大村線からキハ200形、キハ220形が撤退

 長崎と佐世保を結ぶ快速「シーサイドライナー」は特急ではないものの都市間列車であるため、普通列車よりも接客設備が良いものが使われてきました。その快速「シーサイドライナー」などにキハ66系とともに使われてきた車両がキハ200形、キハ220形。長崎地区には合わせて12両が配備されました。転換クロスシートを備え、快適な輸送サービスを提供していました。

 ところが、大村線からキハ200形、キハ220形が撤退します。廃車になるわけではなく、大分地区、熊本地区、鹿児島地区に転属し、久大線、豊肥線、三角線、指宿枕崎線で走ります。キハ66系も数を減らしており(3月13日のダイヤ改正で引退するという話もあります)、最終的にはYC1系に統一されるようです。ロングシート主体なので、座席のレベルは下がると言えます。

 なお、大村線での最終運転は3月11日に行われます。長崎22:04発普通早岐行きです。4両編成で走ります。当日は行先表示を「ありがとう」にして走ります。
(参考:JR九州ホームページ https://www.jrkyushu.co.jp/common/inc/news/newtopics/__icsFiles/afieldfile/2021/03/01/20210301kiha200hp.pdf、東洋経済ONLINE https://toyokeizai.net/articles/-/408832?page=4)

| | | Comments (0)

筑肥線は日中、筑前前原で乗り換え

 JR九州は3月13日にダイヤ改正を行いますが、同じ日に筑肥線についてもダイヤ改正を行います。

  現行のダイヤでは、昼間、姪浜-筑前前原間は1時間に4本、筑前前原-唐津間は1時間に2本運転しています。このうち毎時1本は(福岡空港-)姪浜-唐津間を通しで運転していましたが、このダイヤ改正で、昼間の列車は全て筑前前原で乗り換えとなります。全て筑前前原で乗り換えになるだけで、姪浜-筑前前原間は1時間に4本、筑前前原-唐津間は1時間に2本という本数自体は変わりません。筑前前原を境に需要の差が激しいので、筑前前原で乗り換えをさせて、需要に見合った長さの列車を走らせるのでしょうか? このほか、20時以降の便を減らします。

 また、鹿児島線についてですが、昼間、小倉-久留米間などを走る快速が臨時列車化されます。今のところ、6月30日まで毎日運転しますが、7月以降の保証はありません。小倉-福間間はこの快速がないと各駅停車しかありませんし、かつては毎時3本あった特急も毎時1本に減っています。バスや新幹線に対抗する力を失い、「ここまで減ったのか」と驚くような状況です。
(参考:JR九州ホームページ https://www.jrkyushu.co.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2021/02/22/210222_chikuhisen_minaoshi.pdf、JTB時刻表 2021年3月号)

| | | Comments (2)

肥前山口駅を江北駅に変更?

 長崎線から佐世保線が分岐する肥前山口駅。この肥前山口駅があるのは江北町です。人口約9700人の町です。なぜ駅名と町名が一致しないのでしょうか?

 肥前山口駅(当時は山口駅。1913年に改称)は1895年に開業しましたが、このときは江北町というのはありませんでした。1932年に山口村など3村が合併して江北村になり、1952年に町になりました。駅名が町名を無視してつけたのではなく、町名の江北のほうが駅名を無視してつけているのです。

 その江北町が駅名を変えようとしているのは、町名の知名度アップのため。山田江北町長(2020年の町長選で駅名改称を公約に掲げて当選しました)によれば、佐賀県民でさえ江北町がどこにあるか知らない人がいるようです。全国レベルになれば当然のことで、鉄道の分岐駅として知られた肥前山口のほうが知名度としては高いのは当然です。

 駅名を地元の要望で変えるなら、改称にかかる費用は地元が負担します。数億円かかるようです。ただ、江北町が改称を予定している2022年(町制施行70年の節目の年でもあります)には、長崎新幹線が部分開業します。この新幹線開業に合わせて改称すれば、長崎新幹線の分はJR九州などが負担しないといけないため、江北町の負担は減ります。江北町は1億円程度で済むと考えています。江北町は町の知名度を上げるための投資と考えているようです。

 もっとも、駅名改称に反対する人もいます。先ほども書きましたが駅のほうが歴史が古いのです。知名度のためなら町名を駅名に合わせてもいいぐらいです。反対派は6402人分の署名を集め、22日、山田江北町長に提出しました。
(参考:佐賀新聞ホームページ https://www.saga-s.co.jp/articles/-/636278、朝日新聞ホームページ https://www.asahi.com/articles/ASP2K6QW2P2HTTHB003.html)

| | | Comments (0)

山陽・九州新幹線相互直通10周年で新大阪-熊本間10000円

 九州新幹線が全線開業し、山陽新幹線との相互直通運転を開始してからまもなく10年となります。そこでJR西日本とJR九州は、「~山陽・九州新幹線相互直通10周年~『記念スーパー早特21』」を発売しています。

 この「~山陽・九州新幹線相互直通10周年~『記念スーパー早特21』」の設定期間は2月12日から4月25日まで。新大阪(大阪市内)・新神戸(神戸市内)-熊本・鹿児島中央間で設定がある「スーパー早特21」に代えてのものとなります(この期間は「スーパー早特21」がありません)。なお、「~山陽・九州新幹線相互直通10周年~『記念スーパー早特21』」 の発売期間は1月12日から4月4日までで、乗車日の1か月前10時から21日前まで発売します。

 値段はどうなっているのでしょうか? 新大阪(大阪市内)、新神戸(神戸市内)ともに同額で、小倉(北九州市内)が大人片道10000円、子供片道4990円(新大阪(大阪市内)から「のぞみ」、「みずほ」の普通車指定席に乗ったときの通常価格は14720円です)、博多(福岡市内)も大人片道10000円、子供片道4990円(新大阪(大阪市内)から「のぞみ」、「みずほ」の普通車指定席に乗ったときの通常価格は15600円です)、熊本も大人片道10000円、子供片道4990円(新大阪(大阪市内)から「のぞみ」、「みずほ」の普通車指定席に乗ったときの通常価格は19200円、「スーパー早特21」が12220円です)、そして鹿児島中央が大人片道12000円、子供片道5990円(新大阪(大阪市内)から「のぞみ」、「みずほ」の普通車指定席に乗ったときの通常価格は22630円、「スーパー早特21」が13240円です)。JR西日本ネット予約「e5489」及び「JR九州インターネット列車予約サービス」で購入することができます(JR西日本で完結する小倉や博多までのは「e5489」でのみ購入できます)。「のぞみ」、「みずほ」、「さくら」等の普通車指定席が利用できますが(博多で乗り継ぐこともできます)、当然ながら座席数限定で、列車の変更はできません。

 熊本まで10000円、鹿児島中央まで12000円とお得な切符ですが、新型コロナウイルスの影響で行く気にならないようになってしまっているのが残念なところです。
(参考:JR西日本ホームページ https://www.westjr.co.jp/press/article/items/210106_00_kinensuperhayatoku21.pdf)

| | | Comments (0)

日田彦山線BRT、日田市内は住民が利用する施設を経由

 紆余曲折の末、一部区間がBRTになることで決まった、日田彦山線の復旧。2023年に完成します。

 その日田彦山線BRTですが、専用道を走ることになった東峰村とは違って、日田市は住民が利用する施設などを経由することを望んでいます。そしてJR九州もその要望を受け入れてルートを設定します。路線バス事業者とも調整して、ルートを設定するとのことです。

 日田市はこのあたりの主要都市なので、通学や通院などの需要があるでしょう。学校や病院などに寄って使いやすい交通機関にするのは望ましい方向でしょう。
(参考:大分合同新聞ホームページ https://www.oita-press.co.jp/1010000000/2021/01/01/JD0059878980)

| | | Comments (0)

JR九州、香椎線で営業列車での自動運転を行う

 当blogでも何回か取り上げた、踏切のある普通の鉄道での自動運転。実は12月24日から香椎線において、自動運転の実証実験を行っていました。

 自動運転を行っている鉄道はたくさんありますが、香椎線はこれまでの鉄道とは違った特徴があります。ATCが整備されていなくて(香椎線はATS区間なので、ATC区間のようにレールから連続的に情報を得ることはできません。ところどころにある地上子からの伝送で情報を得るのみです)、簡単に人が侵入できる踏切があります。JR線における自動運転は国内初の事例です。しかも、営業運転です。

 自動運転を行うのは香椎線西戸崎-香椎間。819系の1編成を使います。朝ラッシュが終わった後の9時台から、西戸崎と香椎の間を12往復します。香椎線の日中は30分間隔なので、半数の列車が自動運転です。

 当面の間は西戸崎方面だけですが、2021年度末までに自動運転を宇美方面にも拡大し、対象列車も増やします。また今は運転士が乗務していますが(ただし運転士の仕事は、発車ボタンを押すことと、線路上に障害物があったときに緊急停止ボタンを押すことだけです)、将来的には運転席に座るのは運転士以外の係員にします。運転士を養成する費用を節約できるのです。ただし、それを実現させるためには法令の改正も必要なようで(今回はこれまで乗客を乗せずに走行試験を繰り返し、国交省から営業運転の認可を得ました)、国交省内の議論がどうなるかをみて、今後も自動運転を進めていきます。
(参考:JR九州ホームページ https://www.jrkyushu.co.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2020/12/22/Newsrelease201222_jidouunten.pdf、産経新聞ホームページ https://www.sankei.com/west/news/201224/wst2012240008-n1.html、https://www.sankei.com/economy/news/201222/ecn2012220031-n1.html)

| | | Comments (0)

JR九州、割引切符を大幅見直し

 高速バスとの競争が激しいJR九州は、お得な割引切符をたくさん発売しています。ところが、新型コロナウイルス感染拡大により利用者が減少し、JR九州の収益も減っています。そこで以前からあったですが、JR九州は割引切符を大幅に見直すことにしました。

 2021年3月31日発売分(利用開始分)をもって発売を終了する切符(発売終了後も有効期限までは使えます)は、「九州新幹線2枚きっぷ」(全21区間)、「九州新幹線日帰り2枚きっぷ」(全5区間)、「2枚きっぷ」(在来線全51区間のうち31区間)、「京都往復割引きっぷ」、「大阪往復割引きっぷ」、「神戸往復割引きっぷ」(合わせて全21区間)、「新幹線往復割引きっぷ」(全7区間)です。2021年3月31日乗車分をもって発売を終了する切符は、「つばめ限定!九州ネット早特7」(全1区間)、「JQ限定!九州ネット早特14」(全1区間)です。

 値上げされるものもあります。2021年4月1日発売分から新価格となる切符は、「2枚きっぷ」(在来線全51区間のうち9区間)、「B&Sみやざき2枚きっぷ」(全5区間)です。2021年4月1日乗車分から新価格となるきっぷは、「九州ネットきっぷ」(在来線またがり含む九州新幹線区間83区間のうち15区間)、「九州ネット早特3」(九州新幹線の全2区間)、「九州ネット早特7」(九州新幹線の全2区間)、「B&Sみやざきネットきっぷ」(値上げ1区間、新規設定4区間)です。

 基本的に廃止になるのは紙の割引切符です。インターネットの切符で廃止になるのはごく一部です。「みどりの窓口」で買うことのできる割引切符を減らして、インターネットに誘導しようとしているのでしょう。「みどりの窓口」には人的コストもかかりますから、ある意味正しい方向です。
(参考:JR九州ホームページ https://www.jrkyushu.co.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2020/12/24/201224_waribikikippu_minaoshi.pdf)

| | | Comments (0)

2021年3月ダイヤ改正発表(4)(JR四国、JR九州、JR貨物)

 JR四国では2700系が増備され、「南風」、「しまんと」の全列車が2700系での運転となります。「あしずり」にも2700系が使われる列車が増えます。16本中4本から6本に増えます。土讃線土佐山田-高知間、徳島線徳島-穴吹間でパターンダイヤを導入し、徳島-阿波川島間では8本の増発を行います。阿波川島まではほぼ30分間隔、穴吹まではほぼ60分間隔です。穴吹から西は普通列車の本数が減るようです。JR四国でも最終列車の繰り上げが行われ、10月1日から運休している深夜時間帯の普通列車6本は正式に消えることになります。土佐くろしお鉄道では、県立あき総合病院の目の前に、新駅あき総合病院前が開業します。

 JR九州では九州新幹線の本数削減を行います。博多-熊本間の「さくら」2本と「つばめ」13本の運転を取りやめます。博多-筑後船小屋間の「つばめ」も廃止されます。在来線特急も減ります。「ソニック」は日中の速達タイプ12本を臨時列車にします。「かもめ」も1本の運転を取りやめ、3本を臨時列車にします。「にちりん」も日中の4本の運転を取りやめ、4本を臨時列車にします。延岡-宮崎空港間には「ひゅうが」を走らせてカバーしますが、大分-延岡間は2時間間隔での運行となります。「有明」は廃止され(代わりに大牟田発鳥栖行きの快速が走ります)、「きらめき」や「かいおう」も運転本数が減ります。「きりしま」は宮崎-鹿児島中央間の1往復と宮崎-都城・西都城間の1往復の運転を取りやめます。「海幸山幸」は利用が見込まれる日に増発し、2往復にします。

 普通列車は福岡都市圏だけでなく、熊本都市圏、大分都市圏、鹿児島都市圏で最終の繰り上げを行います。筑肥線の下山門-筑前前原間の各駅にはホームドアを整備します。篠栗線の日中の運転本数が見直されます。快速が1時間に2本から1本に減ります。日中の快速は篠栗-博多間が各駅停車になります。黒崎-直方間は日中に1時間3本走っている時間帯もありますが、2本になります。

 JR貨物は、宅配便を中心とした積合せ貨物の強化を図ります。積合せ貨物輸送のためのコンテナ列車を上下6本新設します。機関車やフォークリフトの新製を行います。EF210を11両、HD300を1両、DD200を6両新製しますが、やはり最大の話題はDD51の定期運用からの撤退。かつては全国各地で見ることのできる機関車で、ブルートレインの牽引も行っていましたが、今は関西線で石油やコンテナを運んでいるだけです。JR貨物からはなくなっても、旅客会社では当分見ることができますが、すでに貴重な存在です。

(追記)
 JR四国の2000系の活躍の場は減りますが、2000系は台車を更新しているため、10年以上、走り続けることができるようです。
(参考:JR四国ホームページ https://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/2020%2012%2018%2002.pdf、JR九州ホームページ www.jrkyushu.co.jp/news/__icsFiles/afieldfile/2020/12/18/2021daiyaminaoshi_1_1.pdf、JR貨物ホームページ https://www.jrfreight.co.jp/storage/upload/864ccac61055cdb3d9eb1a8c311cf225.pdf、土佐くろしお鉄道ホームページ https://www.tosakuro.com/news、朝日新聞ホームページ https://www.asahi.com/articles/ASNDL5DYSNDLOIPE012.html、https://www.asahi.com/articles/ASP236VN4P1YPTLC00G.html)

| | | Comments (0)

2021年春ダイヤ改正で九州新幹線15本削減、西鉄終電30分繰り上げ

 JR九州が2021年3月のダイヤ改正で減便をするということは以前にも記事にしましたが、その続報です。

 まず、九州新幹線については山陽新幹線と直通運転しない「さくら」や「つばめ」、合わせて15本を削減します。在来線特急については、「きらめき」、「ソニック」、「かもめ」、「きりしま」を削減します。通勤時間帯のみに走る「有明」は廃止になります。「指宿のたまて箱」は臨時列車になります。終電については、鹿児島線などで20分ほど繰り上げます。福岡都市圏だけでなく、ほかでも繰り上げを行います。

 西鉄も2021年3月のダイヤ改正で、福岡(天神)を0:00に発車する花畑行きの最終列車を23:30発とします。30分の繰り上げです。また、休日のダイヤについて、利用者の多い土曜日と日祝のダイヤを分けます。
(参考:毎日jp https://mainichi.jp/articles/20201215/k00/00m/020/067000c、日本経済新聞ホームページ https://www.nikkei.com/article/DGXZQOJC167YK0W0A211C2000000、南日本新聞ホームページ https://373news.com/_news/?storyid=130030)

| | | Comments (0)

南阿蘇鉄道の肥後大津乗り入れについての続報

 当blogで取り上げた、南阿蘇鉄道の肥後大津乗り入れについての続報です。

 南阿蘇鉄道は熊本地震で大きな被害を受けましたが、2023年夏に全線での運行を再開する予定です。そのときには、南阿蘇鉄道の車両が肥後大津まで乗り入れる方針です(JR九州との協議はこれからです)。肥後大津以西は電化区間であるため運行本数が多く、ここまで乗り入れることによって地元住民の利便性向上につながり、観光振興にもなると考えたからです。

 乗り入れにかかる事業費は約4.2億円と見込まれています。車両や信号機の改良、JR九州のシステム改修などに使われます。地元の高森町と南阿蘇村が折半して負担します。もしこの肥後大津乗り入れが実現すれば、所要時間が約7分短縮し、年間の利用者は約6.8万人増えると見込まれています。JR九州によれば、肥後大津乗り入れに関して技術的には問題ないようです。

 また、南阿蘇鉄道は上下分離されます。鉄道を保有するために、南阿蘇鉄道管理機構(仮称)を2022年度に設立します。通常の維持管理費は高森町と南阿蘇村が半分ずつ負担します。新たな負担が生じたときは、国が1/2、熊本県が1/3、残りを地元の高森町と南阿蘇村が半分ずつ負担します。
(参考:熊本日日新聞ホームページ https://kumanichi.com/news/1656395/、西日本新聞ホームページ https://www.nishinippon.co.jp/item/n/658987/)

| | | Comments (0)

より以前の記事一覧