長良川鉄道に新型気動車

 長良川鉄道は2022年4月に新しいディーゼルカーを導入します。2009年以来の新型車両で、古い車両を置き換えます。

 その外観のイメージは急行「おくみの」。国鉄時代に名古屋と北濃とを結んでいた急行列車をイメージした塗装がなされます。国鉄の急行の塗装です。車両の購入費は1.9億円です。中はロングシート(急行みたいにボックスシートではないようです)で、定員は116人です。国鉄時代にはなかったですがその後の時代を反映して、車椅子スペースが2か所あります。内装は長良川をイメージした青です。

 車両は新車で、基本的には普通列車として長良川鉄道を走ります。しかし、年4回、イベント用としても走ります。どのようなイベントかと言えば、国鉄時代の再現をするイベント。乗務員の制服や車内販売のワゴンは国鉄時代のものを復刻します。切符は硬券で、タブレットを使ったかつての運行管理システムも実演します。改札は鋏を使い、美濃太田では駅弁の立ち売りを行います。

 これらの国鉄時代の再現は、クラウドファンディングで行われます。目標金額は100万円、期間は10月1日から11月末までです。寄付額に応じて1日乗車券のプレゼントや貸切列車の運行、初日に乗る権利といった返礼品がもらえます。
(参考:鉄道ホビダス https://rail.hobidas.com/news/345369/、日本経済新聞ホームページ https://www.nikkei.com/article/DGXZQOFD29AID0Z20C21A9000000/、朝日新聞ホームページ https://www.asahi.com/articles/ASPB86S35PB8OHGB00J.html)

| | | Comments (0)

福井鉄道の駅名変更案、5案から投票

 越前市内につくられる北陸新幹線の駅の名前が、越前たけふになりました。

 そうなると、福井鉄道にある駅、越前武生と同じ読みになります。福井鉄道は越前武生の駅名を変えることにしましたが、5案の中から投票で決めることにしました。

 (1)歴史性や地域性が感じられる (2)路線や場所が分かる (3)読みやすい などの観点から選ばれたのは、福鉄たけふ、福鉄えちぜん、武生新、菊花たけふ、越前府中です。このうち武生新は1924年に開業してから2010年に現在の越前武生に改称されるまで使われていた駅名で、菊花たけふは名物の菊人形、越前府中はこの近くに国府があったことからきていると思われます。

 投票は10月16日から11月30日までの間、行われます。越前武生で窓口の営業時間内に応募用紙を受け取り、窓口付近にある投票箱に入れます。ほかの駅の窓口、電話、メール、郵送での対応はしていません。投票は1人1回限りです。12月下旬に新駅名を公表し、実際に変更されるのは2023年春です。
(参考:福井新聞ホームページ https://nordot.app/819480441709264896、福井鉄道ホームページ https://fukutetsu.jp/newsDetail.php?213)

| | | Comments (0)

「JR西日本 どこでもきっぷ」等、発売される

 発売の発表はあったものの、実際に発売開始になる前に中止になってしまった、「JR西日本 どこでもきっぷ」、「JR西日本 関西どこでもきっぷ」。新型コロナウイルスの感染状況が落ち着いてきたためか、発売されることになりました。

 「JR西日本 どこでもきっぷ」はJR西日本、智頭急行、JR西日本宮島フェリーが乗り放題。IRいしかわ鉄道の金沢-津幡間、あいの風とやま鉄道の富山-高岡間については通過利用する場合に限り、追加料金なしで乗車できます。新幹線や特急も乗り放題で、普通車指定席も6回まで使えます。「JR西日本 関西どこでもきっぷ」はJR西日本の関西エリア、智頭急行が乗り放題 。乗り放題のエリアなら新幹線や特急も乗り放題で、普通指定席も6回まで使えるのは「JR西日本 どこでもきっぷ」と同じです。利用期間は10月15日から12月26日まで(2日間用は12月25日出発分まで、3日間用は12月24日出発分まで)、発売期間は10月8日から12月18日まで(3日間用は12月17日まで)です。出発の1か月前から7日前まで発売します。値段は「JR西日本 どこでもきっぷ」の2日間用が18000円、3日間用が22000円、「JR西日本 関西どこでもきっぷ」は2日間用のみで10000円です(子供は全て半額で、子供だけの発売や利用はできません)。発売箇所はJR西日本ネット予約の「e5489」、JR西日本、JR九州(福岡県、佐賀県に限ります)管内の主な旅行会社で、「みどりの窓口」では発売しません。なお、「JR西日本 どこでもきっぷ」の2日間用は旅行会社のみで発売し、「e5489」での発売は行いません。

 これらの切符は、JR西日本にしては珍しく、1人でも利用できます。グループで旅行すればどうしても声が出てしまい、感染リスクが高まりますが、1人ならそのようなリスクは少なくなります。感染対策をきちんとしながら、出かけたいものです。
(参考:JR西日本ホームページ https://www.westjr.co.jp/press/article/items/211004_03_dokodemokippu.pdf)

| | | Comments (0)

地鉄路面電車、10月10日から交通系ICカード利用可能に

 富山地鉄の路面電車は、独自のICカード(「ecomyca」、「passca」)のみ使うことができます。交通系ICカードは使えません。地元の人はともかく、ほかの地域から来た人は使うことができません。

 ところが、以前にも書いた通り、富山地鉄の路面電車でも「ICOCA」等、10種類の交通系ICカードが使えるようになります。10月10日からなので、当初の予定より1年早くなったようです。

 交通系ICカードが使えるのは富山地鉄の路面電車。鉄道や路線バスでは利用できません。車両の降車口の扉横に交通系ICカード専用のカードリーダーがありますので、そこにタッチします。運転士横にあるカードリーダーは「ecomyca」、「passca」用なので、そちらにタッチしてはいけません。交通系ICカードは支払いのみに使え、チャージはできないので、あらかじめコンビニ等でチャージしておく必要があります。交通系ICカードの販売も行っていません。運賃は現金で払ったときと同じく、大人210円、子供110円。「ecomyca」、「passca」とは違って割引はありません。ある程度使う機会があるなら「ecomyca」、「passca」を買えばいい話です。交通系ICカードが使えるだけで十分でしょう。

(追記)
 交通系ICカードの導入費用7400万円は富山市が全額負担しました。
(参考:JR西日本ホームページ https://www.westjr.co.jp/press/article/items/210910_08_icoca_toyama.pdf、北國・富山新聞ホームページ https://nordot.app/818574483769556992、富山テレビホームページ https://nordot.app/819868247331274752)

| | | Comments (0)

大井川鐵道、SLの客車を休憩所として貸し出し

 新型コロナウイルスの影響で、飲食店が休業したり、テイクアウトのみの縮小営業をしたりしています。そうなると問題は「どこで買ったものを食べるか?」です。

 そこで大井川鐵道は、千頭に停まっているSLの客車を休憩所として貸し出すことにしました。9月27日までの「きかんしゃトーマス」が運行されている日の13時20分から14時までの間の約40分間、SLの客車を食べる場所として貸し出すことにしました。車両は旧型ですが、抗菌、抗ウイルス加工済みで、窓を開けて換気を徹底しています。

 鉄道利用者でなくても、入場券の150円を買えば、利用することができます。なお、混雑時には、利用人数を制限することもあります。
(参考:Yahoo!ニュース https://news.yahoo.co.jp/articles/c2e004aa2b52134f27438eb56fd26100734465a0)

| | | Comments (0)

北陸鉄道石川線、LRTやBRTになる?

 新型コロナの影響で、北陸鉄道の浅野川線は20%、そして石川線は30%も減少しました。石川線のほうが減少の度合が高いのは、石川線の沿線に学校が多いからです。

 この金沢に関して度々出ているのが、金沢から中心部を通って、野町まで行く新交通システムの構想。金沢市では2016年から議論をしていますが、そのルートは金沢港-金沢駅-香林坊-野町間となっています。金沢の中心部をちゃんと通るものに変わっています。すぐにできるものではありませんが、中長期的なものとして考えられています。なお、浅野川線はすでに1500Vに昇圧されていて、かつ北鉄金沢駅が地下になっているため、対象外です。浅野川線の列車が金沢の中心部まで走るわけではないようです。

 輸送手段はLRTとBRTの2案が考えられています。金沢の中心部には時間帯限定ですが、バス専用レーンを採用しているところもあり、ここを走ることになるのでしょうか? 基本的には地上を走りますが、香林坊付近は片側2車線と道幅が広くないため、そこをどうするかは課題です。

 ところで、なぜ石川線に乗り入れるのかと言えば、LRTの車両基地として石川線のを使うからです。金沢の中心部に車両基地を置く場所はなく、既存の車両基地を使うことを考えているのです。
(参考:タビリスホームページ https://tabiris.com/archives/ishikawasen2021/、「鉄道ジャーナル」2021年6月号 鉄道ジャーナル社

| | | Comments (0)

名鉄、10月1日から「manaca」マイレージポイント改定

 名鉄の「manaca」はあまり率は良くないですが、利用度合に応じてポイントがつきます。マイレージポイントです。ところが名鉄は10月1日からマイレージポイントの改定を行います。

 どのような改定なのでしょうか? 現行の名鉄のマイレージポイントは利用金額と利用回数に応じて付与されます。ところが10月1日以降は利用回数によって付与することを止め、利用金額に対する付与率を引き下げます。月に2001円以上利用しないとポイントがつかないことは変わりませんが、付与率が今の半分になります。

 代わりにできるのが、平日昼間の利用金額に応じて付与されるポイント、「平日昼間利用ボーナスポイント」。1か月間(1日から末日)の昼間時間帯(10~16時)の利用金額に応じて付与されます(休日は適用外です)。5000円以上で100ポイント、10000円以上で300ポイント、20000円以上で1500ポイントです。平日の昼間の利用に対してポイントを付与することで、利用者の多い朝夕からシフトさせようとしているのです。

 リニモや豊橋鉄道、名鉄バスも10月1日からマイレージポイントの改定を行います。改定内容はリニモは名鉄と同じ、豊橋鉄道は利用回数に応じて付与されるポイントを改定します。名鉄バスはボーナスポイントがなくなり、基本ポイントも現行の1/10の0.2%になります。ほとんどなくなると言っても過言ではないでしょう。
(参考:名鉄ホームページ https://www.meitetsu.co.jp/profile/news/2021/__icsFiles/afieldfile/2021/08/18/210819_mairejipoint_kaitei.pdf、愛知高速交通ホームページ www.linimo.jp/news/2021081909512165.html、豊橋鉄道ホームページ https://www.toyotetsu.com/news/000280.html、名鉄バスホームページ www.meitetsu-bus.co.jp/info/detail/436)

| | | Comments (0)

北陸新幹線並行在来線、福井県が原案を示す

 北陸新幹線が敦賀まで開業すると、北陸線の金沢-敦賀間が並行在来線としてJRから分離されます。8月23日のことですが、このうち福井県部分の経営計画案が明らかになりました。

 今現在は、関西や名古屋方面への特急がたくさん走る北陸線ですが、新幹線が開業するとその特急は消えてしまいます。そこで普通列車を増やすことにしました。増便が目立つのは、人口の多い福井-武生間。快速を含めて22本増え、福井-武生間は日中でも1時間に2本の運転になります(現在は1時間に1本)。芦原温泉-福井間、武生-敦賀間も若干増えるようです。芦原温泉から石川県方面は今のところ44本のままですが、石川県のIRいしかわ鉄道と協議して、増便を行う可能性もあります。朝夕は福井-敦賀間に快速を走らせます。朝夕4本ずつ走ります。停車駅は未定ですが、福井-敦賀間を現行の普通より10分ほど短い、40分弱で結びます。関西や名古屋との速達機能もあるようです。そのほか、パターンダイヤの採用も検討しています。

 ただ、特急がなくなった以上、今のような安い運賃は無理です。値上げを行います。定期外や通勤定期の運賃は現在の1.15倍に引き上げます。通学定期は1.05倍です。開業6年目以降はさらに値上げされ、定期外や通勤定期は1.20倍になります。通学定期は1.05倍のままです。先行する富山県や石川県の事例を参考にして決めましたが、これでも赤字です。貨物列車の線路使用料収入がありますが、それでも11年間で約70億円の赤字になります。
(参考:読売新聞オンライン https://www.yomiuri.co.jp/local/fukui/news/20210830-OYTNT50078/、福井新聞ホームページ https://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/1386727)

| | | Comments (0)

長良川鉄道、夕方に1本増便

 長良川鉄道は9月1日から11月30日までの91日間、休日も含めて夕方に1便を増便します。

 増便するのは美濃太田18:02発。元々関18:21発湯の洞温泉口行きの列車が運行されていましたが、美濃太田-関間を延長運転し、美濃太田発湯の洞温泉口行きとします。夕方の通勤通学時間帯に1本増発することによって、この時間帯の運転間隔が20~30分間隔と短くなります。

 ところで、この増発は国交省による地域公共交通の活性化・継続事業を活用しています(ただし補助がもらえるのは1か月だけで、残り2か月は自腹だそうです)。第三セクターの長良川鉄道でも、美濃太田寄りの区間はそれなりに需要がありそうです。そういう区間を増発して便利にすることが、公共交通機関の生きる道です。
(参考:長良川鉄道ホームページ www.nagatetsu.co.jp/info/3545/、岐阜新聞ホームページ https://nordot.app/801609687416586240)

| | | Comments (0)

豊橋鉄道で夜行列車

 豊橋鉄道は豊橋市と隣の田原市を結ぶ鉄道と豊橋市内の路面電車しかない、規模の小さいローカル私鉄です。しかし、その豊橋鉄道がこの夏に、夜行列車を走らせます。

 夜行列車が走るのは8月22日(21日深夜)。雨天決行です。まず集合場所の高師に21日23:30から22日0:20の間に集合します(高師への最終列車は新豊橋23:50発です)。夜行列車は0:50に出発します。通常の列車ならできない、本線上の駅間に特別に停車した後、新豊橋に2:15に着きます。当然ながらこの時間の新豊橋はシャッターが降りていますので、内部からそれを見るという貴重な体験ができます。新豊橋は3:20に出ます。三河田原には4:00に着きます。その三河田原では「渥美線カラフルトレイン」を5編成並べています。線路に降りて撮影をすることができます。解散は三河田原5:00です。22日に有効の一日乗車券がもらえますから、それを使って変えることになります。

 料金は軽食を含んで、16000円から21000円です。車端部のロングシートを独り占めできる21000円のプランを除いて、ロングシートを2~4人で使うことになります。座席は豊橋鉄道側が決めます。なお、豊橋鉄道は海岸に沿って走っているわけではありませんので、車内から海は見えません。

 申込は豊鉄観光バス企画販売センターにメールにて行います。電話や郵便はがきなどでは行いません。7月26日9:00必着です。応募者多数のときは抽選を行います。また、当日の受付では、顔写真付きの身分証明書の呈示が必要です。
(参考:豊橋鉄道ホームページ https://www.toyotetsu.com/news/000268.html)

| | | Comments (0)

より以前の記事一覧