阪堺10月1日値上げ、230円に

 阪堺は大阪市南部と堺市北西部において、通勤や通学、観光の足として使われてきました。ところが長期的に利用者が減少傾向にあり、抜本的な解決策となるはずであった東西鉄軌道が選挙で否定され、どうにも行かなくなりました。ただ、東西鉄軌道を否定して堺市長(当時)になった竹山氏も路面電車の廃止には追い込みたくなかったのでしょうか、2010年度から10年間で50億円の支援をすることとなりました。

 支援により大阪市内と堺市内をまたがった場合の運賃の値下げ、低床車の導入、ICカードの導入、石津北の新設などの施策を行い、低迷していた利用者は増加に転じました。2009年度722万人だった輸送人員は、2018年度には820万人に増えました。しかしその支援も9月で終わってしまいます。そして今後もサービスの改善に取り組まないといけません。浜寺駅前の移設もこれに含まれます。ところが、今の210円の運賃のままでは、やっていけません。

 そこで阪堺は値上げをすることにしました。消費税率の変更によるものを除いては、1995年以来の値上げとなります。値上げ日は10月1日、新しい上限運賃は250円です。この数字は財政支援なしで黒字にするための金額ですが、これだと値上げ幅が大きいので、実際には230円とします。全線均一はこれまで通りです。

 また定期券は、通勤、通学ともに距離によって値段が変動するものでしたが、10月1日からこちらも均一になり、通勤定期は大人1か月9660円、通学定期は大人1か月5500円になります。9キロ以上乗車する場合はむしろ値下げになります。乗車する距離に関係なく値段は同じなので、事実上の全線定期になります。
(参考:南海ホームページ www.nankai.co.jp/library/groupinfo/news/pdf/200630.pdf、産経新聞ホームページ https://www.sankei.com/west/news/200630/wst2006300035-n1.html)

| | Comments (0)

大阪モノレールの「サマー1dayパス500」は同伴の子供2人まで無料

 6月1日で開業30周年を迎えた大阪モノレール。7月1日から8月31日の間、1日乗り放題の切符、「サマー1dayパス500」を発売します。

 この切符、購入した日1日限り有効で(前売りは行いません)、平日は朝のラッシュ時に使えないように9時からの発売となっています(休日は終日発売します)。たった500円で大阪モノレールが全線乗り放題です。大阪モノレールで一番高い運賃は500円なので、区間によっては片道1回乗るだけで元が取れてしまいます。万博記念公園など、このパスを呈示することによって割引などの特典が受けられます。

 また、もうひとつうれしいサービスがついてきます。このパス1枚で、同伴する小学生の子供2人まで無料で乗車することができるのです。子供用の追加料金は必要ありません。夏休みに親子連れで遊ぶこともできます。自由研究などの宿題を片付けたりするのにも使えるかもしれません。

 なお、秋には開業30周年記念乗車券が発売される予定です。
(参考:大阪モノレールホームページ www.osaka-monorail.co.jp/info/ticket-151.html)

| | Comments (0)

水間鉄道、新型コロナウイルス終息祈念きっぷを発売

 水間鉄道は5月21日から、新型コロナウイルス終息祈念きっぷ「1日フリー祈念乗車券」を発売しています。

 この「1日フリー祈念乗車券」ですが、9月30日までの任意の1日に、水間鉄道全線が乗り放題となるものです。販売価格は300円なので、片道の運賃で1日全線が乗り放題となるお得なきっぷです。2000枚限定で、貝塚駅、水間観音駅、そしてインターネットでも販売します(送料や振込手数料等は別途かかります)。

 なお、以前記事にした最終列車の繰り上げですが、まだ継続中です。当面の間は貝塚発が22:55発、水間観音発が22:27発となります。

(追記)
 水間鉄道の最終列車の繰り上げは6月19日で解除され、平常運行となりました。
(参考:水間鉄道ホームページ www.suitetsu.com/event/20200521_2.pdf、www.suitetsu.com/event/20200521_1.pdf、www.suitetsu.com)

| | Comments (0)

北神弓子も神戸市営地下鉄に

 当blogでもすでに記事にしましたが、6月1日に北神急行は神戸市営地下鉄と一体的に運行され、運賃が安くなります。北神急行は神戸市営地下鉄北神線となるのです。

 神戸市営地下鉄の一部分となることにより、運賃は大幅に下がります。北神急行で完結していた谷上-新神戸間の運賃は370円でしたが、280円になります。2社局にまたがっていたため更に高かった谷上-三宮間は550円から280円になります。神戸市営地下鉄で一番遠い西神中央は、750円から480円になります。定期券もこれに応じて下がります。北神急行が神戸市営地下鉄になることにより、谷上での乗継割引はなくなりますが、運賃値下げのほうがはるかに大きいので、大きな問題にはならないでしょう。

 話は変わりますが、北神急行には北神弓子<きたがみ きゅうこ>というPRキャラクターがいました。北神急行が神戸市営地下鉄の一部分になることにより、このPRキャラクターがどうなるのか心配する声もありましたが、神戸市営地下鉄北神線のPRキャラクターになりました。ちゃんと再就職先が用意されていたようです。

 もうひとつ別の話。明日5月31日は北神急行としての最終日です。写真撮影やビデオ撮影のために訪れる人もいると思われますが、北神急行や神戸市交通局は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、控えるように呼び掛けています。乗車すること自体は構わないようです。

(追記1)
 北神急行の親会社である阪急は、北神急行を解散させる方針です。北神急行の社員がグループ会社の神戸電鉄に移籍したのは、そのためです。

(追記2)
 北神急行部分が神戸市営地下鉄になったのに伴い、日本の地下鉄で一番高い駅が仙台市交通局の八木山動物公園から谷上に変わりました。
(参考:神戸市交通局ホームページ https://www.city.kobe.lg.jp/documents/30615/hokushin_ryokin.pdf、https://www.city.kobe.lg.jp/a90404/kurashi/access/kotsukyoku/kotsu/character.html、神戸電鉄ホームページ https://www.shintetsu.co.jp/railway/img/rule_change200601.pdf、J-CASTニュース https://www.j-cast.com/2020/05/27386707.html?p=all、神戸経済ニュース https://news.kobekeizai.jp/blog-entry-5343.html)

| | Comments (3)

大阪高速鉄道が大阪モノレールに

 大阪モノレールの正式名称は大阪高速鉄道株式会社。1990年6月に千里中央-南茨木間が開業し、その後延伸を繰り返し、この6月1日でちょうど開業30周年を迎えます。

 その大阪高速鉄道ですが、6月1日に社名を変更することになりました。新社名は大阪モノレール株式会社です。愛称として使われてきた大阪モノレールの名前を正式名称に格上げするのです。

 話は変わりますが、新型コロナウイルスの影響により、大阪モノレールも休日に一部列車を運休させてきましたが、5月23日から通常ダイヤに戻りました。
(参考:大阪モノレールホームページ www.osaka-monorail.co.jp/info/news-477.html、www.osaka-monorail.co.jp/info/news-479.html)

| | Comments (0)

阪堺、当分の間、休日日中の天王寺駅前-我孫子道間列車を運休

 阪堺も新型コロナウイルスの影響で利用者が減っています。利用の多い時間帯でも定員の30%ほどしか乗っていません。それ以外の時間帯なら、10%以下です。

 そこで阪堺は5月2日から、休日のダイヤを減便します(平日は変わりません)。減便しても定員の30%未満の利用になるようです。どのように減るのでしょうか? 天王寺駅前の発車時刻で見てみます。始発から8時台までが通常通り、9時台から15時台までが12分間隔で全便浜寺駅前行きで運行(我孫子道止まりが運休)、16時台から22時台までが浜寺駅前行きが12~31分間隔(このほかに我孫子道止まりがあり)、23時台以降は通常通りです。浜寺駅前では、始発から16時台までが通常通り、17時台から19時台までが天王寺駅前行きが12~25分間隔、20時台から22時台までが天王寺駅前行きが16~30分間隔、23時台以降は通常通りです。恵美須町-我孫子道間はどうなるのでしょうか? 恵美須町の発車時刻で見ると、始発から17時台までが通常通り、18時台から21時台が23~64分間隔、22時台以降は通常通りです。なお、始発と最終の時刻は減便前と変わりません。

(追記)
 休業要請が段階的に解除され、沿線周辺の商業施設等の営業が再開されつつあるため、5月23日からは、通常の休日ダイヤに戻ります。
(参考:阪堺ホームページ https://www.hankai.co.jp/_wp/wp-content/uploads/2020/04/52802821100e653ce09a0ecb5bec173f.pdf、https://www.hankai.co.jp/_wp/wp-content/uploads/2020/05/8bafdf087b16673e5be7f06b46af1980.pdf、https://www.hankai.co.jp/_wp/wp-content/uploads/2020/05/a5f92423aa7052bc6600a5f04d78bc48.pdf)

| | Comments (0)

坂本ケーブル、1日6往復のみ運行

 ケーブル坂本とケーブル延暦寺とを結ぶ坂本ケーブル。比叡山を滋賀県側から訪れるときに使うものです。

 しかし、坂本ケーブルは5月2日から平日、休日ともに大幅な減便を行っています。ほぼ2時間に1本の割合で、ケーブル坂本、ケーブル延暦寺ともに発車時刻は、9:00、11:00、13:00、15:00、16:30、17:00の1日6往復だけです。

 京都府側から登る叡山ケーブル、叡山ロープウェイも減便や運休をしています。どちらも4月25日からで(平日、休日とも同ダイヤ)、叡山ケーブルはケーブル八瀬、ケーブル比叡山ともに9:15から18:15まで30分間隔での発車、叡山ロープウェイは運休します。

 なお、肝心の比叡山は4月20日から当分の間、拝観を停止し、境内への立ち入りができない状態になっています。

(追記)
 叡山ケーブル、叡山ロープウェイは5月24日から通常のダイヤに戻ります。坂本ケーブルも5月24日から通常ダイヤに戻り、比叡山の拝観も再開されています。
(参考:坂本ケーブルホームページ www.sakamoto-cable.jp、京福ホームページ https://www.keifuku.co.jp/upImage/newsRelease/1587619065_082658600.pdf、https://www.keifuku.co.jp/upImage/newsRelease/1590127200_083351000.pdf)

| | Comments (0)

神戸市交通局、休日の地下鉄と主要系統バス減便

 新型コロナウイルスの影響により、神戸市交通局の地下鉄、バスにおいても、5月2日から減便を行います。

 地下鉄もバスも減便を行うのは休日のみ、平日は減便を行いません。まず地下鉄はほぼ2割減ります。西神・山手線は日中毎時8本から6本に減り(15分間隔が開くこともあります)、海岸線は日中毎時6本から毎時4~5本に減ります(20分間隔が開くことがあります)。

 バスは利用者の多い主要6系統で約4割、観光客の多い25系統で約5割の減便を行います。主要6系統とは2系統(JR六甲道・阪急六甲-元町1丁目、10分間隔になります)、7系統(市民福祉交流センター前・三宮駅前-神戸駅前、10~20分間隔になります)、16系統(阪神御影・JR六甲道-六甲ケーブル下、20分間隔になります)、36系統(阪神御影・JR六甲道-鶴甲団地、20分間隔になります)、64系統(三宮駅ターミナル前-神戸北町、15分間隔になります)、92系統(石屋川・石屋川車庫前-元町1丁目、15分間隔になります)のことです。また、三宮バスターミナル-森林植物園前間を走る25系統は、1日4往復のみとなります。

(追記)
 休業要請が一部解除されたことに伴い、5月23日からは神戸市交通局の地下鉄、バスも通常通りのダイヤで走ります。
(参考:神戸市交通局ホームページ https://www.city.kobe.lg.jp/a89954/kurashi/access/kotsukyoku/kotsu/shingatacorona_kotsukyoku.html、https://www.city.kobe.lg.jp/a89954/kurashi/access/kotsukyoku/kotsu/20200522_chikatetsu_shibasu_unnkouyotei.html)

| | Comments (0)

「KOBE PiTaPa」、2021年2月で新規発行&更新カード発行終了

 KOBEカード協議会は、神戸市に本拠地がある中小の交通事業者(山陽、神戸新交通、北神急行、神戸市交通局)と神戸市が2004年6月に設立した協議会。「KOBE PiTaPa」の発行と運営を行っています。「KOBE PiTaPa」はクレジットカードに「PiTaPa」決済機能を搭載したもので、2005年3月にカードの発行を始めました。

 しかし、「PiTaPa」カードは様々なところが発行していて、しかも交通系ICカードの中でも後払いの「PiTaPa」は特殊なものとなっています。JR西日本の「ICOCA」のほうがクレジットカードの審査が要らない分敷居が低く、関西の私鉄も「ICOCA」を採用しています。あの阪急ですら「ICOCA」を取り入れています。

 そうなると「PiTaPa」の立場はありません。「KOBE PiTaPa」の会員数も減少傾向にあります。会員へのサービスの維持も難しくなります。そこでKOBEカード協議会は「KOBE PiTaPa」の新規入会と更新カードの受付を2021年2月28日で終了することにしました。今カードを持っている人はカード券面に記載されている有効期限まで使うことができますが、いずれは使えなくなります。何らかの手段で後継となるカードを用意しなくてはなりません。
(参考:KOBEカード協議会ホームページ www.kobe-pitapa.com/wp/wp-content/themes/pitapa/pdf/20200331visamaster_press.pdf)

| | Comments (0)

和歌山電鐵、5月9日に減便のダイヤ改正

 和歌山電鐵は5月9日にダイヤ改正を行います。

 今回のダイヤ改正では、伊太祈曽止まりの区間便が減便になります。1日当たりの列車本数をみると、和歌山-貴志間を運転するものは平日は現行より0.5往復多い34往復、休日は現行より0.5往復少ない33往復ですが、和歌山-伊太祈曽間は平日は13.5往復から6往復に減ります。休日も7.5往復から5往復に減ります。伊太祈曽-貴志間の便は平日、休日ともに0.5往復ずつ増えて、1往復です。このような減便のダイヤ改正を行ったのは、運転士等の確保が難しくなっていること、少子高齢化により利用実態が変わっていることです。

 時間帯別にみると、平日の夕方以降に6本あった和歌山-伊太祈曽間の区間便を1本に減らし、平日の17~21時台、休日の18~21時台は全て和歌山7、37分発となります。22時台の貴志行き1本の運転を取りやめます。朝も和歌山-伊太祈曽間の区間便が減便になります。平日は2往復、休日は1往復が減便になります。反対に、平日の伊太祈曽6:14発が貴志始発になり、貴志6:04発になります。

 これとは別に、新型コロナウイルスの影響で、4月29日から当面の間、最終列車が繰り上がります。平日、休日ともに最終列車とそのひとつ前の列車が運転取りやめとなり、繰り上げ後の最終列車は和歌山発貴志行きが22:30発(通常ダイヤより70分繰り上げ)、貴志発和歌山行きが21:38発(通常ダイヤより約90分繰り上げ)となります。貴志発伊太祈曽行きは、22:37発です。また、緊急事態宣言の期間が延長された場合等は、5月9日のダイヤ改正以降、昼間を含めて運転本数の削減を予定しています。

(追記)
 緊急事態宣言が延長されたため、5月9日以降も運休が継続することとなりました。平日、休日ともに下りの最終は和歌山発貴志行きが和歌山22:18発、和歌山発伊太祈曽行きが和歌山23:00発、上りの最終は貴志発和歌山行きが貴志22:14発です。また、休日は朝の一部便が運休になります。始発の貴志発和歌山行き(貴志5:28発)が伊太祈曽発和歌山行き(伊太祈曽5:39発)になり、伊太祈曽5:45発の貴志行き、伊太祈曽6:30発の和歌山行き、和歌山6:55発の伊太祈曽行きが運休になります。
(参考:和歌山電鐵ホームページ https://www.wakayama-dentetsu.co.jp/2020/03/31/貴志川、https://www.wakayama-dentetsu.co.jp/2020/04/23/最終列車繰り上げについて~終電が早くなります/、https://www.wakayama-dentetsu.co.jp/2020/05/02/【重要】新型コロナウイルスの影響に伴う減便に/)

| | Comments (0)

より以前の記事一覧