ライトライン、4月1日改正で快速登場

 以前にも書きましたが、これまでの利用が好調なことを受けて、ライトラインはダイヤ改正を行います。開業してからの6か月間、平日は1日約1.3万人、休日は1日約1万人に利用されました。当初予測の約1.2倍で、特に休日は当初予測の2倍以上の利用があります。初乗り需要でしょうか? ダイヤ改正は4月1日に行います。

 どのような改正になるのでしょうか? 通勤・通学利用者の利便性向上を図るため、朝のラッシュ時、6時台後半から7時台にかけて、芳賀・高見沢工業団地方面に所要時間約42分の快速を2本走らせます。途中停車駅は宇都宮大学陽東キャンパス、平石、そして清陵高校前以東の各停留場となります。終点まで快速運転するのではなく、区間快速みたいに途中から各駅に停まるということは、前後の列車が途中止まりになるということでしょうか? なお、この快速の停車駅は今後の利用状況によっては変更となることもあります。

 通勤・通学時間帯には増発や運行区間の見直しも行います。現在は始発から8:30までの間に宇都宮駅東口から18本の列車が出ていますが、それを20本に増やします。夕方の帰宅時間帯(18~20時台)、芳賀・高見沢工業団地から宇都宮駅東口に13本の列車が出ていますが、17本に増やします。

 スピードアップも行います。キャッシュレス乗車の浸透などにより運賃収受が円滑化し、また交通管理者との調整を行うことによって、ライトラインがスムーズになったのです。平日の各駅停車はこれまでの約48分から約44分になります。しかし、休日についてはこれまで通り、約48分での運行となります。平日よりも休日のほうがICカード利用率が低く(平日は約95%、休日は約88%)、運賃収受に時間がかかるためです。
(参考:ライトラインホームページ https://www.miyarail.co.jp/cms/wp-content/uploads/2024/02/宇都宮ライトレール株式会社-春のダイヤ改正24年4月1日-概要.pdf、https://www.miyarail.co.jp/cms/wp-content/uploads/2024/02/開業半年-ご利用状況について-1.pdf、東京新聞ホームページ https://www.tokyo-np.co.jp/article/311672)

| | | Comments (0)

「北陸おでかけtabiwaパス」、期間限定で980円に

 JR西日本は、1月1日の能登半島地震を踏まえ、北陸を応援する取り組みのひとつとして、「北陸おでかけtabiwaパス」を期間限定で使いやすくします(ほかに、北陸地域の「tabiwa周遊パス」と「e5489」を併用すると代金の10%相当をポイントで還元するキャンペーンがあります)。

 どういうことかと言えば、「北陸おでかけtabiwaパス」を期間限定で値下げします。通常は2450円ですが、これを子供と同じ980円にします。北陸でちょっと移動するだけでも、元が取れてしまいます。敦賀から福井に行くだけでも元が取れるという恐ろしい切符です。また、現行は休日限定で、3日前までに購入しなければならないのですが、2月16日から3月15日の間は曜日に関係なく毎日利用することができ、利用日の前日までに購入すればよくなります。これで北陸新幹線開業後にJRから分離される北陸線に乗りに行くのも良いでしょう。

 なお、大幅な値下げを行ったことにより、すでに購入した「北陸おでかけtabiwaパス」を払い戻して、値引き後のものに切り替えることもできます。ただ、通常の方法で払い戻しをすると220円の手数料がかかってしまいますので、特殊な方法で手続きをしないといけません。
(参考:JR西日本ホームページ https://www.westjr.co.jp/press/article/items/240214_00_press_noto.pdf)

| | | Comments (0)

ライトライン、西側の延伸区間は約5キロ、停留所は12か所

 以前にも書いたとおり、ライトラインはJRの駅から西側にもつくられます。駅から約5キロの県教育会館までつくられます。

 それでは、途中の停留所はどこにできるのでしょうか? 宇都宮市は1日、停留所配置案を示しています。停留所は12か所できます。その停留所の名称(いずれも仮称)は、東から順に、JR宇都宮駅西口、上河原、宮島町十文字、馬場町、県庁前、東武宇都宮駅前、裁判所前、新川、桜通り十文字、美術館前、護国神社前、教育会館前です。このうち、JR宇都宮駅西口、東武宇都宮駅前、桜通り十文字には、路線バスなどと乗り換えることができるトランジットセンターの機能を設けます。

 この案を基に2024年度中に市民や事業者、関係機関との協議を行い、軌道建設に必要な国への特許申請は、駅西側の再開発と一体的に行うため、2025年中に行う予定です。開業の目標は2030年代前半です。

 さて、開業済みの東側については、この春にダイヤ改正を行います。朝夕の通勤、通学時間帯に増便し、朝のピーク時には快速運転を行います。各駅停車についてもスピードアップを行い、宇都宮駅東口-芳賀・高見沢工業団地間は現行より4分短い、最短約44分となります。

 車両の増備も行います。貸切需要が増え、サイクルトレインなどの観光目的での利用も見込まれるためです。2026年度までに2編成を増やします。費用は2編成で約15億円です。
(参考:下野新聞ホームページ https://nordot.app/1125881574120407306?c=648454265403114593)

| | | Comments (2)

銚子電鉄の旧南海車両は昔の塗装に戻す

 銚子電鉄が新たに導入する車両は南海の2200系。今はワンマン化改造を行い、支線を走っている車両ですが、元々は高野線を走っていた車両でした(そのときは22000系を名乗っていました)。

 この2200系、8日に銚子に来ましたが、その塗装が「乗ってみたい」と思わせるものでした。往年の緑の濃淡を再現したのです。高野線で急行として活躍していたときの塗装に戻したのです。銚子電鉄としては、銚子市内で栽培されているキャベツの緑色もヒントにしたとのことですが、やはり南海の古い車両には緑が似合います。

 元南海の車両は、3月に運行を開始する予定です。
(参考:マイナビニュース https://news.mynavi.jp/article/20240208-2880018/)

| | | Comments (0)

野岩鉄道、改修された6050型が観光列車に

 野岩鉄道が6050型をクラウドファンディングの手法で改修することについては以前に記事にしましたが、この度改修工事等が完了し、「やがぴぃカー」として営業運転を始めることにしました。

 「やがぴぃカー」とはどのような車両でしょうか? 2両編成のうちの新藤原寄りの車両が「やがぴぃカー」です。その「やがぴぃカー」ですが、椅子席は扉の近くのロングシート部分しかありません。座席定員は8人です。扉と扉の間に20人分あるのが、畳席。足を伸ばしてくつろぐことができます。また、掘りごたつみたいになっている席もあります。定員は4人です。掘りごたつなので、ちゃんとテーブルもあります。座席は以上の3タイプで、定員は32人です。

 このほか、同じ6050型車両で使用していた運転台をそのまま使用した運転台席(2席)というのもあります。運転台席にはモニターを設置し、実際に走っている車両から撮影した前面展望画像が映し出され、実際に運転しているかのような雰囲気を味わうことができます。運転台席は全区間を3つに分け、交替で座ります。もう一方の車両は基本的にボックスシートのままですが、トイレを洋式にし、連結器寄りの一部を多目的スペースにしました。車椅子やベビーカーを使っている人のほか、自転車を持ち込む人も使うことができます。

 「やがぴぃカー」に乗るためには、運賃の他に座席整理券が必要です。座席整理券は大人500円、子供250円です。さらに、掘りごたつ席、運転台席については運賃、座席整理券のほかに掘りごたつ席料金、運転台席料金が必要になります。掘りごたつ席料金、運転台席料金はともに大人500円、子供250円です。「やがぴぃカー」は定員制なので、事前の予約が必要です。専用のメールアドレスにて乗車日の1か月前10時から乗車日直前の平日の12時まで受け付けます。空席があれば予約なしでも利用できます。ダイヤも決まっていて、下り「やがぴぃ1号」が新藤原10:51発会津高原尾瀬口11:28着、上り「やがぴぃ2号」が会津高原尾瀬口12:52発新藤原13:29着です。運転日は1月26日、28日、2月2日、4日の4日間だけでその後は車両検査に入ります。
(参考:野岩鉄道ホームページ www.yagan.co.jp/information/0000000959/detail.html、www.yagan.co.jp/information/0000000960/detail.html)

| | | Comments (0)

しなの鉄道、一部単線化か?

 しなの鉄道は元々、JRの信越線でした。1997年の北陸新幹線高崎-長野間開業で軽井沢-篠ノ井間が分離され、2015年の北陸新幹線長野-金沢間開業で長野-妙高高原間が分離されたのです。

 新幹線になる前は特急が頻繁に走っている路線でしたので、それに合わせて設備のレベルは高く、駅のホームも長くなっていました。しかし、今走るのは普通列車ばかりで、ほかの並行在来線と違って通過するだけの貨物列車もありません。線路の維持コスト削減を狙ってスピードを落としましたが、普通列車だけとなったしなの鉄道にとって過大な設備は残っています(その後に発足した第三セクターは、しなの鉄道の反省を踏まえて、分離時に必要なものだけを引き継ぐようにしました。試算の再査定も行っています)。そこでしなの鉄道は、数十億円をかけて、一部区間を単線化することを考えています。しなの鉄道は2019年の台風被害やその後の新型コロナウイルスの影響等で2019年度から5期連続の赤字です。そのしなの鉄道で鉄路を維持するため、規模を縮小することを考えているのです。

 単線化を考えている区間は、信濃追分-上田間(32.8キロ)と、黒姫-妙高高原間(8.4キロ)。単線化するのにもお金がかかりますので、長野県などは支援を国に求めています。
(参考:朝日新聞ホームページ https://digital.asahi.com/articles/ASRDG6FL4RDFUOOB001.html、乗りものニュース https://trafficnews.jp/post/130012/2)

| | | Comments (0)

若者は上毛電鉄休日無料

 列車やバスに乗れば当然お金がかかるはずですが、期間限定で無料になる人がいます。

 どういう人が無料になるのかと言えば、15歳から22歳までの前橋市民。1月6日から3月31日までの休日、上毛電鉄の列車やバスの運賃が無料になるのです(ただし、予算の都合で早期に終了することがあります)。前橋市外の区間だけでも無料になります。

 ただ、無料で乗るには手続きがいるのです。スマホで事前に手続きをする必要があります。マイナンバーカードでの認証も要ります。また、列車やバスに乗るときは、スマホの画面を呈示するする必要があります。無料になる人が高校生、大学生ぐらいの若い人なので、スマホでの手続きができない、ということはないでしょう。
(参考:上毛電鉄ホームページ https://jomorailway.com/images/info/20231227info.pdf、NHKホームページ https://www3.nhk.or.jp/lnews/maebashi/20240104/1060016068.html)

| | | Comments (0)

ライトライン、年末年始は短縮営業

 初めての正月を迎える、ライトライン。そのライトラインですが、12月29日、30日と2024年1月3日は休日ダイヤで運転し、12月31日から2024年1月2日の間は年末年始特別ダイヤで運転します。

 年末年始特別ダイヤとはどういうものでしょうか? 12月31日は始発から宇都宮駅東口20:20発、芳賀・高見沢工業団地20:40発までは通常の休日ダイヤで走ります。その後、宇都宮駅東口20:40発が芳賀・高見沢工業団地まで行く最終となり、次の宇都宮駅東口21:00発がグリーンスタジアム行きの最終、宇都宮駅東口21:59発が平石行きの最終となります。上りも芳賀・高見沢工業団地21:00発が宇都宮駅東口まで行く最終となり、芳賀・高見沢工業団地21:40発が平石行きの最終となります。

 2024年1月1日と2日は、始発も遅くなります。下りの始発は平石6:00発芳賀・高見沢工業団地行きです。宇都宮駅東口からは6:22発芳賀・高見沢工業団地行きが始発です。宇都宮駅東口7:30発から9:00発までが15分間隔で、宇都宮駅東口9:00発から20:20発までが通常の休日ダイヤで走ります。その後は12月31日と同じです。上りの始発は平石6:00発宇都宮駅東口行きです。芳賀・高見沢工業団地からは6:40発宇都宮駅東口行きが始発です。芳賀・高見沢工業団地9:06発から20:40発までが通常の休日ダイヤで走ります。その後は12月31日と同じです。

 ライトラインは、路面電車なのに高架を走る区間があります。それを活用して、1月1日に限り、初日の出を見ることができる列車を走らせます。「初日の出ライトライン」です。宇都宮駅東口6:30発グリーンスタジアム行きがそれです。この「初日の出ライトライン」、6:41に宇都宮大学陽東キャンパスを出てから、平出高架橋の上で10分ほど停まります。6:52の初日の出をライトラインの車内から見ることができます。この「初日の出ライトライン」に乗るには、運賃以外の特別料金は要りません。予約制でもないので、満員の場合は乗ることができません。
(参考:ライトラインホームページ https://www.miyarail.co.jp/info/1634)

| | | Comments (0)

早春の平日にJR東日本1日乗り放題1万円

 JR東日本は2024年の早春の平日限定で、新幹線を含む全線が一日乗り放題になる切符を発売します。

 その切符の名前は「旅せよ平日!JR東日本たびキュン♥早割パス」です。切符の名前が長いので、通称もあります。通称は「キュン♥パス」です。

 「キュン♥パス」の利用期間は2月14日(バレンタインデー)から3月14日(ホワイトデー)までの平日、発売期間は1月14日から2月29日までです。利用日の1か月前から14日前までの発売です。新型コロナウイルスの影響で学生らしい生活を送ることができなかった学生に、卒業旅行などで使ってもらいたいという想いで設定された切符のようですが、使用に当たっては年齢制限等はありません。

 「キュン♥パス」の利用可能エリアは、JR東日本、青い森鉄道、IGRいわて銀河鉄道、三陸鉄道、北越急行、えちごトキめき鉄道(直江津-新井間)。普通、快速のみならず、特急(新幹線を含みます)の普通車指定席とBRTが1日乗り放題です。また、あらかじめ座席の指定を受けたら、新幹線や特急の普通車指定席に2回まで乗ることができます。これだけ自由に乗ることができる切符なのに、値段はたったの10000円(子供はありません)。駅では売らず、「えきねっと」限定の切符です。
(参考:JR東日本ホームページ https://www.jreast.co.jp/press/2023/20231205_ho02.pdf)

| | | Comments (0)

ひたちなか海浜鉄道は2段階で延伸か?

 ひたちなか海浜鉄道には延伸計画があります。現在の終点の阿字ヶ浦から3.1キロを延伸する計画で2021年1月に国から許可を受けましたが、新型コロナウイルスで需要が低迷し、物価高騰により建設費が当初計画の78億円から100億円以上に増加したため、ひたちなか海浜鉄道は2年続けて国に対して工事許可申請の延期をしています。このままでは先に進むことができないので、ひたちなか海浜鉄道は計画の見直しを行ってきました。

 延伸工事は2段階に分けることにしました。まず、海浜公園の南口付近に新駅をつくり、そこまでの1.4キロの区間を先行して開業します。茨城県は新たに工業団地の開発を行い、すでに進出する企業も決まっています。国営ひたちなか海浜公園を訪れる観光客のほかに通勤客にも使ってもらうことを考えています。その後、大型商業施設がある海浜公園西口付近までの1.7キロを整備します。

 ひたちなか海浜鉄道は2023年度中に国に対して工事の許可を求める申請を行い、着工から5年後の開業を目指します。
(参考:NHKホームページ https://www3.nhk.or.jp/news/html/20231204/k10014277601000.html、茨城新聞ホームページ https://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=17016987459084)

| | | Comments (0)

より以前の記事一覧