「36ぷらす3」が長崎に行くのは9月19日まで

 787系を改造した「36ぷらす3」は、月曜日に長崎に行っています。

 ところが、西九州新幹線の開業により、長崎線は非電化になってしまいます。電車である787系が乗り入れることは当然できなくなります。長崎への最終運行日は9月19日。10月以降は新しいルートで運行することになります。

 話は変わりますが、2022年夏の臨時列車にも触れておきます。JR北海道は釧網線に「くしろ湿原ノロッコ号」を走らせています。8月と9月(18日まで)の週末は、やや時間の遅い「くしろ湿原ノロッコ94号」(釧路15:23発)、「くしろ湿原ノロッコ93号」(塘路17:04発)を走らせますが、9月20日から22日は同じ時間帯で、名前を「夕陽ノロッコ号」に変えて走ります。7月2日と9月25日は、東北線に三陸鉄道の車両が走ります。快速「三陸本線リアス号」です。全車自由席で、一ノ関-盛岡間を1往復します。

 津山線には7月1日から新しい観光列車が走ります。「SAKU美SAKU楽」です。7月から9月までの間、金、土、日曜日は1両編成の臨時列車で、月曜日は快速「ことぶき」にくっついて走ります。単独で走るときも快速「ことぶき」にくっついて走るときも1日2往復で、岡山-津山間ノンストップです。快速「ことぶき」は途中、いくつかの駅に停まりますが、「SAKU美SAKU楽」は乗り降りできません。「SAKU美SAKU楽」の切符は「みどりの窓口」等では売っていません。特製弁当またはスイーツ、そしてお土産などのサービスをセットにして、旅行商品として販売します。利用日の1か月前から7日前まで、せとうち観光ナビ「setowa」や全国の主な旅行会社で発売します。なお、「SAKU美SAKU楽」の車両は、観光列車が走らない日に津山線などで定期列車として使われることがあります。この場合は運賃だけで乗車することができます。

 また、7月23日と24日の2日間、津山-智頭間に「みまさかスローライフ」が走ります。国鉄一般色車両(1両)と国鉄急行色車両(2両)を組み合わせた3両編成で走ります。指定席1両(指定席は津山-那岐間)、自由席2両です。
(参考:JR北海道ホームページ https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20220520_KO_sumer.pdf、JR東日本ホームページ https://www.jreast.co.jp/press/2022/morioka/20220520_mr01.pdf、JR西日本ホームページ https://www.westjr.co.jp/press/article/items/220520_05_okayama.pdf、JR九州ホームページ https://www.jrkyushu.co.jp/common/inc/news/newtopics/__icsFiles/afieldfile/2022/05/18/220518_36plus3_last_run.pdf、マイナビニュース https://news.mynavi.jp/article/20220518-2347300/)

| | | Comments (0)

成田発のLCCに乗った人だけが使える、お得なフリー切符

 東京から見ると九州は遠いです。新幹線でも博多まで5時間、さらにその先まで列車で行くと時間がかかりすぎます。

 それならば九州までは航空機で来てもらえば良いのです。そこでJR九州は、LCC3社(ジェットスター・ジャパン、Peach、スプリング・ジャパン)、成田空港がタッグを組んで、「成田からお得に九州を旅しよう」キャンペーンを行っています。この組み合わせでのキャンペーンは初めてのことです。

 4月13日から6月30日(搭乗日基準)まで行われるこのキャンペーンは、ジェットスター・ジャパンのパッケージツアーやPeach、スプリング・ジャパンの機内販売でフリー切符を売るというもの。ジェットスター・ジャパンは「鹿児島・宮崎フリーきっぷ」を組み込んだパッケージツアーを売り出しています。2泊3日で21700円からです。Peachとスプリング・ジャパンは、「北九州フリーきっぷ」(特急自由席乗車可、2日間2500円、Peachのみ)、「西九州フリーきっぷ」(特急指定席乗車可、2日間6500円、3日間7000円)、「由布院・別府フリーきっぷ」(特急指定席乗車可、2日間7000円、3日間7500円)の3種類です。路線によって購入できる切符に制限があります。機内では引換券を渡し、指定された駅窓口でフリー切符に引き換えます。
(参考:JR九州ホームページ https://www.jrkyushu.co.jp/common/inc/news/newtopics/__icsFiles/afieldfile/2022/04/13/220413_narita_JRkyushu.pdf)

| | | Comments (0)

西九州新幹線並行在来線ダイヤ案

 9月23日に西九州新幹線が開業すると、並行在来線の肥前山口-諫早間はどうなるのでしょうか?

 通常なら、需要が少ない区間なので、JRから分離されて第三セクターになります。しかしこの肥前山口-諫早間は佐賀、長崎両県が鉄道施設を維持管理し、JR九州が運行を行う上下分離方式を採ります。2016年に与党検討委員会、佐賀県、長崎県、JR九州、国交省、鉄道・運輸機構から成る6者合意があり、新幹線開業後23年間は普通列車は現行水準程度を維持し、特急列車は開業直後は14本、その後は段階的に10本にまで減らすことになりました。

 そしてこのたび、並行在来線のダイヤの概要が明らかになりました。特急は以前の合意通り上下14本に減りますが(朝夕の時間帯が中心です)、普通列車のうち26本が肥前山口での接続を考慮したものになります。平均6分以内で乗り換えることができます。これら26本の普通列車を含めて、肥前山口-肥前鹿島間の普通列車は現行よりも6本多い41本になります。肥前鹿島-肥前浜間、小長井-諫早間も2本増えます。また、電化が維持されるのは肥前山口-肥前浜間のみで、肥前浜で電車とディーゼルカーを乗り換える必要があります。ただ、朝の通学時間帯を中心にディーゼルカーが電化区間に乗り入れます。

 なお、西九州新幹線や「リレーかもめ」などのダイヤは6月上旬に発表されます。
(参考:佐賀新聞ホームページ https://www.saga-s.co.jp/articles/-/846080、https://www.saga-s.co.jp/articles/-/846083、https://www.saga-s.co.jp/articles/-/246544、長崎新聞ホームページ https://nordot.app/892214212736729088)

| | | Comments (2)

「ななつ星in九州」、車両もコースもリニューアル

 豪華観光列車の「ななつ星in九州」ですが、2022年秋に大きく生まれ変わります。車両もコースもリニューアルをするのです。

 これまで「ななつ星in九州」の定員は最大14室30人でしたが、リニューアルにより最大10室20人とします。2号車はこれまで食事などを楽しむことができましたが、ここをサロンとします。乗客が出合い、語らう場になります。車内アクティビティ等にも使われます。2号車には本格的な茶室もあります。九州各地の銘茶を中心に揃えます。隣の3号車には九州各地の様々な工芸を見ることができたり、オリジナルグッズを買うことができたりするギャラリーショップがあります。同じ3号車には専属のバーテンダークルーがいるバーラウンジもあります。なお、定員が減ることにより、食事スペースは1号車のラウンジカーだけで対応できるようです。

 10月からはコースも大きく変わります。3泊4日コースは季節によってコースが変わります。10~12月は霧島(これまで通らなかった吉都線を通ります)、2023年1~3月は雲仙です。雲仙コースは南九州には行かず、熊本からフェリーで島原に渡ります。熊本-熊本港間、島原港-雲仙-諫早間はバスでの移動です。1泊2日コースは初めて南九州を走ります。ぐるっと九州を一周します。

 このようなリニューアルに伴い、値段も変わります。「スイート」2人1室利用時の1人当たりの金額は、1泊2日コースでも65万円します。3泊4日コースになると雲仙が115万円、霧島が125万円します。一番高級な「DXスイートA」だと170万円します(3泊4日霧島コース)。あまりにも高すぎてどうでもいいぐらいの値段です。
(参考:JR九州ホームページ https://www.jrkyushu.co.jp/common/inc/news/newtopics/__icsFiles/afieldfile/2022/04/08/220408_nanatsuboshi_reborn.pdf、タビリスホームページ https://tabiris.com/archives/nanatsuboshi2022/)

| | | Comments (0)

肥薩線、鉄道での復旧を目指す?&並行して走る路線バス

 2020年7月の豪雨で被災して八代-吉松間約87キロが運休している、JR九州の肥薩線。被害が甚大なので、復旧させるのに235億円(以前の記事から若干上がっているようですが)かかると言われています。それにもかかわらず、国、熊本県、JR九州の三者は鉄路での復旧を目指しているようです。

 その志の高さは賞賛すべきことかもしれません。しかし、肥薩線が鉄路を維持すべき路線かどうかというのは怪しいところです。と言うのも、災害から2年近く経つにもかかわらず、代替バスはありません。一部区間(八代-葉木間、一勝地-人吉間)でタクシーでの輸送を行っているだけです。なお、このタクシー輸送ですが、ゴールデンウィーク中は運休します。平日の5月2日、6日も運休です。学校が休みになるのでしょうか?

 その肥薩線ですが、路線バスが走っています。八代市役所前-八代駅前-坂本駅前間は1日10往復(休日は6.5往復)、神瀬福祉センターたかおと前(白石の近く)-人吉産交間は1日4.5往復(休日も同じ)あります。地元の人のためなら、こちらのバスに補助を出して拡充したほうがよほど有意義です。
(参考:南日本新聞ホームページ https://nordot.app/890066353354620928?、JR九州ホームページ https://www.jrkyushu.co.jp/common/inc/info/list/__icsFiles/afieldfile/2022/04/19/hisatsusen.pdf、八代市ホームページ https://www.city.yatsushiro.lg.jp/kiji00312859/index.html、球磨村ホームページ https://www.kumamura.com/gyousei/2016/04/1353/

| | | Comments (2)

西九州新幹線で博多-長崎間、5520円

 9月23日に開業する西九州新幹線の運賃、特急料金が発表されました。

 まず運賃については、長崎線とほぼ並行して走る諫早-長崎間については、長崎線の営業キロをそのまま使います。長崎線から外れたところを走る武雄温泉-諫早間は、建設キロを営業キロとします。武雄温泉-長崎間は69.6キロとなります。運賃は1310円です。

 自由席特急料金は3ランクに分かれます。(1)隣接駅間及び新大村-長崎間 (2)武雄温泉-新大村、諫早間、嬉野温泉-諫早間 (3)武雄温泉、嬉野温泉-長崎間 です。自由席特急料金は(1)が870円、(2)が1260円、(3)が1760円です。指定席の場合は(1)と(2)が1790円、(3)が2290円です。繁忙期はそれぞれ200円ずつ高くなります。

 西九州新幹線「かもめ」と門司港-博多-武雄温泉間を運転する在来線リレー特急の「リレーかもめ」を武雄温泉で改札を出ずに乗り継いだ場合には、割引がなされます。新幹線と在来線の特急料金を1割引して合算した額となります。その結果、現在5060円(自由席)の博多-長崎間は、5520円になります。意外なことに460円しか上がらないのです。指定席(通常期)の場合も、5590円から6050円に460円上がるだけです。意外と値上げ幅は小さいです。

 もっとも、博多-長崎間を正規料金で乗るような人はめったにいません。正規料金よりも重要なのは、「2枚きっぷ」や「九州ネットきっぷ」の値段がどうなるかです(現在、当日でも予約可能な「九州ネットきっぷ」(指定席)の値段は3150円です。正規料金より4割以上安いです)。これが分からないと値上がり幅が大きいのか大したことはないのか、判断がつきません。
(参考:JR九州ホームページ https://www.jrkyushu.co.jp/common/inc/news/newtopics/__icsFiles/afieldfile/2022/04/27/220427_nishikyushu_unchinryoukin.pdf、毎日jp https://mainichi.jp/articles/20220427/k00/00m/020/305000c)

| | | Comments (0)

肥薩線の復旧費用は230億円

 2020年7月の豪雨で被災し、八代-吉松間が不通となっている肥薩線。JR九州はその肥薩線の復旧費用の概算を行いました。

 その額は何と230億円。以前の想定を大きく上回る数字です。豊肥線などが大きな被害を受けた2016年の熊本地震の復旧費約90億円を大きく上回ります。JR九州史上最大額です。しかも、この230億円の数字はかさ上げやトンネル工事を必要最小限に抑えたもので、完璧なものではありません。

 人吉市などの沿線自治体は早期の復旧を求めていますが、需要が少なく、慢性的な赤字路線に多額の費用をかけて復旧させることはできません。そこで国交省や熊本県はJR九州の費用負担を軽減することを考えています。線路や鉄橋工事の一部を災害復旧の公共事業として行うことも考えています。球磨川沿いに並行して走る国道と線路を一体的に路盤整備することなどを考えています。このような方法を採ることによって、230億円かかる復旧費を数十億円減らすことを考えています。さらに、改正鉄道軌道整備法を適用させます。国と地方自治体が半分を負担するので、JR九州の実質的な負担額は100億円以下になります。
(参考:熊本日日新聞ホームページ https://kumanichi.com/articles/590247、毎日jp https://mainichi.jp/articles/20220317/k00/00m/040/142000c)

| | | Comments (2)

TSMC進出で新駅

 以前にも記事にしましたが、熊本にTSMCが進出します。これに合わせて、新駅をつくる話が再浮上しています。

 その場所は豊肥線原水-三里木間。三里木から1キロほど離れた菊陽町図書館付近で、公共施設が集まっているところです。2023年10月には菊陽町総合体育館もできます。

 もともと菊陽町は1999年の熊本国体に合わせて、JR九州にこの付近への駅設置を求めていました。ところが乗降客数が見込めないとして、新駅の話は進みませんでした。しかし、その後も菊陽町の人口は増え続け、この20年で約1.5万人増の4.3万人にもなりました。熊本のベッドタウンとなっているのです。これに加えて原水の北側にTSMCが進出し、今後も人口増加が見込まれます。こういう未来のあるところに駅ができれば、若い世代も定住しやすくなり、車への依存割合も減らせます。そこで菊陽町は再度新駅設置に関する要望書をJR九州に出すことにしたのです。
(参考:熊本日日新聞ホームページ https://kumanichi.com/articles/566564)

| | | Comments (0)

JR西日本やJR九州で割引切符見直し

 全国の鉄道で値上げの話が出ていますが、JR西日本やJR九州でも値上げの話があります。とは言っても、いろいろ手続きがややこしい正規の運賃が上がるわけではありません(本来は、普通列車を利用する人が少ない地方路線を中心に運賃の値上げを行うべきですが)。割引切符を見直すことで対応します。

 見直しの対象が多岐にわたり、網羅できないほどですが、簡潔に書きます。夏に九州新幹線までサービスエリアを延伸する予定の「EXサービス」は、山陽新幹線(京都と山陽新幹線にまたがる利用を含む)の発売額の見直しを行います(新大阪を基準にすると、東広島以遠が値上げの対象です)。「EXサービス」が九州新幹線に延伸する日に合わせて実施します。例えば、「EX早特」の新大阪-博多間は12000円から13140円になります(普通車指定席、平日の場合)。値上げ対象外の名古屋-博多間は14460円なので、名古屋と新大阪の差は1320円しかありません。

 「e5489」専用の切符については、4月1日利用分からゴールデンウィーク、お盆、年末年始に使えないものが出てきます。新大阪-鹿児島中央間などに設定されている「スーパー早特きっぷ」などです。山陽新幹線「こだま」(新大阪-博多間)に6100円で乗ることができる「おとなびWEB早特」は、9160円になります。6100円なら5時間かかっても文句は言えない激安の切符ですが、9160円になるとありがたみはかなり薄れます。
(参考:JR西日本ホームページ https://www.westjr.co.jp/press/article/items/220218_05_EX.pdf、https://www.westjr.co.jp/press/article/items/220218_04_ticket.pdf、JR九州ホームページ https://www.jrkyushu.co.jp/common/inc/info/list/__icsFiles/afieldfile/2022/02/18/220218_waribiki_minaoshi.pdf)

| | | Comments (0)

西九州新幹線は9月23日開業へ

 武雄温泉と長崎とを結ぶ離れ小島の新幹線、西九州新幹線。これまで2022年秋開業とされていましたが、どうやら9月23日に開業する方向で話が進んでいるようです。

 当初、西九州新幹線は秋の台風シーズンを考慮して、10月に開業する案がありました。しかし、佐賀、長崎両県とJRグループ6社は10月から大型観光キャンペーンを行うことを予定しているため、少し前の9月下旬の3連休初日に開業することにしたのです。

 西九州新幹線には最終的なかたちが決まらないという、重要な問題が残っていますが、ともかく開業は喜ばしいことです。正式にJR九州から発表があれば、ダイヤや料金などの具体的な話も少しずつ出てくることでしょう。
(参考:西日本新聞ホームページ https://www.nishinippon.co.jp/item/n/878408/)

| | | Comments (2)

より以前の記事一覧