2020年3月ダイヤ改正発表(4)(JR西日本)

 九州新幹線に直通する「みずほ」についてですが、1往復増え、1日8往復になります。「さくら」と合わせて1日25往復が九州新幹線に直通します(熊本発着の1往復を含みます)。福山と新山口に「みずほ」が新たに停まるようになります。福山には1日2往復が、新山口には1日1往復が停まります。博多南線は朝夕に2本増発します。福山に「さくら552号」が追加停車するので、これで全ての「さくら」が福山に停まることになります。徳山も停車する「さくら」が1本増えます。

 関空への特急「はるか」ですが、271系の投入により、これまで6両編成がほとんどであったのが全て9両編成になります。自由席は一部を除いて6両もあり、気軽に利用できます。関空の入口の日根野には全ての「くろしお」が停まるようになります。「くろしお」のうち2往復が「パンダくろしお『Smileアドベンチャートレイン』」で毎日運転されます。

 USJに新しいエリアが開業するので、そのアクセスとなる桜島線の増発を行います。平日、朝の通勤時間帯に2往復増やします。「大和路快速」が全て8両編成になるため、大阪環状線の全列車が8両編成に統一されます。奈良線の「みやこ路快速」は休日の全列車が6両編成になり、休日には嵯峨野線の一部列車も8両編成になります。反面、JR宝塚線の昼間の「丹波路快速」、快速が宝塚以遠各駅停車の区間快速になります。各駅停車は宝塚折り返しになります。大和路線は昼間のJR難波-高田間の快速がなくなり、和歌山線内は227系での運転となります。紀勢線の御坊-紀伊田辺間の113系でのワンマン列車も227系に置き換えられます。113系の列車は日根野-和歌山間も走っていますが、阪和線は227系の走行区間ではありません。日根野-和歌山間は223系、225系で対応するのでしょうか? 和歌山線(五条-和歌山間)と紀勢線(海南-紀伊田辺間)で「ICOCA」が使えるようになりますが、特に和歌山線での利用方法は特殊なものがあります。別記事にて紹介したいと思います。

 宇野線では11時台に岡山-備前西市間に1往復、12時台と13時台には岡山-茶屋町間に快速(大元、備前西市、妹尾に停車)を1往復ずつ増発します。反面、伯備線の総社-備中高梁間は日中、3往復減ります。広島地区では休日ダイヤが復活し、休日には広島-岩国間を中心に快速「シティライナー」が走ります。日中に1時間に2本の割合で走ります。快速「シティライナー」は横川に停まる代わりに、宮内串戸を通過します。境線の昼間、2両編成で走る列車が増えます。上下12本について1両編成から2両編成に増えます。
(参考:JR西日本ホームページ https://www.westjr.co.jp/press/article/items/191213_00_kaisei.pdf、https://www.westjr.co.jp/press/article/items/191213_00_fukuoka.pdf、https://www.westjr.co.jp/press/article/items/191213_00_keihanshin-kaku%20%28NXPowerLite%20Copy%29.pdf、https://www.westjr.co.jp/press/article/items/191213_00_wakayama.pdf、https://www.westjr.co.jp/press/article/items/191213_01_okayama.pdf、https://www.westjr.co.jp/press/article/items/191213_00_hiroshima.pdf、https://www.westjr.co.jp/press/article/items/191213_00_sanin.pdf、
山陽新聞digital https://www.sanyonews.jp/article/967415)

| | Comments (0)

高山線のトンネルでも携帯電話つながる

 新幹線で携帯電話がつながりやすくする工事は各地で行われていますが、在来線でも行われている区間はあります。

 それは高山線の岐阜-高山間。高山は海外からの旅行者にとっても人気の観光地です。そこでNTTドコモなど携帯大手3社は2018年度からトンネル内にケーブルを張るなどの工事を行い、11月中にほぼ終えました(ソフトバンクは一部区間の工事が2020年1月までかかります)。通話のほか、インターネットも使えます。工事費用は公表されていません。

 これで終わりではありません。携帯電話3社は高山-富山間でも同じような対策工事を行っています。
(参考:朝日新聞ホームページ https://www.asahi.com/articles/ASMCC563NMCCOIPE01W.html)

| | Comments (0)

白山市、台風で廃車になった北陸新幹線車両の展示を検討

 台風19号で長野新幹線車両センターにあった北陸新幹線の車両10編成が水につかり、廃車になりました。ところが、その廃車になった北陸新幹線車両を使おうとするところがあります。

 それは白山市。JR西日本が所有するW7系を、白山市が白山総合車両所の隣に建設される見学施設、「ビジターセンター」に展示することを検討しています。

 白山市はJR西日本にW7系を展示することができるかどうか問い合わせていますが、新幹線車両センターの復旧が終わっていない段階では、検討することはできない、と言うことです。まずは復旧が先決なのでしょう。

 とは言っても、廃車の活用方法として展示するのは良いアイデアかもしれません。機器類を復旧させる必要はなく、車体だけきれいにすれば良いのですから。
(参考:gooニュース https://news.goo.ne.jp/article/sbc21/region/sbc21-0364999.html)

| | Comments (0)

うめきたのホームドアは世界初

 うめきたの地下駅は2023年春に開業する予定です。最初はおおさか東線や関空、南紀方面の特急が利用するだけですが、2031年になにわ筋線が開業すれば、南海の車両も乗り入れてきます。多種多様の車両が乗り入れてくるのです。

 JR西日本は、昇降式ホーム柵を導入しています。扉の数が違う車両でも対応することができます。しかし、なにわ筋線開業後のうめきたはそれでは対応できません。そのほかの各メーカーが開発している新型ホームドアでも対応が困難です。そこでJR西日本、JR西日本テクシア、ナブテスコ株式会社の3社は、車種に応じて自在に開口を構成することができるホームドアをつくることにし、このたび一次試作機が完成しました。

 JR西日本等が開発を進めているホームドアとはどういうものでしょうか? あらゆる車種、編成に応じて開口を構成することができる、フルスクリーンホームドアで、世界で初めてのものです。ひとつの親扉(親扉はデジタルサイネージ(電子看板)の機能があり、停車する列車の情報や広告を表示することができます)の両側にふたつの子扉がくっついたユニットから成り(このユニットが5つで1両分の長さとなります。今回の試作では3ユニット分のみつくりました)、これがいくつか連続して上部から吊り下げられています。ホームドアの上部のマシンケースに駆動部や配線があり、扉部はスリムになっています。どうやってこのホームドアは動くのでしょうか? 入線する車種や編成を、2Dセンサーと車両に搭載したIDタグで判別します。このシステムはすでにJR西日本のホーム柵で使われているもので、これによって車両に合わせて障子やふすまのようにユニットが動くのです。60以上のパターンに対応することができるようです。ホームドアと客との衝突、ホームドアと車両の間に客が取り残されることについては、モーター過負荷検知機能と2Dセンサー、3Dセンサーで対応します。いろいろな機能があるため、片側当たりの設置費用は従来の5~10億円より高くなるようです。

 これから開発を進めていく段階なので、どうなるかは分かりませんが、完成したものを見てみたいです。理想的なホームドアができれば、安全性の向上に資することになります。
(参考:JR西日本ホームページ https://www.westjr.co.jp/press/article/2019/11/page_15282.html、https://www.westjr.co.jp/press/article/2019/11/page_15284.html、日本経済新聞ホームページ https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52387960Q9A121C1LKA000/、大阪日日新聞ホームページ https://www.nnn.co.jp/dainichi/news/191121/20191121040.html、朝日新聞ホームページ https://www.asahi.com/articles/ASMCN01D9MCMPTIL036.html)

| | Comments (0)

「WEST EXPRESS 銀河」は2020年5月8日デビュー

 JR西日本が117系を改造して走らせる、「WEST EXPRESS 銀河」について、運行概要が明らかになりました。

 「WEST EXPRESS 銀河」は2020年5月8日に運行を開始します。9月までの間は京都・大阪-出雲市間を夜行特急として週2往復ほど走ります。出雲市行きは京都を21時ごろに出て、出雲市に9時半ごろに着きます。途中停車駅は新大阪、大阪、三ノ宮、神戸、西明石、姫路、生山、米子、安来、松江、玉造温泉、宍道です。大阪行きは出雲市を16時ごろに出て、大阪に6時ごろに着きます。途中停車駅は宍道、玉造温泉、松江、安来、米子、根雨、備中高梁、神戸、三ノ宮です。結構時間をかけて走ります。1回だけ運行された「サンライズ出雲93号」よりも遅いです。食堂車はなく、JR西日本のスタッフによる車内販売はないものの、駅や車内で沿線の魅力ある特産物の販売を行い、伝統芸能の披露も行います。4号車のフリースペースが使われます。

 先ほども述べたように、「WEST EXPRESS 銀河」は特急列車として走ります。旅行商品ではありません。普通車指定席とグリーン車指定席は運賃のほかに現行と同額の特急料金、グリーン料金がかかります。グリーン個室(夜行は2人、昼行は2~3人)は現行と同額の特急料金のほか、新規に設定したグリーン個室料金がかかります。400キロまでのグリーン個室料金は7240円(1人当たり)となる予定です。全国の駅の「みどりの窓口」や旅行会社の窓口のほか、「e5489」でも購入できます。

 2020年10月からは行き先が変わります。「せとうち広島デスティネーションキャンペーン」が開かれるため、山陽に向かいます。大阪-下関間を昼行特急として走ります。こちらも週2往復程度です。山陽方面は2021年3月まで走り、2021年4月以降はまた別の地域を走るようです。
(参考:JR西日本ホームページ https://www.westjr.co.jp/press/article/2019/11/page_15269.html、https://www.westjr.co.jp/press/article/2019/11/page_15284.html、乗りものニュース https://toyokeizai.net/articles/-/315285?page=2)

| | Comments (0)

明石に新幹線車両基地?

 山陽新幹線車両基地は、新大阪の近くにはありません。大規模な車両メンテナンスができるのは博多総合車両所、そうでなくても新大阪に一番近いのは岡山までありません。新大阪の東側、鳥飼の車両基地はJR東海のものです。

 これでは、将来リニアと北陸新幹線が新大阪までの全線開業をし、長崎新幹線が話がまとまって全線フル規格となって新大阪に乗り入れてきた場合、増える需要に対応できません。新大阪付近には車両を待機させる場所が少ないのです。リニア延伸に合わせて地下に新幹線の駅をつくるというもありますが、地下なので必要最低限の設備しか設けることはできません。どこか新大阪の近くのJR西日本エリアに車両基地を設ける必要があります。また、地震などの災害で山陽新幹線の一部区間が不通となった場合、大きな車両基地のある博多から車両を持ってくるのが難しくなります。西のほうで災害があった場合でも、残っている区間で走らせることができます。

 それでは、どこに車両基地をつくるのでしょうか? 新大阪に近ければ近いほうがいいのは当然のことですが、阪神間は市街化されており、トンネル区間が多いので用地確保は困難だとJR西日本は考えています。そこで浮かんだ候補地は明石市。まとまった土地が確保できる神戸市西区も候補地に挙がりましたが、立ち退きに必要な土地が少ないことから明石市が選ばれました。

 明石市にできる予定の車両基地は、JR神戸線とも並行しているところです。JR神戸線大久保-魚住間の農業地域にできます。リニアが開業する2037年までに約30ヘクタール(東西1.8キロ、南北150メートル)を整備し、新幹線を20線程度、在来線は10線程度をつくる予定です。車両基地のあたりは水害の危険性が低いです。兵庫県の想定で千年に一度の大雨による河川洪水でも水害の危険性は低いです。長野のようなことはありません。場所によっては50センチ以上浸水するところもありますが、5メートル程度の盛り土を行うことで対応します。

 車両基地の近くには新駅もできます。一時駅ができるというがあったのですが、車両基地に合わせてつくることになりました。明石市内6つ目の駅で、商業地域や宅地などもつくり、大規模開発の総面積は最大で100ヘクタール(阪神甲子園球場25個分)を超えるようです。
(参考:神戸新聞NEXT https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201911/0012878003.shtml、https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/201911/0012878049.shtml)

| | Comments (0)

JR西日本、大晦日の終夜運転をさらに大幅縮小

 8日のことですが、JR西日本は大晦日深夜から元旦にかけての臨時列車についての発表を行いました。

 今回も1年前に比べて終夜運転を行う区間が減っています。今回運転を取りやめる区間は、琵琶湖線草津-京都間、JR宝塚線尼崎-宝塚間、阪和線天王寺-鳳間、桜井線桜井-高田間です。通常通り、終電までの運転となります。

 また、終夜運転を行う区間も、3時ごろで終わってしまうところもあります。奈良線京都-城陽間、大和路線奈良-JR難波間、学研都市線・JR東西線四條畷-京橋-尼崎間です。本当の意味で終夜運転を行うのはJR京都線・JR神戸線京都-大阪-西明石間、大阪環状線・桜島線全線、桜井線奈良-桜井間だけです。

(追記)
 当初終夜運転を取りやめる予定だった琵琶湖線ですが、大津市のびわ湖ホールで行われる年越しコンサート(終演は0:20)に合わせて、臨時列車を2本運転することにしました。膳所発京都行き(大津1:08発)と大津発草津行き(大津1:36発)の2本です。なお、びわ湖ホールから大津へは無料送迎バスが出ます。
(参考:JR西日本ホームページ https://www.westjr.co.jp/press/article/2019/11/page_15240.html、朝日新聞ホームページ https://digital.asahi.com/articles/ASMD95JJBMD9PTJB010.html?pn=4)

| | Comments (0)

浸水した10編成は全て廃車、「e5489」で東京-金沢間10060円

 台風19号によって千曲川が氾濫し、車庫に停まっていた10編成の新幹線車両が浸水しました。JR東日本は6日、これらの車両を全て廃車にすることを発表しました。電子部品があるモーターやブレーキなどの床下機器が完全に水没し、車内もほとんどのシートが座面から肘掛けまで水につかっていたからです。安全性などを考えると、修理するより一からつくり直したほうがよいと判断したのです。廃車にする車両の帳簿上の価値は、8編成あるJR東日本が118億円、2編成あるJR西日本が30億円。LED表示器など部品の一部は転用することを検討しますが、残りは2020年3月期に特別損失として計上されます。

 さて、現在の北陸新幹線のダイヤは、一部列車が運休するなど通常時の8割ほどの本数で運転されています。しかし、JR東日本が6日に発表したところによれば、11月中に東京-金沢間を直通する列車は全面復旧させ、2020年3月末までに東京-長野間の「あさま」を含めて台風前の本数に戻します。上越新幹線用につくっている5編成と予備車両1編成を北陸新幹線に転用するのです。

 割引切符の販売もあります。JR西日本は、北陸新幹線利用者に、「e5489」専用のお得なきっぷ、「WEB早特14」を期間限定で設定します。利用期間は12月17日から25日までと、2020年1月6日から15日までです。発売期間は利用日の1か月前10:00から14日前23:30までです(発売開始日のさらに7日前から申し込むことができる、「e5489」事前申込サービスも使えます)。「かがやき」、「はくたか」全列車の普通車指定席が対象で(予約することのできる席数には限りがあります。長野発着の場合は「はくたか」のみ利用可能です)、値段は通常期大人1人の場合(子供の設定もあります)、東京(都区内)-金沢間10060円、東京(都区内)-富山間9070円、東京(都区内)-上越妙高間6590円、上野(都区内)-金沢間9910円、大宮-金沢間9680円、長野-金沢間6370円などとなっています。東京(都区内)-金沢間でみると、3割安く、4320円お得です。
(参考:共同通信社ホームページ https://this.kiji.is/564685117864641633、日本経済新聞ホームページ https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51843800W9A101C1MM0000/、https://www.nikkei.com/article/DGXMZO51861710W9A101C1LB0000/、朝日新聞ホームページ https://www.asahi.com/articles/ASMC654G8MC6UTIL034.html、JR西日本ホームページ https://www.westjr.co.jp/press/article/2019/11/page_15226.html)

| | Comments (0)

松井大阪市長、駅名に「大阪堺」を提案

 10月31日のことですが、大阪府、大阪市、堺市が湾岸地域の街づくりに関する会議を開きました。そこで松井大阪市長が提案したのは、堺市内の駅名に「大阪」をつけること。「大阪堺」とするのです。堺市の知名度向上のためです。

 しかし、「大阪」を頭に付けると、堺が大阪の一地域のように受け取られてしまいます。余計に混乱してしまいます。阪急や阪神が梅田を大阪梅田としたのとは話が違います(もっとも、個人的には梅田が大阪にあるのは当たり前のことで、渋谷や新宿を東京渋谷や東京新宿と言うぐらい違和感があります)。堺は大阪市内にはありません。

 大阪都構想を実現したい松井大阪市長としては、堺も吸収合併したいところでしょうが、中世からの伝統があり、都市規模が大きい堺は、単なる大阪の衛星都市ではありません。大阪市の区域が狭すぎ、大阪の都市規模に比べて人口が少ないのは確かなところです。ですから、合併で大阪市を大きくするのは理解ができますが、それなら周辺のほかの市を合併すれば良いのです。堺は吸収合併するには大きすぎます。

 堺を潰すのが大阪都構想の目的ならともかく、大阪の都市機能の向上が第一の目的なら、堺を吸収合併することはやめたほうがよいでしょう。
(参考:読売新聞オンライン https://www.yomiuri.co.jp/national/20191102-OYT1T50284/)

| | Comments (2)

「エクスプレス予約」等で西鉄「旅人」が安くなる

 JR東海、JR西日本、西鉄は、福岡・太宰府エリアへの観光推進のため、東海道・山陽新幹線のネット予約&チケットレス乗車サービス、「エクスプレス予約」、「スマートEX」の利用者を対象に、「太宰府ライナーバス『旅人』」(2014年に運行を開始しましたが、好評のため増便され、多いときには約15分間隔で運行されています)や福岡市内の西鉄バスの1日フリー乗車券を割引価格で購入することのできるキャンペーンを期間限定で行います。

 キャンペーンの期間は11月1日から2020年3月31日まで。広島以東の東海道・山陽新幹線各駅から「エクスプレス予約」、「スマートEX」で博多まで利用した人は、定価1500円の「福岡市内+太宰府ライナーバス『旅人』1日フリー乗車券」を1000円で買うことができます。「福岡市内+太宰府ライナーバス『旅人』1日フリー乗車券」購入日の当日あるいは前日に新幹線を利用することが条件で、「EXご利用票」または「ご利用票兼領収書」を博多バスターミナル3階乗車券窓口で提示します。新幹線の切符では割引は受けられません。なお、「福岡市内+太宰府ライナーバス『旅人』1日フリー乗車券」は大人1枚で同伴する子供1人の運賃が無料になります。

 また、「EXご利用票」、「ご利用票兼領収書」の提示によって、九州国立博物館の入館料等が割引になります。
(参考:JR東海ホームページ https://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000040123.pdf)

| | Comments (0)

より以前の記事一覧