1月、2月の休日は日光・鬼怒川エリア無料

 東武は日光市等と協力して、1月28日から2月26日までの休日(11日間)、日光・鬼怒川エリア内の鉄道、バス、一部の東武グループ施設が1日無料となる、「日光・鬼怒川エリア週末フリーデー」を実施します。

 無料の対象になるのは、「NIKKO MaaS webサイト」から「日光・鬼怒川エリア週末フリーパス」を購入した各日先着600人(日光市民は対象外です)。全員が対象になるわけではないのですが、無料の対象になった人はいろいろな特典があります。東武は日光線下今市-東武日光間、鬼怒川線下今市-新藤原間が1日乗り放題になります。日光・鬼怒川エリアの路線バス、明智平ロープウェイ等の一部の東武グループの施設も無料になります。そのほか、協賛店舗での割引も受けられます。

 「NIKKO MaaS webサイト」からの「日光・鬼怒川エリア週末フリーパス」は、1月16日から購入できています。ただ、姉妹都市の八王子市、小田原市、苫小牧市と、友好都市の東京都台東区、東京都板橋区に住んでいる人は1月13日から購入できました。
(参考:東武ホームページ https://www.tobu.co.jp/cms-pdf/releases/20230110173145fwqCpppvDsIoMl4v9F_AVA.pdf)

| | | Comments (0)

四国の高速バス、3日間乗り放題で8800円

 伊予鉄バス、ジェイアール四国バス、大川自動車、四国高速バス、徳島バス、とさでん交通の6社は、1月16日から3月29日までの間、500枚限定で、四国の高速バス7路線が乗り放題となる、「ハイウェイバス3dayフリーパス」を発売します。

 利用できる路線は、高松-徳島間の「高徳エクスプレス」、高松-松山間の「坊っちゃんエクスプレス」、高松-高知間の「黒潮エクスプレス」、徳島-松山間の「吉野川エクスプレス」、徳島-高知間の「高知徳島エクスプレス」、松山-高知間の「ホエールエクスプレス」、「なんごくエクスプレス」です。利用できる期間は1月16日から3月31日までの間の使用開始から連続する3日間です。

 発売箇所は大川バスを除く5社の窓口、合計14か所です。窓口で一度に購入できるまでは3枚までで、購入するときには利用する人の名前を記入する必要があります。

 500枚限定の切符なので、すぐに売り切れる可能性も高いですが、もし買えたら高速バスに乗りまくることができます。
(参考:伊予鉄ホームページ https://www.iyotetsu.co.jp/topics/23/kousoku_3day.html)

| | | Comments (0)

1月、2月の水曜日、日曜日はバス無料

 1月と2月の水曜日と日曜日、佐賀県内のバスが全部無料になります。「さがバスまるっとフリーDAY」です。

 対象となるバスは佐賀県内を運行する昭和バス、佐賀市営バス、祐徳バス、西鉄バス、西肥バス、JR九州バス、ジョイックスバス、そして県内各市町が運行するコミュニティバスです。高速バスは不可です。事前の登録は不要で、ICカードにはタッチせずに乗車します。

 さて、無料になるかどうかは降車するバス停のみで判断します。乗車するバス停が佐賀県外でも降車するバス停が佐賀県内なら、県外の部分も含めて無料になります。反対に乗車するバス停が佐賀県内でも降車するバス停が佐賀県外なら、佐賀県の部分も含めてお金を払う必要があります。もっとも、佐賀県内限定でも、結構長距離のバスはありますので、十分乗り応えはあります。
(参考:佐賀県ホームページ https://sagabusfree.jp)

| | | Comments (0)

JR九州、赤字路線はBRT化の方針

 どこの鉄道会社でも利用者の少ない路線をどうするかは頭の痛い問題です。鉄道が必要なほどに需要を回復させる画期的な方法はなく、かつ廃止に対しては地元の反対は強いですから。

 JR九州もそのひとつです。輸送密度が2000人未満の線区が2021年度には13路線18区間もあります。

 そこで日田彦山線の一部で導入しようとしているのが、BRT。この夏に鉄道から切り換えることによって復旧させます。そして、このBRTをほかの路線にも導入していくことを考えているようです。BRTは鉄道に比べて維持費が低く、地域住民の交通網を維持するためのひとつの方法になるというのです。

 どこでもBRTが使えるという話ではないですが、鉄道ほどとはいかなくてもそこそこの需要があり、山間部や市街地のように既存の道路では不十分のところでは、部分的にBRTの考えかたを取り入れても良いでしょう。使える公共交通機関があることが何よりも大事なのです。
(参考:NHKホームページ https://www3.nhk.or.jp/fukuoka-news/20221223/5010018590.html)

| | | Comments (0)

大阪バスでも「ICOCA」

 長距離の高速バスを主体に運行している大阪バスですが、東大阪市内などでは路線バスも走らせています。これまで交通系ICカードは使えませんでしたが(過去に利用したときの旅行記はこちら)、1月27日から一部路線で「ICOCA」などの交通系ICカードが使えるようになります。

 交通系ICカードが使える路線は、路線バスの俊徳道・近畿大学東門前線、新大阪駅・帝国ホテル・ホテルニューオータニ線、大阪市内循環バスの御堂筋線の3つです。ところで、大阪バスのホームページを見ても、新大阪駅・帝国ホテル・ホテルニューオータニ線は見当たらないのですが、どうしたのでしょうか?

 なお、大阪バスの営業窓口や車内では、交通系ICカードの販売やチャージは行いません。
(参考:大阪バスホームページ www.osakabus.jp/wp-content/uploads/2023/01/ICOCA.pdf)

| | | Comments (0)

大阪を走る休日のみ1日2本のバスと「京とれいん」に乗る(1)

 近鉄名古屋から乗り継いで、生駒に行く。近鉄は株優を使ったが、駅を出ても切符が回収されないのは意外だった。ケーブルカーに乗り継ぐことを考えてのことだろうか? 南口から奈良交通のバスに乗って田原台一丁目へ。田原台一丁目までは日中でも1時間に3本(平日は1時間に4本)出ている。均一料金ではないのだが、なぜか前から乗って、前から降りる仕組みになっている。中ほどにも扉はあるが、ICカードリーダーはない。朝の通勤通学ラッシュに合わせてこうなっているが、不思議な方法だ。

 終点の田原台一丁目に着いた。ここから乗り継ぐバスが目的の京阪バス(京阪交野市行き)だが、発車時刻は11:15なので、40分あまりの待ち時間がある。バス停の周りは住宅街で、店は全くない。実は田原台一丁目、生駒市ではなく、四条畷市にある。知らない間に大阪府に入っていたのだ。田原台一丁目からは四条畷市のコミュニティーバスもあり、四条畷駅へのバスが日中でも1時間に2本ある。これから乗るバスの本数は極めて少ないが、生駒や四條畷に行くのは、郊外の住宅地としてはそこそこある部類だ。 

 発車10分ほど前に京阪交野市からバスがやってきた。京阪交野市方面からの客は全くなく、乗ったのも私を含めて2人だけ。もう1人もこのバスに乗るのが目的の客のようだ。時間になり、バスは発車。しばらくは来た道を逆にたどる。後で地図を確認したところ、田原台一丁目から南のほうにぐるっと回ってから北に向かうようになっていた。基本的にこのバスは国道168号線を走るが、磐船神社のあたりは細い道に入る。めったに走らないバスなのに、途中から1人乗ってきた。いつもはどうしているのだろうか? 

 私市に近い京阪私市で降りる。ただ、バス停は国道上にあるため、駅の場所はわからない。事前に地図を見ておいたのでわかったが、そうでなければ京阪の駅に行くのは難しい。少し坂を上って駅に着いたが、列車は出た直後だった。(続く)

| | | Comments (0)

大阪を走る休日のみ1日2本のバスと「京とれいん」に乗る(0)

 京阪交野線は枚方市と私市とを結ぶ枝線ですが、元々は生駒まで結ぶ計画だったようです。しかしそれは実現せず、休日に限って京阪交野市と(生駒までの途中の)田原台一丁目とを結ぶバスが走っているだけとなっています(田原台一丁目から先は奈良交通のバスが走っています)。しかも、そのバスは1日2往復という貴重な存在です。

 1月9日のことですが、その貴重なバスに乗ってきました。その時の様子を明日から2回に分けて書きます。

| | | Comments (0)

会津田島と只見とを結ぶ定期路線ワゴン

 以前の記事で会津田島と只見とを結ぶツアーバスについて紹介しましたが、現在の状況は当時とは変わっていますので、改めて紹介します。

 2022年10月1日の只見線全線運転再開に伴い、会津田島と只見を結ぶ定期路線ワゴン、「自然首都・只見号」のダイヤが変わりました。「自然首都・只見号」は元旦を除く毎日、1日2往復しています。所要時間は約1時間20分で、運賃は1500円です(区間運賃の設定あり)。小学生のほか、中学生も半額です。

 どうしても只見線に乗ると、乗り通すことを最優先にしてしまいますので、沿線を楽しむなら、このようなバスに乗るのもいいでしょう。
(参考:只見町ホームページ https://www.town.tadami.lg.jp/information/2022/09/27/02605a3e8d4c7321e50d0c347bd3b591.pdf)

| | | Comments (0)

西鉄バスとコラボしてJR九州の大牟田駅、新大牟田駅で一日乗車券発売

 西鉄バス大牟田は、大牟田エリアの西鉄バス全線に乗り放題の、「おおむた1日乗り放題バスきっぷ」を発売しています。2022年12月1日から2023年12月31日までの期間限定で、大人700円、子供350円です(大人券1枚につき、子供1人が無料になります)。西鉄大牟田定期券発売所、西鉄バス大牟田営業所、大牟田観光プラザで発売しています。

 この「おおむた1日乗り放題バスきっぷ」ですが、2022年12月15日から2023年3月31日までの間、大牟田駅と新大牟田駅でも発売しています(「みどりの窓口」の営業時間内に限ります)。新大牟田駅と大牟田の中心市街地とを結ぶバスにも乗ることができるので、新幹線で大牟田に行ったときはこれを買って中心部の行くのも手でしょう。
(参考:JR九州ホームページ https://www.jrkyushu.co.jp/common/inc/news/newtopics/__icsFiles/afieldfile/2022/12/15/20221215_ohmuta_1_day.pdf)

| | | Comments (0)

岐阜バスもようやく「manaca」

 岐阜バスにもICカードがありますが、「ayuca」という独自のICカードなので、ほかの鉄道やバスに乗ることはできませんし、ほかの交通系ICカードで岐阜バスに乗ることもできません。名古屋に隣接したところであるにもかかわらず、名鉄や名古屋市交通局の「manaca」が使えないのは厳しいです。2006年と早い時期にICカードを導入したことが逆にネックになっているのです。

 その岐阜バスですが、ようやく交通系ICカードを導入することになりました。2024年春から「manaca」を導入します。最初は乗車券のみの対応ですが、将来的には定期券でも使えるようになる予定です。また、「ayuca」は当分の間残りますが、2026年春に廃止される予定です。
(参考:岐阜新聞ホームページ https://www.gifu-np.co.jp/articles/-/170545、https://www.gifu-np.co.jp/articles/-/176419)

| | | Comments (0)

より以前の記事一覧