高野山麓のバスに乗る

 翌日の12日には、期間限定の「世界遺産アクセスバス」に乗ってきました。

 

 早朝の高野線を乗り継ぐ。橋本から乗った7:27発は転換クロスシートの2300系(2両編成)だった。極楽橋でケーブルカーに乗り換え。赤と黒のスタイリッシュなケーブルカーだ。内装は高野山をイメージした、和モダンと言ったところか。高野山からは南海りんかんバスで千手院橋へ。高野山の駅付近はバス専用道となっていて、歩くことすらできない。

 「世界遺産アクセスバス」は8:50発。観光バスみたいな車両を想像していたが、奥の院前方面からやってきたそのバスは、普通の路線バス。誰も乗っていなかったバスに、5人が乗り込む。この「世界遺産アクセスバス」だが、現金や交通系ICカードが使えるほか、お得な切符も売っている。車内でも買えるが、乗った千手院橋のあたりは道路が混んでいるので、しばらく進んで人や車が少なくなったところで切符を買うことができた。私が買ったのは、奥の院前から橋本駅前までの片道の切符。後戻りしない限り途中下車できるものだ。大門までは高野山内を走っている南海りんかんバスも利用することができる。普通に現金で払えば2500円以上するが、この切符は半額以下の1200円。単純に乗り通すだけでも充分元が取れる。 

 この「世界遺産アクセスバス」、橋本駅前まで直通せず、途中の丹生都比売神社前で乗り換え。次の橋本駅前行きは10:10発なので、40分後。丹生都比売神社に参拝することができるように、時間を取っているのだ。丹生都比売神社は世界遺産にもなっていて、高野山に詣でる前に参拝したところという。この「世界遺産アクセスバス」がなくても笠田駅前から丹生都比売神社前にはコミュニティバスが走っているが、高野山との間を結ぶバスは通常、走っていない。その意味でも丹生都比売神社に参拝するきっかけを与えてくれたこのバスは価値があるだろう。丹生都比売神社前から乗った2本目の「世界遺産アクセスバス」は、九度山駅下で下車。

 南海の駅は坂を上ったところにある。ここの上りホームにあるのが、おむすびスタンドの「くど」。おにぎりやおにぎりを中心とした弁当を販売しているところだ。少し昼には早いが、次の列車まで時間があるので、ここで「おむすびべんとう」を買ってお昼にする。ホーム上にはイートインスペースもあり、買った弁当をすぐに食べることができる。弁当を食べ終わったとき、ふと店を見てみると、行列ができていた。次の列車がやって来た。2300系車両だが、2本つないで4両編成になっていた。

 橋本での高野線の接続は良くない。1時間に2本あるのに、20分以上待たされる。同じ鉄道会社の路線とは思えない。それならわざわざ難波まで行く必要はない。そこで選んだのが、和歌山線に乗り、吉野口で近鉄に乗り換えるルート。吉野口の接続は3分しかなく、ちゃんと接続できるか心配なほどだ。もちろん、接続はちゃんと取っていて、無事に乗り換えることができた。吉野線の電車は少し前まで大阪阿部野橋への急行ばかりだったが、ダイヤの見直しがなされて、2両編成の普通列車になっていた。ただ、橿原神宮前で急行との接続は取っているので、そのあたりの配慮はなされている。

| | | Comments (0)

高師浜線と岸和田に新たにできたバスに乗る

 11月11日のことですが、高架化工事のため代行バスになっている高師浜線と、岸和田に新しくできたバスに乗ってきました。

 

 近鉄名古屋5:50発の急行に乗って、西に向かう。鶴橋からは阪神の車両だった。大阪難波で南海に乗り換え、今回の旅は始まる。

 難波9:39発の空港急行に乗る。車両(9000系)はリニューアルされていて、座席は黒の濃淡、床はフローリングになっている。上下とも高架になった羽衣で下車。高架化のためバス代行となっている高師浜線は、バスに乗るために専用の通路を通る。バスの車内では伽羅橋-高師浜間のみの利用を除いて、運賃の収受を行わない。羽衣のバス乗り場の手前に改札があり、降りる駅ごとに別々の改札がある。伽羅橋で降りる人も高師浜で降りる人も同じバスに乗るので、ここの改札は自己申告だ。代行バスのバス乗り場は高架下にある専用のもの。バスも普通のバスの車両のようだが、広告の代わりに代行バスの時刻表を貼っているので、事実上代行バス専用のようだ。発車時刻(10:10)になったが、客は私ひとりのみ。しばらくバスは高架下の工事現場を通る。代行バスのみの専用道路だ。工事中のため、バスはゆっくりと走る。しばらくするとバスは一般道に出て、途中のバス停に停まる。本来の伽羅橋の駅から離れた府道上にバス停がある。利用者の利便性のためか、伽羅橋のバス停は2か所ある。客がいなくてもバスはいったん停まり、前後両方の扉を開ける。羽衣を出て9分で終点の高師浜に到着。代行バスの高師浜も駅から少し離れ、臨海スポーツセンターの前にある。ダイヤ上は高師浜まで15分かかるのだが、余裕を持たせているようだ。

 羽衣行きの代行バスは出たばかりで、次のバスは20分後。歩いて高石に行き、そこから再び南海に乗る。泉大津で空港急行に乗り換え(この空港急行はキャスターバックを持っている人が多かった)、貝塚へ。貝塚で水間鉄道に乗り換える。窓口で「昼間割引フリー乗車券」を買う。始発駅基準で10~16時台の便しか乗ることができないが、値段は通常の一日乗車券より4割安い、360円。水間観音まで往復すると600円なので、かなりお得だ。ちなみにこの「昼間割引フリー乗車券」、電器店で売っている、名刺サイズに切れ目が入った紙を家庭用のプリンターで印刷したもののようだ。水間鉄道に乗る。貝塚11:15発の水間観音行きは25人ほどの客を乗せて出発。途中の駅でどんどん降りていき、終点の水間観音まで乗る人は少ないが、ある意味水間鉄道が貝塚市民の足となっている証拠だ。水間観音まで来たので水間寺に参拝し、再び水間鉄道に乗る。帰りは水間観音12:16発に乗ったが、こちらも途中の各駅からどんどん乗ってくる。

 いったん貝塚から空港急行で関西空港に行き、そこからJRに乗り換えて13:17発の関空快速に乗る。東岸和田で向かいの区間快速に乗り換え、次の下松で降りる。ここから出ている南海ウイングバス南部の道の駅愛彩ランド行きのバスに乗る。この道の駅愛彩ランド行きのバス、休日は1時間間隔で出ているが、平日は不均等で、1時間半近く間隔が開くこともある。すれ違うのが難しい狭い道を走り、20分ほどで到着。

 7日に運行を開始したばかりの和泉中央駅行きのバスは15:05発のため、40分ほど時間がある。道の駅にある直売所で弁当を買い、遅いお昼にする。お昼を食べているうちに和泉中央行きのバスが来たので、それに乗る。行きに乗った道の駅愛彩ランド行きのバスも3人しか乗っていなかったが、こちらはもっと少なく、最初から最後まで1人のみ。途中の山直東のバス停は将来を見越してバスターミナルみたいなものをつくっているが、少なくとも今の時点では空回りしているのが現状と言える。

| | | Comments (0)

12月17日ダイヤ改正で「あをによし」増発

 近鉄も12月17日にダイヤ改正を行います。奈良線、京都線、橿原線を中心としたダイヤ改正です。

 まず、4月29日に運行を開始した「あをによし」ですが、出発時刻を変更することにより、京都-奈良間を1往復増発します。3往復に増えます(このほか、大阪難波発着が1往復あります)。平日の朝、大和西大寺7:17発大阪難波行き「ひのとり」を増発します。9~12時台に平日、休日ともに6本、高の原に京都行き特急が追加停車します。名古屋線久居に停まる特急が増えます。10:20発名古屋行き特急と18:41発(休日は18:43発)五十鈴川行き特急です。伊勢方面で一部特急の行先を変更します。名古屋発宇治山田行き特急が五十鈴川まで延伸されるものが平日12本、休日10本あります。

 特急以外の一般列車では、平日夕方以降、神戸三宮-奈良間の快速急行を8両編成で運行します。尼崎での連結や解放がないため、所要時間が5分ほど短縮されます。平日、休日ともに東花園発大阪難波行きの最終列車の発車を8分繰り上げ、23:43発にします。京都線では平日の朝ラッシュ時間帯、京都-新田辺間の普通を全て6両編成にして、混雑緩和を図ります。平日、国際会館(京都市交通局)-奈良間を直通運転する急行の運転時間帯を昼間から朝夕に変更します。名古屋線では、平日、白子5:58発鳥羽行き急行を増発します。
(参考:近鉄ホームページ https://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/20221217daiyahenkou.pdf)

| | | Comments (0)

近鉄、松阪-賢島間にサイクルトレイン

 近鉄は4月から期間限定で松阪-賢島間においてサイクルトレインの試行を行ってきましたが、この9月3日から多客期(年末年始、ゴールデンウィーク等)を除いて通年で実施することになりました。平日は五十鈴川-賢島間の上下21本(9~14時台)で、休日は松阪-賢島間の上下44本(8~17時台)で行います。上下とも後ろの車両がサイクルトレインとなります。事前予約は不要で、乗車券以外の追加料金は要りません。なお、一部の駅では利用できなかったり、利用できる改札に制限があったりします。

 沿線ではレンタサイクルのサービスもあり、サイクルトレインで自転車を固定するための器具の貸し出しも行っています。駅と駅の間は自転車を借りたまま近鉄を使い、駅から離れたところは自転車で移動する、といったこともできます。
(参考:近鉄ホームページ https://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/cycletrain_shima.pdf)

| | | Comments (0)

「つどい」が5年ぶりに伊勢志摩に

 普通列車を改造してつくった、観光列車「つどい」。2013年から2017年まで伊勢市-賢島間で定期運行をしてきました。その後は湯の山線で「足湯列車」として走ったこともありましたが、最近はどうしているのか分からないような状態でした。その「つどい」が伊勢志摩に戻ってくることになりました。8月20日から9月25日までの間の8日間、「海女さん列車」として、伊勢市-賢島間を走ります。

 「海女さん列車」とはどういうものでしょうか? 「つどい」の車内に志摩の海女小屋の象徴である「いろり」の模型を設置します。志摩の海岸などの風景の写真や資料の展示も行います。また、現役の海女さんが乗車します。志摩の魅力や海女の仕事について話してもらうほか、記念撮影も行います。乗客にはあおさ汁の振る舞いや海女の衣装の体験、クイズ、抽選を行います。バーカウンターでは、志摩市観光協会が特産品の販売を行います。

 「海女さん列車」の運行日は、8月20日、27日、9月17日、18日、19日、23日、24日、25日です。伊勢市-賢島間を1日2往復します。途中停車駅は、宇治山田、五十鈴川、鳥羽、鵜方です。運賃のほか、観光列車料金として大人510円、子供250円が必要です。定員は1列車60人です。観光列車の切符は近鉄主要駅で乗車日1か月前から購入することができます。

 なお、「海女さん列車」の運行は、志摩市の鉄道利用促進事業負担金で行います。

(追記)
 車両の不具合のため、8月20日の運行は中止になったようです。
(参考:近鉄ホームページ https://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/amasanressha.pdf、https://www.kintetsu.co.jp/all_info/news_info/220825_amatrain.pdf)

| | | Comments (0)

新駅をつくっても八木西口は廃止せず?

 以前にも記事にしましたが、近鉄橿原線に新駅をつくる話があります。橿原市にある奈良県立医科大学とその付属病院が今の位置から南西方向に約1キロ移転するため、その新病院の近くに駅を設けるのです。

 ここで問題になるのが、八木西口の存廃。八木西口は新駅予定地の約800メートル北にあり、新駅をつくってかつ八木西口を存続させるとなると、駅が多すぎということになります。橿原市は新駅をつくっても八木西口を存続させることを求めていましたが、近鉄は八木西口を廃止する意向でした。

 ところが、どうやら近鉄は態度を軟化させているようです。八木西口を廃止することを新駅設置の条件とせず、費用負担等の協議次第では八木西口を存続させてもよいとのことのようです。
(参考:毎日jp https://mainichi.jp/articles/20220721/k00/00m/040/076000c)

| | | Comments (0)

「あをによし」と宇治に遊ぶ(1)

 近鉄名古屋から急行等を乗り継いで大和西大寺へ。途中、平端で天理線の急行に乗り換えたほうが早いのは意外だった。大和西大寺は大阪難波、近鉄奈良、京都、橿原神宮前への路線が交わるジャンクションなので、色々な行き先の列車が行き交う。

  大和西大寺10:15発の「あをによし」は大阪難波始発。いったん大和西大寺を通過して近鉄奈良で折り返す。近鉄奈良方面のホームに行くと、ちょうど「あをによし」が駅に停まっていた。全列車が停まる大和西大寺には扉は開かないものの、いったん停まるようだ。

  近鉄奈良に寄っていた「あをによし」がやってきた。デビューしたばかりの人気列車なので、平日でも満席。いったん指定された席に座るが、すぐに隣の販売カウンターに向かう。2号車にある販売カウンターは、「青の交響曲」のようにそこで食べることができず、席に持ち帰って食べる。買ったのは、バターサンドのセット。ドリンクはホットコーヒーにした。「あをによし」は1人では乗ることができず、2人以上でないと乗ることができない。1人で乗る場合は子供の特急料金も払わないといけない(運賃は1人分のみでよい)。今回は向かい合わせのツインシートを予約したが、向かいの席を荷物置き場にし、そして間にあるテーブルに注文したバターサンドのセットを置いて食べる。

  丹波橋で京阪に乗り換え。「京阪電車 京都1日観光チケット」を買う。スマホ版もあるが、スマホはうまく使えないので、磁気カードにする。ダイヤ改正があり、15分間隔のダイヤになったので、少し待たされる。

  丹波橋11:00発の準急で石清水八幡宮へ。石清水八幡宮は元々2面4線の駅だったが、待避線が廃止され、2面2線の駅になった。駅を出てケーブルカーに乗る。3分で山上の駅に着いた。石清水八幡宮を参拝し、再びケーブルカーに乗って山を下りる。行きは赤い車両だったが、帰りは黄色だった。(続く)

| | | Comments (0)

「あをによし」と宇治に遊ぶ(0)

 18日のことですが、4月29日に運行を開始したばかりの「あをによし」に乗ってきました。明日、2回に分けて書きます。

| | | Comments (0)

近鉄、2024年秋に新型一般車両を導入

 近鉄が一般車両を更新するということは以前にも記事にしましたが、その内容が明らかになりました。

 2000年以来24年ぶりとなる一般車両の新車は2024年秋に40両導入します。奈良線、京都線、橿原線、天理線に4両編成を10本導入します(その後、ほかの線区にも導入する予定です)。投資費用は約84億円です。設計費用を除くと、1両当たり約1.85億円です。

 外観で目立つのは、先頭車にある転落防止幌。JR西日本でよく見られるものですが、近鉄の車両にも設置されることになりました。車体の色も従来のものと異なり、先頭は赤一色、側面は窓の付近が白で、上下に赤とグレーの帯があります。名鉄の車両と似た塗装です。

 座席配置はL/Cシート。利用状況に応じて、ロングシートとクロスシートを切り替えることができます。当然、首都圏の私鉄のように、お金を取るわけではありません。各車両の両端に優先座席を配置するとともに(うち1か所には車椅子スペースを併設)、ベビーカーや大型荷物などを持っている人が気兼ねなく着席することができるスペースを1両当たり2か所設置します。ベビーカーや大型荷物に対応する座席付きのスペースを導入するのは、日本初の試みです。ちなみに、この車両のデザインは株式会社イチバンセンの川西康之氏です。

 省エネ面では、新型のインバータ制御装置やLED照明により、消費電力を従来車両比で約45%削減します。比較対象が古い車両なので、削減割合が大きくなると思われます。また、酷暑時や厳寒期に車内保温を図ることができるように、個別に扉を開閉することができるスイッチを設置します。特急の待避時などに使うのでしょうか?
(参考:近鉄ホームページ https://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/sinngatasyaryou.pdf、乗りものニュース https://trafficnews.jp/post/118734)

| | | Comments (0)

HC85系は7月1日の「ひだ1号」でデビュー

 ハイブリッドの新型特急車両、HC85系は7月1日に運行を開始します。どの列車でデビューするのかと言えば、名古屋7:45発の「ひだ1号」。始発の「ひだ」に使われるようです。

 なぜそのことが分かったのかと言えば、読売旅行のツアーに記載されていたため。6月30日に岡山を出発する2泊3日の旅の2日目に、HC85系の「ひだ1号」に乗るのです。

 ちなみにこのツアー、いろいろな列車になります。1日目、岡山から名古屋に行くのにわざわざ京都で近鉄に乗り換えます。大和八木まで南下し、大和八木から津までは「ひのとり」に乗ります。津からは伊勢鉄道のローカル列車に乗ります。「南紀」や「みえ」で通過することが多いので、ローカル列車は逆に新鮮です。2日目に「ひだ1号」に乗って高山に着いてからは、高山市内の観光はせず、長良川鉄道と樽見鉄道に乗ります。大垣からはキハ85系の「ひだ36号」に乗って京都まで行きます。3日目はゴールデンウィークにデビューした「あをによし」にも乗ります。HC85系以外にも魅力的な列車が用意されているのです。
(参考:読売旅行ホームページ https://www.yomiuri-ryokou.co.jp/kokunai/detail.aspx?id=22002172)

| | | Comments (0)

より以前の記事一覧