「或る列車」の食事がコース料理に

 2015年8月に運行した「或る列車」。スイーツを提供する列車として知られています。この「或る列車」ですが、11月13日から食事の内容が大きく変わります。

 どのように変わるのかと言えば、食事がこれまでのスイーツコースからコース料理に変わるのです。前菜、スープ、メイン(九州の肉を使用)、スイーツ、ミニャルディーズ(食事の後の一口サイズのお茶菓子)の組み合わせです。料理の監修は引き続き「NARISAWA」の成澤由浩シェフが行います。ドリンクメニューも一新し、福岡県、大分県中心のものになります。

 運行区間は久大線。博多-由布院間を走ります。午前に博多から由布院に行き、午後に由布院から博多に戻ってきます。金、土、日、月、祝日に運行されますが(日によって走らないときもあります)、日曜日とその他の日(金、土、月、祝日)とでは運行ダイヤが異なります。申込はJR九州企画・実施分は「或る列車」専用ホームページ、JR九州トラベルデスク、駅旅行の窓口などで、旅行会社企画・実施分については全国の主な旅行会社で行います。値段は2人利用テーブルを2人で使用した場合、大人29000円、子供(10歳以上に限ります)24000円です。片道の切符にコース料理とフリードリンクが付いています。1人でも割高となりますが、予約できます。
(参考:JR九州ホームページ https://www.jrkyushu.co.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2021/09/29/210929_aru_ressha_yufuin_course_2.pdf)

| | | Comments (0)

島原半島が乗り放題のフリーパス

 JR九州と島原鉄道は島原鉄道全線などに乗ることのできるフリー切符、「ぐるっと島原半島フリーきっぷ」を発売しています。

 「ぐるっと島原半島フリーきっぷ」の対象区間は、長崎線諫早-長崎間(快速、普通のみ)、島原鉄道全線、島原鉄道の路線バス全線、鬼池港と口之津港を結ぶフェリーです。発売期間及び利用期間は10月2日から2022年2月20日までの休日、値段は1日間用が2500円、2日間用が3500円です。JR九州の諫早、長崎の両駅、島原鉄道の有人駅とバス営業所、フェリーの営業所で発売します。1000枚限定です。

 ところでなぜ「ぐるっと島原半島フリーきっぷ」を売り出したのでしょうか? 西九州新幹線は2022年秋に暫定開業しますが、島原半島は駅から離れています。その二次交通を充実させるために、今回長崎県の実証事業として発売することにしたのです。西九州新幹線暫定開業時には本格的にこのようなフリー切符を発売するようです。
(参考:長崎新聞ホームページ https://nordot.app/813968041513877504)

| | | Comments (0)

「みんなの九州きっぷ」も10月6日から再発売

 2020年夏から2021年春にかけて発売された、JR九州の「みんなの九州きっぷ」、10月6日から再発売されています。

 以前に発売されたときと同じように、「みんなの九州きっぷ」には2種類あります。JR九州全線が対象の全九州版と、北部九州エリア(豊肥線、三角線以北)が対象の北部九州版です。どちらも普通車指定席には6回乗ることができ、新幹線や特急の自由席は乗り放題です。発売期間は10月6日から12月22日まで(利用開始日の3日前まで発売)、利用期間は10月9日から12月26日までの休日です。

 値段は全九州版が大人15000円、子供2000円、北部九州版が大人8000円、子供1000円です。前回に比べると大人がかなり高くなっています。大人は1人で利用できますが、子供1人だけでの利用はできません。「みどりの窓口」では発売せず、JR九州インターネット列車予約で購入することになります。

 また、男性は60歳以上、女性は50歳以上なら、「ハロー!自由時間クラブ」に入ることができます。この会員なら、10月9日から12月26日の間、曜日に関係なく利用することができます。その他の条件は「みんなの九州きっぷ」と同じです。

 なお、「みんなの九州きっぷ」を持っている人は、高速バス「B&Sみやざき」の10周年を記念して、通常4350円かかる新八代-宮崎・宮交シティ間を3000円で乗ることができます。
(参考:JR九州ホームページ https://www.jrkyushu.co.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2021/09/30/210930_minnano_kyushu.pdf)

| | | Comments (0)

JR西日本、佐川急便とも組む

 福山通運と組んで山陽新幹線で荷物を運ぶ計画のJR西日本。そのJR西日本ですが、別の運送業者とも組むことになりました。

 その業者は、佐川急便。JR西日本、JR九州、佐川急便の三社で行います。JR西日本など三社は、受託した荷物を山陽・九州新幹線で運ぶ貨客混載輸送の事業化に向けた検討を開始していくことになりました。すでにJR九州と佐川急便は、九州新幹線において荷物の輸送を行っていますので、それを山陽新幹線に拡大したとも言えます。

 JR西日本、JR九州、佐川急便の三社で行う貨客混載輸送は、荷物を車内販売準備スペースに置きます。駅間の輸送はJR西日本区間においてはJR西日本グループが、JR九州区間においてはJR九州グループが行い、集荷先から駅及び駅から配達先までの輸送は佐川急便が行います。

 なお、今後、JR西日本と佐川急便は、山陽新幹線内で完結する荷物の輸送も検討するとのことです。山陽新幹線内のみで荷物を運ぶ福山通運と、九州新幹線にもまたがる佐川急便というように棲み分けをするものと思っていましたが。

 ところでこの貨客混載輸送ですが、早速実証実験を行いました。10月1日に串木野港で水揚げされた活車海老を大阪市内の飲食店まで運びました。朝6時に水揚げされた魚介類が14時には大阪に届いたのです。
(参考:JR西日本ホームページ https://www.westjr.co.jp/press/article/items/210924_05_kakyakukonsai.pdf、https://www.westjr.co.jp/press/article/items/211001_05_transport.pdf)

| | | Comments (0)

高鍋駅を整備して宮崎交通のバスが乗り入れ

 鉄道とバスが同じところを並行して走っているケースがあります。いろいろ事情はあるのでしょうが、鉄道とバスが小さいパイを巡って争っているだけとも言えます。

 これまでもJR九州と宮崎交通は、交通サービスの利便性向上のため、協力して取り組んできましたが、さらに深めるため、宮崎県における地域輸送サービスにおける連携に関する覚書を締結しました。そして、覚書を締結した後の最初の取り組みとして、高鍋駅を整備すること等によって、列車とバスを乗り継ぐ人の利便性向上と利用促進に向けた取り組みを行います。

 利便性向上と利用促進に向けた取り組みは以下の4つです。(1)まず最初に高鍋駅バス停(ロータリー内)に停まるバスを大幅に増やし、鉄道とバスの乗り継ぎをしやすいような運行体系及びダイヤにします。これまで一部の系統のみ停車していた高鍋駅バス停(ロータリー内)に、宮崎市街地と高鍋・木城温泉を結ぶバスも全便停車します。このロータリーへの乗り入れは10月1日に行います。 (2)スマホアプリ「my route」を使って、木城町・高鍋バスセンター方面から宮崎市中心部に向け、高鍋駅でバスから鉄道を乗り継ぐときに便利でお得なデジタルチケットを10月1日から発売します(スマホのアプリで購入するもので、駅やバスセンターでは発売しません)。スマホがそのまま切符になり、運転士や駅係員にスマホの画面を見せれば良いのです。 (3)これまでも高鍋駅前にはバス停がありましたが、上屋やベンチなどの待合設備がありませんでした。これでは、バスを待つのもしんどいです。そこで、高鍋町から支援を受け、バス・鉄道乗りつぎ施設の整備を行います。バス停を駅舎正面に動かし、駅舎内にバス時刻表や路線図を掲出します。ベンチも増やします。また、すでに3月から列車の走行位置とバスのロケーションシステムをひとつの画面で表示できるようにしています。 (4)現在、「JR&宮交バス『お買い物デジタルきっぷ』」が発売されていますが、これにアミュプラザみやざきで使うことのできるショッピングチケット引換券2000円分をつけて、1500円(子供1170円)で発売します。10月1日から2022年3月31日までの期間限定、枚数限定です。
(参考:JR九州ホームページ www.jrkyushu.co.jp/common/inc/news/newtopics/__icsFiles/afieldfile/2021/09/17/210917_JR_miyakoubuss.pdf)

| | | Comments (0)

JR九州「はやっ!便」、博多-熊本間でも実証実験

 JR九州の「はやっ!便」は5月18日から、かつて車販準備室だったところを活用して荷物を運ぶサービスです。現在は博多-鹿児島中央間のみで行われています。生鮮品やお菓子のギフトなどの食品類、駅弁の定期輸送が全体の85%を占めています。変わったものとしては、手術器具などの医療機器、工場向けの部品、家族への衣類、パソコン、タブレットのやりとりにも使われています。

 その「はやっ!便」ですが、区間を追加することにしました。新たに追加する区間は、博多-熊本間。当初から想定されていたところです。最初は実証実験というかたちで行われました。8月10日に第1回の実証実験を行う予定でしたが、大風や大雨のため延期され、8月24日が第1回ということになりました。8月中の毎週火曜日、熊本を11時台に出発する新幹線で、朝に獲れた鮮魚、野菜、駅弁、特産品などを運びました。これに合わせて、毎週火曜日に開かれる博多の「つばめマルシェ」では、鹿児島の食材に加えて、熊本の食材の販売も行っていました。
(参考:JR九州ホームページ https://www.jrkyushu.co.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2021/08/16/210816_hayabin_kumamoto.pdf)

| | | Comments (0)

日田彦山線代行バス、10月から減便

 日田彦山線の一部区間は、2017年7月の豪雨で大きな被害を受け、BRT化することになっています。BRT化されるまでの間は、代行バスを走らせています。

 その日田彦山線代行バスですが、利用状況を考慮して、10月1日から減便を行います。減便されるのは上りが彦山発添田行き3本(早朝2本、夜1本)、下りが添田発彦山行き(夜1本)です。いずれも区間運転の便で添田と日田を結ぶものではありません。

 BRT化されるまでは現状維持で行くと思っていたので、早朝や夜間の利用者が少ない便とはいえ、このように減便がなされるとは意外です。
(参考:JR九州ホームページ https://www.jrkyushu.co.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2021/08/31/210830_hitahiko_daikou.pdf)

| | | Comments (2)

長崎新幹線開業で諫早-長崎間も非電化

 長崎新幹線部分開業により、並行在来線のうち肥前浜-諫早間は非電化となります。

 ところがこの場合、JR九州のままで残る諫早-長崎間のみが電化で残ってしまいます。この区間の需要は大きいので電化のままで残っても問題がない区間なのですが、長崎には車両基地がありません。早岐に移転してしまっているのです。

 そこでどうするのかと言えば、諫早-長崎間も非電化にするのです。YC1系を追加投入して賄うのでしょうか? 佐世保までの都市間輸送なら物足りない接客設備でも、諫早-長崎間ならロングシート主体で問題ないでしょう。
(参考:東洋経済ONLINE https://toyokeizai.net/articles/-/449275?page=3)

| | | Comments (0)

JR九州、鳥栖駅でオンライン旅行相談

 有人の「みどりの窓口」を廃止して、オペレーター付きの機械で代替する動きが各地で見られます。JR九州でも少ないながら、そのようなタイプの券売機があります。

 そのJR九州ですが、8月2日から旅行相談もオンラインでできるようになりました(年末年始を除く2022年3月31日まで行います)。場所は鳥栖駅「みどりの窓口」2番カウンター横。鳥栖駅旅行センター跡地です。そこでJR九州博多駅の窓口にいる鉄道旅行専門スタッフとオンラインで相談するのです(Microsoft Teamsのテレビ会議機能を使います)。博多駅や久留米駅などの有人の窓口に行かなくても、相談ができるのです。

 それでは、オンラインでの旅行相談の利用方法について説明します。まず、このオンライン相談は事前に予約する必要があります(インターネットや電話で予約します)。相談希望日の前日までに予約をする必要があります。決められた時間に鳥栖駅の相談スペースに行き、パソコンとヘッドセットを使って、オンラインでの旅行相談を始めます。鳥栖駅の駅員が相談を始めるまで手伝いをします。販売する商品は、「駅長おすすめのゆ」と「駅長おすすめの日帰りグルメたび」。旅行予約が成立した場合、代金はクレジットカードもしくは現金で支払います。チケットは自宅に郵送します(一部は有料です)。

 このオンライン旅行相談が進化すれば、自宅からでもできるようになるのでしょうか?
(参考:JR九州ホームページ https://www.jrkyushu.co.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2021/07/30/210730_tosu_online.pdf)

| | | Comments (2)

JR九州、2022年4月から特急料金を値上げ

 JR九州は2022年4月1日乗車分から、在来線の特急料金を値上げします。新型コロナウイルスの影響で利用者が減り、経営が厳しくなっているからです。消費税率の引き上げに伴うものを除くと、分割民営化以降、初めての値上げとなります。

 どのようになるのでしょうか? 特急料金は全ての区間で上がります。自由席の場合、現在310円の25キロまでが500円に、現在630円の50キロまでが750円になどとなります。おおよそA特急料金の水準になります。門司港または下曽根・小倉-博多間などに適用されている特定特急料金も上がります。指定席特急料金も上がります。現在は自由席特急料金に530円(一部観光列車は740円)を加算した額ですが、繁忙期(春休み、ゴールデンウィーク、夏休み、年末年始)については上がります。これまで在来線の特急料金には繁忙期の概念はありませんでしたが(国鉄末期から分割民営化初期までありましたが、JR九州は廃止していました)、復活させるのです。2022年4月1日乗車分からは自由席特急料金に730円(一部観光列車は940円)を加算した額となります。ただ、特急定期券「エクセルパス」、「九州ネットきっぷ」、「2枚きっぷ」などの割引切符は値上げせず、今と同じ値段で使えます。

 具体的に見ていきましょう。博多-佐賀間の場合、現在大人片道の自由席は1970円、指定席は2500円します。それが自由席は2130円、指定席は2660円、繁忙期は2860円となります。ところが「九州ネットきっぷ」の場合は1150円で、指定席にも乗ることができます。繁忙期も同額です。博多-佐賀間の運賃は1130円ですから、20円を追加するだけで特急に乗ることができるという計算になります。ほかの区間でも正規の料金は上がりますが、ネットの料金は変わらないので、インターネットで切符を買うほうがお得です。ほかの区間でも同じような傾向が読み取れますので、インターネットで切符を買うようにしなければならないでしょう。JR九州もそれを狙っているのでしょうが。
(参考:JR九州ホームページ https://www.jrkyushu.co.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2021/08/03/210803_zairaisen_minaoshi.pdf、佐賀新聞ホームページ https://www.saga-s.co.jp/articles/-/717416)

| | | Comments (0)

より以前の記事一覧