金券ショップの業界団体、鉄道会社や国交省などに回数券の販売継続を求める

 回数券は通常の切符よりも1枚当たりの値段は安いのですが、決められた有効期間では使い切れません。こういうときに役に立つのが金券ショップ。回数券をばら売りしていて、安く乗ることができます。

 ところが回数券は縮小傾向です。単純に回数券を廃止するだけのところやICカードやインターネットを使った独自の割引を展開するところがありますが、これで困っているのが金券ショップ。主力商品の回数券の発売が終了し、新型コロナウイルスの影響もあって、売上が大幅に減っています。406店が加盟している日本チケット商協同組合によれば、2020年度に閉店した店舗の数は44,前年度の2倍になりました。古川駅前で唯一の金券ショップも、東北新幹線や仙台-古川間の高速バスで回数券の取り扱いを終了したため、7月30日で閉店します。業界自体がピンチということで、日本チケット商協同組合はこの2021年春、JR東海や国交省などに対して、回数券の販売継続を求める嘆願書を出しました。回数券の廃止は高齢者や情報弱者にとっての配慮が足らないというのです。

 ただ、回数券を金券ショップでばら売りするのは本来の使いかたではありません。本来、回数券というものは、ある程度使う人に対する優遇策なのです。金券ショップのために存続させる必要はありません。金券ショップの業界は、回数券がなくなったら、ほかの儲かる商売を考えないといけないのです。鉄道会社やバス会社の立場から言えば、紙の切符や回数券をなくせば、印刷費や管理費を減らすことができます。ICカード等の普及で、紙の切符を縮小させることができるようになったのです。なお、小田急の新しい回数券は、表紙を持っておかないといけません。こういうタイプなら残念ながら金券ショップの利益に結びつきません。日本チケット商協同組合の指摘で理解できるのは、ICカードのポイント還元が渋いことぐらいです。

 JR東海はこの日本チケット商協同組合の嘆願書に対して、「便利な『エクスプレス予約』を御利用ください」というだけで終わりでしょう。気になるのは、国交省。弱者のためなら、どんなことでもしようとします。多くの人が不便を被ってもです。その行動原理から考えると、弱者のためだけに回数券の存続を強制させることも考えられます。そもそも、情報を手に入れるのも努力が必要なので、それができない人は高い正規の切符を買うことになっても仕方がないのです。現に航空機はそういう体系になっています。それを新幹線でも採り入れるのがむしろ自然なのです。
(参考:河北新報ホームページ https://nordot.app/788511233139539968)

| | | Comments (0)

「ドリームスリーパー」、貸切バスに

 新型コロナウイルスの影響で運休している夜行バスも多いですが、それまでは東京-大阪間に多くの夜行バスが走っていました。高級なものから安いものまでいろいろなものがありましたが、その中で高級なのは両備グループホールディングスと関東バスが共同運行している、「ドリームスリーパー東京大阪号」。片道2万円もしますが、たった11席しかなく、その11席は床から天井部までパーティションで区切られています。

 ところがこの「ドリームスリーパー東京大阪号」に使われていたバスのうち1台が、ニッコー観光バス(本社:東京都品川区)に売却されていました。名前を「グレースドリーマー」に変え、側面のロゴも「ドリームスリーパー」時代とよく似たデザインになっています。どうやら夜行ではなく昼行の観光バスとして使われるようです(今のところ催行されたツアーはないようです)。

 実はニッコー観光バスは両備グループの貸切バス会社。グループ間だったので、移籍がスムーズに進んだようです。先ほども述べましたがニッコー観光バスでは昼行として使うため、いくつかの改造が施されています。個室全てにディスプレイが装備され、反対側の車窓と前面のカメラ映像が映し出されます。個室だと反対側が見えないからです。このことにより、各個室でDVDやテレビも見ることができるようになりました。

 ところで「ドリームスリーパー東京大阪号」はどうなるのでしょうか? 「ドリームスリーパー東京大阪号」用の車両は、関東バスが1台、両備グループが1台持っていて、さらに予備車として両備グループがもう1台持っています。今回ニッコー観光バスに移籍したのは、予備車の1台です。そして肝心の「ドリームスリーパー東京大阪号」は運休を続けていて、当初は7月20日から運行を再開する予定でしたが、再び東京都に緊急事態宣言が出されたため、取りやめとなりました。
(参考:乗りものニュース https://trafficnews.jp/post/108914)

| | | Comments (0)

岐阜の郊外から名古屋への高速バス

 名阪近鉄バスは7月17日から、名古屋駅-パレットピアおおの(道の駅パレットピアおおのに隣接)間に高速バス「にしみのライナー」を走らせています。

 「にしみのライナー」は1日7.5往復。名古屋駅-パレットピアおおの間を1時間10分で結びます。途中、安八(安八スマートインター)、名神大垣の2か所に停まりますが、どちらも乗車、降車ともにできます。運賃は名古屋駅-パレットピアおおの間で1150円、4枚綴りの回数券も売っています。車両はトイレ付きの42人乗りのバス、新型コロナウイルスの時代にふさわしく、抗ウイルス加工済みの車両を使います。パレットピアおおののある大野町はかつて名鉄が走っていましたが、廃止になっています。安八や名神大垣も近くに鉄道はありません。そういう隙間を狙ったルートのようです。

 話は変わりまして、少し前の記事で6月にできたばかりの山県バスターミナルについて触れましたが、こちらにも休日の1往復のみですが名古屋への高速バスが走っています。山県バスターミナルのある山県市も鉄道のない町なのです。
(参考:名阪近鉄バスホームページ https://www.mkb.co.jp/nishiminoliner/、岐阜バスホームページ https://www.gifubus.co.jp/highway/nagoya/、乗りものニュース https://trafficnews.jp/post/107649、https://trafficnews.jp/post/108264)

| | | Comments (0)

長良川鉄道から越美北線に乗り継ぐことができるバスツアー

 長良川鉄道は元々国鉄越美南線。越美北線とつながって越美線となって、美濃太田と福井を直結するのが本来目指していたかたちです。しかし、越美南線は第三セクター化され、長良川鉄道と越美北線とを結んでいたJRバスも廃止されて久しく、越美南線と越美北線を乗り継ぐことがかなり難しくなっていました。

 ところが8月6日、21日、22日、28日の4日間、長良川鉄道から越美北線に乗り継ぐことのできるツアーが開催されます。集合は長良川鉄道北濃駅。13:20に出発します。雄大な九頭竜湖を臨む夢のかけはしを車窓から楽しみ、九頭竜湖駅ではJRに乗り換え、越前大野駅ではボランティアガイドによる観光ガイドがあります。解散はお城に近い、越前おおの結ステーション。16:40解散です。バスは国道158号線を走るので、越美線として想定されていたルートとは異なります。旅行代金は5500円で、大野の地酒もつきます。

 このツアーに参加すれば、長良川鉄道と越美北線を効率的に乗り潰すことができます。また、8月だと都合が悪い人は、10月、11月にもこのツアーが計画されています。そのときに乗ることもできます。
(参考:大野市ホームページ https://www.city.ono.fukui.jp/kurashi/douro-kotsu/tetsudou/etsumi_bus_tour.html)

| | | Comments (0)

岐阜バスに郊外同士を結ぶ路線

 路線バスは中心部と郊外とを結ぶものが多く、郊外同士を結ぶものはあまりありません。岐阜バスの場合、コミュニティバスの類を除けば、約9割が岐阜駅、名鉄岐阜駅に乗り入れています。ところがその岐阜バスは10月1日から、郊外同士を結ぶバス路線を2路線走らせます。

 その2つの路線とは、名鉄の笠松駅とJRの西岐阜駅とを結ぶ笠松県庁線(仮称)と、山県市の山県バスターミナルと本巣市のモレラ岐阜とを結ぶ山県モレラ線(仮称)です。笠松県庁線は約7.5キロで、所要時間は約30分です。平日のみ1日13往復を走らせます。沿線には岐阜工業高校や岐阜聖徳学園大学、県庁などがあり、学生などの利用を見込んでいます。山県モレラ線は約18キロで、岐阜市の長良北町や岐大口バス停を経由します。こちらは休日のみ1日5往復します。モレラ岐阜はショッピングセンターとして有名ですが、山県バスターミナルも隣にはJAぎふの販売施設が開業していて、買い物客の利用を狙っています。
(参考:岐阜新聞ホームページ https://www.gifu-np.co.jp/news/20210706/20210706-84736.html)

| | | Comments (0)

仙台-釜石間高速バス、三陸道経由で運行再開

 仙台と釜石を結ぶ高速バスは岩手県交通が運行していましたが、新型コロナウイルスの影響で利用者が大幅に減り、2020年8月17日から運休していました。

 しかし、この7月2日から運行を再開しました。運休前までは内陸の東北道を経由していましたが、今回からは3月に気仙沼市内が開通し、仙台と宮古がつながった三陸道を経由することになります。これにより運行距離が238キロから198キロに短縮され、所要時間も3時間44分から3時間10分に短縮されます。三陸道は大部分が無料なので、高速料金も下がります。仙台側は仙台駅前のみに停まり、釜石側は釜石駅前など4か所に停まります。仙台東インターチェンジ-釜石中央インターチェンジ間は三陸道を走り、途中、登米市にある道の駅三滝堂(三陸道三滝堂インターチェンジに隣接)にて10分間休憩します。

 片道運賃は東北道を経由していたときよりも100円安い3300円。8月末まではキャンペーンを行っているため、2900円になります。
(参考:岩手県交通ホームページ www.iwatekenkotsu.co.jp/kamaishi_sendai-saikai20210702.html、産経新聞ホームページ https://www.sankei.com/article/20210702-E5CIA6ACTRMVXMOQJFYWZJJGQI/)

| | | Comments (0)

自動車学校へのスクールバスを路線バスで代替

 自動車学校では無料の送迎バスを運行することがよくあります。ところが、尼崎市にある尼崎ドライブスクールは7月31日から無料送迎バスの一部路線を廃止して、路線バスに委ねることにしました。

 路線バスを運行するのは阪神バス。尼崎市内線の既存3路線の一部便を尼崎ドライブスクールまで延伸します。これにより、尼崎ドライブスクールが運行する尼崎市内の6コースある無料送迎バスのうち、3コースを廃止します。尼崎ドライブスクールはスクールバス運行費用を削減し、事故のリスクも減らすことができます。

 ただこれだけでは教習生にとってマイナスです。ところが、ちゃんと教習生にも特典が用意されています。教習所に在籍している間は尼崎ドライブスクールの負担で、阪神バス全線のフリー乗車券がもらえるのです。無料送迎バスのルートから外れていても無料で乗ることができるのですから、これはお得です。阪神バスはこのフリー乗車券分だけ、固定収入が入るのです。また、高齢者向けの1日講習など、1回だけの利用の人についても、特典があります。行きは一旦運賃を払いますが、そのときに運転士からQRコード付きの乗車証明書をもらえます。この乗車証明書を尼崎ドライブスクールの窓口で係員に渡せば、片道分のバス運賃を現金で返金してもらえ、帰りの切符ももらえます。実質無料となるのです。
(参考:阪神バスホームページ https://www.hanshin-bus.co.jp/files/whatsnew/0731_amadora_press.pdf)

| | | Comments (2)

気仙沼市内にBRT新駅3駅

 気仙沼線、大船渡線のBRTですが、気仙沼市からの要望により、2022年春にさらに3駅ができます。

 できる駅はいずれも気仙沼市内で、気仙沼線が2駅、大船渡線が1駅です。

 気仙沼線にできる新駅は、大谷海岸-陸前階上間の大谷まちと、不動の沢-気仙沼間の東新城。いずれも専用道上にできる駅です(大谷まち付近は2021年度中に専用道を延伸します。気仙沼までずっと専用道上を走ります)。それぞれ7月と10月に着工する予定で、2022年春に開業する予定です。

 大船渡線にできる新駅は、気仙沼-鹿折唐桑間の内湾入口(八日町)。市役所の山側の専用道上にできる駅です。9月に着工する予定で、2022年春に開業する予定です。
(参考:JR東日本ホームページ https://www.jreast.co.jp/press/2021/morioka/20210625_mr02.pdf、https://www.jreast.co.jp/press/2021/morioka/20210625_mr01.pdf、河北新報ホームページ https://kahoku.news/articles/20210625khn000052.html)

| | | Comments (0)

DMVの運行開始、半年遅れる

 以前の記事で予告していた、DMVに関する話です。

 DMVはこの2021年夏から走り始める予定でしたが、さらに遅くなりました。数か月ほど遅くなるようです。

 なぜさらに遅くなったのかと言えば、前輪を支えるアームと呼ばれる部品に補強が必要になったからです。アームとは、厚さの異なる4枚の鉄板を箱形に組み合わせたもので、車体と車輪とをつないでいるものです。1月から阿佐海岸鉄道で行われてきた性能試験で、一部が基準を満たさない結果に終わり、中長期的な耐久性に問題があるとされました(アーム以外については問題はありませんでした)。鉄板を分厚くするなどの改良をした部品に取り替えてから再度測定をして、国交省内にあるDMVの技術評価検討会に諮ります。そこまで数か月かかるようなので、DMVの運行開始時期が再び遅れることとなったのです。
(参考:朝日新聞ホームページ https://www.asahi.com/articles/ASP6V03P4P6TPTLC023.html、徳島新聞ホームページ https://nordot.app/781250616232935424

| | | Comments (2)

高知東部交通、むろと廃校水族館前バス停の移設を検討

 室戸市にあるむろと廃校水族館は、国道から奥に入った市道沿いにあります。国道には安芸や甲浦とを結ぶバスが走っていて、おおよそ2時間に1本の割合で走っていますが、バス停は貧弱です。歩道は甲浦方面にしかなく、安芸方面は路肩が狭く、バス停の標識すらありません。本数が少なく、バス停がわかりにくいことからタクシーを呼ぶ客も多いようで、水族館側はバス会社に対して改善を求めていました。

 そこでバス会社の高知東部交通は、バス停を水族館内の駐車場内に移すことを検討し始めました。6月2日には実際に約30人乗りのバスを使って実験をしています。一部段差を解消させる必要がありますが、5台分の駐車場を潰せば切り返すことなく転回させることができるようです。この水族館にはDMVも乗り入れますが(DMVについては別記事で書きます)、DMVの車両も実験で使ったバスと同じぐらいなので、問題はないようです。

 バス停の移設自体は国に申請すれば、3か月でできるもののようです。水族館内に新たにできるバス停には、魚のかたちをしたベンチを置くことも考えているようです。
(参考:読売新聞オンライン https://www.yomiuri.co.jp/local/kochi/news/20210606-OYTNT50020/)

| | | Comments (0)

より以前の記事一覧