名鉄3月18日ダイヤ改正で、知多新線などワンマン化

 名鉄も3月18日にダイヤ改正を行います。今回のダイヤ改正のポイントは、(1)朝間帯ダイヤを含めた終日にわたる輸送力の適正化 (2)名古屋市近郊における利便性向上 (3)ワンマン運転区間の拡大 です。

 (1)から順番に細かく見ていきましょう。平日の朝は、利用状況に応じて列車の削減(24本)及び区間の縮小(17本)を行います。名古屋本線の上下各1本の一部特別車特急を、一部特別車急行として走らせます。これまで新木曽川は5本、笠松は3本の特急が通過していましたが、ダイヤ改正後は全ての快速特急、特急が停車するようになります。休日の朝は、新可児発の特急3本を新鵜沼始発とします。広見線内は全列車普通での運行になります(平日朝の「ミュースカイ」は残ります)。また、利用状況に応じて列車の削減(8本)及び区間の縮小(18本)を行います。

 昼間、夕方は平日、休日ともに本数が大きく減る区間があります。名古屋本線では9~20時台において、毎時2本あった名鉄岐阜発着の急行を名鉄一宮発着にします。これにより、名鉄一宮-名鉄岐阜間において、快速特急、特急、急行の運行本数が6本から4本に減ります。知多新線では9~20時台において、河和線との直通運転を廃止し、全て線内のみの運転となります。運行本数も毎時3本から2本に減ります。これまで内海発着の特急、急行は河和発着となります。河和、内海発着の普通は知多半田発着に短縮されます。急行が知多半田以南普通として走ることにより、急行通過駅をカバーします。休日、中部国際空港を19時以降に発車する準急を4両編成から6両編成に増結します。同じく休日の昼間、国府-名鉄一宮間を運行する急行(上下22本)は豊明-須ケ口間の準急になります。深夜については、平日、休日とも21時以降の運行本数を見直します。平日は列車の削減(31本)及び区間の縮小(42本)を行います。 休日列車の削減(23本)及び区間の縮小(33本)を行います。

 豊明-須ケ口間の準急は平日も設定されます。10~14時台に上下17本設定されます。下りは津島線に直通します。津島線では普通になります。

 ワンマン運転が拡大されるのは、各務原線と知多新線。各務原線(一部犬山線)の犬山-名鉄岐阜間では終日、全列車においてワンマン運転を行います。新鵜沼発着を除く全列車が犬山(三柿野)-名鉄岐阜間の折り返し運転となりますので、これまであった、犬山線経由の名鉄岐阜発着列車はなくなります。各務原線の急行はなくなり、普通だけになります。知多新線では9~22時台において、ワンマン運転を行います。
(参考:名鉄ホームページ https://www.meitetsu.co.jp/profile/news/2022/__icsFiles/afieldfile/2023/01/17/3.18daiyakaisei.pdf?_ga=2.132476810.520226549.1673959901-1800390082.1672233447、岐阜新聞ホームページ https://www.gifu-np.co.jp/articles/-/186826、乗りものニュース https://trafficnews.jp/post/123843/3)

| | | Comments (0)

気軽になまずを食べる

 岐阜県南部の海津市では、なまずを食べる文化があり、お千代保稲荷の参道にある料理屋などで食べることができます。なまずはそのままのかたちで蒲焼きにするので、見た目はあまり良くないです。そこで、もっと気軽になまずを食べる店がないか調べ、木曽三川公園内のレストランにそれを見つけたので、今日(12月29日)、行くことにしました。

 

 名鉄名古屋から名鉄に乗る。須ヶ口で乗り換え、佐屋で降りる。木曽三川公園へは、ここからまっすぐ西に行けば良い。トラックなどの車が行き交う典型的な田舎の幹線道路(片側1車線で、追い越しができない)だが、歩道があるので、歩くのに苦労することはない。

 道の駅を過ぎると、いよいよ木曽三川を渡る。東から順に、木曽川、長良川、揖斐川の順である。このあたりは低地で、しばしば洪水を起こしていたが、改良工事が行われ、そのリスクは減っている。ただ、低地にあることには変わりないので、今でも大雨や地震の津波などで浸水するリスクはある。話を元に戻す。木曽三川公園は長良川と揖斐川の間にあるので、川を2つ渡ることになる。いずれも川幅は広く、周りに何もないため、風が強く吹く。歩くのに苦労する。佐屋から歩くこと1時間弱、目指す木曽三川公園内のレストランに着く。11時過ぎと少し早いが、ここで昼にする。

 公園内のレストランなので、メニューは定食もカレーもラーメンもあるが、注文したのは「あんかけままず定食」というなまずのフライの定食。店の名前が「ままずカフェ」と言うので、なまずではなく、ままずとなっている。上にちょっとピリッとしたあんが載っている。御飯、味噌汁、漬物、小鉢があるから、立派な定食だ。しばらくして注文した定食が運ばれてきて、メインのなまずを食べる。何も知らなければちょっと柔らかい淡泊な白身魚で、白身魚のフライを出されても気付かないであろう。お千代保稲荷近くの料理屋が見た目はグロテスクでもそのままのかたちで出すのは、なまずであることをアピールする目的もあるのだろう。フライそのものはおいしく、なまずを食べるという目的を達成することはできた。

 せっかく木曽三川公園に来たので、時間はあまりないが近くの展望塔に510円払って上ることにする。周りに高い建物がないので、上に上がるとよく見える。本当は1階の展示物を含めてじっくり見たかったが、時間の都合で仕方がない。残っている川は揖斐川のみ。揖斐川を渡って、対岸に渡る。川の上なので風がきつく、しかも小雨が降ってきた。列車の本数が少ないので急ぎたいが(名鉄は佐屋以北だと1時間に4本あるが、養老鉄道は40分間隔)、なかなか足が前に進まない。少し走って35分ほどで、多度に着いた。佐屋は愛知県、木曽三川公園は岐阜県、多度は三重県なので、実質1時間半程度で3県を通ったことになる(余談だが、多度にはレンタサイクルがあるので、再び多度に戻ってくるならば、自転車を使って往復するという方法もある)。養老鉄道は交通系ICカードが使えないので、現金で切符を買う。自動改札機もないので、切符に磁気が入っていない。養老鉄道には元東急の車両も入っているが、乗った多度12:42発の列車は、元近鉄の車両であった。

| | | Comments (0)

名鉄の弥富駅、JRから分離?

 JRの弥富駅と名鉄の弥富駅は、同じ場所にあります。名鉄が間借りしている格好になっています。そして、近鉄の弥富駅は、JR、名鉄の弥富駅から南に離れたところにあります。線路はJR、名鉄、近鉄とも地上を走っていて、市街地を分断しています。近鉄は30年ほど前に橋上駅舎にして、営業時間だけですが、南北を自由に行き来できます。ところが、JRと名鉄の駅は南側に平屋の駅舎があるだけで、南北の行き来はできません。弥富市の長年の懸案になっています。1950年から70年も続く課題になっています。

 ところが、JRと名鉄の弥富駅に高架の自由通路を整備して、南北の市街地を結ぶ事業が進んでいます。JRの駅舎は橋上駅舎になり、南北の両方に広場を整備します。自由通路は24時間行き来できます。そして名鉄の駅はJRの駅とは別に自由通路の北側に地平の駅舎をつくります。ホームもJRとは別に、独立したホームをつくります。近鉄とJRの間の市街地の再編を行い、空き店舗の目立つ駅前に賑わい空間をつくります。ちなみに、1日あたりの乗降客数は近鉄が1万人、名鉄が4000人、JRが2900人です。名古屋には直接行かず、しかもJRに間借りしている格好になっている名鉄が意外と健闘しています。

 この弥富市の構想に反発する住民がいます。今回のJRと名鉄の弥富駅の事業の事業費は47億円ですが、鉄道事業者の負担はたったの1億円で、残りは国の補助を受けた弥富市が負担します。近鉄のときは事業費24億円のうち、近鉄は7割の15億円を負担したので、今回の弥富市の負担は大きいです。自由通路を使うのは鉄道利用者が9割を超える見込みなので、弥富市の負担は大きすぎるとして、負担金の差し止めを求める訴訟を名古屋地裁に起こしています。

 そもそも、30年前と違って、なぜ今回弥富市の負担が大きいのかと言えば、この間に国交省の要綱が策定されたからです。2009年度に策定された要綱で、自治体と事業者の負担割合が定められているのです。今回の弥富市の負担が大きいのはこれに従った結果であり、弥富市の交渉が下手なわけではありません。最近完成した蟹江駅、桑名駅もこの要綱に従って負担が決められ、鉄道事業者の負担は蟹江駅の場合が26億円のうち0.5億円、桑名駅の場合は96億円のうち3億円です。

 この話は11月の市長選でも問題になりましたが、この事業を推進している現職が再選しました。そのため、この事業が前に進み、名鉄の弥富駅がJRから分離されることになります。
(参考:弥富市ホームページ https://www.city.yatomi.lg.jp/shisei/1000749/1000750/1003914.html、朝日新聞ホームページ https://digital.asahi.com/articles/ASQC973QVQC8OIPE014.html、NHKホームページ https://www3.nhk.or.jp/tokai-news/20221120/3000026073.html)

| | | Comments (0)

定期券呈示で「まる乗り1DAYフリーきっぷ」1000円引き

 名鉄は3月24日から、「定期券で楽!トク!通勤定期券ご購入感謝キャンペーン」を行います。

 どういうキャンペーンかと言えば、3月24日から4月30日までの間に通勤定期券(3か月、6か月)を購入した人は、名鉄全線が1日乗り放題となるフリー切符、「まる乗り1DAYフリーきっぷ」が1000円引きになるというもの。5月31日までの間に、弥富と赤池を除く名鉄の有人駅もしくは名鉄名古屋駅サービスセンターで条件を満たす名鉄の通勤定期券を呈示し、通勤定期券購入時にもらった特別割引券を出せば、本来3200円する「まる乗り1DAYフリーきっぷ」が1000円引きの2200円で買うことができるのです。

 このほかにも、名鉄の通勤定期券を持っている人に対する特典があります。駅の駐車場が1か月無料になったり、平日朝夕のラッシュ時以外に使うことのできる「時差・土休日ミューチケット」を安く買うことができたりします。すでに通勤定期券を持っている人でも使うことのできるものもあります。
(参考:名鉄ホームページ https://www.meitetsu.co.jp/profile/news/2021/__icsFiles/afieldfile/2022/03/18/220318teikikencp.pdf)

| | | Comments (0)

「名鉄西尾・蒲郡線に関する連携合意書」を締結

 名鉄西尾・蒲郡線の一部区間(西尾-蒲郡間)は利用者が少ないため、以前から廃止の話が出ています。それに対して地元の西尾市、蒲郡市は2010年度から支援を始め、2025年度まで続くことが決まっています。西尾市が約1.5億円、蒲郡市が約1億円を毎年負担します。この区間の経常赤字額は約7.9億円なので、1/3程度を穴埋めしているということになります。

 当然ながら、このローカル線も新型コロナウイルスの影響を受けています。そこで、西尾市、蒲郡市、名鉄の三者は路線の魅力向上と収支改善を目的とした新たな取り組みをより推進するために2021年12月17日、連携合意書を締結しました。吉良吉田に停まっている車両の中で調印式が行われました。

 3月ごろからは、主に蒲郡線において、6000系ワンマン車両のうち1編成に白帯を巻いて走らせます。白帯の塗装は、かつて「パノラマカー」の7000系車両、7700系車両に見られました。有料特急専用車両の識別のため、1982年に登場したもので、西尾線・蒲郡線でも見られました。

 あと4年は西尾線・蒲郡線が存続しますが、その4年の間に抜本的な解決策を取らないと、また同じ話が繰り返されます。特に問題なのは、「manaca」が使えない吉良吉田-蒲郡間。輸送密度も低く、2019年度の数字で1854人です。2020年度や2021年度は新型コロナウイルスの影響でさらに落ち込むことでしょう。まだ西尾-吉良吉田間の輸送密度は4649人(2019年度)ありますので、バスに置き換えるには厳しいところですが、吉良吉田-蒲郡間は沿線自治体からの補助が打ち切られたら、廃止になっても仕方がないとも言えます。
(参考:名鉄ホームページ https://www.meitetsu.co.jp/profile/news/2021/__icsFiles/afieldfile/2021/12/06/211206nishigamagouisyo.pdf?_ga=2.50377003.303431695.1638777262-1731721230.1629018096、https://www.meitetsu.co.jp/profile/news/2021/__icsFiles/afieldfile/2021/12/17/211217nishigamashiroobi.pdf、鈴木将浩のまったり活動ブログ https://suzukimasahiro.jp/archives/2392、蒲郡市ホームページ https://www.city.gamagori.lg.jp/uploaded/attachment/81128.pdf)

| | | Comments (0)

名鉄、10月1日から「manaca」マイレージポイント改定

 名鉄の「manaca」はあまり率は良くないですが、利用度合に応じてポイントがつきます。マイレージポイントです。ところが名鉄は10月1日からマイレージポイントの改定を行います。

 どのような改定なのでしょうか? 現行の名鉄のマイレージポイントは利用金額と利用回数に応じて付与されます。ところが10月1日以降は利用回数によって付与することを止め、利用金額に対する付与率を引き下げます。月に2001円以上利用しないとポイントがつかないことは変わりませんが、付与率が今の半分になります。

 代わりにできるのが、平日昼間の利用金額に応じて付与されるポイント、「平日昼間利用ボーナスポイント」。1か月間(1日から末日)の昼間時間帯(10~16時)の利用金額に応じて付与されます(休日は適用外です)。5000円以上で100ポイント、10000円以上で300ポイント、20000円以上で1500ポイントです。平日の昼間の利用に対してポイントを付与することで、利用者の多い朝夕からシフトさせようとしているのです。

 リニモや豊橋鉄道、名鉄バスも10月1日からマイレージポイントの改定を行います。改定内容はリニモは名鉄と同じ、豊橋鉄道は利用回数に応じて付与されるポイントを改定します。名鉄バスはボーナスポイントがなくなり、基本ポイントも現行の1/10の0.2%になります。ほとんどなくなると言っても過言ではないでしょう。
(参考:名鉄ホームページ https://www.meitetsu.co.jp/profile/news/2021/__icsFiles/afieldfile/2021/08/18/210819_mairejipoint_kaitei.pdf、愛知高速交通ホームページ www.linimo.jp/news/2021081909512165.html、豊橋鉄道ホームページ https://www.toyotetsu.com/news/000280.html、名鉄バスホームページ www.meitetsu-bus.co.jp/info/detail/436)

| | | Comments (0)

名鉄、10月30日にもダイヤ改正

 5月にダイヤ改正を行ったばかりの名鉄ですが、10月30日にもダイヤ改正を行います。

 今回のダイヤ改正では、豊川線(国府-豊川稲荷間)、尾西線(森上-津島間)、各務原線等(三柿野-犬山間)で昼間時間帯(尾西線、各務原線等は10~14時台、豊川線は11~14時台)の運行本数を減らします。平日も休日も減ります。これまで国府-豊川稲荷間、森上-津島間、三柿野-犬山間はいずれも毎時4本運行していましたが、これが毎時2本に減ります。このうち各務原線等では名鉄岐阜-犬山間の急行(新那加-犬山間のみ急行)を名鉄岐阜-三柿野間の普通に変更して、三柿野-犬山間の運行本数を減らします。

 夜間も減ります。21~22時台において、名古屋本線(名鉄岐阜-須ケ口間)、竹鼻線(新羽島-笠松間)、豊川線(国府-豊川稲荷間)、広見線(新可児-犬山間)で本数が減ります。平日のみ減る路線、休日のみ減る路線があります。

 5月のダイヤ改正で昼間の急行がなくなった瀬戸線ですが、今回のダイヤ改正では準急がなくなります。これまで10~15時台には準急が毎時2本、普通が毎時4本走っていましたが、これを普通のみにします。しかし普通は毎時6本に増え、運行間隔が均一化されるので、これまで毎時4本しか停まらなかった普通のみの停車駅では、むしろ利便性が向上することになります。
(参考:名鉄ホームページ https://www.meitetsu.co.jp/profile/news/2021/__icsFiles/afieldfile/2021/08/06/210810_daiyakaisei.pdf?_ga=2.32214974.148945121.1628599652-399687524.1625898201、岐阜新聞ホームページ https://www.gifu-np.co.jp/news/20210810/20210810-95854.html)

| | | Comments (0)

名鉄、6月26日に「ミュースカイ」用2000系と9500系の併結で河和線へ

 通常は中部国際空港方面に走っている「ミュースカイ」。2000系だけで、全車特別車の列車として走っています。

 ところが、6月26日に、この2000系が河和線を走ります。河和線開業90周年を記念してのことで(河和線太田川-成岩間は1931年4月1日に開業しました)、定期列車(特急)として名鉄名古屋-河和間を2往復します。名鉄名古屋10:41発、13:41発と河和11:57発、14:57発です。

 しかも、2000系だけが単独で走るわけではありません。通常、名鉄名古屋-河和間の特急は一部特別車として走っているのですから、一般車とセットになって走ります。一般車は、2019年にデビューした通勤型車両、9500系です。2000系4両と9500系4両の8両編成で走ります。

 2000系が河和線を走ること自体が珍しいのに、9500系と一緒になって走ります。通常、2000系は単独で走るものなので、その組み合わせは大変貴重です。あと1か月ほどで、なかなか見ることはできないものを見ることができるのです。実際に乗りたいのなら、「ミューチケット」は乗車1か月前の5月26日から発売されます。
(参考:名鉄ホームページ https://www.meitetsu.co.jp/profile/news/2021/__icsFiles/afieldfile/2021/05/24/210524_kowasen_tokubetsuhenseiunko03.pdf?_ga=2.70305232.1187574214.1621863033-551564652.1621764834)

| | | Comments (0)

ゴールデンウィークに「パノラマSuper」が中部空港へ

 最盛期に比べてずいぶん数を減らしたとは言え、名鉄らしい車両と言えばハイデッカー展望席を備えた「パノラマSuper」。展望席から見る景色は運転士の気分にさせてくれます。

 この「パノラマSuper」ですが、普段は中部空港方面の列車には使われていません。ところが、5月1~5日、8日、9日の7日間に限り、名鉄岐阜-中部国際空港間の一部特急に「パノラマSuper」が使われます。

 「パノラマSuper」が使われるのは、名鉄岐阜8:01発、10:32発、13:02発と、中部国際空港9:17発、11:47発、14:17発の3往復。中部国際空港行きの展望車はすぐに売り切れそうです。

(追記)
 「パノラマSuper」の中部国際空港乗り入れですが、7月22~25日の4日間も行われることになりました。
(参考:名鉄ホームページ https://www.meitetsu.co.jp/profile/news/2020/__icsFiles/afieldfile/2021/03/29/210330_kukosen1200kei.pdf?_ga=2.235634946.248504522.1617109358-1727498940.1614430762、https://www.meitetsu.co.jp/profile/news/2021/__icsFiles/afieldfile/2021/06/18/210618_kukosen1200kei.pdf?_ga=2.90546714.1004003971.1624100229-1603297050.1612166467)

| | | Comments (0)

名鉄、5月22日ダイヤ改正で昼間の急行等削減

 名鉄は5月22日にダイヤ改正を行います。

 名鉄もほかの鉄道会社と同様、終電の繰り上げを行います。中部国際空港への終電が30分繰り上がり名鉄名古屋22:45発となります。反対に、名鉄岐阜発豊橋行きの終電は17分繰り下がり、名鉄名古屋23:00発となります。豊橋発鳴海行きも7分繰り下がり、豊橋23:41発となります。

 このほか、昼間を中心に急行などの削減があります。名古屋本線の豊川稲荷-名鉄一宮間を直通運転する急行の運行時間帯を10時までと16時以降に変更します。平日10時から16時の間は急行は走らず、代わりに豊川稲荷-国府間、金山-須ヶ口間の普通を増やします。瀬戸線は急行の運行時間帯を10時までと15時以降に変更します。平日、休日ともに10時から15時の間は急行は走らず、代わりに栄町-尾張旭間の普通を尾張瀬戸まで延長します。竹鼻線は平日15時から23時の間、名鉄岐阜に直通するものがありますが、その直通をなくします。笠松-新羽島間の運行とします。津島線では、10時から21時の間、名古屋本線に直通する列車の運行本数を見直し、休日も平日と同じ1時間に4本とします。

 中部国際空港への「ミュースカイ」の本数は今と変わりありませんが、昼間を中心に名鉄岐阜や新鵜沼への直通を取りやめ、名鉄名古屋発着とします。夕方以降に新可児に乗り入れているものがありますが、これを取りやめ、新鵜沼行きのみにします。
(参考:名鉄ホームページ https://www.meitetsu.co.jp/profile/news/2020/__icsFiles/afieldfile/2021/03/15/210316_daiyakaisei.pdf?_ga=2.115342727.143217799.1615899141-1727498940.1614430762)

| | | Comments (0)

より以前の記事一覧