JR西日本、2023年4月1日に特急料金を値上げ

 JR西日本は2023年4月1日購入分から山陽新幹線の「のぞみ」、「みずほ」の指定席について値上げをしますが、在来線の特急列車についても2023年4月1日購入分から値上げを行います。

 今回大きく変わるのは、B特急料金の適用区間。急行が廃止され、特急に統合された区間を中心に、若干割安な特急料金が適用されています。現在、B特急料金が適用されているのは、七尾線、山陰線(京都-浜坂間)、舞鶴線、福知山線、播但線、JR京都線、JR神戸線、大阪環状線、阪和線、関西空港線、紀勢線(新宮-和歌山間)ですが、A特急料金に統一されます。通常期の指定席特急料金で見ると、50キロまでが1190円から1290円に上がるなど、最大440円値上がりします。

 一部の区間に適用されている、特定特急料金も見直しします。七尾線、山陰線(鳥取-出雲市間、米子-益田間)、瀬戸大橋線(岡山-児島間及びJR四国方面)で見直しがあります。このうち、瀬戸大橋線の特急料金見直しは、JR四国の値上げ日以降に購入するものから実施となります。特急料金が100円の博多南線も見直され、130円になります。通勤定期も上がりますが、通学定期は据え置きます。

 新幹線と在来線特急を一定の条件で乗り継ぐと、在来線の特急料金が半額となる乗継割引がありますが、2023年4月1日乗車分からは、岡山-新下関間の新幹線停車駅及び高松、坂出での乗継割引が廃止されます(小倉、博多はすでに廃止済み)。岡山や新山口で山陰方面、四国方面へ乗り換えて行くときの正規料金が上がります。「サンライズ瀬戸」とJR四国の特急を高松、坂出で乗り継ぐときの乗継割引も廃止されます。新大阪-相生間の乗継割引が残るのは逆に謎ですが、この区間の乗継割引を廃止するためにはJR東海との調整が必要なので、単純にはいかないのでしょう。

 JR西日本によれば、「e5489」で便利でお得な商品を用意するということです。厳しい経営状況ですから、正規の料金を上げるのは理解できますが、「みどりの窓口」での利用者を減らすためにも、魅力的な割引商品を用意しなければいけません。乗継割引の廃止はかなりの値上げになりますので、インターネットでは現状よりむしろ安いぐらいの商品を用意して、値上げに伴うマイナスイメージを払拭しないといけません。

 話は変わりますが、JR西日本の値上げは特急料金だけではありません。運賃も上がります。そのことについては、後日、別の記事で書きます。
(参考:JR西日本ホームページ https://www.westjr.co.jp/press/article/items/220902_03_press_minaoshi.pdf、JR四国ホームページ https://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/2022%2009%2002%2001.pdf)

| | | Comments (0)

JR四国、2023年春値上げ

 JR四国の値上げは以前からはありましたが、ついに実施されることになりました。26日のことですが、国交相に運賃改定の申請をしたのです。消費税の引き上げに伴うものを除いて、1996年1月以来の値上げです。

 値上げされるのは、主に運賃。100キロまでの運賃については、賃率ではなく、ほかの交通機関を考慮した運賃水準にします。101キロ以上の運賃はキロ数に賃率を乗じて算出しますが、101キロ以上200キロまでの賃率を3円引き上げます。201キロ以上の賃率は現状通りです。初乗りは170円から190円になり、平均改定率は12.51%です。

 定期については、割引率の見直しも行います。1か月の通勤定期の割引率は現行の52.9%から48.0%に引き下げます。通学定期も割引率を引き下げます。通勤定期の改定率は平均28.14%、通学定期の改定率は平均22.43%です。

 特急料金については、50キロまでのものについてのみ、見直します。25キロまでの自由席特急料金は330円から450円に引き上げます。50キロまでの自由席特急料金は現行の530円から、A特急料金と同額の760円になります。25キロまでの指定席特急料金は現行の1070円から、A特急料金と同額の1290円になります。51キロ以上については、負担が重くなる上、バス等との競争を考えて、特急料金の値上げはしません。

 この値上げによって、運賃はどうなるのでしょうか? 高松を基準にすると、坂出までが460円から530円になります。岡山までが1550円から1660円になります。松山までが3560円から3960円になります。琴平までが870円から980円になります。高知までが2790円から3190円になります。志度までが360円から430円になります。徳島までが1470円から1640円になります。

 なお、この値上げによって、老朽化した多度津工場の近代化を行い、キハ40形等の取替用の新型ローカル気動車を開発・導入します。8000系特急電車は電子機器等の老朽更新に合わせ、大幅なリニューアルを行います。駅については、信号設備の老朽更新に合わせ、一部の駅において駅舎側のホームに発着する列車を増やします。階段の上り下りなく、列車に乗ることができるのです。
(参考:JR四国ホームページ https://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/2022%2008%2026%2006.pdf)

| | | Comments (0)

JR四国は「しこくスマートえきちゃん」

 JR四国も、「みどりの窓口」を減らしています。JR西日本の「e5489」がありますので、駅に行かなくても切符が買えるようにしています。

 そのJR四国ですが、10月ごろに新たなアプリをリリースすることにしました。「しこくスマートえきちゃん」です。手持ちのスマートフォンで切符を買うことができます。クレジットカード等で決済し、スマートフォンの画面を呈示して列車に乗ることができます。駅で切符に引き換える必要はありません。

 また、JR四国はこのアプリのリリースに合わせて、1枚から買うことのできるお得な片道切符を販売します。「スマえき Sきっぷ(片道)」等です。「しこくスマートえきちゃん」専用の切符で、期間限定の切符や利用日、利用資格に制約のある切符を除くと、一番安い切符になります。

 JR四国は、2023年春以降、このような企画切符以外にも、乗車券、定期券、自由席特急券も取り扱う予定です。スマートフォンで乗車券を買うことができるのは、JR四国が初めてのようです。本四備讃線でも使えるよう、JR西日本とも調整しています。

 JR四国にはほとんどICカードが使えないので、スマートフォンで完結する切符が求められるでしょう。パソコンでもプリントアウトした画面を呈示できるようにすれば良いでしょう。QRコードに対応した自動改札があれば、駅員がいなくてもチェックできます(JR四国も検討しているようです)。決済については、クレジットカード以外でも、コンビニ払いができると良いでしょう。スマートフォンの切符をお得にすることによって、わざわざ「みどりの窓口」に行かなくても済むようになります。今後のJRの切符に求められる方向のひとつなのかもしれません。

(追記)
 チケットアプリの「しこくスマートえきちゃん」ですが、問題が発生したため(システム開発の問題でしょうか?)、サービス開始時期が延期になりました。11月中旬以降になるようです。また、これに伴い、10月ごろに見直される予定だった一部のお得な切符の見直しも11月中旬以降に延びます。
(参考:JR四国ホームページ https://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/2022%2008%2010%2001.pdf、https://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/2022%2009%2022%2002.pdf、朝日新聞ホームページ https://www.asahi.com/articles/ASQ8K7FTDQ8BPTLC017.html)

| | | Comments (0)

「スマート四国チケットレス」で特急料金がほぼ1/3に

 JR四国でも「みどりの券売機プラス」が導入される駅が増え、有人の「みどりの窓口」が減っています。そんな中、JR四国は、JR西日本のインターネット予約「e5489」を使った、お得な特急券、「スマート四国チケットレス」を発売しています。

 「スマート四国チケットレス」の発売期間は、6月1日から9月30日まで。乗車日の1か月前から2分前まで購入することができます。利用期間は7月1日から9月30日までです。発売は「e5489」で行い、「みどりの窓口」では購入することができません。

 さて、値段はかなりお得です。本来だと1260円かかる26~50キロ区間の指定席特急券が、たったの450円です(乗車券は別途必要です。定期券との併用もできます)。1/3に近い値段です。設定のある区間は高松-丸亀間、松山-今治間、徳島-穴吹間、高知-須崎間など15区間です。これぐらいの値段なら、短距離でも特急に乗る抵抗感が薄れます。
(参考:JR四国ホームページ https://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/aad061563e0935feda969fe4b2213dbe1a963f0b.pdf)

| | | Comments (0)

「バリ得こだま」で南九州や四国に行くことができる

 以前、「ぷらっとこだま」の山陽新幹線版、「バリ得こだま」(日本旅行のインターネット限定旅行商品です)についての記事を書きましたが、知らない間にパワーアップしていたようです。山陽新幹線以外でも使えるようになっていたのです。

 「バリ得こだま」でどこに行くことができるのかと言えば、九州や四国。山陽新幹線(「ひかり」、「こだま」)と九州新幹線(「つばめ」)、四国への列車(高松は「マリンライナー」、松山は「しおかぜ」、高知は「南風」)を乗り継いでお得な旅ができるのです。新大阪-熊本間は11000円から、新大阪-松山間は8000円からです。

 JR西日本等の割引切符が見直されたので、時間に余裕があるのなら(「ひかり」の中には「のぞみ」とほとんど所要時間が変わらないものもあります)選択肢のひとつになるでしょう。
(参考:タビリスホームページ https://tabiris.com/archives/baritoku2022/)

| | | Comments (0)

JRの切符で高速バスに乗車可

 牟岐線阿南以南は列車の本数が少ないので、2019年3月から並行して走る高速バスに乗ることができるようになっています。本来なら大阪への高速バスなので徳島県内だけでの利用はできませんが、阿南-甲浦間に限り、途中での乗り降りができるようになっています。路線バスとして使えるようになっています。

 しかし、JRの切符で高速バスに乗ることはできません。別々にお金を払う必要があります。そこで、徳島バスとJR四国は3月3日、地域における一般乗合旅客自動車運送事業及び銀行業に係る基盤的なサービスの提供の維持を図るための私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の特例に関する法律第9条第1項の規定に基づき、国交相へ認可申請を行いました。4月1日から実施予定となっています。バス同士ならともかく、バスと鉄道の組み合わせは初めてです。なお、対象となるバス停・駅は、阿南駅、橘営業所(駅は阿南橘)、由岐、日和佐、牟岐、浅川の6か所です。

 この申請は認可されたので、JRの切符(定期券を含みます)でそのまま高速バスに乗ることができます。阿南などで鉄道とバスを乗り継ぐときも、JRの切符でそのまま高速バスに乗ることができるので、乗り換え時の初乗り運賃がいらなくなります。地方で適切な鉄道サービスが使えないところでは有効な手段です。朝夕の通学ラッシュのみ鉄道を走らせ、昼間はバスにするという方法もあるでしょう。バスなら病院など利用者の多いところに寄ることも簡単です。
(参考:JR四国ホームページ https://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/2022%2003%2003%2002.pdf、NHKホームページ https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220318/k10013539381000.html)

| | | Comments (2)

市民団体が新県立ホール目の前の新駅の設置に反対

 牟岐線徳島-阿波富田間の新駅についての続報です。

 新県立ホールのほか、市役所などの官公署が多く、徳島県で3番目の利用者が見込めると言われているこの新駅の設置に反対する市民団体があります。なぜその市民団体が駅の設置に反対するのかと言えば、隣の徳島駅から600メートルと近く、駅の建設が無駄だというのです。駐車場が減ってしまうのも問題だというのです。

 車がなく、ある程度鉄道を使い、しかも健康な人なら600メートルぐらい歩くことができるでしょう。しかし世の中、そんな人ばかりではありません。600メートル歩くのも面倒な人が世の中にはたくさんいます。その時点で車に乗っていくのが決まります。徳島駅からバスを走らせたら良いのかもしれませんが、徳島駅の乗り換えで歩き、しかもバスが都合よく走ってくれるとは限りません。徳島駅より新駅のほうが駅の構造は単純なので、新駅で乗り降りするほうが楽です。高徳線、徳島線と牟岐線との接続をよくすることのほうが重要です。

 駐車場が減ることを心配していますが、街中だからこそ車に頼らなくても済むような街づくりにしないといけません。障害者などは公共交通機関では行きづらいでしょうから、そういう人には駐車場を確保し、元気な人は公共交通機関を使ってもらえば良いのです。幸い、牟岐線も阿南までは鉄道の利用者が多く、列車も30分間隔で走っています。鉄道がある程度使えるところには投資を行い、車を利用できる人にも公共交通機関を使ってもらうような取り組みが必要でしょう。
(参考:朝日新聞ホームページ https://www.asahi.com/articles/ASQ1G75HTQ1DPTLC00V.html)

| | | Comments (0)

2022年3月ダイヤ改正発表(6)(JR四国、JR九州、JR貨物)

 岡山と高松とを結ぶ「マリンライナー」は、深夜まで運転されている快速です。しかし、今回のダイヤ改正で最終が繰り上がります。下りは岡山0:12発から岡山23:43発に29分繰り上がり、上りから高松23:29発から22:27発に62分繰り上がります。

 パターンダイヤ化が進みます。高徳線板野-徳島間、鳴門線で行われます。どちらも日中は1時間に1本で、両系統が重なる池谷-徳島間は1時間に2本です。高徳線特急「うずしお」では停車駅が見直され、新たに停車駅が増えるもの、通過するものがあります。土讃線土佐山田-高知間でもパターンダイヤがさらに進み、わかりやすいダイヤになります。「南風17号」、「南風20号」が大杉に新規停車します。「しまんと10号」を高知で分割し、高知以西は「あしずり18号」になります。高知から先は「しまんと8号」となり、40分ほど繰り上がります。日祝に運休している「モーニングEXP高松」、「モーニングEXP松山」が毎日運転となります。なお、2022年3月12日以降、「四国まんなか千年ものがたり」のグリーン料金も上がります。2022年春に新車両になる「伊予灘ものがたり」と同額の1500円です。土佐くろしお鉄道では、ごめん・なはり線において、日中の列車を見直します。快速を減らします。

 九州新幹線では、最終の「つばめ342号」(鹿児島中央発川内行き)が廃止になるなどの見直しがあります。特急では福間に停車する朝夕の特急を増やし、通勤に使いやすくします。普通列車は小倉発下関行きの最終を11分繰り上げるぐらいで、大きな変化はありません。また、折尾の高架化工事が完成し、鹿児島線と筑豊線を直通する列車も高架ホームに乗り入れます(現在の鷹見口は廃止されます)。これまで赤間方面と直方方面とを乗り継ぐときは黒崎で乗り換えることができましたが、高架化完成により、この特例を廃止します。これからは折尾で乗り換えることになります。

 JR貨物では、越谷貨物ターミナル-神戸貨物ターミナル・姫路貨物間に直行貨物ルートを新設します。越谷貨物ターミナル-百済貨物ターミナル間、大阪貨物ターミナル-姫路貨物間で走っている2本の貨物列車を組み合わせて、直行貨物ルートを確保するのです。10月に全国で31番目のE&S(着発線荷役)駅となった南福井については、停車する列車が増えます。機関車は23両新製します。EF210が10両、EF510が1両、DD200が8両、HD300が1両、DB500が3両です。
(参考:JR西日本ホームページ https://www.westjr.co.jp/press/article/items/211217_05_okayama.pdf、JR四国ホームページ https://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/2021%2012%2017%2003.pdf、https://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/2021%2012%2017%2006.pdf、JR九州ホームページ https://www.jrkyushu.co.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2021/12/17/211217_2022_daiya_minaoshi.pdf、JR貨物ホームページ https://www.jrfreight.co.jp/info/2021/files/detail20211217.pdf、土佐くろしお鉄道ホームページ https://www.tosakuro.com/news)

| | | Comments (0)

「WEST EXPRESS 銀河」は四国へ

 117系を改造した「WEST EXPRESS 銀河」。これまで山陰、山陽、南紀に向けて走ってきました。この「WEST EXPRESS 銀河」ですが、会社の枠を超えて、四国に行くことになりました。

 「WEST EXPRESS 銀河」が四国に行くのは12月25日と26日。25日に大阪(7:19発)から琴平(14:05着)まで行き、翌26日に琴平(15:32発)から大阪(22:02着)に戻ります。行きは途中、神戸、岡山、児島、多度津に停まります。帰りはこれらに加えて丸亀にも停まります。各停車駅ではいろいろなおもてなしを行います。帰りの丸亀は駅を出て、丸亀城への観光も行います。行き、帰りともに、岡山-児島間では「WEST EXPRESS 銀河」グッズ等の車内販売を行います。

 なお、この四国への「WEST EXPRESS 銀河」も、旅行商品として発売されます。11月5日15時から発売を開始しますが、先着順です。
(参考:JR西日本ホームページ https://www.westjr.co.jp/press/article/items/211027_01_ginga.pdf)

| | | Comments (0)

新たな「伊予灘ものがたり」は1両まるごと個室

 松山-伊予大洲・八幡浜間を伊予長浜経由で走る「伊予灘ものがたり」。以前にも記事にした通り、2022年春に新たな観光列車、「伊予灘ものがたり」がデビューします。キハ185系車両になります。その新しい「伊予灘ものがたり」はどのような列車になるのでしょうか? 10月のことですが、列車についての詳細が明らかになりました。

 新しい「伊予灘ものがたり」の運転区間はこれまで通り松山-伊予大洲・八幡浜間です。1日に2往復します。途中、美しい伊予灘の景色が魅力の下灘に、約10分停車します。

 車両は3両に増えます。新たに加わる3号車は「陽華<はるか>の章」と言います。定員はたったの8人、グリーン個室1室とサービスギャレーがあるだけです。グリーン個室は海向きの2人掛けソファーシート4席からなり、8人まで利用することのできる貸切のグリーン個室です。家族や小グループでの旅行、誕生日や結婚記念日などの特別な日に利用できるような部屋です。2人以上なら利用でき、利用人数分の運賃、特急料金とグリーン個室料金が必要です。グリーン個室料金は人数にかかわらず、28000円です。また2号車「黄金<こがね>の章」の海向き展望シートの一部がペアシートになります。夫婦やカップルなど2人で旅行するときにおすすめです。海向き展望シート、2人掛け山側シート、4人掛けボックスシートからなる1号車「茜の章」の定員は27人、海向き展望シート、2人掛け海向きペアシート、2人掛け山側シートからなる2号車の定員は23人なので、3両合わせての定員は58人です。1号車、2号車を利用するには、運賃、特急券、グリーン券が必要です。松山-伊予大洲間で運賃970円、特急料金1200円、グリーン料金1500円の合計3670円となります(値段は10月時点のものです)。
(参考:JR四国ホームページ https://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/2021%2010%2018.pdf)

| | | Comments (0)

より以前の記事一覧