リニューアルした「楽」、臨時列車として走る

 1990年にデビューした、近鉄の団体専用列車「楽」。学校や企業などに利用され、年間で平均して約2万人が乗車しました。

 ところが、以前にも記事にしたとおり、「楽」をリニューアルすることにしました。ところがこれまで、車体の色が白と黄色のツートンカラーから赤っぽい色(漆の色をモチーフにした「漆メタリック」だそうです)に変わったことまではわかっていましたが、それ以外のことはわかりませんでした。ところが、いくつか判明したことがわかりました。

 一番の特徴は、定員を大幅に減らして、ゆとりある空間をつくったこと。リニューアルした「楽」の定員は164人と、約3割も減っています。リニューアル前は運転席の後ろも通常の座席だったのですが、リニューアル後は運転席の後ろにソファを置き、フリースペースとしました。先頭車にある階下室には靴を脱いで利用する、天然木のフローリングからなるフリースペースをつくりました。先頭車両のサロン席と中韓車両の座席には天然木のテーブルを備えています。

 この「楽」ですが、9月19~22日と26、27日の6日間、臨時列車として走ります。リニューアル前は近鉄名古屋-五十鈴川間を走りましたが(そのときの旅行記はこちら)、今回は大阪上本町-五十鈴川間を走ります。6日間とも大阪上本町9:28発五十鈴川11:53着、五十鈴川16:34発大阪上本町19:19着のダイヤで走り、途中、鶴橋、大和八木、伊勢市、宇治山田に停まります(ただし、大阪上本町-大和八木間、伊勢市-五十鈴川間のみの利用はできません)。

 この臨時列車の「楽」に乗るには、運賃のほかに、「臨時列車『楽』利用券」というものが必要です。発売は9月8日5:30から始まり、乗車当日は五十鈴川行きは大和八木発車時刻まで、大阪上本町行きは伊勢市発車時刻まで購入することができます。「臨時列車『楽』利用券」は大人400円、子供200円で、各列車70枚限りです。近鉄主要駅で発売します。ただ、「臨時列車『楽』利用券」を持っている人は着席することはできますが、座席の指定は行いません。運転席後ろの展望席や階下室等は交替で譲り合って利用することになります。

(追記)
 「楽」の切符は全ての便が即日完売になりました。そこで近鉄は、10月3、4、24、25日の4日間を追加することにしました。切符は10月3、4日分は9月18日から、10月24、25日は1か月前から発売します。
(参考:近鉄ホームページ https://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/rakurinnjireltusha.pdf、https://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/rakuzoubinn.pdf、朝日新聞ホームページ https://www.asahi.com/articles/ASN8Q42CNN8MPTIL01T.html)

| | Comments (0)

近鉄、一部特急を8月29日から運休

 近鉄は一時期、新型コロナウイルスの影響で休日の一部特急を運休していました。いったんその措置は解消しましたが、再び8月29日から一部の特急を運休することにしました。

 運休するのは休日の京都-近鉄奈良間と大阪阿部野橋-吉野間。夜間(19時以降)の便をそれぞれ8本、12本を運休します(大阪阿部野橋-吉野間は運転区間を短縮する便を含みます)。通常、京都-近鉄奈良間は60本、大阪阿部野橋-吉野間は66本運転していますので、運休率はそれぞれ13%、18%となります。近鉄特急全体に対する運休率は4%です。

 京都-近鉄奈良間で運休するのは、下り(近鉄奈良行き)が5本、上り(京都行き)が3本です。大阪阿部野橋-吉野間で運休するのは、下りが吉野行き2本、橿原神宮前行き2本。このほか、吉野行き3本は橿原神宮前行きに短縮されます。上り(大阪阿部野橋行き)は5本が運休します。
(参考:近鉄ホームページ https://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/yakannunnkyuu.pdf)

| | Comments (0)

「近鉄1dayおでかけきっぷ」で奈良以西1000円、三重以東1500円

 新型コロナウイルスの感染者数が再び増えている中、長距離の移動は避ける傾向にあります。そこで近鉄は、近距離の利用でもお得な、「近鉄1dayおでかけきっぷ」を期間限定で発売しています。

 「近鉄1dayおでかけきっぷ」は2種類あります。ひとつは三本松以西が1日乗り放題の大阪・奈良・京都版、もうひとつは赤目口以東が1日乗り放題の愛知・三重版です。どちらも7月27日から9月29日まで発売していて、有効期間は8月1日から9月30日までの1日限り有効です。大阪・奈良・京都版は大阪府、京都府、奈良県内の近鉄主要駅で、愛知・三重版は愛知県、三重県内の近鉄主要駅で発売していますが、乗車日の1か月前から前日までに購入する必要があります。

 値段は大阪・奈良・京都版が1000円、愛知・三重版が1500円です(子供は半額)。特急に乗れば特急料金を別途支払わないといけないですが、それでもかなり安いです。大阪難波-近鉄奈良間の運賃は570円、近鉄名古屋-津間の運賃は1020円なので、これらの区間を単純に往復するだけでも元が取れます。かなりお得な切符です。

(追記)
 「近鉄1dayおでかけきっぷ」の発売期間が11月29日まで、有効期間が11月30日までに延長されました。
(参考:近鉄ホームページ https://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/onedayticket.pdf、https://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/onedayenncyou.pdf)

| | Comments (0)

近鉄、「楽」をリニューアル

 近鉄の団体列車専用車両、「楽」。黄色と白に塗られています。

 しかし、8月21日に有料試乗会、9月5日に有料撮影会が行われるのですが、そのチラシ(参考にした近鉄のホームページ)に描かれている「楽」の色が違うのです。赤っぽい色(小豆色?)に塗られているのです。リニューアルが行われたようですが、どのようにリニューアルされたのかはわかりません。続報に期待しましょう。

 なお、8月21日の有料試乗会、9月5日の有料撮影会ともに、7月22日からインターネットで受け付けています。有料試乗会は大阪上本町-近鉄名古屋間を片道乗るもので、大阪上本町-近鉄名古屋間の往復乗車券等がついています。大阪上本町発、近鉄名古屋発ともに63人ずつ募集し、値段は大人10520円です。9月5日の有料撮影会は、青山町車庫に集合して撮影するもので、1日3回行われます。100人ずつ募集し、値段は大阪難波からは往復運賃込みで大人10520円、近鉄名古屋からは往復運賃込みで大人11140円となっています(ほかの駅からの設定もあります)。
(参考:近鉄ホームページ https://blog2.kintetsu.co.jp/ekichou/files/200821.pdf)

| | Comments (0)

平城京跡を横切る近鉄奈良線を移設へ

 近鉄奈良線は平城京跡を横切るように走っています。以前の記事で近鉄奈良線を移設するというがありましたが、どうやら前向きに進むようです。近鉄はこれまで線路移設に反対していましたが、16日に奈良県、奈良市、近鉄は、近鉄奈良線を南側に移設することについて、協議に入ることで合意したのです。

 移設の対象区間は大和西大寺-近鉄奈良間の4.4キロですが、どこに移設するのでしょうか? 奈良県が考えているルートは大宮通りです。朱雀門の南に東西に走る道路ですので、平城京跡からは出ます。複雑な構造になっている大和西大寺を高架化し、近鉄奈良線はすぐ南に進路を変えます。平城京跡までは地上(高架になるのでしょうか?)を走り、平城京跡の東側からは地下になり、近鉄奈良に向かいます。近鉄奈良は元々大宮通りの地下にありますから、近鉄奈良の位置は変わらないと思われます。途中駅は3つできます。西から、朱雀大路(仮称)、新大宮、油阪(仮称)です。油阪はかつて存在していた駅ですが(現:JRとの交点付近にありましたが、近鉄奈良の地下化に伴い廃止されました)、これが復活するかたちになります。

 費用はどうやって賄うのでしょうか? 大和西大寺の連続立体交差事業と公園補償を組み合わせるようです。また、国交省は遮断時間が長い踏切を改良するように求めていますが、大和西大寺-近鉄奈良間には平城京跡にあるものを含めて4か所が指定されています。奈良県、奈良市、近鉄は2020年度中に国に改良計画を出すことを求められています。

 近鉄の求める条件は(1)行政側が費用を全て負担する (2)運行時間など現在のサービス水準を維持する の2つです。線路移設のための用地買収、立ち退き交渉、その補償や線路移設の費用など、事業計画は決まっていません。これから奈良市や近鉄と話し合うので、変更されることもあります。費用の分担も決まっていないので、移設時期は未定です。
(参考:日本経済新聞ホームページ https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61604630W0A710C2LKA000/)

| | Comments (0)

「鮮魚列車」と「伊勢志摩お魚図鑑」についての続報

 長い間走っていた近鉄の「鮮魚列車」は廃止され、一般列車の最後尾に専用車両、「伊勢志摩お魚図鑑」が連結されることになりました。それらについての続報です。

 まず「伊勢志摩お魚図鑑」に使われる車両ですが、これまでの「鮮魚列車」で使われていた車両よりも1年古く、1970年につくられました。ちょうど今年が50年という大ベテランです。ただ、車両のリニューアルを2回も行い、制御機器も1970年の時点では標準的なものを使っているので、旧式の機器を使った「鮮魚列車」よりも長く使える、と判断したようです。

 ダイヤについてですが、まず「鮮魚列車」時代のものを紹介しましょう。早朝に明星車庫を出て宇治山田に向かいますが、途中伊勢市に停まります。宇治山田で折り返してから上本町に行くのですが、なぜ伊勢市の下り線ホームに停まるのかと言えば、伊勢市は下りホームのほうが荷物の積み込みをしやすいからです。昼間は高安で過ごし、夕方に上本町から松阪まで走り、松阪からは回送で明星車庫に入ります。

 それが「伊勢志摩お魚図鑑」では、明星車庫から松阪まで回送で走り、松阪から名張まで急行、名張からは快速急行で上本町に向かうのです。実は伊勢市や宇治山田から乗る人はいなかったのです。今後も復活する見込みはないので、松阪始発にしたのです。また帰りは運ぶ魚はないので、夕方の便は廃止になりました。「伊勢志摩お魚図鑑」はそのまま松阪に向けて戻りますが、車両は締切扱いとし、松阪からは回送で明星車庫に入ります。
(参考:「鉄道ファン」2020年6月号 交友社

| | Comments (0)

6月13日から「ひのとり」増発

 3月14日に運行を開始した新型名阪特急の「ひのとり」。現在は6両編成3本で、名阪間を6往復、阪奈間を1往復していますが、このたび6両編成4本を増備し、増発することになりました。6月13日からは名阪間を平日は1日10往復、休日は1日11往復します。停車駅の少ないタイプのうち半分以上が「ひのとり」で運転されるのです。大阪難波-近鉄奈良間を走る便も増えます。休日は1往復のままですが、平日は2往復になります。夜間に1往復増えます。

 また、近鉄は5月30日から休日に一部の特急を運休させていますが、このうち大阪難波-近鉄名古屋間の特急6本(3往復)については6月13日から運転を再開します。ほかの系統の特急についてはアナウンスがないため、運休を継続すると思われます。

 話は変わりまして、近鉄は6月13日から7月12日に乗車する人を対象に、「近鉄特急netポイントUPキャンペーン」を行います。6月13日~7月12日乗車分の「チケットレス特急券」を購入した人に、最大50%の「近鉄特急netポイント」を付与します。通常の5倍です。

 詳しく見ていきましょう。「近鉄特急netポイントUPキャンペーン」を受けるためには、対象期間(6月13日~7月12日)に、「近鉄電車インターネット予約・発売サービス」に会員登録している人が、「チケットレス特急券」で特急に乗った場合です。対象期間外の「チケットレス特急券」を対象期間内の「チケットレス特急券」に変更した場合、「名阪チケレス割」等のチケットレス割引を受けている場合も対象になります。子供も条件を満たせばキャンペーンの対象です。反面、(1)対象期間内の「チケットレス特急券」を対象期間外に変更した場合 (2)対象期間内の「チケットレス特急券」を払い戻した場合 (3)「近鉄電車インターネット予約・発売サービス」に会員登録せずに購入した場合 (4)インターネットで予約してから駅窓口等で特急券を購入した場合は、このキャンペーンを受けることができません。

 付与されるポイントは結構大盤振る舞いです。大阪難波-近鉄奈良間、近鉄名古屋-近鉄四日市間などの520円区間と、大阪難波-名張間、近鉄名古屋-津間などの920円区間は50%のポイントがもらえます。その他の区間(特急料金が1340円以上)は20%です。「ひのとり」等の特別車両料金にもポイントが付きます。この機会に、通勤などで特急を使ってもらいたいということでしょう。特急券を買うときには、シートマップで空席状況を確認しながら購入することができます。混雑した一般列車を避けて、快適な通勤ができます。

(追記)
 5月30日から休日の特急の一部を運休してきましたが、7月11日からは全ての特急の運転を再開します。また、7月31日乗車分からは1か月前からの発売となります(7月8日から30日までの乗車分は7月1日に発売開始します)。
(参考:近鉄ホームページ https://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/hinotorizouhatu.pdf、https://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/poinntokyanpeen.pdf、https://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/tottkyuukannkei.pdf)

| | Comments (0)

近鉄、5月30日からの休日、一部の特急を運休

 近鉄は新型コロナウイルスの影響により今後の情勢が不透明なことから、特急の前売り発売開始日を本来の1か月前から1週間前に変更しています。

 その近鉄ですが、休日の特急利用者は9割も減っています。そこで5月30日から当分の間、休日の一部の特急を運休します(平日の特急・一般列車(急行、普通等)、休日の一般列車は通常通り運転します)。通常、近鉄は休日に1日446本の特急を走らせますが、このうち75本、17%を運休させます。

 ただ、どの系統も均等に17%ぐらい運休させるわけではありません。系統によってばらつきは大きいのです。大阪-名古屋間、大阪-伊勢志摩間、名古屋-伊勢志摩間、京都-伊勢志摩間、大阪-奈良間の運休率はそれぞれ8%、3%、3%、8%、6%と10%未満です。逆に運休率が高いのは、京都-奈良間、京都-橿原神宮前間、大阪-吉野間。それぞれ23%、32%、45%にもなります。大阪-吉野間は通常、30分間隔で特急が走りますが、ほぼ1時間間隔になります。新型コロナウイルスの影響による需要減がなくなっても、次のダイヤ改正で特急の本数が見直されそうな感じです。なお、「ひのとり」は1往復運休しますが、「しまかぜ」や「青の交響曲」は通常通り走ります。
(参考:近鉄ホームページ https://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/tokyuuunnkyuu.pdf、日本経済新聞ホームページ https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59293070Z10C20A5LKA000/)

| | Comments (0)

鳥羽駅が無人駅に

 鳥羽駅は近鉄のほかにJRも乗り入れています。近鉄のように頻繁に特急が来ることはありませんが、1時間に1本の割合で名古屋との間を結ぶ快速「みえ」が走っています。

 これまで、この鳥羽駅には「みどりの窓口」がありました。ところがこの3月18日に営業体制が変更され、無人駅になりました。当然ながら「みどりの窓口」も消えます。代わりに新幹線などの特急券や快速「みえ」の指定席券などを購入することのできる、指定席券売機を設置します。

 影響は近鉄にも及びます。これまであった近鉄とJRを結ぶ連絡通路が閉鎖され、JRに合わせていた入場券の料金(150円)も、本来の料金である160円になります。
(参考:JR東海ホームページ https://railway.jr-central.co.jp/station-guide/tokai/toba/index.html、鳥羽駅の掲示、JTB時刻表 2020年3月号、近鉄ホームページ https://www.kintetsu.co.jp/gyoumu/kippu/nyuujouken/nyuujouken.html)

| | Comments (0)

近鉄、特急の前売り発売開始日を1週間前に変更

 これまで、近鉄の特急の前売り発売開始日は、1か月前でした。

 ところが、新型コロナウイルスの感染が拡大し、1か月先の情勢が不透明なことから、5月23日乗車分から、特急の前売り発売開始日を現行の1か月前から1週間前に変更しました。5月23日乗車分は、1週間前の5月16日10:30に発売を開始します。こうすることによって、直前でも特急を運休しやすくするのでしょう。少なくても予約が入っているのなら、その予約している人に対して配慮しなければなりませんが、発売開始日を遅らせたら、1週間前まではそういう予約している人はいなくなり、直前でも運休しやすくなります。

 話は変わりますが、4月18日から、「しまかぜ」と「青の交響曲」について、食事やスイーツ、飲み物などの車内飲食メニューの販売や、カステララスクなどの飲食物のお土産販売を休止しています。ワゴンサービスも同様です。ただ、「しまかぜ」、「青の交響曲」ともに、専属アテンダントは乗車し、オリジナル鉄道グッズの発売は続けています。「しまかぜ」での、専属アテンダントによるおしぼりや記念乗車証の配布は行います。

 なお、休日に一部の「伊勢志摩ライナー」で行っている車内ワゴンサービスは、4月11日から休止しています。

(追記)
 「伊勢志摩ライナー」の車内販売は、このまま終了することになりました。「しまかぜ」と「青の交響曲」については、復活しています。
(参考:近鉄ホームページ https://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/20200421rw.pdf、https://www.kintetsu.co.jp/kanko/kanko_info/news_info/info_0416.pdf、https://www.kintetsu.co.jp/tetsudo/tetsudo_info/news_info/200708_iseshimaliner.pdf)

| | Comments (0)

より以前の記事一覧