JR四国、7月18日から2700系大幅に増加

 JR四国の話題をいくつか。

 2019年8月にデビューした、新型特急ディーゼルカーの2700系。制御付自然振り子で四国の険しい山に挑んでいます。この2700系ですが、2020年度にも増備され(23両が新製されます)、7月18日(一部は19日)から運行本数が大幅に増えることになりました。

 「南風」はこれまで28本中6本が2700系でしたが、7月18日以降は18本に増えます。「しまんと」はこれまで10本中2本が2700系でしたが、7月18日以降は4本に増えます。「あしずり」はこれまで16本中2本が2700系でしたが、7月18日以降は4本に増えます。「うずしお」はこれまで33本中15本が2700系でしたが、7月18日以降は23本に増えます。なお、「うずしお」は2017年にデビューした2600系を使うものもあり、それと合わせると33本中31本が新型車両となります(残る2本は185系です)。

 四国に住んでいる人には、お得な切符があります。「土休日限定 大阪日帰りひかり・こだま超トク!!きっぷ」を7月1日から8月29日まで発売しています。利用できるのは7月4日から8月30日までの休日(8月10、15、16日は除きます)で、前日までに購入する必要があります。決められた新幹線(「ひかり」、「こだま」)に乗る必要があり、席数限定の切符です。途中下車は岡山のみできます。主な駅からの値段は、高松が8200円、松山が10500円、高知が10300円です。

 通勤や通学のときにお得に特急に乗ることができる、特急用定期券「快てーき」ですが、6月30日から8月31日までの間、指定席にアップグレードできる「区間限定快てーき専用格安指定席回数券」を発売しています。発行日から14日間有効の、5枚綴り1000円の回数券です。高松-観音寺間、高松-徳島間、今治-松山間、松山-宇和島間など13区間で発売しています。
(参考:JR四国ホームページ www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/2020%2006%2029%2001.pdf、「鉄道ファン」2020年6月号 交友社

| | Comments (0)

JR四国とJR九州で乗り放題の切符を発売

 新型コロナウイルスにより、鉄道の利用者は大幅に減っています。そこでJR四国とJR九州は乗り放題の切符を発売します。

 JR四国は休日を1日以上含む連続した3日間利用可能な「四国満喫きっぷスペシャル」を7月1日から発売しています。発売期間は7月1日から9月27日まで、利用期間は7月1日から9月29日まで(ただし、休日を1日以上含むことが必要となります)です。値段はJR四国の「みどりの窓口」等で買う場合が8000円(以前にも同様の切符を発売したことがありますが、5000円も安くなっています)、WEBで購入する場合が8500円です。レンタカーとセットにしたプランもあり、それは10500円です。「みどりの窓口」で買うほうが安いのですが、これはアンケートに協力することを条件としています。また、WEBで購入する場合は出発の6日前までです。そして、子供は一律3000円です(大人と同一行程の場合のみ発売します)。

 「四国満喫きっぷスペシャル」は児島-宇多津間を含むJR四国全線と土佐くろしお鉄道全線の特急を含む普通車自由席に乗り降り自由です。阿佐海岸鉄道全線とJR四国の路線バスにも乗り降りできます。最終日に0時を過ぎた場合は列車に乗っている限り、有効です。

 JR九州で発売されるのは、「みんなの九州きっぷ」です。JR九州全線あるいは北部九州エリア(豊肥線、三角線以北)の九州新幹線、特急に2日間乗り放題です(JR西日本の山陽新幹線、博多南線には乗車できません)。どちらも普通車指定席には6回乗ることができ、新幹線や特急の自由席は乗り放題です。発売期間は7月1日から9月23日まで(利用開始日の3日前まで発売)、利用期間は7月11日から9月27日までの休日です。

 値段は全九州版が大人10000円、子供2000円、北部九州版が大人5000円、子供1000円です。大人は1人で利用できますが、子供1人だけでの利用はできません。「みどりの窓口」では発売せず、JR九州インターネット列車予約あるいはJR西日本の「e5489」で購入することになります。旅行会社では宿泊旅行商品とセットで発売します。

 また、男性は60歳以上、女性は50歳以上なら、「ハロー!自由時間クラブ」に入ることができます。この会員なら、7月11日から9月30日の間、曜日に関係なく利用することができます。発売は7月1日から9月26日まで(利用開始日の3日前まで発売)で、その他の条件は「みんなの九州きっぷ」と同じです。

 ともかく、JR四国のもJR九州のも魅力的な内容です。買って乗ってみたくなります。
(参考:JR四国ホームページ www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/2020%2006%2029%2001.pdf、JR九州ホームページ https://www.jrkyushu.co.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2020/06/29/200629minnnanokyushukippu.pdf)

| | Comments (0)

福塩線に高校生向け臨時列車

 緊急事態宣言の影響で学校は休校となっていましたが、解除されたので学生や生徒が戻っています。朝のラッシュが戻ってきたのです。

 しかし、混雑する列車はまさに「三密」。感染拡大を防ぐためにはまさに避けたいところです。そこでJR西日本は福塩線に臨時列車を走らせました。6月1日からの平日、当分の間走るこの臨時列車は、福山8:15発の吉舎行き。沿線にある高校への通学用としての列車で(生徒以外でも乗車できます)、1両編成です。7時台に走る定期列車を3年生が、この臨時列車を1、2年生が使い、混雑の緩和を図ります。

 このような混雑は、福塩線だけではありません。徳島でも見られます。そこでJR沿線にある15の高校や特別支援学校はJR四国に対して、車両の増結を求めています。

 ただ、それは簡単にはいきません。朝ラッシュ時には使えるだけの車両を使っているので、増発することが難しいのです。先ほど挙げた福塩線も、三次に着いて仕事が終わった車両を活用しているのです。そういう車両がなければ、増結はできません。代わりにJR四国は分散登校や始業時間の繰り下げを勧めていますが、一刻も早く学習の遅れを取り戻したい学校側は受け入れることができません。

 混雑緩和には、特急用車両を使って「ホームライナー」を走らせる方法もあるでしょうが、これは社会人向けのアイデアで、高校生には難しいです。結局何も改善がなされないまま放っておかれるのでしょうか?

(追記)
 徳島県教育委員会は、県立高校生を対象にした貸切の大型バスを走らせることによって、混雑の解消を図ります。7月末から10月末まで4区間で走らせます。かかる費用は3000万円です。
(参考:JR西日本ホームページ https://www.westjr.co.jp/press/article/items/200528_00_fukuensen.pdf、徳島新聞ホームページ https://www.topics.or.jp/articles/-/373172、中国新聞ホームページ https://www.chugoku-np.co.jp/local/news/article.php?comment_id=648429&comment_sub_id=0&category_id=112、毎日jp https://mainichi.jp/articles/20200709/k00/00m/040/068000c)

| | Comments (0)

7月18日から牟岐線牟岐-海部間バス代行

 阿佐海岸鉄道はDMVを導入します。DMVはひと駅だけですがJR四国の牟岐線に乗り入れるので(乗り入れる区間の阿波海南-海部間は阿佐海岸鉄道に編入されます)、JR四国のほうも施設の工事をしなければなりません。ただその工事もすぐにできるものではありません。列車の運行を止めての大掛かりな工事となります。そこでJR四国は、7月18日から2021年1月31日(予定)までの間、代行バスを走らせて対応します。

 代行バスの走る区間は牟岐線牟岐-海部間。現在、阿波海南には折り返しの設備がなく、牟岐まで行かないと折り返しができないからです。駅前のロータリーあるいは駅近くのバス停に停まります。代行バスは鉄道時代と同じ本数の1日9往復が走りますが、鉄道より若干時間がかかるため、代行バスや阿佐海岸鉄道のダイヤは若干変更されています。夜間の上りでは、1本早い阿佐海岸鉄道鉄道の列車に乗らないと徳島方面に行くことができない、というケースもあります。要注意です。
(参考:JR四国ホームページ www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/2020%2006%2015%2002.pdf、阿佐海岸鉄道ホームページ asatetu.com/archives/2516、レスポンスホームページ https://response.jp/article/2020/06/15/335605.html)

| | Comments (0)

北陸新幹線に臨時列車設定か?

 2020年夏の臨時列車は、設定があるものの実際には指定券の発売を行っていなかったり、あるいは最初から臨時列車の設定をしていなかったりしていますが、運行させる動きがあるようです。

 9日に行われた深沢JR東日本社長の記者会見によれば、臨時列車の運行再開を考えているのは、北陸新幹線。緊急事態宣言が解除されたので、夏場に需要が回復する可能性があると判断しているようです。実際に臨時列車を設定するかは、予約状況を見てからのこととなります。また、上越妙高以西がJR西日本エリアのため、臨時列車の設定に当たってはJR西日本との協議を行うとのことです。

 全国的に見れば、ところどころで臨時列車を設定する動きが出ています。JR北海道は「フラノラベンダーエクスプレス」、「富良野・美瑛ノロッコ」、「くしろ湿原ノロッコ」の一部について、指定席の発売を始めます(「富良野・美瑛ノロッコ」、「くしろ湿原ノロッコ」については、新型コロナウイルス感染予防のため、指定席を4割ほど減らして発売します)。ただ、依然として指定席の発売を見合わせている列車はありますし、中には臨時列車の設定を取りやめる列車も出ています。

 小田急からJR東海の御殿場線に乗り入れる「ふじさん」ですが、7月18日から26日までと8月15日から30日までの休日に、臨時列車を1往復運転します。「ふじさん31号」は新宿12:40発御殿場14:18着、「ふじさん32号」は御殿場10:48発新宿12:27着です。

 JR四国は、「瀬戸大橋アンパンマントロッコ」を岡山-琴平間、岡山-高松間で運転します。予土線では定期列車に併結するかたちで「しまんトロッコ」を運転します。「うずしお」や「剣山」に併結するかたちで「ゆうゆうアンパンマンカー」を運転します。なお、2020年の夏は、田井ノ浜海水浴場が開設されないため、牟岐線の田井ノ浜は開設されません。
(参考:Yahoo!ニュース https://news.yahoo.co.jp/articles/9e198cc1aa1e000c45f6958cbb58ca008bcb04be、JR北海道ホームページ https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20200610_KO_Natsurin.pdf、小田急ホームページ https://www.odakyu.jp/news/o5oaa1000001rhrc-att/o5oaa1000001rhrj.pdf、JR四国ホームページ www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/20200609_rinji.pdf)

| | Comments (0)

西牧JR四国新社長、当面は赤字路線の収支改善を急ぐ

 JR四国の社長が交代します。

 新しい社長に内定しているのは西牧氏。現在、JR四国の専務を務めています。6月26日に行われる株主総会の後の取締役会で正式に社長に就任します。現在の半井JR四国社長は、代表権のある会長になります。

 さて、その西牧JR四国新社長は5月22日、高松市内で記者会見を行いました。その記者会見の中で西牧JR四国新社長は、四国新幹線の導入よりも、赤字路線の収支改善を優先させるという考えを明らかにしました。

 そもそも四国新幹線と赤字路線の収支改善は時間軸としては別の問題です。新幹線は5年や10年程度ではできません。在来線特急程度のスピードでは車に対抗できません。新幹線は抜本的な経営改善策としては有用ですが(西牧JR四国新社長もそれを認めています)、北陸新幹線や長崎新幹線の目途が立ってからの話です。

 それに比べて赤字路線の収支改善は短いスパンで考えないといけない話です。JR四国は新幹線も大都市圏もなく、ドル箱の路線はありません。しかし、予土線のような極めて需要の少ない路線はあります。特に3月以降は新型コロナウイルスの影響で収入が激減しています。どうやってそのような需要の少ない路線を現状にあったものにするかがすぐ解決しなければならない課題です。西牧JR四国新社長はある意味、当たり前のことを言っているだけです。
(参考:Yahoo!ニュース https://news.yahoo.co.jp/articles/226d4d88ecaadd6d5844fe7beee8aa08c48f8953)

| | Comments (0)

JR四国も6月13日から運休列車減少

 昨日の記事でも触れましたが、JR四国の定期列車の運休等について書いていきます。

 5月16日から増えていたJR四国の定期列車の運休等ですが、こちらも6月13日から、運休する列車が大幅に減ることになりました。6月13日以降も引き続き運休する列車は、「うずしお」2往復と「剣山」2往復のみです。6月30日まで運休する予定です。途中で乗り換えしなければならなくなる列車も大幅に減ります。6月13日から6月30日まで、「いしづち」が区間運休するために多度津(高松方面から松山方面)あるいは宇多津(松山方面から高松方面)で乗り換えしなければならないのは、「いしづち」2往復だけです。「いしづち」は高松-多度津(上りは宇多津)間を2両編成あるいは3両編成で走り、「いしづち」との分割や併結のなくなった「しおかぜ」(2往復)は5両編成で走ります。

 そして、6月12日までの間ですが、臨時特急が走ります。今治発松山行きの「いしづち109号」で、5月27日から29日、6月1日から5日、8日から12日の間運転します。3両編成の全車自由席で、途中伊予北条に停まります。時刻から考えて、帰宅時間帯の通勤特急なのでしょう。

 さて、運休していた定期列車が走り出すということは、駅の営業体制も元に戻っていくということになります。一時期JR四国では、一部の駅を除いて窓口の営業時間を短縮していましたが、6月1日からは元通りにします。JR四国電話案内センターの営業時間も元通りになり、店舗での窓口営業を休止していたワープ支店及び駅ワーププラザの窓口営業を再開します。いずれも6月1日からです。

 観光列車の運行も再開します。ただ、再開は7月になってからということなので、「四国まんなか千年ものがたり」ではつなぎの企画を用意しています。下りの「そらの郷紀行」で食事を提供している「カフェ&レストラン神椿」料理長による特製洋食ランチです(実際に車内で提供している料理とは異なるものです)。6月1日から30日の間、琴平の駅構内にある専用ラウンジ「TAIJU」で食べることができます。各日20人限定で、2900円です。5月22日から6月30日の間は、テイクアウトできる弁当(2500円)も用意されています。ランチ、弁当ともに前日15時までの予約が必要です。

(追記)
 6月13日以降も「うずしお」4本と「剣山」4本が運休していますが、その運休も6月30日までです。
(参考:JR四国ホームページ www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/2020%2005%2026%2002.pdf、www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/fdf5da57250849aa6a1b8aee3482fa69df6842d8.pdf、www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/20200525_rinji.pdf、www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/eaddd0cbb129683902ec43e42f28305f837d9f0e.pdf、www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/20200618_saikai.pdf)

| | Comments (0)

JR西日本、6月13日から運休列車大幅減少

 JR西日本は5月11日から山陽新幹線の一部定期列車の運休を行い、5月16日からは北陸新幹線「つるぎ」や主要在来線特急も運休するようになりました。「のぞみ」に関しては東海道新幹線に合わせるかたちで6月1日から全ての定期列車の運転を再開しましたが、一部の「みずほ」や「さくら」の運休は継続していました。しかし、政府による緊急事態宣言が解除され、利用者も元に戻りつつあることから、4月24日から一部列車の運休を続けている「はるか」を除いて、6月13日から全ての定期列車の運転を再開することとなりました。

 山陽新幹線については、6月13日から、九州新幹線と直通する「みずほ」、「さくら」について、全ての定期列車を走らせることにします。5月11日からの減便期間中、時刻や停車駅等を変更して運転していた一部の「さくら」、「ひかり」については、6月12日までの運転となります。2本の「さくら」を強引に1本にまとめたために発生する博多での不自然な長時間停車や、「みずほ」や「さくら」の運休を補うための臨時「ひかり」は運転を終えるのです。ただ、一部の「こだま」については、理由はわかりませんが時刻を変更して運転する列車もあります。九州新幹線についても運転区間の変更や運休等を行ってきましたが、6月13日からは、九州新幹線で完結する列車も含めて、「みずほ」、「さくら」、「つばめ」の全ての定期列車を運転することにします。

 北陸新幹線「つるぎ」や主要在来線特急(「サンダーバード」、「くろしお」、「こうのとり」、「きのさき」、「はしだて」、「まいづる」、「やくも」、「しおかぜ」、「南風」)も、6月13日から全ての定期列車が走ることになります(空港アクセス特急の「はるか」は、引き続き一部の列車が運休します)。岡山と高松を結ぶ快速「マリンライナー」も、一部の列車は児島-高松間を運休していましたが、6月13日からは運転を再開します。この運転再開に伴い、生山や根雨で実施していた「やくも」の臨時停車は取りやめとなります(この臨時停車駅で乗降する「やくも」の切符を持っている人は、手数料なしで払い戻すことができます)。
(参考:JR西日本ホームページ https://www.westjr.co.jp/press/article/items/200603_01_untenkenkeikaku.pdf、https://www.westjr.co.jp/press/article/items/200603_00_sanyosinkansen.pdf、JR九州ホームページ https://www.jrkyushu.co.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2020/06/03/200603shinkansenuntenkeikaku.pdf)

| | Comments (0)

2020年夏の臨時列車で運転されるのは?

 例年だと今ぐらいの時期には夏の臨時列車の発表がありますが、新型コロナウイルスの影響で需要が落ち込んでいる2020年はどうなのでしょうか?

 5月22日にJR九州を除くJR各社から夏の臨時列車の発表がありましたが(JR九州は今のところ、夏の臨時列車を設定しないとのことです)、かなり寂しいものです。JR北海道、JR東日本、JR西日本(北陸新幹線)は7月から9月の間、臨時列車の設定を行っていますが(6月は運転を取りやめています)、指定券の発売を見合わせています。なお、JR北海道の「フラノラベンダーエクスプレス2号」、「フラノラベンダーエクスプレス3号」、「ふらの・びえい号」、「ライラック旭山動物園号」は運転を取りやめます。

 JR東海は7月5日に走る「ひだ61号」のみ発表しています(指定席の発売は当分、見合わせます)。「ひだ61号」は名古屋の発車時刻が6:15と異様に早く、運転日も夏休みから外れているので、宗教法人がらみの臨時列車と思われます。なお、8月以降の臨時列車については、決まり次第発表されます。JR西日本の山陽新幹線や在来線特急は、臨時列車の設定を行いません。「WEST EXPRESS 銀河」も、引き続き運転を見合わせます。JR四国は恒例の「サンライズ瀬戸」の琴平延長のみを行います。7月から9月の間、金曜や休前日に琴平まで延長します。なお、津嶋神社夏季大祭中止のため、8月4日、5日の津島ノ宮の臨時駅開設は行いません。
(参考:JR北海道ホームページ https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20200522_KO_TrainInSummer2020.pdf、JR東日本ホームページ https://www.jreast.co.jp/press/2020/20200522_ho02.pdf、JR東海ホームページ https://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000040496.pdf、JR西日本ホームページ https://www.westjr.co.jp/press/article/items/200522_00_press.pdf、JR四国ホームページ www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/2020%2005%2022.pdf、マイナビニュース https://news.mynavi.jp/article/20200522-1040915/)

| | Comments (0)

JR四国、5月16日から岡山発着特急や「マリンライナー」も一部区間運休

 一部の特急列車等を運休している(運転区間の短縮や編成の短縮をしているところもあります)JR四国ですが、5月16日からはさらに運休する列車が増えます(一部列車は運用上の都合から5月15日から運休します)。

 予讃線の「しおかぜ」、「いしづち」、土讃線の「南風」、「しまんと」も一部が運休し、岡山発着便も減ります。岡山・高松-松山間の全区間を運休する「しおかぜ」、「いしづち」は4往復、岡山-宇多津(もしくは多度津)間のみ運休する「しおかぜ」は3往復あります。岡山-高知間の全区間を運休する「南風」は6往復(そのうち2往復は「しまんと」を併結)、岡山-宇多津間のみ運休する「南風」は1往復、高松-高知間のみ運休する(高知以西のみ運転)「しまんと」は1往復あります。瀬戸大橋に関しては、岡山と高松を結ぶ快速「マリンライナー」も、日中の一部の便が、児島-高松間を運休します。通常なら30分間隔の「マリンライナー」が1時間間隔になるのです。

 すでに一部列車が運休している「宇和海」、「あしずり」、「うずしお」、「剣山」も5月16日以降は運休する列車が増えます。「宇和海」は5.5往復、「あしずり」は2往復、「うずしお」は6往復、「剣山」は3往復運休します。ゴールデンウィークのときと同じ状況です。予讃線の「ミッドナイトEXP高松」は土曜運休、「モーニングEXP高松」は日曜運休、「ミッドナイトEXP松山」は日曜のみ伊予西条止まりです。普通列車は予讃線高松-多度津間で2.5往復のみが運休します。

 また、ゴールデンウィークのときと同様、一部の「しおかぜ」、「いしづち」は宇多津や多度津での分割、併合は行わず、5両編成の「しおかぜ」が岡山に行きます。「いしづち」は2両(一部3両)編成で、高松-宇多津、多度津間を走ります。なお、土讃線の一部特急が運休になったことに伴い、宇多津や多度津で分割、併合する「南風」、「しまんと」はなくなりました。
(参考:JR四国ホームページ https://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/20200508_02.pdf、https://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/20200508_03.pdf、https://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/20200508_04_1.pdf)

| | Comments (0)

より以前の記事一覧