高野山麓のバスに乗る

 翌日の12日には、期間限定の「世界遺産アクセスバス」に乗ってきました。

 

 早朝の高野線を乗り継ぐ。橋本から乗った7:27発は転換クロスシートの2300系(2両編成)だった。極楽橋でケーブルカーに乗り換え。赤と黒のスタイリッシュなケーブルカーだ。内装は高野山をイメージした、和モダンと言ったところか。高野山からは南海りんかんバスで千手院橋へ。高野山の駅付近はバス専用道となっていて、歩くことすらできない。

 「世界遺産アクセスバス」は8:50発。観光バスみたいな車両を想像していたが、奥の院前方面からやってきたそのバスは、普通の路線バス。誰も乗っていなかったバスに、5人が乗り込む。この「世界遺産アクセスバス」だが、現金や交通系ICカードが使えるほか、お得な切符も売っている。車内でも買えるが、乗った千手院橋のあたりは道路が混んでいるので、しばらく進んで人や車が少なくなったところで切符を買うことができた。私が買ったのは、奥の院前から橋本駅前までの片道の切符。後戻りしない限り途中下車できるものだ。大門までは高野山内を走っている南海りんかんバスも利用することができる。普通に現金で払えば2500円以上するが、この切符は半額以下の1200円。単純に乗り通すだけでも充分元が取れる。 

 この「世界遺産アクセスバス」、橋本駅前まで直通せず、途中の丹生都比売神社前で乗り換え。次の橋本駅前行きは10:10発なので、40分後。丹生都比売神社に参拝することができるように、時間を取っているのだ。丹生都比売神社は世界遺産にもなっていて、高野山に詣でる前に参拝したところという。この「世界遺産アクセスバス」がなくても笠田駅前から丹生都比売神社前にはコミュニティバスが走っているが、高野山との間を結ぶバスは通常、走っていない。その意味でも丹生都比売神社に参拝するきっかけを与えてくれたこのバスは価値があるだろう。丹生都比売神社前から乗った2本目の「世界遺産アクセスバス」は、九度山駅下で下車。

 南海の駅は坂を上ったところにある。ここの上りホームにあるのが、おむすびスタンドの「くど」。おにぎりやおにぎりを中心とした弁当を販売しているところだ。少し昼には早いが、次の列車まで時間があるので、ここで「おむすびべんとう」を買ってお昼にする。ホーム上にはイートインスペースもあり、買った弁当をすぐに食べることができる。弁当を食べ終わったとき、ふと店を見てみると、行列ができていた。次の列車がやって来た。2300系車両だが、2本つないで4両編成になっていた。

 橋本での高野線の接続は良くない。1時間に2本あるのに、20分以上待たされる。同じ鉄道会社の路線とは思えない。それならわざわざ難波まで行く必要はない。そこで選んだのが、和歌山線に乗り、吉野口で近鉄に乗り換えるルート。吉野口の接続は3分しかなく、ちゃんと接続できるか心配なほどだ。もちろん、接続はちゃんと取っていて、無事に乗り換えることができた。吉野線の電車は少し前まで大阪阿部野橋への急行ばかりだったが、ダイヤの見直しがなされて、2両編成の普通列車になっていた。ただ、橿原神宮前で急行との接続は取っているので、そのあたりの配慮はなされている。

| | | Comments (0)

高師浜線と岸和田に新たにできたバスに乗る

 11月11日のことですが、高架化工事のため代行バスになっている高師浜線と、岸和田に新しくできたバスに乗ってきました。

 

 近鉄名古屋5:50発の急行に乗って、西に向かう。鶴橋からは阪神の車両だった。大阪難波で南海に乗り換え、今回の旅は始まる。

 難波9:39発の空港急行に乗る。車両(9000系)はリニューアルされていて、座席は黒の濃淡、床はフローリングになっている。上下とも高架になった羽衣で下車。高架化のためバス代行となっている高師浜線は、バスに乗るために専用の通路を通る。バスの車内では伽羅橋-高師浜間のみの利用を除いて、運賃の収受を行わない。羽衣のバス乗り場の手前に改札があり、降りる駅ごとに別々の改札がある。伽羅橋で降りる人も高師浜で降りる人も同じバスに乗るので、ここの改札は自己申告だ。代行バスのバス乗り場は高架下にある専用のもの。バスも普通のバスの車両のようだが、広告の代わりに代行バスの時刻表を貼っているので、事実上代行バス専用のようだ。発車時刻(10:10)になったが、客は私ひとりのみ。しばらくバスは高架下の工事現場を通る。代行バスのみの専用道路だ。工事中のため、バスはゆっくりと走る。しばらくするとバスは一般道に出て、途中のバス停に停まる。本来の伽羅橋の駅から離れた府道上にバス停がある。利用者の利便性のためか、伽羅橋のバス停は2か所ある。客がいなくてもバスはいったん停まり、前後両方の扉を開ける。羽衣を出て9分で終点の高師浜に到着。代行バスの高師浜も駅から少し離れ、臨海スポーツセンターの前にある。ダイヤ上は高師浜まで15分かかるのだが、余裕を持たせているようだ。

 羽衣行きの代行バスは出たばかりで、次のバスは20分後。歩いて高石に行き、そこから再び南海に乗る。泉大津で空港急行に乗り換え(この空港急行はキャスターバックを持っている人が多かった)、貝塚へ。貝塚で水間鉄道に乗り換える。窓口で「昼間割引フリー乗車券」を買う。始発駅基準で10~16時台の便しか乗ることができないが、値段は通常の一日乗車券より4割安い、360円。水間観音まで往復すると600円なので、かなりお得だ。ちなみにこの「昼間割引フリー乗車券」、電器店で売っている、名刺サイズに切れ目が入った紙を家庭用のプリンターで印刷したもののようだ。水間鉄道に乗る。貝塚11:15発の水間観音行きは25人ほどの客を乗せて出発。途中の駅でどんどん降りていき、終点の水間観音まで乗る人は少ないが、ある意味水間鉄道が貝塚市民の足となっている証拠だ。水間観音まで来たので水間寺に参拝し、再び水間鉄道に乗る。帰りは水間観音12:16発に乗ったが、こちらも途中の各駅からどんどん乗ってくる。

 いったん貝塚から空港急行で関西空港に行き、そこからJRに乗り換えて13:17発の関空快速に乗る。東岸和田で向かいの区間快速に乗り換え、次の下松で降りる。ここから出ている南海ウイングバス南部の道の駅愛彩ランド行きのバスに乗る。この道の駅愛彩ランド行きのバス、休日は1時間間隔で出ているが、平日は不均等で、1時間半近く間隔が開くこともある。すれ違うのが難しい狭い道を走り、20分ほどで到着。

 7日に運行を開始したばかりの和泉中央駅行きのバスは15:05発のため、40分ほど時間がある。道の駅にある直売所で弁当を買い、遅いお昼にする。お昼を食べているうちに和泉中央行きのバスが来たので、それに乗る。行きに乗った道の駅愛彩ランド行きのバスも3人しか乗っていなかったが、こちらはもっと少なく、最初から最後まで1人のみ。途中の山直東のバス停は将来を見越してバスターミナルみたいなものをつくっているが、少なくとも今の時点では空回りしているのが現状と言える。

| | | Comments (0)

南海にサイクルトレイン

 南海は11月19日にサイクルトレインを走らせます。

 サイクルトレインは難波発和歌山市行きの片道のみ走ります。難波8:42発和歌山市10:02着の臨時列車を走らせます。臨時列車はシマノスクエアが募集する「南海電鉄×シマノスクエア 南海線サイクルトレイン2022」の参加者のみ乗ることができます。

 もっとも、帰りのサイクルトレインはありません。自転車で戻るなり、自転車を折りたたんで乗る輪行で帰るなり、自分で帰る方法を考えておかないといけません。
(参考:南海ホームページ https://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/221019_1.pdf)

| | | Comments (0)

2023年10月、南海値上げ

 JR西日本関西の私鉄は2023年の春に値上げをしますが、南海はそれに遅れて半年、2023年10月に値上げを行います。

 現在、南海の初乗り(3キロまで)は160円ですが、20円値上げして180円になります。4~15キロは30円、16キロ以上は40円の値上げです。しかし、難波-中百舌鳥間はOsaka Metroとの対抗上でしょうか、特定運賃が新たに設定されます。本来なら30円値上げして370円になるところ、10円値上げの350円に抑えられます。通勤定期の割引率は38.8%から37.0%に引き下げられますが、通学定期の割引率は79.1%から80.2%に引き上げられます。これにより通学定期の値上げ率を抑えるのです。なお、空港線加算運賃、りんくうタウン-関西空港間の特定運賃、鋼索線運賃、特別急行料金、座席指定料金、特別車両料金、定期特別急行料金、定期座席指定料金については変わりません。

 さて、値上げとともに、新たな発表がありました。高野線には2025年度を目標に新たな観光特急車両を走らせます。投資額が約23億円ということなので、単に「天空」を置き換えるだけでなく、「こうや」の置き換えにもなる車両をつくるのでしょうか? 乗ること自体が目的となる列車のようです。車内での飲食サービスも行うようです。支線では2200系車両でワンマン運転していますが、2200系は1960年代後半から1970年代前半にかけてつくられた古い車両です。これを2000系に置き換えます。ワンマン改造して置き換えます。2000系は高野山への急行という本来の役目を失い、南海本線で走っていますので、この余剰の2000系を使うのでしょう。ワンマン運転は南海本線の一部でも行います。2024年度に行う予定ですが、一部ということは泉佐野以南が対象になるのでしょうか? 泉佐野以南なら2000系でもやっていけるでしょう。切符に関しては、2023年に、「PiTaPa」、「ICOCA」での乗車を対象とした、新たなポイントサービスの導入を予定しています。
(参考:南海ホームページ https://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/221028.pdf)

| | | Comments (0)

新しい乗りもの、DMVに乗る(3)

 高松からは「マリンライナー40号」で岡山に戻り、その後は山陽線を乗り継いでいくのだが、途中大阪で降りて、南海高野線に立ち寄った。

 なぜかと言えば、自由席特急に乗るためである。高野線の特急は全て座席が指定されていて、乗るには運賃のほかに特急料金が必要である。しかし、車庫でのトラブルで特急用車両が使えなくなり、やむなく一部の特急を運賃だけで乗ることができる自由席特急にしたのである。この自由席特急に乗るために寄ったのだ。まず阪和線と高野線を乗り継ぎ、金剛に行く。金剛19:27発が自由席特急だ。橋本始発だが、ロングシートとはいえ2扉の「ズームカー」が使われている。本来の有料特急と同じ4両編成だ。ラッシュと逆の方向なので、空いている。

 この自由席特急で体験しておきたいことは、急行停車駅の北野田を通過すること。北野田は急行は停まるが、特急は通過する。急行用車両の「ズームカー」で通過するのはめったにないことだ。列車は北野田に差し掛かった。何事もなかったかのように通過した。

 いったん14日の深夜(正確には日付が変わって15日)に名古屋の自宅に戻ったが、12月17日のダイヤ改正(内容については後日記事にします)で廃止になる「京とれいん」(快速特急A)が気になり、午後から京都に行く。金山12:24発の快速に乗り、西に向かう。

 京都からは市バスに乗って10分少々、京都河原町に着く。駅の周りを少し散歩してからホームに入る。ちょうど大阪梅田からの「京とれいん」が着いたところだった。座席のモケットが張り替えられているほかはオリジナルの雰囲気を残している1、2、5、6号車にも心引かれたが、「京とれいん」ならではの3号車に乗ることにする。1人掛けの座席が向かい合わせになっているボックスシートに座る。座面や背もたれには畳が使われていて、とても運賃だけで乗ることができる車両とは思えない。1人掛けのほうは特に人気があるので、早目に駅に行ったほうがよさそうだ。

 6300系の「京とれいん」でしか体験できないのは、十三を通過すること。十三にホームドアをつくったので、2扉の6300系は停まることができないのだ。かつて特急が特急らしく京阪間をノンストップで走っていた時代でも十三には停まっていたのだから、十三を通過するのは非常に珍しい存在だ。車内では何度も十三を通過する旨のアナウンスが流れる。さて「京とれいん」は十三に差し掛かった。いったんスピードを落としたが、停まるのは一瞬。扉を開けずに再び加速を始めた。ダイヤ改正後には体験することのできない十三の通過だった。

| | | Comments (0)

新しい乗りもの、DMVに乗る(0)

 10月13日から15日にかけて、「鉄道開業150周年記念秋の乗り放題パス」を持って、関西、四国方面に出かけてきました。その時の様子を明日から何回かに分けて書きます。

| | | Comments (0)

「ラピート」の50000系を「泉北ライナー」に、高野線自由席特急は11月2日まで

 現在、高野線の特急の一部は、小原田車庫での特急車両移動中のトラブルにより、運休を続けています。代わりにロングシートの車両を使って、自由席特急を走らせています。通勤用の車両なので、特急料金はかかりません。

 しかし、このような異常事態もあと1か月ほどです。11月1日から当面の間、「泉北ライナー」に「ラピート」用の50000系を使い、余った11000系車両を高野線用に使うことにより、自由席特急をなくすのです。11月3日から高野線の特急は本来の全車指定席に戻します。早く気付いておけば早い時期に自由席特急をなくすことができたのですが、簡単にはいかない事情があったのでしょうか?

 50000系が使われるのは、「泉北ライナー」のうち、平日は5往復、休日は6往復。残りは泉北12000系で賄います。特急料金はこれまでの「泉北ライナー」と同じく、520円。5号車、6号車はスーパーシートですが、それも同額の520円です。本来追加料金のかかるスーパーシートにお得に乗ることができます。

 「泉北ライナー」での50000系運行開始の前に、10月30日に試乗会を実施します。和泉中央から難波に行きます。先着順にホームページ上で事前予約した人が試乗することができます。事前予約は10月3日からすることができ、100組(最大200人)乗ることができます。参加料金は運賃のみで(「PiTaPa」、「ICOCA」等の交通系ICカードでも可)、特急料金に相当するものは要りません。

 しかし、話はこれで終わりではありません。11000系が使えるようになった高野線特急ですが、11月3日から23日の間、車両検査の都合により、一部の「こうや」が運休、あるいは運転区間の短縮を行います。平日のうち水曜日、木曜日は4往復中2往復が運休します(月曜日、火曜日、金曜日は4往復とも運行します)。休日は7往復中2往復が運休し、1往復が難波-橋本間の運転に短縮されます。高野山まで行くのは4往復になります。なお、難波-橋本間に短縮されるのは、列車名が「りんかん」に変わります。
(参考:南海ホームページ https://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/220930_2.pdf、https://www.nankai.co.jp/traffic/info/koya_rinkan_2022.html、https://www.nankai.co.jp/traffic/info/koya_kensa_2022.html)

| | | Comments (0)

「ラピート」にデジタル切符

 鉄道の切符をQRコード対応にする動きが出ていますが、南海も実証実験を行い、新たな切符をつくりました。

 その切符とは、「ラピートデジタルきっぷ」。8月8日から12月10日まで発売しています。南海はすでに難波・新今宮・天下茶屋・堺-関西空港間で「ラピート」に乗ることができる「関空トク割ラピートきっぷ」がありますが、そのデジタル版です。QRコードを用いて乗車券と特急券を発売するのは日本初の試みです。

 「ラピートデジタルきっぷ」は、難波・新今宮・天下茶屋・堺-関西空港間の片道、「ラピート」の「レギュラーシート」に乗ることができます。購入した日の翌日から起算して1か月以内の好きな日に乗ることができます(利用可能期間は8月9日から12月11日まで)。また、購入日の翌日から乗車5分前までなら、スマートフォン等で乗車する列車を指定できます。値段は堺-関西空港間が1100円、難波・新今宮・天下茶屋-関西空港間が1200円なので、前日までに買わないといけませんが、「関空トク割ラピートきっぷ」の1290円より安くなっています。

 なお、この「ラピートデジタルきっぷ」ですが、座席の予約は、「南海・特急チケットレスサービス」のシステムを使います。今後、このシステムを使って、特急に乗ることのできるデジタル切符の発売を検討していきます。

 さて、Visaのタッチ決済を使って泉北に乗る場合ですが、8月1日から一部取り扱いが変更されています。南海・泉北・南海フェリーに乗り継ぐ場合、「スマート好きっぷ」が適用されなかったのですが、使えるようになりました。泉北部分は運賃の支払が必要ですが、南海部分が970円から無料になるのです。わざわざ中百舌鳥で降りる必要がなくなったのです。
(参考:南海ホームページ https://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/220805_1.pdf、https://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/220805.pdf)

| | | Comments (0)

5月2日から「ラピート」、平日も全便運転再開

 新型コロナウイルスの影響により鉄道の需要は大きく減少していますが、特に大きく減っているのは国際空港への有料アクセス列車。南海で言えば「ラピート」が該当します(無料の空港急行は、沿線住民の足にもなりますので、「ラピート」ほど極端には減りません)。そこで南海は、2020年4月24日から一部の「ラピート」を運休させていました。

 ところが、関空を利用する人が増加傾向にあることや、ゴールデンウィークでその利用が増えることが予想されることから、平日についても5月2日から全便の運転を再開することにしました(休日はすでに2021年10月30日から全便の運転を再開しています)。運休する「ラピート」がなくなるのです。運転再開初日の5月2日には、これまで運休していた14本に乗った人に、南海ノベルティグッズのプレゼントがあります。堺-岸和田間で配付します。

 ただし、2021年5月22日のダイヤ改正で、日中の「ラピート」が減っています。毎時2本から毎時1本に減っているのです。その意味では、元の状態に完全に戻ったわけではありません。
(参考:南海ホームページ https://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/220421.pdf)

| | | Comments (0)

泉北にもVisaのタッチ決済を拡大

 南海の一部の駅で実証実験として行っている、Visaのタッチ決済。これがまた、拡大します。

 4月25日から利用できるようになるのは、泉北の各駅(中百舌鳥はすでにVisaのタッチ決済が使えます)。12月11日まで、実証実験として利用できるようになります。泉北の各駅では、有人窓口に専用読取端末機があり、そこをタッチして乗ることになります。南海と乗り継いで利用する場合は、自動的に乗継割引を適用します。普通運賃と同じように、南海、泉北で50円ずつ引き、合わせて100円の乗継割引となります。Visaのタッチ決済で、鉄道の乗継割引が適用されるのは、これが初めてのケースです。

 なお、泉北から南海を経由して、南海フェリーに乗る場合は注意が必要です。すでに南海と南海フェリーを乗り継ぐときには、自動的に「好きっぷ」の割引運賃が適用されます。ところが、泉北から南海を経由して南海フェリーに乗る場合、まず南海と泉北の乗継ぎ割引が適用されるので、「好きっぷ」は適用されません。南海の運賃分が余計にかかってしまいます。これを防ぐためには、いったん中百舌鳥で降りる必要があります。そうすれば、中百舌鳥から先は自動的に「好きっぷ」が適用され、泉北の運賃だけを別途払えば良いのです。逆に南海フェリーから南海を経由して泉北の各駅に行くときは、中百舌鳥で途中下車する必要はありません。中百舌鳥まで「好きっぷ」が自動的に適用され、泉北の分だけ運賃が別途かかります。

 南海の利用可能駅も増えます。5月から順次、岸和田、泉佐野、和歌山大学前、北野田、林間田園都市の5駅でも使えるようになります。
(参考:南海ホームページ https://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/220415.pdf)

| | | Comments (0)

より以前の記事一覧