木次線出雲横田-備後落合間の輸送密度は18人

 JR西日本は、2020年度の輸送密度を発表していました。

 JR東日本のところでも触れましたが、2020年度は新型コロナウイルスの影響で利用者は減っています。ですからここでも2019年度のものと併用して見ていきたいと思います。

 JR東日本のときもそうでしたが、JR西日本においてもいくつかの区間において分けかたが以前より細かくなっています。木次線もそのひとつ。2019年度のデータでは木次線全線で190人でしたが、2020年度では出雲横田で分割され、宍道-出雲横田間では198人、出雲横田-備後落合間では18人でした。木次線全体では133人なので、新型コロナウイルスの影響がなくなればもう少し上がるでしょうが、とても鉄道で維持するのは無理な状況です。保守で運休しているとき、出雲横田-備後落合間ではジャンボタクシーを使っています(そのときの乗車記はこちら)。それで足りるぐらいの需要なのです。宍道-出雲横田間でも厳しいぐらいです。

 芸備線も細かくなっています。2019年度は備中神代-東城間は81人、東城-備後落合間は11人、備後落合-三次間は215人、三次-狩留家間は713人、狩留家-広島間は7987人でした。ジャンボタクシーが適当な超ローカル線から地方交通線に位置づけるのが申し訳ないような大都市近郊の区間までバラエティに富んでいます。それが2020年度では備中神代-東城間は80人、東城-備後落合間は9人、備後落合-備後庄原間は63人、備後庄原-三次間は348人、三次-下深川間は929人、下深川-広島間は8444人となりました。備後庄原-三次間は意外とありますが、それより東は論外と言ったところです。ローカル線では加古川線も分割されました。2019年度は厄神-谷川間は1938人でしたが、2020年度では厄神-西脇市は2435人、西脇市-谷川間は215人となりました。西脇市までは鉄道としての役目を果たしますが、西脇市-谷川間については、阪神大震災で迂回路として役立った実績を差し引いても鉄路を維持すべきかどうか難しいところです。

 阪和線と山陽線では、枝線を分離しています。2020年度の鳳-東羽衣間は8883人、兵庫-和田岬間は8749人です。兵庫-和田岬間は朝夕しか走らないのに鉄道として十分な数字を稼いでいます。
(参考:JR西日本ホームページ https://www.westjr.co.jp/company/info/issue/data/pdf/data2021_08.pdf、https://www.westjr.co.jp/company/info/issue/data/pdf/data2020_08.pdf、タビリスホームページ https://tabiris.com/archives/jrw-yusomitsudo2020/)

| | | Comments (0)

JR東日本等で4段階のシーズン別指定席特急料金

 これまで、新幹線や特急の指定席特急料金はシーズン別に3段階に分かれていました。繁忙期は通常期より200円高く、閑散期は通常期より200円安くなります。ところが以前にも書きましたが、JR東日本等は2022年4月1日乗車分からこの区分を4段階にします。

 4段階の対象となるのは、東北、山形、秋田、北海道、上越、北陸の各新幹線と、一部の特急、快速列車。JR北海道の北海道新幹線、JR西日本の北陸新幹線も対象になりますが、全車指定席で年間を通じて同額になっている「ひたち」、「スワローあかぎ」、「あずさ」、「踊り子」等は対象ではありません。

 それでは、どういう料金体系になるのかと言えば、最繁忙期、繁忙期、通常期、閑散期の4段階です。最繁忙期は利用が特に多い年末年始、ゴールデンウィーク、お盆に設定され、通常期より400円高くなっています。繁忙期、閑散期は現行と同じです。なお、快速は通常期と閑散期の2段階です。適用日も見直されます。繁忙期は利用が多い夏や秋の連休にも設定されます。また、混雑する時期を少しずらして利用してもらうために、最繁忙期や繁忙期のすぐ近くに通常期や閑散期を設定します。例えば、ゴールデンウィークの最繁忙期は4月27日から始まりますが(2022年度の場合、以下同じ)、その前日の4月26日は閑散期です。1日の違いで600円も変わります。お盆の最繁忙期は8月19日までですが、その翌日の8月20日は通常期です。1日で400円も違います。これまでの3段階の場合、繁忙期は84日、通常期は199日、閑散期は82日ありましたが、新しい4段階のシーズン別指定席料金になると、最繁忙期は30日、繁忙期は41日、通常期は188日、閑散期は106日です。繁忙期や通常期は減りますが、閑散期は増えています。また、現在の料金体系から見ると、値上げになるのが46日、値下げになるのが51日です。最繁忙期を設けることによって値上げになるように見えますが、実は値下げになる日のほうが多いのです。

 とは言っても、最繁忙期と閑散期の差は600円です。大した差ではありません。差をつけるためには、閑散期を中心に(インターネットでしか買えない)割引切符を売るのが望ましいと言えます。
(参考:JR東日本ホームページ https://www.jreast.co.jp/press/2021/20211005_ho04.pdf)

| | | Comments (0)

JR東日本の新幹線にも仕事ができる車両

 東海道・山陽新幹線ではこの10月から仕事ができる新幹線車両を走らせていますが、JR東日本でもそういう車両を走らせることになりました。この2月から「はやぶさ」等において通話やWEB会議ができる新幹線オフィスの実証実験を2回行い、ついに本格的に実施することになったのです。

 「新幹線オフィス車両」を本格的に実施するのは11月22日。休日や年末年始などの多客期を除いて行います。「つばさ」、「こまち」、「つるぎ」を除く東北、北海道、上越、北陸新幹線の全列車、全区間において8号車が対象となります(利用状況などにより、実施日や対象列車が変更となることもあります)。

 東北新幹線等の場合は、東海道・山陽新幹線と違って、席の予約はできません。新幹線の切符を持っていれば、自由に利用することができます。追加料金もかかりません。なお、一部列車において、Wi-Fiのルーターなどを有料で貸し出しする予定です。

 話は変わりますが、在宅勤務の普及に伴い、地方に住んで、時々都心部に通う人もいます。今までと違う都心部への新たな移動スタイルに対応するため、「タッチでGo!新幹線」、「新幹線eチケット」で、平日の閑散時間帯に一定区間、回数を利用した人に、「JRE POINT」で還元します。新幹線乗車時のほか、抽選でさらに「JRE POINT」を付与するキャンペーンも行う予定です。

 また、新幹線の移動前後の時間を有効に活用するため、シェアオフィスやコーヒーのサブスクリプションサービスも行う予定です。
(参考:JR東日本ホームページ https://www.jreast.co.jp/press/2021/20211005_ho02.pdf)

| | | Comments (0)

なにわ筋線、10月中に本格着工

 2030年度末に大阪(地下ホーム)とJR難波(JR西日本)、新今宮(南海)とを結ぶなにわ筋線が開業します。

 そのなにわ筋線ですが、この10月中に本格着工します。大阪府議会で大阪府が議員の質問にそのように回答したのです。中之島(駅名はいずれも仮称)、西本町で本格的な工事に着手する予定です。

 実は2020年に国交省から認可を得て以来、整備主体である関西高速鉄道は、用地交渉、鉄道施設の詳細設計、工事説明会など、工事着手に向けた準備を進めてきました。10月中に本格着工する中之島、西本町においても、4月から試掘調査が行われていました。既設埋設管の位置を把握するためです。その後、道路の分離帯を撤去し、信号機を移設し、車線の変更をするなどの準備工事を行うことによって工事用地を確保します。ここまで終わったら、現地に高さ30メートルの機械を組み、土留め用の杭と擁壁を打ち込みますが、これを本格的な工事と称するようです。

 なにわ筋線はまだまだ先の話と思っていたら、あと10年で開業します。それを考えると、そろそろ工事に着手しないと間に合いません。なにわ筋線が開業し、新大阪、大阪と関空、大阪南部が一直線で結ばれ、便利になることを期待したいです。
(参考:マイナビニュース https://news.mynavi.jp/article/railwaynews-298/)

| | | Comments (0)

マキノ駅にレンタカー営業所

 駅から目的地へのアクセスとして、レンタカーが使われることもあります。主要駅にはレンタカーの営業所があり、そこで車を借りて目的地に行くことができます。

 そんなJR駅レンタカーの営業所ですが、11月1日から湖西線マキノ駅に設置されることになりました。6月15日にJR西日本と高島市との間で締結した「地方創生に関する連携協定」に基づき、高島市の観光振興のために、高島市内にレンタカー事務所を設置することになりました。それがマキノ駅でのJR駅レンタカー営業所設置です。「みどりの窓口」があり、ごく一部とはいえ特急が停まる近江今津駅ではなく、マキノ駅が選ばれたのはなぜでしょうか? 大体、開業式典に出席する駅長は近江今津駅長です。

 JR駅レンタカーマキノ営業所は、マキノ駅のマキノ駅観光案内所内に設けられます。営業期間は3月1日から12月28日までで、12月29日から2月末までの冬季は休業します。
(参考:JR西日本ホームページ https://www.westjr.co.jp/press/article/items/210924_03_makino.pdf)

| | | Comments (0)

芸備線に臨時列車

 芸備線は一部の区間においてあまりにも利用者が少ないため、廃止のがあります。その芸備線ですが、芸備線庄原市・新見市エリアの利用促進等に関する検討会議を踏まえ、臨時列車を運行することになりました。

 まずひとつは、広島からのお出かけに便利な列車。芸備線は2018年西日本豪雨災害で大きな被害を受けましたが、全線復旧後の2019年秋の行楽シーズンから走っている快速「庄原ライナー」を2021年も走らせます。運転日は10月23日から12月12日までの休日、合計18日間。ダイヤは広島10:05発備後庄原11:56着です。広島10:05発の「みよしライナー」を備後庄原まで延長する格好となります。終点の備後庄原では、駅周辺へのアクセスに便利な「庄原市街地循環『ひまわりバス』」を増便します。

 国営備北丘陵公園では11月6日からナイトイルミネーションが行われます。これに合わせて、通常休日に運休している備後庄原19:23発の三次行きを休日も走らせます(もっとも、広島方面への接続はよくありません。次の列車に乗っても広島に着くのは同じです)。運転日は10月23日から12月12日までの休日、合計18日間です。

 休日に広島に出かけた人の帰宅に便利な臨時列車も走らせます。運転日は10月23日から12月12日までの休日、合計18日間、三次18:37発備後庄原行きを走らせます。通常のダイヤでは広島17:05発「みよしライナー」に乗っても備後庄原方面への接続はありませんでしたが、これで夕方に広島を出る「みよしライナー」3本全てが備後庄原方面への普通列車に接続することになります。

 最後に紹介するのが、芸備線を乗り潰したい鉄道ファンにとって重要な列車です。現在、芸備線の新見-三次間を明るい時間に乗り潰そうと思ったら、1往復しか使えません(夏場なら新見5:17発に乗っても良いですが、新見に泊まる必要があります)。どうしても昼間の1往復に鉄道ファンが集中します。そこで、10月23日から12月5日までの休日、合計16日間、新見-備後落合間及び備後落合-三次間に臨時列車を走らせることにしました。ダイヤは下りが新見10:57発備後落合12:21着と備後落合13:40発三次15:16着、上りが三次9:58発備後落合11:21着と備後落合12:30発新見13:54着です。備後落合では1時間以上待ちますが、この間に駅周辺の散策をしても良いでしょう。また、この臨時列車は備後落合で「奥出雲おろち号」とも接続します(下り「奥出雲おろち号」の備後落合到着は12:36着なので、新見行きには接続しません。惜しいところです)。「奥出雲おろち号」については、備後落合での接続が悪すぎるという問題がありましたが(特に上りに乗るためには、早朝に新見や三次を出ないと間に合いません)、これで解消できます。

 正直言って、芸備線の備後落合付近は通学などの日常的な利用は見込めず、鉄道ファンぐらいしか乗ってくれる人はいません。廃止までの間、「青春18きっぷ」のシーズンなどに、このように新見-三次間を乗り通すことができる臨時列車を出して、特定の列車に集中しないようにするのが望ましいでしょう。今回みたいに備後落合での接続待ち時間があれば、そこで地元の特産品などを売ることもできます。
(参考:JR西日本ホームページ https://www.westjr.co.jp/press/article/items/211007_02_press_geibizoubi.pdf、https://www.westjr.co.jp/press/article/items/211008_05_press_geibi.pdf)

| | | Comments (0)

「JR西日本 どこでもきっぷ」等、発売される

 発売の発表はあったものの、実際に発売開始になる前に中止になってしまった、「JR西日本 どこでもきっぷ」、「JR西日本 関西どこでもきっぷ」。新型コロナウイルスの感染状況が落ち着いてきたためか、発売されることになりました。

 「JR西日本 どこでもきっぷ」はJR西日本、智頭急行、JR西日本宮島フェリーが乗り放題。IRいしかわ鉄道の金沢-津幡間、あいの風とやま鉄道の富山-高岡間については通過利用する場合に限り、追加料金なしで乗車できます。新幹線や特急も乗り放題で、普通車指定席も6回まで使えます。「JR西日本 関西どこでもきっぷ」はJR西日本の関西エリア、智頭急行が乗り放題 。乗り放題のエリアなら新幹線や特急も乗り放題で、普通指定席も6回まで使えるのは「JR西日本 どこでもきっぷ」と同じです。利用期間は10月15日から12月26日まで(2日間用は12月25日出発分まで、3日間用は12月24日出発分まで)、発売期間は10月8日から12月18日まで(3日間用は12月17日まで)です。出発の1か月前から7日前まで発売します。値段は「JR西日本 どこでもきっぷ」の2日間用が18000円、3日間用が22000円、「JR西日本 関西どこでもきっぷ」は2日間用のみで10000円です(子供は全て半額で、子供だけの発売や利用はできません)。発売箇所はJR西日本ネット予約の「e5489」、JR西日本、JR九州(福岡県、佐賀県に限ります)管内の主な旅行会社で、「みどりの窓口」では発売しません。なお、「JR西日本 どこでもきっぷ」の2日間用は旅行会社のみで発売し、「e5489」での発売は行いません。

 これらの切符は、JR西日本にしては珍しく、1人でも利用できます。グループで旅行すればどうしても声が出てしまい、感染リスクが高まりますが、1人ならそのようなリスクは少なくなります。感染対策をきちんとしながら、出かけたいものです。
(参考:JR西日本ホームページ https://www.westjr.co.jp/press/article/items/211004_03_dokodemokippu.pdf)

| | | Comments (0)

JR西日本、佐川急便とも組む

 福山通運と組んで山陽新幹線で荷物を運ぶ計画のJR西日本。そのJR西日本ですが、別の運送業者とも組むことになりました。

 その業者は、佐川急便。JR西日本、JR九州、佐川急便の三社で行います。JR西日本など三社は、受託した荷物を山陽・九州新幹線で運ぶ貨客混載輸送の事業化に向けた検討を開始していくことになりました。すでにJR九州と佐川急便は、九州新幹線において荷物の輸送を行っていますので、それを山陽新幹線に拡大したとも言えます。

 JR西日本、JR九州、佐川急便の三社で行う貨客混載輸送は、荷物を車内販売準備スペースに置きます。駅間の輸送はJR西日本区間においてはJR西日本グループが、JR九州区間においてはJR九州グループが行い、集荷先から駅及び駅から配達先までの輸送は佐川急便が行います。

 なお、今後、JR西日本と佐川急便は、山陽新幹線内で完結する荷物の輸送も検討するとのことです。山陽新幹線内のみで荷物を運ぶ福山通運と、九州新幹線にもまたがる佐川急便というように棲み分けをするものと思っていましたが。

 ところでこの貨客混載輸送ですが、早速実証実験を行いました。10月1日に串木野港で水揚げされた活車海老を大阪市内の飲食店まで運びました。朝6時に水揚げされた魚介類が14時には大阪に届いたのです。
(参考:JR西日本ホームページ https://www.westjr.co.jp/press/article/items/210924_05_kakyakukonsai.pdf、https://www.westjr.co.jp/press/article/items/211001_05_transport.pdf)

| | | Comments (0)

地鉄路面電車、10月10日から交通系ICカード利用可能に

 富山地鉄の路面電車は、独自のICカード(「ecomyca」、「passca」)のみ使うことができます。交通系ICカードは使えません。地元の人はともかく、ほかの地域から来た人は使うことができません。

 ところが、以前にも書いた通り、富山地鉄の路面電車でも「ICOCA」等、10種類の交通系ICカードが使えるようになります。10月10日からなので、当初の予定より1年早くなったようです。

 交通系ICカードが使えるのは富山地鉄の路面電車。鉄道や路線バスでは利用できません。車両の降車口の扉横に交通系ICカード専用のカードリーダーがありますので、そこにタッチします。運転士横にあるカードリーダーは「ecomyca」、「passca」用なので、そちらにタッチしてはいけません。交通系ICカードは支払いのみに使え、チャージはできないので、あらかじめコンビニ等でチャージしておく必要があります。交通系ICカードの販売も行っていません。運賃は現金で払ったときと同じく、大人210円、子供110円。「ecomyca」、「passca」とは違って割引はありません。ある程度使う機会があるなら「ecomyca」、「passca」を買えばいい話です。交通系ICカードが使えるだけで十分でしょう。

(追記)
 交通系ICカードの導入費用7400万円は富山市が全額負担しました。
(参考:JR西日本ホームページ https://www.westjr.co.jp/press/article/items/210910_08_icoca_toyama.pdf、北國・富山新聞ホームページ https://nordot.app/818574483769556992、富山テレビホームページ https://nordot.app/819868247331274752)

| | | Comments (0)

「ICOCA定期券」を持つとフリー切符が格安に

 テレワークや休校で会社や学校に行く機会が減ると、定期券を買わずに回数券等で対応するようになります。回数券等になると、どうしても節約して乗る機会を減らそうとします。どんどん運賃収入が減っていきます。定期券は割安ですが、一旦買えば一定の収入が入ります。そこでJR西日本では、JR西日本エリアを利用区間に含む「ICOCA定期券」を持っている人に特典をつけるキャンペーンを行っています。「ICOCA定期券『プラス』キャンペーン」です。

 このキャンペーンは、これから「ICOCA定期券」を買う人(新規、継続どちらでも可)と、すでに「ICOCA定期券」を持っている人で、特典の内容が変わります。これから買う人は、9月15日から10月15日の間にWEBでエントリーをします。定期券の購入日が9月15日から10月15日の間であれば、定期券の有効期間は問いません。特典は11月中に受けることができます。その特典とは、関西エリアの普通列車が1日乗り放題となる、「関西近郊『プラス』乗り放題きっぷ」(敦賀、園部、篠山口、上郡、柘植、和歌山まで利用可能)を1枚1000円(子供500円)で買うことができるものです。11月中に2回買うことができ(乗車日の3日前から前日まで購入することができます)、1回で3人分まで買うことができます。なお、「関西近郊『プラス』乗り放題きっぷ」は「e5489」で購入します。休日には定期券の範囲外に出かけてみたいです。

 すでに特典利用期間(11月1日~30日)を有効期間に含む「ICOCA定期券」を持っている人については、(1)11月中のレンタサイクルが2000円で乗り放題となるサブスクリプションサービス もしくは(2)京都鉄道博物館入館時におけるオリジナルクリアファイルのプレゼント(1回限り) のどちらかが選ぶことができます。
(参考:JR西日本ホームページ https://www.westjr.co.jp/press/article/items/210910_03_icoca_cp.pdf)

| | | Comments (0)

より以前の記事一覧