JR4社の株式持ち合いが増加

 JRグループの中で上場しているのは4社。JR東日本、JR東海、JR西日本、JR九州です。ところで、このJRの4社、互いの株式を持ち合う動きを強めています。2020年3月期には互いの株式を追加取得し、1年前に比べて1.8~3.6倍に増やしました。2020年3月時点の発行済み株式数に占める割合は概ね0.2~0.5%程度ですが、JR東日本、JR東海、JR西日本の3社はJR九州の株式を1.25~1.32%保有しています。

 JR4社は、株式を持ち合う理由として、災害への対応や技術開発についての情報交換、MaaS(鉄道やほかの交通機関を組み合わせて効率的な移動を目指す動き)への対応のためとしています。JR九州の株がアメリカの投資ファンドに買われているので、その対応との見方もあるようです。半分近くがこのような短期的な利益しか考えない(会社がどうなっても構わない)投資ファンドに買われているのです。

 JRが株式を持ち合うことについて批判する人もいますが、あまりにも単純な見方と言えます。そもそもJRはグループとして捉えるもので、バラバラに独立しているような存在ではありません。分割民営化したとはいえ、各社が連携して鉄道サービスに当たらなければならないのです。ホールディングスみたいな持ち株会社の下にJR各社がぶら下がる形態をとってもおかしくはなかったのです。投資ファンドが株を買うということはその会社に魅力があるということなので喜ばしいことと言えますが、会社も利用者も得して初めて株主も得する権利があるのです。会計のテクニックを駆使し、会社の財産を食ってまで株主に利益を与える必要はないのです。
(参考:日本経済新聞ホームページ https://www.nikkei.com/article/DGXMZO60810150V20C20A6TJ1000/、ニュースイッチホームページ https://newswitch.jp/p/22761、Net IB News https://www.data-max.co.jp/article/32625)

| | Comments (0)

全国各地の新幹線で臨時列車設定

 ほとんど設定されない状態で始まった、2020年夏の臨時列車。ところが、緊急事態宣言が解除され、徐々にではありますが、利用者が戻りつつあるようです。そこで、新幹線についても臨時列車が設定されることになりました。

 東北・北海道新幹線については「はやぶさ」を東京-新函館北斗間で運転します。新函館北斗では函館へのアクセス列車、「はこだてライナー」も設定します。ただ、一部の日は東京-新青森間の運転に留め、新青森-新函館北斗間の運転を取りやめる日もあります。そのほか、JR北海道の在来線では、「フラノラベンダーエクスプレス」の8、9月分の指定席を発売します。

 東海道・山陽新幹線では、「のぞみ」を運転します。例年より若干少なめですが(定期列車を合わせた数字で3~5%減)、お盆の時期は「のぞみ」が1時間に12本走ることができるダイヤを活かして、1日平均で前年より11本多い431本(定期列車を合わせた数字)を運転します。前年から3%多い数字です。特に8月16日は過去最多の455本(定期列車を合わせた数字)の列車を運転します。

 山陽・九州新幹線では、「さくら」や「ひかり」を中心に運転します。「さくら」は山陽・九州新幹線を直通するものが7月と8月に合わせて84本、九州新幹線で完結するものが7月と8月で42本運転されます。「ひかり」は山陽新幹線で7月と8月に合わせて90本運転されます。臨時列車の「ひかり」の中には全車指定席のものもあります。
(参考:JR北海道ホームページ https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20200624_KO_HAYABUSA.pdf、https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20200624_KO_Natsurin.pdf、JR東海ホームページ https://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000040569.pdf、JR西日本ホームページ https://www.westjr.co.jp/press/article/items/200624_05_sanyourinji.pdf、JR九州ホームページ www.jrkyushu.co.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2020/06/24/200624sinnkannsennrinji.pdf)

| | Comments (0)

「ぷらっとこだま」、6月30日申込分からネット予約出発前日まで可能に

 お得な値段で東海道新幹線「こだま」に乗ることができる旅行商品、「ぷらっとこだま」。インターネットでも申し込むことができます。このインターネット申し込み分の「ぷらっとこだま」ですが、6月30日申込分から変わります。

 これまでは、インターネットで申し込んだ後、クーポン券が郵送されてきました(このため申込期限が出発5日前の23:30までと結構早かったのです)。ところが6月30日以降は、申し込んだ後に新幹線線用改札口付近にあるJR東海の指定席券売機やJR東海ツアーズの店舗で受け取ることになりました。JR東海ツアーズが郵送する必要がなくなったため、申込期限が遅くなり、出発前日の17時までにすればよくなったのです。前日までに予定が決まっていれば、「ぷらっとこだま」を買うのも手なのです。

 ただ、この変更に伴い、ドリンク引換券はこれまでの1人1枚からグループで1枚になります(1人1ドリンクもらえることには変わりありません)。グループで使う際には同じ店でまとめて引き換えないといけません。
(参考:JR東海ツアーズホームページ https://www.jrtours.co.jp/pdf/20200610_kep_info.pdf)

| | Comments (0)

700系の車体をN700Sにリサイクル

 新しい車両ができると、古い車両は廃車になり、廃棄処分されます。しかし、7月1日にデビューするN700Sは少し違います。3月で東海道新幹線での運転を終えた700系の車体が再利用されたのです。

 どこに使われるのでしょうか? それは目に付くところ、荷棚です。車体をアルミくずにして、それを再度成形して普通車客室上部の荷棚にしました。環境負荷の低減が目的で、新幹線から新幹線へのアルミのリサイクル(水平リサイクル)は、高速鉄道としては世界初だそうです。

 車体をリサイクルして荷棚に使うのは簡単なように思えますが、実はそうではないのです。新幹線の廃車体のアルミくずには様々な種類の合金のアルミが混ざっていて、そのままでは再利用できません。技術の進展により適切にアルミを選別することができるようになったので、再利用ができるようになったのです。なお、N700の廃材も同じようにN700Sに再利用されているとのことです。

 さて、N700Sにはこういう改良もなされています。今まで窓に飲み物を置くと、カーテンを最後まで下げることができませんでした。しかし、最新型のN700Sではそれができるようになります。そして、飲み物を座席にこぼした場合、それがわかるようになっています。座席の柄が変わるのです。確認試験車ではグリーン車のみその機能が付いていましたが、普通車にも拡大されました。掃除するときに気が付きやすくなり、東京駅での折り返し時間の短縮を図ることができます。
(参考:乗りものニュース https://trafficnews.jp/post/97133、https://trafficnews.jp/post/97286、railf.jp https://railf.jp/news/2020/06/16/144500.html)

| | Comments (0)

「ムーンライトながら」、2020年夏は設定なし

 JR東日本は、7月以降の臨時列車の運転計画を発表しました。以前に記事にした北陸新幹線についても8月31日までですが、臨時列車の設定がなされました(9月以降は調整中です)。

 さて、この発表を見ても、あの臨時列車は出てきません。東京と大垣を結ぶ夜行快速、「ムーンライトながら」です。短い期間とは言え、学校が休みの期間に設定されていましたが、どうやらこの夏は設定を行わないようです。JR東日本によれば、新型コロナウイルスの影響などを考えてのことですが、春休みにも設定があったことを考えると、それもしっくりとは来ません。このまま消えてしまうのでしょうか?
(参考:マイナビニュース https://news.mynavi.jp/article/20200619-1061109/、JR東日本ホームページ https://www.jreast.co.jp/press/2020/20200619_ho01.pdf)

| | Comments (0)

北陸新幹線に臨時列車設定か?

 2020年夏の臨時列車は、設定があるものの実際には指定券の発売を行っていなかったり、あるいは最初から臨時列車の設定をしていなかったりしていますが、運行させる動きがあるようです。

 9日に行われた深沢JR東日本社長の記者会見によれば、臨時列車の運行再開を考えているのは、北陸新幹線。緊急事態宣言が解除されたので、夏場に需要が回復する可能性があると判断しているようです。実際に臨時列車を設定するかは、予約状況を見てからのこととなります。また、上越妙高以西がJR西日本エリアのため、臨時列車の設定に当たってはJR西日本との協議を行うとのことです。

 全国的に見れば、ところどころで臨時列車を設定する動きが出ています。JR北海道は「フラノラベンダーエクスプレス」、「富良野・美瑛ノロッコ」、「くしろ湿原ノロッコ」の一部について、指定席の発売を始めます(「富良野・美瑛ノロッコ」、「くしろ湿原ノロッコ」については、新型コロナウイルス感染予防のため、指定席を4割ほど減らして発売します)。ただ、依然として指定席の発売を見合わせている列車はありますし、中には臨時列車の設定を取りやめる列車も出ています。

 小田急からJR東海の御殿場線に乗り入れる「ふじさん」ですが、7月18日から26日までと8月15日から30日までの休日に、臨時列車を1往復運転します。「ふじさん31号」は新宿12:40発御殿場14:18着、「ふじさん32号」は御殿場10:48発新宿12:27着です。

 JR四国は、「瀬戸大橋アンパンマントロッコ」を岡山-琴平間、岡山-高松間で運転します。予土線では定期列車に併結するかたちで「しまんトロッコ」を運転します。「うずしお」や「剣山」に併結するかたちで「ゆうゆうアンパンマンカー」を運転します。なお、2020年の夏は、田井ノ浜海水浴場が開設されないため、牟岐線の田井ノ浜は開設されません。
(参考:Yahoo!ニュース https://news.yahoo.co.jp/articles/9e198cc1aa1e000c45f6958cbb58ca008bcb04be、JR北海道ホームページ https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20200610_KO_Natsurin.pdf、小田急ホームページ https://www.odakyu.jp/news/o5oaa1000001rhrc-att/o5oaa1000001rhrj.pdf、JR四国ホームページ www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/20200609_rinji.pdf)

| | Comments (0)

ヤクルトは新幹線貸切、日ハムはチャーター機?

 当初の予定から3か月遅れになりましたが、いよいよ19日から2020年のプロ野球が開幕します。今日2日からは練習試合を行います。

 さて、プロ野球の試合は各地で行われるため、選手達は必然的に移動しなくてはなりません。ただ、新型コロナウイルスが心配されるので、移動はできるだけ減らしています。セ・リーグは、最初は首都圏中心で、しばらくすると西日本中心でまとめて試合をします(7月10日からの巨人対ヤクルト3連戦は、神戸で行います)。ヤクルトは開幕から15試合、ずっと本拠地で戦います。反対に阪神は開幕から15試合を相手チームの球場で戦います。パ・リーグは同一カードで6連戦を行います。

 このほかに、移動方法で工夫をするチームもあります。セ・リーグのヤクルトは、セ・リーグの本拠地が東京から広島までの間にありますから、移動は新幹線が主体です。ヤクルトは、3両あるグリーン車のうち2両を貸し切って移動するようです。2両もあれば、間隔を空けて座ることができます。一番遠い広島の場合、これまで35%の選手は航空機で移動していましたが、2020年は全員新幹線での移動となるようです。

 パ・リーグの日ハムの場合はどうでしょうか? パ・リーグは本拠地が散らばっていて、札幌から福岡まであります。特に本拠地が札幌の日ハムの場合、移動は航空機がメインとなります。日ハムは航空機をチャーターすることを考えていて、すでに航空会社と交渉しているようですが、断った航空会社もあるようです。
(参考:Sponichi Annex https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/05/12/kiji/20200511s00001173321000c.html、https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/05/12/kiji/20200511s00001173325000c.html、https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/06/02/kiji/20200601s00001173470000c.html、朝日新聞6月2日朝刊 中部14版)

| | Comments (0)

5月29日、東海道、山陽新幹線に臨時列車

 新型コロナウイルスの影響により5月11日から運行本数を減らしていた東海道、山陽新幹線ですが、6月1日からは九州新幹線直通列車を除いて定期列車は運転します。

 その東海道、山陽新幹線ですが、政府による緊急事態宣言が解除されことで利用者が増えるとみられています。そこでJR東海、JR西日本は、明日5月29日の金曜日に、臨時列車を走らせることにしました。

 臨時列車は全て夕方に走ります。下りは「のぞみ」3本(東京発博多行き1本、東京発新大阪行き2本)と「ひかり」1本(新大阪発博多行き)、上りは「のぞみ」3本(博多発東京行き1本、新大阪発東京行き2本)です。東京-博多間の「のぞみ」についてはN700系16両編成で運転され、自由席は1~3号車です。指定券は5月27日10時から発売を開始しています。「ひかり」はN700系8両編成で運転され、普通車全車自由席です。グリーン車は車内で発売します。

 感染の拡大には気をつけないといけないものの、今まで走っていなかった臨時列車が走るのは明るいニュースです。
(参考:JR東海ホームページ https://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000040506.pdf、JR西日本ホームページ https://www.westjr.co.jp/press/article/items/sanyousinkansen.pdf)

| | Comments (0)

2020年夏の臨時列車で運転されるのは?

 例年だと今ぐらいの時期には夏の臨時列車の発表がありますが、新型コロナウイルスの影響で需要が落ち込んでいる2020年はどうなのでしょうか?

 5月22日にJR九州を除くJR各社から夏の臨時列車の発表がありましたが(JR九州は今のところ、夏の臨時列車を設定しないとのことです)、かなり寂しいものです。JR北海道、JR東日本、JR西日本(北陸新幹線)は7月から9月の間、臨時列車の設定を行っていますが(6月は運転を取りやめています)、指定券の発売を見合わせています。なお、JR北海道の「フラノラベンダーエクスプレス2号」、「フラノラベンダーエクスプレス3号」、「ふらの・びえい号」、「ライラック旭山動物園号」は運転を取りやめます。

 JR東海は7月5日に走る「ひだ61号」のみ発表しています(指定席の発売は当分、見合わせます)。「ひだ61号」は名古屋の発車時刻が6:15と異様に早く、運転日も夏休みから外れているので、宗教法人がらみの臨時列車と思われます。なお、8月以降の臨時列車については、決まり次第発表されます。JR西日本の山陽新幹線や在来線特急は、臨時列車の設定を行いません。「WEST EXPRESS 銀河」も、引き続き運転を見合わせます。JR四国は恒例の「サンライズ瀬戸」の琴平延長のみを行います。7月から9月の間、金曜や休前日に琴平まで延長します。なお、津嶋神社夏季大祭中止のため、8月4日、5日の津島ノ宮の臨時駅開設は行いません。
(参考:JR北海道ホームページ https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20200522_KO_TrainInSummer2020.pdf、JR東日本ホームページ https://www.jreast.co.jp/press/2020/20200522_ho02.pdf、JR東海ホームページ https://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000040496.pdf、JR西日本ホームページ https://www.westjr.co.jp/press/article/items/200522_00_press.pdf、JR四国ホームページ www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/2020%2005%2022.pdf、マイナビニュース https://news.mynavi.jp/article/20200522-1040915/)

| | Comments (0)

「のぞみ」は6月1日から通常運転、「みずほ」や「さくら」の一部運休は継続

 昨日の記事で東北新幹線等の減便取りやめについて書きましたが、東海道新幹線等はどうでしょうか? こちらはすでに5月11日から一部の「のぞみ」を運休してきましたが、6月1日以降、見直されることになりました。

 6月1日以降、東海道新幹線の「のぞみ」、東海道、山陽新幹線を直通する「のぞみ」は全ての定期列車を走らせます。引き続き、東海道、山陽新幹線の定期列車の「ひかり」、「こだま」は通常通り走ります。博多南線も通常通りです。

 しかし、6月1日以降も、九州新幹線に直通する「みずほ」、「さくら」の運転本数は減ったままです。1時間に1本程度の運転を継続します。2本の「さくら」を強引に1本にまとめたために発生する博多での不自然な長時間停車、「みずほ」や「さくら」の運休を補うための臨時「ひかり」の運転も継続します。

 話は変わりますが、JR西日本は所有する在来線車両約5200両全てに、効果が数年間持続する抗ウイルス、抗菌剤を噴霧加工します。インフルエンザウイルス(H3N2)、ネコカリシウイルス(ノロウイルス代替)への効果が確認されているものです。このうち、京阪神エリアを運行する約3600両については、9月末までに終える予定です。
(参考:JR東海ホームページ https://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000040495.pdf、JR西日本ホームページ https://www.westjr.co.jp/press/article/items/200522_02_press.pdf、https://www.westjr.co.jp/press/article/2020/05/page_16086.html)

| | Comments (0)

より以前の記事一覧