宇都宮のLRT、19停留所の名称が決定

 2023年に開業する予定の宇都宮のLRT。全部で19の停留所ができますが、4月にその名称が決まりました。

 その19の停留所の名称は、宇都宮駅東口、東宿郷、駅東公園前、峰、陽東3丁目、宇都宮大学陽東キャンパス、平石、平石中央小学校前、飛山城跡、清陵高校前、清原地区市民センター前、グリーンスタジアム前、ゆいの杜西、ゆいの杜中央、ゆいの杜東、芳賀台、芳賀町工業団地管理センター前、かしの森公園前、芳賀・高見沢工業団地です。停留所の名称を決める委員会が公共施設の名称などから候補を選び、地域の住民にアンケートを行い、その結果も踏まえて決めました。特定の個人名、法人名を排除する方針に従い、仮称にあったJR宇都宮駅東口、ベルモール前、作新学院北、本田技研北門はそれぞれ宇都宮駅北口、宇都宮大学陽東キャンパス、清陵高校前(清陵高校は県立高校です)、芳賀・高根沢工業団地になっています。停留所の名称から特定の法人名をつけることを避けたのは、法人名を停留所の名称とした場合、法人が廃業したり移転したりしたときに停留所の名称を変える必要があるからということと、ネーミングライツを売るためです。

 また、LRT車両の愛称も決まりました。宇都宮市民、芳賀町民にアンケートを行い、4つの案の中から選んでもらいました。その中から最多得票で選ばれた愛称が「ライトライン」です。雷都(宇都宮は雷が多いことから、雷都と呼ばれています)とLINEをつなげたもので、雷都とLIGHTの音が同じことから、「未来への光の道筋」というメッセージも込められています。
(参考:宇都宮市ホームページ https://www.city.utsunomiya.tochigi.jp/kurashi/kotsu/lrt/1022203.html、https://www.city.utsunomiya.tochigi.jp/kurashi/kotsu/lrt/1025819.html、下野新聞ホームページ https://www.shimotsuke.co.jp/articles/-/440886、マイナビニュース https://news.mynavi.jp/article/railwaynews-275/)

| | | Comments (0)

5月4日の臨時列車は社長自らが運転

 銚子電鉄は5月1日から4日までの4日間、午後に臨時列車4往復を走らせます。新型コロナウイルス感染予防のためで、この時間帯は1時間に2本走ることになります。また5月2日から4日までの3日間は10時から17時に限り、犬吠駅前近くに臨時駐車場を開設します。ここまで車で来て、銚子電鉄に乗るという使いかたができます。

 なお、5月4日は社長の竹本氏が自ら列車の運転を行います。竹本氏の本職は税理士(税理士になるにはかなりの勉強量がいる試験に合格することが必要です)なのですが、2016年に鉄道の免許を取得されていたようです。
(参考:銚子電鉄ホームページ https://www.choshi-dentetsu.jp/news/2296/、三田評論ONLINE https://www.mita-hyoron.keio.ac.jp/spotlight/201902-1.html)

| | | Comments (2)

秩父鉄道にもICカード

 埼玉県には8つの鉄道会社がありますが、秩父鉄道だけがICカードを使うことができません。ところがその秩父鉄道でも、ICカードが使えるようになります。2022年3月の予定です。

 なぜ秩父鉄道でICカードの導入が遅くなったのでしょうか? それは、ICカード導入にかかる費用が高かったためです。ところが、国や沿線自治体からの補助金を活用することによって導入のコストが下がったため、秩父鉄道でも導入することができるようになりました。すでに導入のための自動改札機の設置工事が始まっていて、2022年春には全37駅でICカードが使えるようになります。

 ICカードを導入することによって、東京などから来た観光客への利便性が向上します。これまで東京では当たり前のように使っていたICカードを秩父鉄道で使うことはできませんでしたが、それが使えるようになります。西武からの直通列車に乗って、ICカードが使えずに慌てるということもなくなります。ただ、これまでは駅員が対応していたのですが、そのような昔の鉄道みたいな味わいはやがて消えていくことになりそうです。残念と言えば残念ですが、人的コストがかなりかかるのでやむを得ないところもあります。
(参考:産経新聞ホームページ https://www.sankei.com/economy/news/210216/ecn2102160026-n1.html)

| | | Comments (0)

アルピコ交通、車両の更新を先送り

 アルピコ交通の車両は元京王の3000系。製造から50年が経過していて、今のところ大きな故障はないのですが、今後の保証はありません。50年も経過しているので、部品の調達も問題になってきます。そのため、アルピコ交通は2020年度に4編成あるうちの1本を更新することにしていました。

 ところが、新型コロナウイルスの影響でアルピコ交通の経営は厳しくなりました。そこでアルピコ交通は2020年度に車両を更新することを断念しました。先送りしたのです。また、アルピコ交通は高速バス車両など約50台の売却も行います。約2割の削減です。
(参考:「鉄道ファン」2021年4月号 交友社、日本経済新聞ホームページ https://www.nikkei.com/article/DGXZQOFB254UH0V20C21A1000000/)

| | | Comments (0)

宇都宮LRT、駅の西側は5キロ整備

 宇都宮駅の東側で建設が行われている宇都宮のLRT。しかし、東側だけつくっておしまいではありません。駅の西側にも整備計画があるのです。

 駅の西側はどこまでできるのかと言えば、栃木県教育会館付近。駅から約5キロのところにあります。駅の東は約15キロありますので、合わせて20キロを整備することになります。

 もともと西側への延伸案は3月中に公表する予定でした。しかし、東側の部分の開業時期の延期と事業費の大幅な増加が判明したため、それどころではなくなり、延伸案の公表は先送りされました。

 事業費の大幅な増加などの問題はきちんとしなければいけないでしょうが、LRTは開業させないといけないでしょう。今のままでいいわけではありません。反対派に具体的なビジョンがあるわけではなく、このまま政争の具としてLRTを中途半端に潰してはいけません。
(参考:日本経済新聞ホームページ https://www.nikkei.com/article/DGXZQOFB02AMW0S1A200C2000000/、https://www.nikkei.com/article/DGXZQOFB133TA013032021000000/)

| | | Comments (0)

上田電鉄は3月28日復旧

 上田電鉄は2019年10月の台風19号で大きな被害を受けました。上田-城下間にある千曲川橋梁が崩落し、その区間でバス代行を行ってきましたが、3月28日に全線復旧します。当日は上田6:15発の始発の前に上田5:55発の臨時列車を走らせるなど、何本かの臨時列車を走らせます。また、終日運賃は無料となります。

 この3月28日にはダイヤ改正を行います。始発や最終において新幹線と、朝の通勤ラッシュ時においてしなの鉄道との接続を考慮したダイヤとなります。平日17~20時の帰宅時間帯は30分間隔のパターンダイヤとなります。日中の11~15時台もパターンダイヤになりますが、60分間隔なので、今よりは本数が減ります。休日ダイヤを設定し、休日は平日に比べて朝夕の通勤通学時間帯で運休する列車が出ます。なお、全線復旧日の3月28日は平日ダイヤで運行します。
(参考:上田電鉄ホームページ https://www.uedadentetsu.com/news/post-2240.html、https://www.uedadentetsu.com/news/post-2323.html)

| | | Comments (0)

鹿島臨海鉄道、日中は2時間間隔に

 鹿島臨海鉄道も3月13日にダイヤ改正を行いました。

 鹿島臨海鉄道も一部区間で最終列車の見直しを行いますが(水戸発新鉾田行き最終は14分、水戸発大洗行き最終は10分繰り上がります)、目立つのは日中の大洗-鹿島神宮間の本数の少なさ。これまでは1時間に1本ほどありましたが、2時間程度に1本の割合に減ります。そのように運転間隔が空く日中でも、水戸-大洗間は1時間に2本程度あり、減便はなされていません(改正前も改正後も1日36往復で変わりません)。

 車両に関して言えば、8000形が増備され、始発から9時台までに水戸や鹿島神宮を出る列車の2/3ほどが8000形となります。また、昼間の列車は原則として1両編成となります。液の営業体制について言えば、大洗と新鉾田の営業時間が見直され、短縮されます。
(参考:鹿島臨海鉄道ホームページ https://www.rintetsu.co.jp/wp-content/uploads/2021/02/7e3c85546b384256543f3c56bbb11a1b.pdf)

| | | Comments (0)

箱根登山鉄道も始発繰り下げ、最終繰り上げ

 箱根登山鉄道も3月13日にダイヤ改正を行います。今回変更するのは、箱根湯本-強羅間と、ケーブルカーの強羅-早雲山間。いずれも早朝や深夜以外はほとんど変更しません。

 箱根湯本-強羅間は始発の繰り下げ、最終の繰り上げを行います。始発は20分程度の繰り下げ、最終は25~35分程度の繰り上げです(1月20日から実施している終電繰り上げ前のものと比較しています)。

 ケーブルカーも始発の繰り下げと最終の繰り上げを行います。始発は上下とも7:41発から8:25発に44分繰り下げられます。最終も上下とも19:07発から18:20発に47分繰り上げられます。
(参考:箱根登山鉄道ホームページ https://cops.ssl-odakyu.jp/www.hakone-tozan.co.jp/hakone_wp/wp-content/uploads/2021/02/d0ed081ded89466438628b5d063d095f.pdf)

| | | Comments (0)

413系がえちごトキめき鉄道へ

 七尾線を走っている413系。もともと急行型車両としてつくられた車両ですが、1987年に松任工場で改造され、近郊型になりました。北陸線を中心に走ってきましたが、北陸新幹線開業後は七尾線などに活躍の場を移しました。ところがその413系、かなり古いため、この13日のダイヤ改正でJR西日本からは消えてなくなります。521系に置き換えられるのです。

 しかしその413系を買い取って、走らせる鉄道会社が現れたのです。それはえちごトキめき鉄道。えちごトキめき鉄道には観光列車の「雪月花」がありますが、新型コロナウイルスの影響で需要が減っています。気軽に乗ることができる観光列車をつくろうと、ボックス席のある413系に目をつけ、買うことにしたのです。国鉄時代の塗装である小豆色とクリーム色の急行色に塗り替え(413系時代の塗装ではありません)、ボックスシートにテーブルを取り付けることを検討しています。かつての急行列車のようにヘッドマークをつけるようです。

 えちごトキめき鉄道では5月下旬ごろから走り始める予定です。

(追記)
 えちごトキめき鉄道は、急行型車両のクハ455も購入しました。えちごトキめき鉄道は購入した4両のうち3両を観光列車用に使い、残る1両を「直江津D51レールパーク」で展示します。
(参考:中日新聞ホームページ https://www.chunichi.co.jp/article/212642、新潟日報ホームページ https://this.kiji.is/744809806549843968?c=648454265403114593)

| | | Comments (0)

野岩鉄道&会津鉄道、2021年3月ダイヤ改正で日光直通列車を見直し

 野岩鉄道及び会津鉄道は3月13日にダイヤ改正を行います。

 会津鉄道は2019年12月に起きた脱線事故で、東武に乗り入れることができる車両が減っています。しかも、新型コロナウイルスの影響で利用者が激減し、経営状況が苦しくなっています。そこで今回のダイヤ改正では「AIZUマウントエクスプレス3号」、「AIZUマウントエクスプレス4号」の東武日光-会津田島間の運転を取りやめます。

 会津田島-会津若松間の列車も減ります。始発の会津田島5:24発、最終の会津若松22:07発が会津鉄道内で廃止になるほか(西若松-会津若松間は運転します)、これとは別に会津田島-会津若松間の普通列車2往復の運行も取りやめます。このまま単純に列車を削減すると運転間隔がかなり開きますので、一部の列車については時刻変更も行います。

 新藤原-会津田島間の列車については、新たに区間快速ができます。野岩鉄道内は各駅に停まり、会津鉄道は会津高原尾瀬口-会津田島間ノンストップです。何本できるかはわかりません。
(参考:野岩鉄道ホームページ www.yagan.co.jp/upimages/files/2021.3ダイヤ改正HPリリース文(確定).pdf、会津鉄道ホームページ www.aizutetsudo.jp/wp/wp-content/uploads/2020/12/news20201228.pdf、朝日新聞ホームページ https://www.asahi.com/articles/ASNCV6X98NCVUGTB004.html)

| | | Comments (0)

より以前の記事一覧