすいロングシートが好まれるとも言われています。このままの座席配置で行くのか、ロングシートに改造するのか、注目されるところです。

(追記)
 313系8000番台が静岡で走るようになったのは、バリアフリー対応の大きなトイレが付いていることを評価したからです。これまで静岡にはトイレのない車両が走ることもあり、トイレの設置を求める声がよく聞かれました。
(参考:マイナビニュース https://news.mynavi.jp/article/20220317-2295673/、鉄道ホビダス https://rail.hobidas.com/rmnews/379847/、https://rail.hobidas.com/news/379505/、Yahoo!ニュース https://news.yahoo.co.jp/articles/01214eba00dd567d687b449f7a7e7d99e3b47917)

| | | Comments (0)

マンションがリニア関連施設に

 神奈川県のリニアの駅は相模原市の橋本にできます。そして、その相模原市内のマンション(橋本駅から西に約1キロ)の中に、超電導リニア関連施設があります。JR東海が1月30日にオープンさせた「さがみはら リニアブース」というものです。「さがみはら リニアブース」のあるマンションに入ると、エントランス部分にL0系の模型、リニアに関する資料などがあります。なぜ駅前ではなく、駅から離れたマンションにそういう施設があるのでしょうか?

 実はこのマンション、人は住んでいません。築17年なので、老朽化したわけではありません。地下10~20メートルのあたりをリニアが通りますが、このマンションの基礎杭が支障するので、JR東海が買い上げたのです。リニアは駅付近では大深度地下ではなく、比較的浅いところを通るので、こういうことがあり得るのです。

 ただ、トンネルの工事まではまだ時間があります。そこでそのマンションを活用して、リニア説明用のブースにしたのです。このような常設の説明用ブースができるのは、この相模原が初めてです。月3回程度施設をオープンさせ(オープンする日はJR東海のホームページなどで告知されます)、そのときはJR東海の社員がいて、質問することもできます。入場は無料です。
(参考:乗りものニュース https://trafficnews.jp/post/114845、日本経済新聞ホームページ https://www.nikkei.com/article/DGXZQOCC253M50V20C22A1000000/)

| | | Comments (0)

なぜ新幹線の座席は7つ減ったのに定員は4人減で済むのか?

 16両編成の東海道・山陽新幹線で車椅子用の座席があるのは11号車。12Cと13Cの2席を潰して、車椅子を置くスペースとしています。車椅子の利用者は隣のB席に座るという想定です。

 ところが、車椅子のスペースが増えることになりました。東海道・山陽新幹線の場合、2席から6席に増えます。これに伴い、11C、11D、11E、12D、12E、13D、13Eの7席が消えましたが、定員は4人減るだけです。なぜ座席は7つ減るのに、定員は4人しか減らないのでしょうか?

 実は、D席、E席にできた車椅子スペースでは、車椅子に乗ったままなのです。車椅子がそのまま座席代わりになるのです。車椅子に乗ったままの席が3つあるので(11~13列のD、E席)、定員は4人しか減らないのです。なお、11Cについては、これまで通り、隣の11Bに座ることになります。
(参考:「鉄道ファン」2022年3月号 交友社

| | | Comments (0)

JR東海、乗務員の感染が拡大したら臨時ダイヤ設定

 2022年に入って、新型コロナウイルスに感染する人が増えています。鉄道会社の乗務員も例外ではありません。乗務員に感染が広がると、列車の運行に必要な人員を確保することができなくなる危険性があります。そこでJR東海は、列車の本数を減らした臨時ダイヤを組むことを考えています。

 臨時ダイヤはどのようなダイヤでしょうか? 臨時ダイヤは列車の運行に必要な人員を確保することができないから組むのです。ですから、列車の本数が減ります。JR東海としてはその場合でも通勤、通学の列車を確保する必要があるとして、まず運休するのは特急列車からだそうです。

 また、臨時ダイヤはその日ごとに組みます。事前につくっておくのではありません。JR東海としては臨時ダイヤを組んだ場合はできるだけ早く公表するとのことですが、ニュースを見ておかないと駅に来て初めて列車が運休することを知る、ということになってしまいます。
(参考:東海テレビホームページ https://www.tokai-tv.com/tokainews/article_20220119_15270)

| | | Comments (0)

リニアの体験乗車、春に復活!

 リニアの建設工事自体は暗礁に乗り上げていますが、車両の開発は着々と行われています。L0系の改良型もつくられました。

 そしてJR東海はこの2022年春から、L0系の改良型について、一般向け体験乗車を実施することにしました。リニアの体験乗車は2019年10月まで行われていましたが、その後は休止していました。約2年半ぶりの復活です。

 リニアの建設工事はともかく、できるところからやっていかざるを得ないでしょう。
(参考:中日新聞ホームページ https://www.chunichi.co.jp/article/393714)

| | | Comments (0)

より以前の記事一覧