「あをによし」と宇治に遊ぶ(1)

 近鉄名古屋から急行等を乗り継いで大和西大寺へ。途中、平端で天理線の急行に乗り換えたほうが早いのは意外だった。大和西大寺は大阪難波、近鉄奈良、京都、橿原神宮前への路線が交わるジャンクションなので、色々な行き先の列車が行き交う。

  大和西大寺10:15発の「あをによし」は大阪難波始発。いったん大和西大寺を通過して近鉄奈良で折り返す。近鉄奈良方面のホームに行くと、ちょうど「あをによし」が駅に停まっていた。全列車が停まる大和西大寺には扉は開かないものの、いったん停まるようだ。

  近鉄奈良に寄っていた「あをによし」がやってきた。デビューしたばかりの人気列車なので、平日でも満席。いったん指定された席に座るが、すぐに隣の販売カウンターに向かう。2号車にある販売カウンターは、「青の交響曲」のようにそこで食べることができず、席に持ち帰って食べる。買ったのは、バターサンドのセット。ドリンクはホットコーヒーにした。「あをによし」は1人では乗ることができず、2人以上でないと乗ることができない。1人で乗る場合は子供の特急料金も払わないといけない(運賃は1人分のみでよい)。今回は向かい合わせのツインシートを予約したが、向かいの席を荷物置き場にし、そして間にあるテーブルに注文したバターサンドのセットを置いて食べる。

  丹波橋で京阪に乗り換え。「京阪電車 京都1日観光チケット」を買う。スマホ版もあるが、スマホはうまく使えないので、磁気カードにする。ダイヤ改正があり、15分間隔のダイヤになったので、少し待たされる。

  丹波橋11:00発の準急で石清水八幡宮へ。石清水八幡宮は元々2面4線の駅だったが、待避線が廃止され、2面2線の駅になった。駅を出てケーブルカーに乗る。3分で山上の駅に着いた。石清水八幡宮を参拝し、再びケーブルカーに乗って山を下りる。行きは赤い車両だったが、帰りは黄色だった。(続く)

| | | Comments (0)

「あをによし」と宇治に遊ぶ(0)

 18日のことですが、4月29日に運行を開始したばかりの「あをによし」に乗ってきました。明日、2回に分けて書きます。

| | | Comments (0)

近鉄、2024年秋に新型一般車両を導入

 近鉄が一般車両を更新するということは以前にも記事にしましたが、その内容が明らかになりました。

 2000年以来24年ぶりとなる一般車両の新車は2024年秋に40両導入します。奈良線、京都線、橿原線、天理線に4両編成を10本導入します(その後、ほかの線区にも導入する予定です)。投資費用は約84億円です。設計費用を除くと、1両当たり約1.85億円です。

 外観で目立つのは、先頭車にある転落防止幌。JR西日本でよく見られるものですが、近鉄の車両にも設置されることになりました。車体の色も従来のものと異なり、先頭は赤一色、側面は窓の付近が白で、上下に赤とグレーの帯があります。名鉄の車両と似た塗装です。

 座席配置はL/Cシート。利用状況に応じて、ロングシートとクロスシートを切り替えることができます。当然、首都圏の私鉄のように、お金を取るわけではありません。各車両の両端に優先座席を配置するとともに(うち1か所には車椅子スペースを併設)、ベビーカーや大型荷物などを持っている人が気兼ねなく着席することができるスペースを1両当たり2か所設置します。ベビーカーや大型荷物に対応する座席付きのスペースを導入するのは、日本初の試みです。ちなみに、この車両のデザインは株式会社イチバンセンの川西康之氏です。

 省エネ面では、新型のインバータ制御装置やLED照明により、消費電力を従来車両比で約45%削減します。比較対象が古い車両なので、削減割合が大きくなると思われます。また、酷暑時や厳寒期に車内保温を図ることができるように、個別に扉を開閉することができるスイッチを設置します。特急の待避時などに使うのでしょうか?
(参考:近鉄ホームページ https://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/sinngatasyaryou.pdf、乗りものニュース https://trafficnews.jp/post/118734)

| | | Comments (0)

HC85系は7月1日の「ひだ1号」でデビュー

 ハイブリッドの新型特急車両、HC85系は7月1日に運行を開始します。どの列車でデビューするのかと言えば、名古屋7:45発の「ひだ1号」。始発の「ひだ」に使われるようです。

 なぜそのことが分かったのかと言えば、読売旅行のツアーに記載されていたため。6月30日に岡山を出発する2泊3日の旅の2日目に、HC85系の「ひだ1号」に乗るのです。

 ちなみにこのツアー、いろいろな列車になります。1日目、岡山から名古屋に行くのにわざわざ京都で近鉄に乗り換えます。大和八木まで南下し、大和八木から津までは「ひのとり」に乗ります。津からは伊勢鉄道のローカル列車に乗ります。「南紀」や「みえ」で通過することが多いので、ローカル列車は逆に新鮮です。2日目に「ひだ1号」に乗って高山に着いてからは、高山市内の観光はせず、長良川鉄道と樽見鉄道に乗ります。大垣からはキハ85系の「ひだ36号」に乗って京都まで行きます。3日目はゴールデンウィークにデビューした「あをによし」にも乗ります。HC85系以外にも魅力的な列車が用意されているのです。
(参考:読売旅行ホームページ https://www.yomiuri-ryokou.co.jp/kokunai/detail.aspx?id=22002172)

| | | Comments (0)

「EXサービス」専用の「近鉄伊勢志摩フリーパス」

 「エクスプレス予約」などの「EXサービス」と言えば、東海道・山陽新幹線の列車の予約ができるもの。しかし、その「EXサービス」の中にある利用者向けサイト、「EX 旅のコンテンツポータル」で、「EXサービス」専用の近鉄のフリー切符、「近鉄伊勢志摩フリーパス(EX専用)」を発売しています。4月27日から発売しています。

 それでは、「近鉄伊勢志摩フリーパス(EX専用)」とはどういうものでしょうか? 次のものがセットになっています。(1)近鉄名古屋-伊勢志摩フリー区間(松阪-賢島間)までの往復乗車券 (2)近鉄名古屋-伊勢志摩フリー区間(松阪-賢島間)までの往復特急券(引換券) (3)伊勢志摩フリー区間(松阪-賢島間)用乗車券 (4)伊勢志摩フリー区間(松阪-賢島間)用特急券引換券2枚 そのほか「パールシャトル」1回利用券、オリックスレンタカー割引もついています。

 値段は大人5500円、子供2750円、近鉄名古屋-宇治山田間の運賃・特急料金の合計は片道2810円なので、単純に往復するだけで元が取れます。有効期間は乗車開始日から3日間です。名古屋発着の「EXサービス」の商品を利用した人だけが購入することができます。「EX 旅のコンテンツポータル」から購入手続きを行い、近鉄名古屋の特急券売り場でQRコードを呈示して、引き換えます。近鉄名古屋では購入できません。
(参考:近鉄ホームページ https://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/JREXkintetsu%20.pdf)

| | | Comments (0)

近鉄、「大阪・奈良・京都 三都めぐりきっぷ」を発売

 近鉄はこの29日に、大阪難波-近鉄奈良-京都間に、観光特急「あをによし」をデビューさせます。それを記念して、「大阪・奈良・京都 三都めぐりきっぷ」を期間限定で発売します。

 この「大阪・奈良・京都 三都めぐりきっぷ」は1日フリーと2日フリーの2種類があります。1日フリーはフリー区間(大阪難波-近鉄奈良間、京都-筒井間、長田-生駒間)が1日乗り放題の切符です。大阪・奈良・京都府県内からのお出かけに便利です。愛知県や三重県(伊勢中川以東)からは2日間有効で、フリー区間までの往復乗車券がセットになったものを発売します。現地のフリー区間は2日間乗り放題です。また、奈良エリアの観光施設などでの割引特典などがあります。

 発売期間は4月28日から9月29日まで(東海発・2日フリーは9月28日まで)、乗車開始日の1か月前から前日までの間に購入する必要があります。近鉄主要駅の窓口で発売するほか、1日フリーだけですが、6月上旬からは大阪・奈良・京都府県内の定期券・特急券自動発売機でも取り扱います。利用期間は4月29日から9月30日までです。値段は1日フリーが1300円、東海発・2日フリーは近鉄名古屋駅発の場合、4200円です(近鉄四日市、伊勢市などからの設定もあります)。いずれも子供は半額です。また、特急を利用するときは別途特急券が必要です。
(参考:近鉄ホームページ https://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/sanntomeguri.pdf)

| | | Comments (0)

近鉄、2024年度以降に一般車両更新

 近鉄の値上げについては昨日、記事にしましたが、値上げで得た分で新たな投資を行います。2023年度から2025年度までの3年間で約860億円の設備投資を計画しています。

 この中で新たに取り組むのは、老朽化した一般車両の更新。車内防犯カメラの全車両への整備など、車内防犯対策を含めて約180億円を投じます。近鉄はこれまで、「しまかぜ」や「ひのとり」といった看板列車をつくり、汎用特急も整備を進めてきました。しかし、その他の一般列車の整備は進まず、古い車両がたくさん残っています。近鉄には一般車両が約1400両ありますが、そのうち昭和40年代につくられたのが約460両、昭和50年代が約240両と半分もあります。このうち、昭和40年代の約460両について、2024年度以降、利用状況を見極めて、必要な分を順次新型車両に置き換えます。

 近鉄の利用者はピーク時の1991年度に比べて、新型コロナの前でも3割減っていました。最近のダイヤ改正を見ても、減便、運転区間短縮、単編成化が続いていますので、必要となる車両数は減っています。ですから、古い車両の分を全て新型車両で賄う必要はなく、必要となる車両数はそれほどでもないでしょう。どれだけの新型車両がつくられるのかはわかりませんが、ともかく新しい車両ができるというのは悪い話ではないです。
(参考:近鉄ホームページ https://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/220415knr.pdf)

| | | Comments (0)

近鉄、2023年4月1日に最大580円の値上げ

 最近の厳しい経営事情を受けて、値上げに踏み切る鉄道会社が相次いでいます。JR西日本も一部区間で値上げをします。

 そして、近鉄も4月15日、国交相に対して、鉄軌道旅客運賃の改定を申請しました。実施予定日は2023年4月1日、消費税率の改定に伴うものを除いて、1995年9月以来、約27年ぶりの値上げです。

 それでは、値上げの内容を見ていきましょう。値上げするのは、普通運賃と定期運賃のみ。吉野線などに適用される加算運賃、特急料金(特別車両料金、個室料金を含みます)、鋼索線運賃は、値上げの対象外です。また、定期外(普通運賃)は17.2%、通勤定期は18.3%の値上げであるのに対して、通学定期は通勤定期の約半分の9.2%の値上げに抑えています。具体的な区間を挙げて新旧の運賃を比較してみると、初乗りが160円から180円に20円の値上げ、大阪難波-近鉄奈良間が570円から680円に110円の値上げ、近鉄名古屋-大阪難波間が2410円から2860円に450円の値上げ、そして最長区間の241~250キロは3110円から3690円に580円の値上げです。距離が長い分、値上げ額は大きくなります。また、先ほども書きましたが、JR西日本も2023年4月1日から値上げします。しかし近鉄の値上げで、近鉄のほうが高い状態は続きます。

 ただ、通学定期の値上げ率が抑えられたため、元々割安な通学定期の安さが目立ちます。近鉄名古屋-津間の場合、新運賃は1210円(現行は1020円)です。ところが1か月通学定期(大人)は6470円です。月3往復で元が取れます。通学定期の平均割引率は82.5%にもなります。大手私鉄では最も高い割引率になるのです。
(参考:近鉄ホームページ https://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/220415knr.pdf)

| | | Comments (0)

近鉄郡山駅、移設か?

 近鉄郡山駅に移設の話があるようです。

 どこに移設されるのかといえば、今の駅から北に100メートルのところ。商業施設「アスモ大和郡山」(旧西友大和郡山店)の西側です。新たに橋上駅をつくり、東西を自由通路で結びます。新駅の東側にはバスターミナル、西側には一般車両の送迎スペースを設けるようです。

 奈良県、大和郡山市、近鉄の3者はこの2022年度中に協定を結び、2023年度の事業化を目指しています。
(参考:奈良新聞ホームページ https://www.nara-np.co.jp/news/20220404213615.html)

| | | Comments (0)

「ひのとり」は伊勢へ

 いつもは近鉄名古屋-大阪難波間を走っている「ひのとり」。ゴールデンウィークに臨時列車として走ります。

 臨時列車の「ひのとり」が走るのは、伊勢志摩方面。4月29日から5月8日までの休日(8日間。平日の5月2日、6日は対象外です)、近鉄名古屋と大阪難波から1日1往復ずつ、臨時「ひのとり」が走ります。

 ダイヤは近鉄名古屋9:36発鳥羽11:19着、鳥羽14:44発近鉄名古屋16:32着、大阪難波10:50発宇治山田12:29着、宇治山田14:31発大阪難波16:21着。途中停車駅は近鉄名古屋発着が桑名、近鉄四日市、白子、津、伊勢中川、松阪、伊勢市、宇治山田、五十鈴川、大阪難波発着が大阪上本町、鶴橋、大和八木、伊勢市です。近鉄名古屋発着は日ごろ「ひのとり」はよく見るものの、めったに停車しない桑名、近鉄四日市、白子にも停まります。切符を買うことができたらという条件が付きますが、短距離での「ひのとり」の利用ができます。

 「ひのとり」以外にもゴールデンウィークには臨時列車が走ります。4月29日から5月8日までの休日(8日間。平日の5月2日、6日は対象外です)には大阪難波21:45発桑名23:48着の特急が走ります。桑名に着いても近鉄名古屋への列車はなく、富吉までしか行きません。
(参考:近鉄ホームページ https://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/hinotoriGW.pdf、https://www.kintetsu.co.jp/railway/Dia/dia_spring_202204.html)

| | | Comments (0)

より以前の記事一覧